考古学のこうじ

あなたもこうじ あたしもこうじ

[今日 91 回 | 昨日 11 回 | アクセス 503485 回 ]

[新規投稿] [利用方法] [神の手事件情報局] [関連資料一覧]  [こうせい炭素年代]


ログ     検索
頁行数  本文  表示 全記事既読 設定保存

0153 中峠式寸評論争(1) 早傘 〔2016/09/21-20:59〕
0154 中峠式寸評論争(2) 早傘 〔2016/09/22-20:42〕
0155 中峠式寸評論争(3) 早傘 〔2016/09/23-20:22〕
0156 中峠式寸評論争(4) [吹上論争 1] 早傘 〔2016/09/24-20:18〕
0157 中峠式寸評論争(5) [吹上論争 2] 早傘 〔2016/09/25-21:31〕
0158 中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/09/26-19:55〕
0159 中峠式寸評論争(7) [吹上論争 4] 早傘 〔2016/09/27-20:20〕
0162 中峠式寸評論争(8)  早傘 〔2016/09/28-22:15〕
0165 中峠式寸評論争(9)  早傘 〔2016/09/30-21:38〕
0166 中峠式寸評論争(10)  早傘 〔2016/10/01-21:51〕
0167 RE:中峠式寸評論争(10)  大村 裕 〔2016/10/03-15:49〕
0164 RE:中峠式寸評論争(7) [吹上論争 4] 大村 裕 〔2016/09/28-23:40〕
0171 RE:中峠式寸評論争(7) [吹上論争 4] 早傘 〔2016/10/05-23:23〕
0160 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 大村 裕 〔2016/09/28-17:10〕
0161 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/09/28-22:13〕
0163 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] KI 〔2016/09/28-22:35〕
0168 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/10/03-22:50〕
0169 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/10/04-19:31〕
0170 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/10/05-22:34〕
0206 考古検定を検定する 早傘 〔2023/09/09-12:21〕
0207 考古検定を検定する(2) 早傘 〔2023/09/17-14:23〕
0208 考古検定を検定する(3) 早傘 〔2023/09/17-14:24〕
0209 考古検定を検定する(4) 早傘 〔2023/09/17-14:25〕
0203 幻の、山内清男『原始時代總説』 早傘 〔2023/06/20-20:19〕
0204 幻の山内清男『原始時代總説』 (サケマス論補遺) 早傘 〔2023/06/25-22:50〕
0205 「新日本史講座」補遺と、藤間が紹介したサケマス論 早傘 〔2023/06/28-06:24〕
0202 読むを読まず読むを読むを読み読めば読もう 早傘 〔2023/05/03-14:14〕
0094 訃報から2ヵ月 早傘 〔2012/08/07-22:34〕
0095 最後の接触 早傘 〔2012/08/11-22:04〕
0096 最初の接触 早傘 〔2012/08/24-21:09〕
0097 初対面 早傘 〔2012/08/27-21:34〕
0098 そして学史へ 早傘 〔2012/08/27-21:35〕
0201 意表を突いた記事 皇太子の言葉 早傘 〔2022/12/06-01:06〕
0200 ぬか喜び サケマス論研究史重要文献 早傘 〔2022/09/06-06:13〕
0198 ナニワに神の手を持つ男出現 早傘 〔2022/01/31-13:34〕
0199 RE:ナニワに神の手を持つ男出現 早傘 〔2022/08/27-13:28〕
0197 好古を学ぶ & 聖地巡礼2020(1) 早傘 〔2020/03/06-04:16〕
0189 石川日出志氏の明治考古学史観を排す(1) 早傘 〔2020/02/09-06:47〕
0190 石川日出志氏の明治考古学史観を排す(2) 早傘 〔2020/02/10-06:02〕
0191 石川日出志氏の明治考古学史観を排す(3) 早傘 〔2020/02/11-06:03〕
0192 「考古学」の成り立ち(1) 早傘 〔2020/02/12-07:10〕
0193 「考古学」の成り立ち(2) 早傘 〔2020/02/14-05:04〕
0194 「考古学」の成り立ち(3) 早傘 〔2020/02/17-07:11〕
0195 「考古学」の成り立ち(4) 早傘 〔2020/02/17-07:20〕
0196 「考古学」の成り立ち(5) 早傘 〔2020/02/19-07:06〕
0175 縄紋土器研究史の見直し(1) 八幡一郎の再評価 早傘 〔2019/10/28-11:46〕
0176 縄紋土器研究史の見直し(2) 「中峠式寸評論争」論争が生んだもの 早傘 〔2019/10/28-11:47〕
0177 縄紋土器研究史の見直し(3) 「編年学の青春」要略 早傘 〔2019/10/28-11:47〕
0178 縄紋土器研究史の見直し(4) 見落としていた最新研究(1) 十字トレンチ 早傘 〔2019/10/28-11:50〕
0179 縄紋土器研究史の見直し(5) 見落としていた最新研究(2)-1 鳥居新説の初出 早傘 〔2019/10/28-11:51〕
0180 縄紋土器研究史の見直し(6) 見落としていた最新研究(2)-2 1918年12月 早傘 〔2019/10/28-11:51〕
0181 縄紋土器研究史の見直し(7) 余談 新地の調査が新一を産んだ? 早傘 〔2019/11/01-05:57〕
0182 縄紋土器研究史の見直し(8) 系統分類学{を/に}学ぶ 早傘 〔2019/11/08-20:45〕
0184 縄紋土器研究史の見直し(9) びびび 早傘 〔2019/11/25-20:48〕
0185 縄紋土器研究史の見直し(10) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-1 早傘 〔2019/12/06-19:23〕
0186 縄紋土器研究史の見直し(11) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-2 早傘 〔2019/12/12-22:20〕
0187 縄紋土器研究史の見直し(12) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-3 早傘 〔2019/12/16-23:13〕
0188 縄紋土器研究史の見直し(13) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-4 早傘 〔2019/12/25-20:59〕
0183 秋の企画展めぐり 早傘 〔2019/11/18-23:36〕
0174 「旧石器ねつ造事件と秋田考古」 早傘 〔2019/07/02-18:52〕
0173 週刊新潮(12/19発売号)に神の手事件のその後 早傘 〔2018/12/25-19:22〕
0172 新聞記事<みやぎの平成30年> 早傘 〔2018/01/05-00:42〕
0152 URL変更のお知らせ 船頭(管理人) 〔2016/09/16-23:06〕
0137 「岩宿の検証 -序-」 早傘 〔2016/06/03-06:54〕
0138 アルカ研究論集5 角張淳一追悼号について(1) 早傘 〔2016/06/13-06:43〕
0139 アルカ研究論集5 角張淳一追悼号について(2) 早傘 〔2016/06/20-13:27〕
0140 角張淳一追悼について(3)-1 季刊邪馬台国2013年1月号 早傘 〔2016/06/27-07:10〕
0141 角張淳一追悼について(3)-2 季刊邪馬台国2013年1月号 早傘 〔2016/06/27-07:11〕
0142 角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 早傘 〔2016/07/09-08:25〕
0143 RE:角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 伊皿木 〔2016/07/13-12:48〕
0144 RE:角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 早傘 〔2016/07/14-22:53〕
0145 RE:角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 伊皿木 〔2016/07/15-08:33〕
0146 角張淳一追悼について(5)  早傘 〔2016/07/19-08:21〕
0147 角張追悼号大村書評について(1) 早傘 〔2016/08/19-21:20〕
0148 角張追悼号大村書評について(2) 早傘 〔2016/08/20-20:56〕
0149 RE:角張追悼号大村書評について(2) 大村氏の御注意 早傘 〔2016/08/20-21:03〕
0150 RE:角張追悼号大村書評について(2) 大村氏の御注意 KI 〔2016/08/21-23:21〕
0151 RE:記念書き込み 早傘 〔2016/08/22-07:37〕
0134 敗れた国の人文科学(1) 早傘 〔2015/08/04-22:58〕
0135 敗れた国の人文科学(2) 早傘 〔2015/08/04-22:59〕
0136 敗れた国の人文科学(3) 早傘 〔2015/08/06-07:26〕
0132 富山補論 角張淳一とナシヶ森論争 (上) 早傘 〔2014/11/12-07:21〕
0133 富山補論 角張淳一とナシヶ森論争 (下) 早傘 〔2014/11/18-23:14〕
0125 竹岡俊樹2013『考古学崩壊』勉誠出版 早傘 〔2014/10/20-20:42〕
0126 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 早傘 〔2014/10/28-22:57〕
0127 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 伊皿木 蟻化 〔2014/10/30-23:55〕
0128 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 早傘 〔2014/11/04-22:30〕
0129 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 伊皿木 〔2014/11/07-20:17〕
0130 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 早傘 〔2014/11/07-23:51〕
0131 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 伊皿木 〔2014/11/08-13:12〕
0120 『石の虚塔』の虚 伊皿木 〔2014/08/15-05:39〕
0121 『石の虚塔』の評価(1) 早傘 〔2014/09/09-00:16〕
0122 『石の虚塔』の評価(2) 早傘 〔2014/09/10-20:41〕
0124 『石の虚塔』のその後 早傘 〔2014/10/14-08:12〕
0123 講演会「行田の古代史を探る」開催!! gyodatabi 〔2014/09/18-00:06〕
0119 『石の虚塔』単行本が8/12に発売 早傘 〔2014/07/19-07:45〕
0118 週刊新潮先週号に国宝の偽物疑惑 金印その他 早傘 〔2013/04/24-07:54〕
0117 新潮45『石の虚塔』最終回  早傘 〔2013/02/19-23:20〕
0077 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(1) 早傘 〔2011/07/20-08:24〕
0078 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(2) 早傘 〔2011/07/20-08:26〕
0079 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(3) 早傘 〔2011/07/20-08:26〕
0080 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(4) 早傘 〔2011/07/20-21:08〕
0081 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(5) 早傘 〔2011/07/25-23:45〕
0082 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(6) 早傘 〔2011/07/25-23:46〕
0083 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(7) 早傘 〔2011/07/25-23:47〕
0084 RE:旧石器文化発見(4) 誤記修正 早傘 〔2011/08/05-07:47〕
0092 11/5の買物から  2年遅れの60周年 早傘 〔2011/11/15-20:23〕
0108 季刊邪馬台国2012年7月号 早傘 〔2012/10/22-23:23〕
0109 季刊邪馬台国2012年10月号 早傘 〔2012/11/16-07:41〕
0099 継ぐのは誰か 早傘 〔2012/09/11-12:24〕
0100 継ぐのは誰か(2) 早傘 〔2012/09/11-12:25〕
0101 RE:継ぐのは誰か(2) 伊皿木 蟻化 〔2012/09/12-22:40〕
0102 継ぐのは誰か-追加(1) 早傘 〔2012/09/18-11:33〕
0103 継ぐのは誰か-追加(2-1) 早傘 〔2012/09/18-11:35〕
0104 RE:継ぐのは誰か-追加(2-2) 早傘 〔2012/09/18-11:36〕
0105 RE:継ぐのは誰か-追加(2-2) 伊皿木 〔2012/09/19-12:27〕
0106 RE:継ぐのは誰か-追加(2-2) 早傘 〔2012/09/20-00:53〕
0110 継ぐのは誰か-追加(1)補足 敗戦後の立回り 早傘 〔2012/12/18-13:14〕
0111 RE:継ぐのは誰か-追加(1)補の補 早傘 〔2012/12/27-21:49〕
0116 RE:継ぐのは誰か-追加(1)補足 敗戦後の立回り 大村 裕 〔2013/01/19-20:55〕
0112 RE:継ぐのは誰か 追補2 到る処青山あり 早傘 〔2012/12/30-19:53〕
0113 神の手事件関連記事 早傘 〔2013/01/13-12:32〕
0114 RE:神の手事件関連記事 早傘 〔2013/01/15-22:20〕
0115 RE:神の手事件関連記事 山村 貴輝 〔2013/01/16-08:14〕
0107 週刊新潮にゴッドハンドの近況 早傘 〔2012/09/20-01:43〕
0093 11/7の見学から 復興を願って 早傘 〔2011/11/21-14:08〕
0090 10/16の買物から(1) 愛鷹最古  早傘 〔2011/11/09-21:14〕
0091 10/16の買物から(2) えせのグラフ  早傘 〔2011/11/09-21:15〕
0089 カナギガナイセキデナイガナガキガナイセキデナイカナシカシイセキデナイカナシ 早傘 〔2011/10/24-10:26〕
0085 竹さん !? (1) 早傘 〔2011/10/12-22:17〕
0086 竹さん !? (2) 早傘 〔2011/10/12-22:17〕
0087 竹佐 ん? 早傘 〔2011/10/17-20:15〕
0088 RE:竹佐 ん? 角張淳一 〔2011/10/20-23:49〕
0059 旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/06/24-20:12〕
0060 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 伊皿木 〔2011/06/26-18:00〕
0061 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/06/30-21:46〕
0062 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 伊皿木 〔2011/06/30-23:28〕
0063 RE:現時点で五十嵐さんとの意見の違いは大きくないが 早傘 〔2011/07/01-20:39〕
0065 RE:現時点で五十嵐さんとの意見の違いは大きくないが 伊皿木 〔2011/07/01-22:31〕
0066 RE:違いすぎる 早傘 〔2011/07/07-07:24〕
0067 違いすぎる 伊皿木 〔2011/07/07-20:53〕
0068 無駄な時間を使わされた(1) 早傘 〔2011/07/10-12:23〕
0069 無駄な時間を使わされた(2) 早傘 〔2011/07/10-12:25〕
0070 無駄な時間を使わされた(3) 早傘 〔2011/07/10-12:26〕
0071 御礼 伊皿木 〔2011/07/10-20:04〕
0072 PS 早傘 〔2011/07/12-21:56〕
0073 うまいもんですなあとは思いますが サトぴょーん 〔2011/07/16-12:24〕
0074 RE:うまいもんですなあとは思いますが 早傘 〔2011/07/16-20:43〕
0075 違いますな サトぴょん 〔2011/07/16-23:11〕
0076 ついで サトぴょーん 〔2011/07/16-23:54〕
0064 (続) 旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/07/01-21:36〕
0057 隆さん、安斎さん 早傘 〔2011/06/07-00:05〕
0058 長い沈黙の果てに サトぴょん 〔2011/06/11-09:01〕
0055 新刊情報 角 〔2010/10/20-12:37〕
0056 RE:新刊情報 早傘 〔2010/10/20-20:42〕
0051 ごきげんはいかが? 最古の土器(1) 早傘 〔2009/11/11-20:25〕
0052 光はどこから 最古の土器(2) 早傘 〔2009/11/14-20:31〕
0053 RE:光はどこから 最古の土器(2) 早傘 〔2009/11/16-18:36〕
0054 縄文はいつから 最古の土器(3) 早傘 〔2009/11/19-22:26〕
0029 出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/09/29-21:24〕
0030 RE:出雲の「前期旧石器」 諏訪間 〔2009/09/30-19:34〕
0032 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:08〕
0033 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:09〕
0034 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:10〕
0035 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:12〕
0036 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:12〕
0039 RE:出雲の「前期旧石器」 研究者の意見 追加 早傘 〔2009/10/20-20:51〕
0050 裏も表もありゃしない 早傘 〔2009/11/05-20:26〕
0038 RE:出雲の「前期旧石器」 報道10/10〜 早傘 〔2009/10/20-20:47〕
0031 RE:出雲の「前期旧石器」 大杉 〔2009/10/01-10:47〕
0037 出雲の十月は神有月 早傘 〔2009/10/12-18:29〕
0049 せっかく管理人氏に書評を紹介して頂きましたんで サトぴょん 〔2009/10/30-21:43〕
0044 AMSによる年代測定についての素人の所感 山口 〔2009/10/30-10:02〕
0048 RE:AMSによる年代測定についての素人の所感 早傘 〔2009/10/30-20:47〕
0040 いまさらながら週刊文春10月22日号 早傘 〔2009/10/27-19:10〕
0041 偉そうに裏事情の解説をしてばかりいるが あんたナニ様だ 〔2009/10/29-17:57〕
0042 もちろんご存知の方は多いと思うが あんたナニ様だ 〔2009/10/29-18:14〕
0043 いろいろ見てきたが あんたナニ様だ 〔2009/10/30-00:35〕
0045 ハンドル名について 杜氏@管理人 〔2009/10/30-19:49〕
0046 おかしなこと言いますね あんたナニ様だ 〔2009/10/30-20:28〕
0047 HN変更します サトぴょん 〔2009/10/30-20:39〕
0028 女性セブン「業界くん」 かも 〔2009/07/11-11:18〕
0026 見聞言(横浜開港150周年記念) 早傘 〔2009/07/08-19:29〕
0027 見聞言(横浜開港150周年記念)' 早傘 〔2009/07/11-11:08〕
0023 素人の疑問 山口 〔2009/05/04-08:45〕
0024 RE:素人の疑問 はやかさ 〔2009/05/05-19:22〕
0025 RE:素人の疑問 山口 〔2009/05/07-10:01〕
0020 嘘石事件 伊皿木 〔2009/01/02-17:37〕
0021 集骨土坑 早傘 〔2009/01/04-15:41〕
0022 RE:集骨土坑 伊皿木 〔2009/01/04-20:25〕
0003 見聞言(2008.02下〜04) 早傘 〔2008/04/30-12:30〕
0010 なかった なかった 早傘 〔2008/06/03-20:29〕
0014 見聞言(2008.05) 早傘 〔2008/06/13-21:15〕
0017 観聞言(2008.06-08) 早傘 〔2008/09/02-20:26〕
0018 RE:観聞言(2008.06-08) おーすぎ 〔2008/09/09-20:42〕
0019 観聞言(2008.09上旬・中旬) 早傘 〔2008/10/15-19:17〕
0016 あんたさ 縄文 〔2008/07/01-23:32〕
0015 そろそろ賞味期限? 早傘 〔2008/06/27-20:33〕
0011 寛政原本届きました 原田 実 〔2008/06/12-19:31〕
0012 失礼しました 原田 実 〔2008/06/12-23:45〕
0013 RE:寛政原本届きました 早傘 〔2008/06/13-20:16〕
0004 ふと、思い返して 酢我夜 〔2008/05/06-03:24〕
0005 RE:ふと、思い返して 角 〔2008/05/16-21:54〕
0006 RE:ふと、思い返して 酢 〔2008/05/26-00:48〕
0008 要領が悪くてすみません 早傘 〔2008/05/28-21:46〕
0009 RE:要領が悪くてすみません 角 〔2008/06/01-20:01〕
0007 あったぞ〜 早傘 〔2008/05/27-23:08〕
0001 こうじ 管理人 〔2008/04/01-00:00〕
0002 考古学のこうじの本義 とうじ 〔2008/04/05-19:19〕


0153 中峠式寸評論争(1) 早傘 〔2016/09/21-20:59〕〔222.158.163.245〕
              根_0153 引用して返信 引用無し返信 
 「中峠式」の層位的根拠に関する、「研究メモ」紙上での論争(当時の関係者は“PreI 寸評論争”とか“中峠論争”と呼んだ)をここでは“中峠式寸評論争”と呼ぼう。
 この論争を構成する記事として、筆者が把握したものは、下記一覧のとおりである。

く(熊谷肇) 1974.10「寸評 『PreI』は本当にPreIであったか」研究メモ115, p.4
塚田光  1974.11「研究メモ115の寸評を読んで」研究メモ,116 ,pp.10-12
斎藤弘道 1974.11「10月例会の記録」研究メモ,116 ,pp.13-12
熊谷肇  1974.12「『研究メモ115の寸評を読んで』に答えて」 研究メモ,117, pp.3-9
塚田光  1975.01「研究メモ編集者は公正であれ -117号熊谷氏の文章を読んで-」研究メモ,118, pp.5-6
猪越公子 1975.02「PreI 寸評論争」研究メモ,119, pp.1-3
熊谷肇  1975.02「正月の遺物整理に参加して」研究メモ,119, pp.3-5
芝崎孝  1975.03「中峠式土器研究にかかる下総考古学研究会の歩み(1)」研究メモ,120, pp.3-7
熊谷肇  1975.03「『中峠式』設定に関する塚田氏との論争上での提案」研究メモ,120, pp.8-13
斎藤弘道 1975.03「1月例会の記録」研究メモ,120, pp.14-15
熊谷肇  1975.06「『中峠論争』を終結するに当って」研究メモ,122, p.15
戸田哲也 1975.06「3月例会の記録」研究メモ,122, pp.15-17
猪越公子 1975.09「6月例会の記録」研究メモ,123, pp.1-3
熊谷肇  1975.09「字句の訂正について」研究メモ,123, p.7

 1年間にわたり、121号をのぞく毎号に記事が認められる。
 研究会の内部連絡紙という濃密な空間の中であり、活字化されなかった直接会話も多かったことが容易に想像できる。
 例会の記録は、論争に参加するために執筆されたものではないが、例会における議論を記録しており、論争の展開を知る上で重要な役割を果たしている。
 また、この期間の研究会の活動については、下総考古学6号,pp.38-40 に研究メモ記事一覧と、例会議題一覧が掲載されており、基礎データとして参照する。


 下総が生んだ昭和の偉人といえば長島茂雄。その引退試合があった昭和49年10月に、論争は始まった。
 論争の主役は、熊谷肇と塚田光。
 長嶋の2歳年上の塚田光(つかだこう 1934-81)は当時著名な研究者であった。没後にまとめられた著作集などの文献はあるが、在野の研究者であったためか、ネット上の記事は乏しい。アルカ通信で、学友による回想に登場し、学業のあらましや家業との関わりが紹介されている(柏屋のマコはインテル入ってる!)。
  http://www.book61.co.jp/information/aru32.pdf
  http://www.book61.co.jp/information/aru33.pdf
  http://www.book61.co.jp/information/aru34.pdf
  http://www.aruka.co.jp/tushin/aruka105.pdf

 一方、熊谷について、筆者の入手した情報は乏しい。下総考古学研究会関係の文献以外、論文のデータベースや報告書のデータベースには(同一と推定できる人物は)引っ掛からない。
 下総考古学のバックナンバーで例会記録・研究メモを探ると、活動初期のものとして
  1968.11 第60回例会 熊谷肇「日本考古学協会参加報告」
  1969.03 第64回例会 卒業論文の研究成果 熊谷肇「土器型式の分布圏とその意義 ―特に阿玉台式土器の分布圏―」
  1969.06 研究メモ73 熊谷肇・斎藤弘道「茨城県下の中期縄文式土器」
が見出される。ストレートに大学を卒業したとすれば1946年度の生まれという計算になる。そうであればベビーブーマーの走りで、同年生まれの縄文文化研究者には今村啓爾、大沼忠春、鈴木保彦、能登健、山崎純男などがいる。考古学エレジーの唄が聞こえてくる。
 中峠遺跡の概報で調査参加者リストを見ると、第4次(1966.1)には名が無く、第5次(1967.1)〜第8次(1973.1)に参加している。
 また、下記文献に載せられた背広姿の記念写真では、前列は熊谷氏のみ、後列に小山勲、江森正義、塚田光、高橋良治(他に小児2名)という会の重鎮4名が並んでいる。1968頃撮影とキャプションがあるが、熊谷の成人祝いであろうか。論争が起こった時に研究メモの編集を司っていたことからも、会の将来を担う若手として大いに期待されていたことが分かる。
  高橋良治・大村裕2000「江森正義・小山勲両会員と下総考古学研究会」下総考古学16, pp.115-118

0154 中峠式寸評論争(2) 早傘 〔2016/09/22-20:42〕〔124.24.245.7〕
        親_0153 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
1974.10.31 研究メモ115 く(熊谷肇) 「寸評 『PreI』は本当にPreIであったか」
 発端の記事は、1頁にも満たない。余白の詰め草といった体である。
 その前半を要約すれば、中峠遺跡展(『大昔の紙敷』)の準備をして割り切れないものが残った。調査記録を探ってみたら「PreI」が本当に加曽利EI式以前だという層位的裏付けが欠けていたからだという。具体的には、
 1)4次2号住は加曽利EI式期の所産と考えられていたがそうは言いきれない
 2)3次1号住の人骨に被せていた土器はPreIの典型と思われていたが、人骨より下層に加曽利E式土器が混入していた疑いがある
 そこで、こう呼びかける。
“これはどうしたことなのだろう。原因は唯一つ。まさに下総の欠点、遺物整理の欠如がもたらした結果である。急がしかったとか何とか言って居直ったり、自己の非を合理化しようとしてはなるまい … 正月の方針 … 早急に現物で事実確認をする必要がある。謙虚に事実を受け止め遺物整理をすべきだ。そうしなければ、下総の中峠に関する出版物は出す度に正誤表をつくることにもなりかねない”
 大村書評にまとめられた事態は、警告されていたのである。さらに、居直ったり、自己の非を合理化しようとしたり、謙虚に事実を受け止めない、と感じさせる言動があったことも伺わせる。
 “下総の欠点、遺物整理の欠如”という文言に関わるであろう記述が、第6次調査報告(下総考古学23)にある。“1968年の中峠遺跡発掘の実施は見送られ … 調査概報の完成を目指して来たが、作業の進捗状況ははかばかしくなかった … 11月例会に於いて翌年初頭の … 第6次調査実施 … の是非について活発な議論がたたかわされた … 反対する会員の意見は「1次〜5次調査の整理も終わらずに掘ることはよくない」「研究者として一本立ちする上から、仕事は報告書作成まで経験したい」というものであった”が、結局発掘を実施することになった。ちょうど熊谷が大学を卒業する年であった。

1974.11 研究メモ116  塚田光「研究メモ115の寸評を読んで」
  同        斎藤弘道「10月例会の記録」

 塚田の反論は3頁に及ぶ。まず“整理がとどこおっていることは、指摘するまでもなく … 一日でも早く完了させたいと、誰しもが願っている”としつつ、“中峠出土のPreIを論証する上で、自らの非などというものは、過去・現在を通じて全く意識したこともないし、それを合理化するとか、居直るとか、弁解するということは中峠研究に全く関わりない”と述べ“中峠式を成立させるために長い時間をかけて来たことには、深い意味があった。このことについては語るべき時を得たうえで明かす”と韜晦する。ここまでで1頁。そこから塚田は「批判の仕方」への激しい非難に移る。“熊谷氏はわれわれにこのような疑問点をのべる機会を十分にもちながら、そこでは一言も考えを公にしていなかった”それなのに、“研究メモに記録に残すという方法で公にした真意がわからない”。疑問点を述べる機会として具体的にいえば、調査概要の原稿は、中峠展の準備中に、編年表担当の芝崎孝・熊谷の手元にあったはずで、さらに10月30日に7〜8名に集まってもらって調査概要の校正刷りを渡し、意見を求めたが、この間、熊谷からの問題提起はなかったという。さらに“寸評”すなわち批評とは、第三者的態度である、共同研究者として発言すべき場で発言せよ、“当事者として発言しなおされた時に、改めてこれをうけとめお互いに納得のゆくまで資料をしらべ、多くの方々の参加を得て、真実の姿をえがき出したい”とする。

 同じ号に10月例会の記録も掲載されている。下総考古学6号の例会議題リストには漏れているが、議題2として「“中峠遺跡概報”の件について」塚田から発表があった。斎藤によると“「中峠式」の認識について最も討議が集中されなければならないと思われる。概報とはいえ、刊行する以上は正しく検討されたものを出すようにしたい”と論じたという。


1974.12 研究メモ117  熊谷肇「『研究メモ115の寸評を読んで』に答えて」

 熊谷の再反論は7頁に及ぶ。倍々ゲームだ。熊谷は、日誌から気付いた層位的根拠の不確かさについて、中峠展開館直前に、芝崎と共に塚田に話したという。また、10月30日には芝崎が日誌の不明確さや問題となる土器片の実物を示したので、同意見の自分は重ねて発言の必要が無かったという。また、塚田が概報の速やかな作成の必要を説いており、それを遅らせようとまでは考えていなかった。しかし“やはりその場で、多くの苦労を直接されてまとめられている方々の意志を破棄させても私の主張を通す必要があったと現在反省している”。
 また、公にしたことを問題にされたようだが、私は塚田と異なり研究メモを内部の自由な意見交換の場としたいし、それが外に漏れてもよいではないかとする。さらに、「寸評」という語を使う前に辞書で確かめたが、批評という言葉に第三者と限定されていなかった、自己に向ければ自己批判、集団内であれば内部批判であり、用法として問題は無いとする。そして“この両者が自然に、あるいは言論統制のごとき人為的になされなくなったときに、自己および集団が腐敗してくる”。“私のこの文に対して、塚田氏は更に投稿されるであろうし、私も納得のゆくまで筆をとっていく。更に塚田氏や私以外の人が加わらんことを希望したい … そうすることによって初めて会員が抑圧されずに自由に発言できる場になる”とまとめる。


1975.01 研究メモ118 塚田光「研究メモ編集者は公正であれ -117号熊谷氏の文章を読んで-」

 それに対する塚田の再反論は、相変わらず、議論の仕方についてであった。“私が発言しなければ、115号の文章だけが下総の記録として残った … 116に投稿したことで、117の熊谷氏の発言をさそい出し、これで私の目的は終わった”。しかし、熊谷が述べる塚田の研究メモ観は不明瞭であり、そのような文章を載せるのは“紙面を私物化していると痛くもない腹をさぐられても弁解できない … 私のメモ観について、改めて補足していただくことを求めることによって、もう一度、発言の機会を作っておいてあげよう”

 熊谷の文章には「誤解があればお詫びする」など、丁寧であるのに、塚田は居丈高で抑圧的である。
 このような議論の展開の仕方は、学術誌上よりもネットでよく見て来た。議論の仕方についての議論にこだわる人は、本来のテーマでの議論から逃げているのである(さもなくば形式としての議論を楽しんでいる)。


1975.02 研究メモ119 猪越公子「PreI 寸評論争」
  同       熊谷肇「正月の遺物整理に参加して」

 次の号で、論争の第三者である猪越が発言した。あらましは、115号を読んで奇異な感じがした、熊谷からは口頭で聞いていた問題だが、なぜここで文章化したのだろうか、また、概報の校正刷りを渡された時、概報を急いで出す方に気をとられ自分も発言はしなかった、どちらの言い分ももっともで、“塚田氏の言われるように中峠研究は他人ごとではないという自覚を持ってすすめよう … そして熊谷氏が指摘された第3次及び第4次の土器を詳細に調べ直し … 納得のゆくまで話し合い、概報を早く出すよう努力しよう”と、この論争を前向きに発展させることを呼びかけた。
 同じ号で、熊谷が正月の整理で確認できたことを報告した。図示はないものの、注目すべき土器の特徴にふれながら、希望的観測をしてもなお“「中峠式」は中峠遺跡ではいまだ層位的根拠が薄弱”だとした。また、12/14の例会及び1/3の午後に活発な論議ができた喜びも示している。この記事の末尾には“1月20日稿”とある。これは、塚田の再反論が載った118号の発行日と同じである。
 この号に掲載予定だった、1月例会の記録と118号への熊谷の反論は、ページ数の都合で次号にまわった。

0155 中峠式寸評論争(3) 早傘 〔2016/09/23-20:22〕〔124.24.249.51〕
        親_0154 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
1975.03 研究メモ120 斎藤弘道「1月例会の記録」
  同       芝崎孝「中峠式土器研究にかかる下総考古学研究会の歩み(1)」
  同       熊谷肇「『中峠式』設定に関する塚田氏との論争上での提案」

 3月に発行された120号は1月の動きを反映したものだ。
 まず例会記録から見ておこう。1/25に開かれ、熊谷は欠席。議題IIIが「中峠遺跡概報に関する討議―まとめを中心として―」だった。“「まとめ」の分担、土器(芝崎、戸田、斎藤) … 埋葬(戸田) … に従って書かれた原稿の内、埋葬及び土器のうちの中峠式に対する研究会のあゆみが読まれて若干検討の対象となった … 埋葬では、中峠の資料を大部分EI式に認定し … これに対して、塚田氏から3次のカメかぶりの土器もEI式なのか … などと質問が出されて、戸田氏との間に若干の論議があった … 土器については、芝崎氏の研究会の中峠式とりくみのあゆみがのべられた”
 3次1号住の時期について、議論となった。115号で熊谷が問題にした資料の一つである。戸田はEI式、塚田は中峠式と考えたようだ。土器そのものは、器形とほとんどの文様の特徴が加曽利EI式であるが、隆帯の上に縄紋を施す点で阿玉台式に共通する。新旧型式の特徴の具備という点では理念としての PreI式に該当するが、他の典型的とされる「中峠式」と共通点はない。

 芝崎の記事は、例会で発表した概報草稿と近いものだろう。下総考古学6号 pp.21-23 の「研究の経過」と比較すると、その下敷きとなっていることが分かるが、相当に書き直されている。詳細な記述を簡潔にしている部分はさておき、次のような、問題点の指摘はカットされた。“第4次調査以前に出された「中峠式」に関する問題点、矛盾点の指摘、たとえば,(1)勝坂式土器の製作手法が強く影響しているのではないか、(2)勝坂式、あるいは加曽利EI式土器のいずれかの範疇に包括されるのではないか。(3)[加曽利E式を伴うとした]阿玉台C式土器の存否 … 等については … 正面切った論議はおこなわれず、第4次調査では「プレI式だけは、ついに解明をとげた」として … 以降 … 研究会内部で論議したことは少なく、さらには自らが[第4次調査直後の1966.10の研究メモで]確信すると述べた「中峠式」土器の用語ですら、「大昔の紙敷展」(1974.10)までは使用されないで来た”。
 「大昔の紙敷展」で、初めて公的に「中峠式」を使用する役回りとなった芝崎、熊谷が、鋭い批判者となった皮肉。

 熊谷の記事は、118号への反論であり、前田日明風にまとめると「ごちゃごちゃ言わんと、中峠式に層位的裏付けがあるかどうか決めたらええんや」という内容だ。興味深い文言を引くと“事実経過についてはNo.116とN.117とでは相違点があるが、塚田氏からはなんの反論もない。恐らく後世にこの論争を読まれる方は、どちらが正しいことであるのか困ることになろう”“No.115だけが残ってしまうという[塚田の]心配は、逆に、No.115が出なければ … 中峠遺跡の「中峠式」の層位的認識があいまいであったという事実 … は、何ら記録に残らなかったということと裏腹の関係にある”“[編年表作成を任された時点で]「中峠式」を出さなければならないような周囲の状況と、「中峠式」を出したい私の希望があった”“私が下総に入って学んだことの一つは … 「層位的裏付け」が設定の条件 … 下総としても … 他の多くの遺跡の資料は、「使いものにならない」と一蹴 … 私は今、この学んできたことを唯「中峠式」にも向けただけ”

 正論としかいえない。塚田はこれに誌上で答えることはなかった。

 “下総としても … 他の多くの遺跡の資料は、「使いものにならない」と一蹴”については、吹上論争のことを紹介しよう。

0156 中峠式寸評論争(4) [吹上論争 1] 早傘 〔2016/09/24-20:18〕〔222.158.161.35〕
        親_0155 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
吹上論争について筆者の知る文献は次のとおり。

栗原文蔵 1959.12『大和町のむかし“吹上貝塚”』郷土誌資料第三集,大和町教育委員会
三上嘉徳 1965.09「埼玉県吹上貝塚の中期縄文土器 -報告書記載の土器再考-」考古学手帖,25, pp.5-7;4
塚田 光 1969.10「下総考古学研究会のあゆみ」考古学研究,16-2, pp.14-20
栗原文蔵 1971.07 「吹上貝塚理解のために」埼玉考古,9, pp.49-51
塚田 光 1971.10「栗原文蔵著『吹上貝塚理解のために』を反駁する」下総考古学4, pp.34-43


 吹上貝塚は大和町(現・和光市)に所在し、郷土誌編さんの資料収集を目的として1959年に調査された。竪穴住居址覆土の土器出土状況について「吹上パターン」(小林達雄1965『米島貝塚』庄和町教育委員会)の標準となった、学史的に重要な遺跡である(したがって上掲以外にも吹上貝塚の“一括資料”について検討した文献は多々あるが、ここでは言及しない)。
 調査主任の栗原は国学院の大学院生、三上は同大学の学部2年生、小林が4年生だった。
 三上は下総考古学研究会の創設メンバーでもある(計算上はその時4年生)。
 調査はA・Bの2地点を対象としたが、特に議論の対象となったA地点の層位と土器の共伴関係について見る。A地点で2軒の住居跡が重複して発見された。
 栗原の報告によると、住居跡部分における層位は“三層に分けられ、腐植土層―黒色土層―赤褐色土層の順 … 黒色土層中からは良好な一群の中期の土器が出土 … この下の層は住居跡を埋めている所謂‘シモフリ’と呼ばれる赤褐色の住居跡内特有の土層”とし、両住居の区別は無い。土層断面図も示されていない。切り合い関係は“結果からいえば後者[2号住]の方が前者[1号住]よりも新しい … 第一号住居跡 … (P4)(P5)は第二号住居跡の床面で埋められていた … 第二号住居跡は … 床面のレベルは25センチメートル内外高い。そのため重複した部分には黒土の床を作っている”(平面図には黒土の床の範囲と推測できる破線が引かれ、断面図(エレベーション)にも床が表現されている)
 “第六図1〜6は、第一号壽住居跡第二層下部より一括出土した … 1の土器は勝坂式を思わせる。2以下は加曽利E式であるが、2などは最も古く位置されてよいだろう。逆に6の土器などは、条線文が施されており、この土器だけとり出して見れば中期終末の土器とみられそう … 条線文の土器でも古いものがあることを知るべきである。ともかくこれらは一括出土しており、同一時期の所産と考えなければならない”とし、そのまとめで“[阿玉台式や大木8a式との並行関係からも]勝坂式の新しい部分に、大木8a式に比定される加曽利E式の古い部分が共伴したとしても、不可解なことではなくなる … 相接近した二型式の土器の共存する可能性も、考えられる … 一括出土した土器群は、出土状態からも本来の姿であるとし、中期後半初頭の土器として結論する。このような土器が、一型式として成立するか否かについては、問題は多少別になるが、これらはやがて加曽利E式土器によって止揚されて行く関係にあれば、一型式とするより、加曽利E式の古い部分とみるのが常道である。ただし、古い部分の具体例として見るのであれば、一型式とすることも許されるであろう”とした。参照すべき事例として“中新井遺跡”(山内清男1936「武蔵高等学校裏石器時代遺跡の発掘」ミネルヴァ1-4, PL9;p20。『先史土器図譜』の“中新井弁天遺跡”)を挙げている。その出土状況写真には、加曽利E1式のキャリパー形深鉢と勝坂系の筒形深鉢が、同レベルで近接して出土していることが示されている。


 栗原報告の6年後(『井戸尻』刊行直後)、三上は“出土土器を、住居址の先後関係ならびに出土状況に従って、再考してみた”
 “2〜7[原報告1〜6]の土器は、第1号住居址の床面の上から若干の間層をはさんだ第2層(黒色土層)の下部から一括出土した … レンズ状にくぼんだ所にまとまった状態であった”。報告書の記述では、1(1住炉体)が2〜7および8・9より古いことはわかるが、“2〜7と[2号住床面から出土した]8・9の関係は何んら推測しえない”。しかし、第2号住居跡で“8・9の土器を使用していたその時に、住居址のすぐ隣りに … 巨大な第1号住居址のくぼみがまだ残ってい”たとは考えられず、報告で“「壁は注意したが不明であった」といっているが、しかし、私の知見によると、第1号住居址内の土器出土層の一部が焼土となっていて、この焼土が丁度第2号住居址の壁の近くであったために、注意していた所焼土が切られている事実を発見した … 土器がくぼみにすてられて、と同時にそこに焼土が出来て、さらに第2号住居址がこの焼土を切る様な所に作られたことになって、8・9と2〜7の土器の関係も以上の2つの理由によって明らか”となったとした。
 また、土器の型式的評価として“加曽利E1式を主体とする中に6の様に袋状口縁をもつ勝坂式土器的様相の土器や、又7の様な勝坂式土器が … 存在している … 最近では、勝坂式と加曽利E1式 … の伴出関係が、種種と知られている … AB両地点の土器は、勝坂・加曽利E1両型式移行時期の遺跡内における一様相として把握し理解することができる … このような土器群は一つ一つの土器について論ずるよりもこの様な組合せで考えなければ型式内容とその推移の過程を判明させることが出来ないと思われる”
 層位的先後の判断根拠の内、前半(2号使用時に1号に巨大な凹みは考えられない)は、栗原もそのように考えていたはずで、いちいち明記しない暗黙の前提である(そう断定できるかは別の問題である)。また、一括資料の評価にも開きはない。焼土によって切り合い関係が明瞭にできたという言明が、三上のオリジナリティーであった。

 三上(1965)を読んだ栗原はただちに批判文を書いたが“仲間割れみたいになるので、そのまま机の引き出しに投込んで置いた”(栗原1971)

0157 中峠式寸評論争(5) [吹上論争 2] 早傘 〔2016/09/25-21:31〕〔222.158.163.29〕
        親_0156 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
 1969年、考古学と開発工事の関係が熱く議論されている時期に、『考古学研究会』の「展望」欄に、下総考古学研究会の活動が、塚田光により紹介された。足かけ7頁、正味6頁。そのうち2頁で、中峠遺跡の破壊の危機を回避した経過を報告した。残り4頁が会の活動、とりわけ共同研究の紹介であった。ところが紹介の中心となったのは吹上貝塚の資料分析だった。
 資料分析の前提となる塚田の問題意識は“阿玉台C式は加曽利E1式を伴うということであれば、加曽利E1式に先行する土器は何式かという … 矛盾をめぐって鋭い批判が繰り返され … 膠着状態 … われわれの思考のどこかに欠陥がなかったかを調べることにした。それは勝坂式と加曽利E1式が一層で共伴していればより古い型式は残存したのだと考え、勝坂式と阿玉台式が一層から出土すれば同時性を証明するものであると考えていた。一方それぞれの包含層の意味は考えず、全く単純な比較で同格に取り扱ってはいないかというような反省である”。そこでこの一年間、作業分担して、「三上方式」を用いて、各地の報告書から遺構と土器の関係を検討してきたと述べた。その次からが、塚田独自の考察だが、吹上1号住の覆土(II層)出土の実測個体6点を“勝坂式の新しい方の土器”3点と“加曽利E1式または古式という範疇に入るもの”3点に分け、“これを一括遺物として、編年の基準にすることは考えものであるし、使用時に遺存したものと、埋没時に遺存したものは、あくまでわけてあつかわなければならない。とにかくII層に相当する条件から出土した資料のあつかいは慎重にならざるを得ない”。“遺構と遺物が使用の同時性を証明しうる”炉体土器などをもちい、遺構の切り合いで新旧関係が証明できるものを基準に編年を組んでいきたいというのである。“この段階では、三上方式によるII層、すなわち埋没時の一括遺物は完全に除外しておかなければならない”。埋没時の一括遺物は、編年が確立してから分析しようというのである。
 原則論としては、“覆土中の一括遺物”必ずしも同時期の資料ならずというのは正しい。しかし、仮にすべての炉体土器や埋甕が、住居の使用時期を正しく示したとしても、それら個体資料を切り合い関係などで配列することで型式編年が可能であろうか? 山内清男が書き残した編年方法(個体群である「資料」の比較による型式の制定)は理解していなかったことがわかる。もちろん、これは、山内著作集を熟読する条件が整えられた後世だからいえることであり、山内著作集の出版に尽力した塚田の御陰といえる。しかし、そもそも、塚田による吹上1号住覆土一括土器の時期評価は適切であろうか?

 栗原は反論を「考古学研究」に投稿したが、不掲載となり、地方雑誌に掲載した。
 まず、引き出しにしまっていた三上への反論を公表した。“報告書の不備を指摘しているらしい箇所がある。たわいもない事だが、当事者としては見過ごせない … 焼土は確かにあった。しかし三上君のいわれるようにうまい具合になっていたものかどうか … 現場の遺跡の認定について … 簡単に「私見」を述べられては … めいわく千万”と不快感を示した。また、栗原による隣接型式との並行関係の検討を三上が“まわりくどすぎる”と評したことにも立腹し、“全く見当違いである。このような勝坂式と、加曽利E式と伴出する遺跡は、当時でも2、3知られており編年的位置も … 今でも訂正する必要はない … あの当時では、このようなバラエティに富んだ土器群を、同じ仲間(型式という言葉は、あえて使っていない)とすることにはかなりの勇気を必要とした”ことを述べる(三上による一括資料の評価が栗原と同様であることは見落としている)。その勢いで“あれこれ書いているが … 「再考」 … の名に値しないもの”と全面否定し、引用分の誤りも指摘し、記述の冗長さについても“印刷費高騰の折から … 簡略に分かりよく書く、そんな作文能力からまず養う必要があろう”とまで言った。
 さらに“塚田光氏の記述は … II層出土土器を2つのグループに分け”たが、“信用すれば、住居址よりもその履[原文ママ]土中から出土したことになる。全く理解し難い。筆者は、A地点II層中から、従来の土器編年によれば、型式の異なる土器が完形品で多数入り混じって出土したのに当惑したが、B地点でも全く同様なので、本来の姿ではないかと考えた … 塚田氏の … 誤った認識の由来を考えると … 土器型式をあまりに観念的に考えているからで”型式の交代期には新旧が共存することがあっても当然だとした。このほか塚田の記述ミスも指摘した。最後に“塚田氏らの行き方には、意欲的な方向も示されているので、今後の精進を期待したい”と上から目線でまとめた。
 一括資料の評価は現在的にも破綻がないといえよう。しかし、感情的な表現が多く含まれ、意図してかはわからないが、塚田を怒らせるポイントが多い。「印刷費高騰の折」、上から目線(塚田の方が年上)など。

0158 中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/09/26-19:55〕〔175.179.201.234〕
        親_0157 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
 塚田はただちに反論をまとめ、ホームグランドに発表した(他誌に投稿しても却下されただろう)。
 栗原反論を“感情をあらわにし,かつ一方的な主張”としている。
 驚く事は、栗原反論の全文を転載したことである。著者の承諾を得たとは思えない。コピーライトというものを知らなかったか? 栗原反論を1〜3段落に切り分け、逐次、感情露わな再反論を記す。このような粘着質な手法はネットではよく見かける。時代を先駆けていた(^_^;)
 焼土の問題について、1頁近く論述しているが、具体的な内容はない。“当然おこる疑問は,この焼土を実際には誰が調査したのか。具体的に説明している三上氏なのか,一般論にすりかえている調査主任の栗原氏なのか”という読者も当然いだく疑問に対して“筆者にはこれを知る方法はない”と思い切り肩透かしをくわせる。三上論文ではいかにも三上が調査したように書いてあり、文章の終わりに“本稿は三上と話し合って塚田がまとめた”とあるのに。これでは、三上の発言が根拠あってのものなのか曖昧な記憶に基づくかも定かでない。“三上・栗原両氏の主張を比較すれば,いずれが信憑性の高い発言をしているかは明白であろう”と宣言されても困る。
 そして三上の焼土所見は、1号住覆土と2号住床面の先後関係の根拠として示されたことは塚田も言及し、それによって“いまだ遺構の先後関係,あるいは層位などによって立証されていない”型式学的な所見を層位的に裏付けたと主張する。しかし、「考古学研究」論文での塚田の主張は、覆土一括土器は層位的資料として根拠に出来ず、遺構の使用時期を示す1住炉体と(厳密には居住との同時性を示さないが)2住床面出土土器の先後関係が有意とするものであった。その遺構間の先後関係は栗原報告で明確に記述されている。1号住覆土黒土中に2号住床面を確認できたからであり、そのことは三上も否定していない。塚田の主張にはまるで整合性がない。
 次に、土器の型式認定について批判している。このうち、“勝坂式土器の破片で … どのような理由をつけようが、これは阿玉台式の破片にはならない”破片が、報告書の番号指示では勝坂式となっていることをとりあげて、栗原の無知をあげつらうくだりは不快感しかない。報告書の他の部分を見れば、栗原が当該の破片を阿玉台式と誤認するはずはなく、編集上のミスであることは容易に推測できる。分類から省略された土器についても“氏の土器の知識では少々荷が重い … うまい具合に飛ばしてしまって”とことさらな批判をする。
 それ以上に問題なのは、1住覆土一括土器の具体的な土器の評価についてである。塚田(1969)が“先学のうち立てた土器編年にしたがって…勝坂式の新しい方の土器”とした3点を確かめよう。
 まず、栗原1=三上7の土器は、西関東で勝坂式の最新段階に普通に見られる円筒形深鉢である。栗原(1959)は“勝坂式を思わせる”とし、三上は“勝坂式土器”とする。三者の意見はほぼ一致する。次に、栗原6=三上5の土器。胴部に膨らみをもつ深鉢の胴部のみを切り出したような形態。厚みがある口唇上に1条沈線を引く、いわゆる二重口唇。胴部は櫛状施紋具による条線を地紋とし、口縁直下に、刺突を持った隆線による逆U字文がある。あまり類例が思い浮かばない。この土器について栗原(1959)は“条線文が施されており、この土器だけとり出してみれば中期終末の土器とみられそうな土器である … 条線文の土器でも古いものがあることを知るべきである”とし、三上は勝坂式あるいは勝坂的とは扱っていない。塚田(1969)のみ勝坂式とし、その根拠は記していない。そして栗原2=三上6の土器。栗原は“加曽利E式であるが … 最も古く位置されてよい”とし、三上は“袋状口縁を持つ勝坂式土器的様相の土器”という微妙な表現をする(上記の引用の少し後に“6や19・20の様に口縁部に文様の集約された勝坂式土器”という文言があるが、ここの6は7の誤記と判断できる)。この土器について塚田(1971)は図を転載した上で“栗原氏が加曽利E式土器であると報告したものを,三上氏は勝坂式であると再考で訂正 … 栗原氏の土器認定が全く誤ったものであると述べたも同然”と誇張した上、“この土器をもって加曽利E式とするのは栗原氏をおいては誰もいないのではないかと思う”とする。問題の土器は、袋状口縁の部分だけを取り出せば勝坂式の特徴を示すが、胴部には、撚糸紋を地紋として、隆線文様が描かれている。そのモチーフや隆線上の沈線加飾は、勝坂式ではなく加曽利E式の特徴を持っている。このような土器は、“加曽利E最古段階”における“勝坂式土器的様相”の土器とした栗原・三上の評価が適切であり、塚田の断言は異様である。これらからすると、塚田(1971)が“栗原氏の勝坂式,加曽利E式土器に対する知識がこのようなものであることを改めて明らかにし”という批判は、そのまま塚田に返るのみである。
 焦点の土器の位置付けを考える際に興味深い文献がある。
  谷口一夫1960.4「東京都下高井戸遺跡の中期縄文土器」考古学手帖11, p3
 1937年月に明治大学史学科が調査し翌年5月に報告した資料の再報告である。“現在の中期縄文土器研究の一方向として,竪穴住居址を単位として,土器集成を行う傾向がある”ので、4軒の竪穴別に組み直した。一号と四号は勝坂式で、一号からは炉体、四号からは炉体ともう1点(『先史土器図譜』72-1)が図示された。二号は“中部地方に見られる加曽利EII式”とされ、現在の呼び方では曽利III式1点と、西関東風のEII古式(連弧文盛行期)1点である。“三号竪穴住居址の出土遺物は … 最も興味深い … 武蔵野台地に於ける,勝坂式土器から加曽利E式土器への過渡的な土器”とした。図示された4〜9のうち“(4)(5)(7)は勝坂式的様相の強いものであり,(8)(9)は加曽利E式である。つまりこの場合加曽利E式土器の古い所として理解される”。8と9は破片からの復元だが、EI(中)の頚部無紋帯を持つキャリパー形深鉢口縁部。4は口縁がやや外反する筒形深鉢で、体部に縦行する縄文を地紋として隆線文で文様を描いている。『先史土器図譜』で83-2として掲載し、加曽利E式の最も古い部分としている。この“最も古い段階”の標本と同じ竪穴から出土した5と7は、吹上報告2と同じ形態である。5は、胴部に地紋はないが、隆線で文様を構成し、隆線上には沈線が引かれている。隆線上加飾の特徴から、これも加曽利E式の“最も古い段階”としてよい。
 原報告は下記であり、三号竪穴出土土器は細部の施文技法を検討した上で、勝坂式と加曽利E式の“中間型式”とした。
  大伴赳1938「下高井戸三丁目竪穴遺跡発掘報告」明治大学史学会々報5, pp.125-134;PL
 明大が調査報告し、考古学手帖に再報告、『図譜』に掲載と、塚田に非常に縁深い資料である(後藤守一の「上古時代の住居」でも論じられており、塚田の卒論でも住居跡実測図を転載している)。
 1940.8に同時に刊行された先史土器図譜第VIII輯(勝坂式)と第IX輯(加曽利E式)は、掲載土器の出土地を見れば、中新井弁天遺跡と下高井戸三丁目遺跡(現・下高井戸塚山遺跡)の観察所見に基づいて構成したことが分かる。その理解が塚田は不十分だった。
 塚田「反論」は他もすべておかしい(まさに“感情をあらわにし,かつ一方的な主張”)が、すべてをここで批判する必要もないだろう。ただしひとつ、興味深いことを紹介しておきたい。三上の引用には誤りがあると栗原が批判したことについて、塚田は激しい反駁をしている。それでは、「全文引用」に誤りはないだろうかと原報告と見比べて気付いた。見事に原文の誤植もそのままである、というより、文字組も活字の字形も原論文そのままである。印刷された論文を版面そのままコピーしたのである。「版面権」について下記のリンクを読んでみよう。1971年かあ…
 https://kotobank.jp/word/%E7%89%88%E9%9D%A2%E6%A8%A9-1579024

 塚田(1969)で採りあげるべき事例は、下総考古学研究会による報告だった。

0159 中峠式寸評論争(7) [吹上論争 4] 早傘 〔2016/09/27-20:20〕〔124.24.245.240〕
        親_0158 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
 初期の下総考古学研究会は、1962年1月に着手した子和清水貝塚の発掘調査を、会の始まりとしていた。
 その調査の概報は、考古学雑誌に発表された。
  高橋良治;塚田光;小片保1963「千葉県子和清水貝塚調査概報」考古学雑誌49-2, pp.17-32
 独立した竪穴住居跡1棟の調査であり、土層断面図はないが、最下層は壁近くで断面三角状に厚く堆積する褐色土、その上の凸レンズ状の空間に貝層と土層が交互に堆積していたという。土器は最も下の貝層の直上の土層、および上部の貝層から多く出土したという。
 炉体土器は加曽利EI式だった。覆土・貝層の土器は、“ひろく加曽利EI式に包括されるもの…が…主体”で復元個体を含んでいる一方、阿玉台式と勝坂式の破片も出土したという。そして、それらが共伴するものとして、扱っている。しかし、主体となるEI式はその新しい段階であり、阿玉台式・勝坂式は特段新しくないものが主である(勝坂式に分類した中にはのちの“中峠0地点型”も含んでいる)。当時であっても、このような組合せは単なる混在とする研究者がほとんどだったろう。
 すなわち、塚田1969が非難する、覆土出土土器を安易に一括とした好例である。また、復元個体を5点図示しているが、炉体を除き出土層すら分からず、さらに1点には本文で一切触れない。このような、他者には“使えない”資料をこそ自己批判するべきだった(筆頭著者が高橋であることを穿って見ると、塚田1969は婉曲に高橋を批判したようにも読める。しかし、この概報[人骨所見を除く]は、塚田没後にまとめられた著作集『縄文時代の基礎研究』に収録されており、身近な人々は塚田の著作とあつかっていた)。
 塚田による共伴認定の緩さは、新巻遺跡の資料紹介(下総考古学1)における吹上貝塚への言及でも見て取れる。新巻遺跡の阿玉台式の“類例の求められた吹上貝塚においては,B地点で勝坂式と伴出したという記述がある”とするが、報告書にそのような記述は無い(加曽利E式を含めた中期の土器破片の“層位的な差異は必ずしも明らかでない”という表現はあるが、意味はまるで逆だ)。伴出関係の捏造ないしは致命的な読解力の欠如である。

0162 中峠式寸評論争(8) 早傘 〔2016/09/28-22:15〕〔222.158.160.195〕
        親_0159 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
 下総考古学4号にもどろう。
 同号には下記論文も掲載されている。
  芝崎孝 1971.10「長野県曽利遺跡調査報告に関する疑問と問題点 -「資料の史料化」をはかるために-」下総考古学4, pp.34-43

 曽利遺跡の概報(藤森;武藤1964)と翌年の報告(藤森1965)を比較し、その不整合があまりにも多いことを強く批判している。
  藤森栄一;武藤雄六1964「信濃境曽利遺跡調査報告 昭和35・36年発掘地区」長野県考古学会誌1
  藤森栄一1965「池袋・曽利遺跡」『井戸尻』中央公論美術出版
 下総が資料の史料化のための資料批判と称するものである。元来、藤森グループ(諏訪考古学研究所)と下総には深いつながりがあった。藤森の元で育った考古少年の多くは明治大学に進み、考古学手帖同人の主力メンバーの一角も占めていた。同誌の特徴をなす中期縄紋土器の資料紹介も、諏訪考古学研究所OBによる諏訪地域の住居跡一括資料の紹介で流れが作られた。
  松沢亜生1958「長野県諏訪郡新道の中期縄文土器」考古学手帖1
  戸沢充則1958「長野県殿村遺跡の中期縄文土器」考古学手帖3
 諏訪考古学研究所出身で塚田の同級生でもある神村(松島)透は、卒業後帰郷し、教職に就いていた。神村は同じ境遇の樋口昇一とはかって、1961年秋に地方学会の結成に動き始めた。翌春、長野県考古学会として発足した。初代会長は“尖石の鬼”宮坂英弌であり、重鎮として藤森栄一がいた。このころの藤森は、武藤雄六らと井戸尻遺跡群の調査を進めていた。彼等は、竪穴住居跡の切り合い関係に基づく土器編年という方法を開発したと主張していた。62年秋に開かれた県考古学会第1回大会は井戸尻考古館で開かれ、井戸尻編年公表の場となった。考古学手帖同人は1962年10月〜63年3月に、関東地方の中期縄文土器の研究会を3回開催し(阿玉台式、吉井貝塚の加曽利E式、武蔵野台地の勝坂式)、以降、下総の例会活動につながった。64年3月、長野県考古学会誌創刊号が「曽利遺跡特集」と題して出された。同年10月、「下総考古学」創刊。群馬県で開かれた日本考古学協会大会で初売り。それを手にとった藤森から
 “「ごくろうさん」と一言いわれた。この在野の雄のねぎらいを,私たちは,千編万句にもまさる思いで聞いた”(高橋良治1982「塚田光氏と考古学」『縄文時代の基礎研究』)。
 その直後(10/31〜11/1)、長野県考古学会はシンポジウム「中期縄文文化の諸問題」を開催した。1日目は土器編年について、2日目は集落や文化様相について議論した。下総からは5名が参加した。1日目は各地の参加者による編年を合成した編年表も作られた。関東を代表したのは高橋・塚田だった(この表の Pre1 と他型式の関係は興味深い)。この討議の場において、塚田は、切り合いによる編年は、戦前からの伝統的な方法であることを述べた。塚田自身もかつて南堀貝塚でそれを試みた。『井戸尻』刊行後の諏訪考古学研究所の研究は縄文農耕論に偏っていった。一方、下総の活動の中心は、2本柱の一つが中峠遺跡の研究であり、もう1本は勝坂式の研究、言い変えれば関東地方から見た井戸尻編年の検証であった。
 塚田が報告書はそのまま信用できないと考えるようになったきっかけは、1955年に卒論のために複製させてもらった与助尾根遺跡の住居跡実測図と、57年に刊行された報告書の図に多くの相違があったからだという(大村裕2015「塚田光の縄文集落・共同体研究」異貌32)。塚田は66年に早くも「報告書『井戸尻』の資料分析1」を研究メモ31に執筆している(未見)。
 芝崎1971も塚田の助言で作成されたとの推定がある(大村裕2011『縄紋土器の型式と層位』p.104)。

 熊谷も大学卒業の半年後(1969.11)、下総例会で「与助尾根遺跡の集落分析―報告書を中心として」を発表した。塚田から多くの意見を受けたであろうと想像できる。翌月の例会では塚田が「長野県・与助尾根遺跡の集落址」を発表した。塚田1970.7「中峠遺跡の共同研究を前進させるために」研究メモ83(塚田1982に「縄文時代の集落研究序説」として収録。以下の引用はこれから)によると、69年度途中から例会のテーマが集落分析に移った(例会記録を見ると、まず10月例会で小山による三殿台遺跡(弥生時代)の分析があり、縄文集落分析のトップバッターを熊谷が担ったのであった)。塚田70→82に“会の共通テーマが土器論から先史集落に移行した … が … 不徹底による混乱を生じた”とあるのは、熊谷の発表を指すように読める。そして“昨年度の集落研究は … すでに報告され,あるいは立論された諸著書について,きわめて手きびしい批判を加えながら,資料の検討をおこなった”とする。

 熊谷1975.03における“下総に入って学んだこと”とは、以上のような資料批判の姿勢であった。しかし、その厳しさは外部に向けるもので、自己には甘かった。

0165 中峠式寸評論争(9) 早傘 〔2016/09/30-21:38〕〔124.24.255.232〕
        親_0162 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
1975.06 研究メモ122 熊谷肇「『中峠論争』を終結するに当って」p.15
          戸田哲也「3月例会の記録」pp.15-17

 以上を踏まえ、3.15付けの研究メモで熊谷から投げかけられた、真っ正面の反論に対し、どのような動きがあったかを見よう。
 戸田がまとめた3月例会(15日)の記録では、1月例会から続けられてきた中峠式土器に関する型式学的検討を行った。
  “議論のうえに一応出席者全体の認識、賛同するところ”となった。
 分布についての発表もあった。
 “最後に中峠遺跡の概報の具体的内容について話し合われ … 中峠遺跡での層位的検討に関しては、正月整理の結果のうえに塚田会員より熊谷会員への研究メモNo.120の返答も含めての見解が出された … 塚田会員は … フラスコピット中の貝層が住居址覆土の貝層と貝種が異なっていること … 2号住居址床、ピット中、覆土中よりは加曽利EI、II式の破片がみられ、中峠式が全く認められない、という2点に基づいて … フラスコピット(中峠式)と2号住居址及び覆土(加曽利EI、II式)との時間差は証明できるとされた … 芝崎会員からは中峠遺跡における住居址と土器との関係の一般的あり方より考えての反対表明 … 熊谷会員は態度を保留 … 戸田会員からは層位的確認に対する賛成意見が出された … 概報では、正月整理の結果に基づき、層位的分離を確認することにおいて大方の賛同が得られた”
 熊谷の問題提起は、EIより確実に古い層位的根拠を求めるものであった。塚田はEI単純層を示すことができなかった。フラスコピットと住居址の時間差に問題をすり替えていることに目を瞑って“賛同”したたのが戸田を含む“大方”であった、ということになる。
 また“先史土器図譜の型式論との関連が戸田会員より質問されたが、塚田会員は先史土器図譜の加曽利E古式より分離されるものとしての意見が出された”という。これは先史土器図譜82-2との関係を問うたのではないか? 当該資料は中峠0地点例と近似し、しかも山内は、出土地不明なのに、下総方面の特徴が有る加曽利E式最古段階の土器と扱った。塚田はどう説明したのだろうか?
 “概報作成の為の土器型式に関する討論は一応全ての面について行われた … あくまでも概報の時点での基本認識であり … 多少の意見のくい違いがみられており、本報告までに解明しなければならない問題点が多く、クローズアップされてきた”
と、まとめた。最後の一節については大村氏がコピーにアンダーラインを引いてくださった。

 同じ号に載った熊谷氏の文章は奇妙な謝罪文である。
 “No.115での突然の問題提起で … 大変混乱を生じしめたことは偏に私の説明不足の故 … 「中峠式」の存在は、あらゆる面からの検討によって成立しうる … 「公け」について … 塚田氏はこれは「表明」の意であるという(5月24日、例会後の話し合いの場にて) … 私の解釈は塚田氏の真意と異なる … 以上2つの点について訂正とお詫びをして、今回の論争を終結することにしたい”
 いったいどういうことだろう。あきらかに議論に勝っている側が、議論の本筋と異なる所で謝罪し、論争を終結する …

例会の記録(下総考古学6号 pp.39-40)によると、
第136回 1975.05 熊谷肇「中峠4次2号住居址の層位関係」
第137回 1975.06 熊谷肇「中峠4次2号住居址の層位関係」
第138回 1975.07 芝崎孝「中峠4次2号住居址に関する見解」

熊谷と芝崎は納得することなく、例会で議論を続けた。2回続けて同じ発表というのは誤植かと思ったが、6月例会の記録で事情が分かった。

1975.09 研究メモ123 猪越公子「6月例会の記録」pp.1-3
          熊谷肇「字句の訂正について」p.7

 「メモ」の発行が珍しく2箇月もあいた。
 猪越のまとめによると、例会予告では塚田の発表とされていたが、“前回からの継続なので、塚田氏の名は消し、熊谷氏の発表で行う”ということのようだ。熊谷はフラスコの構築時期を検討し“[改築]前の住居址に伴う”と結論したという。
 それに対し、塚田も同様な考えを示した。そして、中峠期の住居(フラスコ伴う)→廃棄(貝層のフラスコへの流れ込)み→EI期の住居(フラスコ上に貼床)→住居址覆土にEII式 という変遷とし、“中峠式、加EI、加EIIの関係が明確になると発表された”。“芝崎氏は … この住居の下を確認しなければならないと発言されたが、時間がないため、次の機会にのばされた”。
 フラスコに貼床した住居の時期を議論すべきはずが、そうではなくなったようだ。床面とピットの土器は加曽利EIという認識で納得したのだろうか?

 研究メモ122号の発行日は6.18で、6月例会の日付であった。それで、紙上の論争は終わったはずだった。ところが、“No.122号 … の文中「公け」については「訂正」すると述べたが、この字句を「撤回」と訂正する”という。何者かに徹底追求されたのであろうか。塚田は正しく、熊谷は誤っているのである?!

 研究メモは、翌月に124号が出されたあと、翌年6月に125号が出るまで半年の空白が生ずる。そして、研究メモにも例会発表者にも、後述の例外をのぞき、熊谷の名を見なくなる。

 例会記録では、76年1月〜3月の3回をかけて「中峠遺跡調査概要最終稿の討議」をおこなったとある。
 そして76年6月にようやく「概報」を載せる下総考古6号が刊行された。
 調査概要をみると、第4次調査地点の“2号住居址も覆土には貝層が堆積し,加曽利EII式土器,同III式を出土した … 床面及び柱穴中より出土した土器は全て破片ではあるが,加曽利EI式土器であった”と断じている。
 また、「中峠式土器の研究」のうち「中峠式土器の層位」を見ると“第4次2号住居址 … の床面及び柱穴などの出土土器中には中峠式土器が全く含まれず,すべて加曽利EI式土器であった”という。破片であることも省略している。そして自分たちが証明したと称するEI式細分との関係も論じない。

 あらためて確認する。下総考古学16号に掲載された第4次調査の本報告は、図示可能な土器の大部分を掲載したという。床面直上として条線紋を施す大破片1点(No.246)、ピット中として4片が載る。うち2片は無紋の浅鉢で、概報当時は時期判断不可能。1片は胴部破片で縄紋地に沈線による懸垂文がある(No.247)。2本の沈線の間は狭いが、大村は“間が浅く磨消されている。加曽利E式の新しい部分”とした。最後の1片(No.249)は胴部のくびれに太沈線を2本引きその間に短かい横線が連続的に引かれている。大村は“おそらく加曽利E式後半期”と評価した。
 研究メモ119で熊谷は4次2号住の土器について、床面とフラスコから櫛描手法(条線)の土器があることを述べ、ピットから“加曽利EI式と思われる土器片が1片”のほか“幾片”かが出土し、うち“胴部に2本の沈線が横走し、その間をを横に刺突していくという新しい様相のもの”を指摘している。前者は247の沈線間を磨消でないと見たのであろう。後者は249に間違いなく、熊谷は“この土器片の如何によっては、我々にとって極めて重要な問題になることが明らか”と見極めている。当時検討された資料と報告に図示された資料とは一致するようだ。とすれば、このような零細な資料は、たとえすべてが確実な加曽利EI式でも確実な層位的根拠にはできない。それどころか、確実にEIといえるものすらなかったのである。

 「本報告までに解明しなければならない問題点」だと認識していたとすれば、概報ではそのように記述すれば良いだけである。
 “概報だから”で許容されるのは、予算年度の都合などで、調査終了直後に土器洗いもしていないような段階で執筆した場合だろう。

 下原稿が出来てからも再検討に多くの時間を費やしながら、内部で指摘された、根拠の薄弱さを無視した概報の記述は、誤認ではなく虚構である。とうてい言い訳できるものではない。

 下総考古学6号の「あとがき」にはこうある。“人間関係は常に円滑に保たれ、それを基盤として活発な議論を展開することができた”。執筆は“(つ)”。すなわち塚田である。

0166 中峠式寸評論争(10) 早傘 〔2016/10/01-21:51〕〔222.158.163.70〕
        親_0165 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
その後のこと

 下総考古学研究会1977.7「シンポジゥム 地域研究と考古学 -研究共同体をめざして-」どるめん14, pp.88-117

 概報刊行の一年後(文中で登場する最新の日付は5月9日)、雑誌の企画で、下総考古学研究会会員が座談会を行った。発言者は15名に及ぶ。
 研究会の設立経緯や共同研究、会の運営など、活動全般に話題が広がっている。素直に読めば理想の研究共同体であり、憧れてしまう。
 プレ1論争も話題にあげている。論争があったこと自体は隠蔽していない。しかし、発言内容は、プレ1=中峠式とは何かを再確認できたという趣旨が主であり、層位的根拠の問題としては語られない。意図してとは思わないが、問題をすり替えて記憶を整理してしまった。
 芝崎と熊谷の発言はない。出席していれば必ず発言が求められる話題もあるから、その場にはいなかっただろう。
 今なら「協働」と書かれるであろうキョウドウの実際は、むしろ「強同」ではなかったか。

 研究メモ286 p.24 によると、芝崎は 1977.9 に退会したという。

 翌年、久しぶりに熊谷の名が、会の記録にあらわれる。
  熊谷肇 1978.12「『神奈川考古第4号を読んで』に答える」研究メモ151 (未見)
 “答える”とはどういうことか? 下記に対してであった。
  塚田光 1978.07^10「神奈川考古第4号を読んで (1)〜(3)」研究メモ145;146;148 (未見)
 ひとつの文献に対して、3号も費やして批判した。それになぜ熊谷が答えたか?
 神奈川考古第4号、すなわち、
  神奈川考古同人会縄文研究グループ1978.4「神奈川県における縄文時代中期後半土器編年試案 第I版」神奈川考古4
は、77〜78年に神奈川県教委が報告した3遺跡を中心に、それらの報告者達がまとめたものである。研究グループは、鈴木保彦、熊谷肇、白石浩之、岡本孝之、山本輝久、戸田哲也の6名であった。すべて1946〜47年の生まれ、配列は生年月日順であろうか。前5人が神奈川県の職員で、戸田には“特別参加”と付記されている。
 解説文は興味深い構成を取っている。すなわち
 “同人の間にも編年観に相違があったことから、数多くの議論がかわされた … 個々の部分に異なる意見があった場合は,少数意見を異論ということで文章中に述べた”
 実際、本文の過半、3頁近くにわたって記名しての異論が連ねられている。この手法は下総への批判的姿勢に見える。熊谷のみ異論を書いていない。県職員の5名の内、中期土器プロパーといえるのは熊谷のみであったから、熊谷案をベースにしたのかもしれない。
 熊谷が退会またはそれに近い状態にあったとすれば、激しい批判が伝わり、責任者として筆を執るに至ったのであろうか。
 「神奈川編年」といえば、1980年に開かれた「シンポジウム『縄文時代中期後半の諸問題』−とくに加曽利E式と曽利式土器との関係について−」の方が著名だ。その資料集(神奈川考古10号)、記録集(11号)とも、発表者に熊谷の名は見えない。土器研究から身を引いたのだろうか。私は、大村書評を読むまで熊谷氏の存在を知らなかった。


 熊谷はもう一度だけ、研究メモに執筆した。
  熊谷肇 1982.03「塚田さんからの宿題」研究メモ184(塚田光氏追悼特集号)
 気になるが、あえて未見のまま、ここまで書いてきた。どのような追悼をしたのだろうか。

 以上で、アルカ研究論集角張淳一追悼号の大村書評へのコメントを一応終わる。
 一応、というのは、「中峠式」のその後についてもコメントしないと不公平だと思うからだが、続きはいつになるか分からない。

0167 RE:中峠式寸評論争(10) 大村 裕 〔2016/10/03-15:49〕〔2400:402e:a27e:6b00:f067:ea10:5cd:88ed〕
        親_0166 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
―故人の研究に対する批判の仕方について―
 今年の6月頃、早坂さんから「『Pre杵請茵戮鯤析したいから、『研究メモ』(下総考古学研究会の部内誌 孔版)の該当部分をコピーで送って欲しい」という要請がきました。すぐ対応したのは勿論ですが、その後も2度にわたって追加コピー送付の要請がきました。
私は、「Pre杵請茵廚粒惱囘批判はおおいに結構であるという認識があり、早坂さんの要請に対し、誠実に対応したつもりでおります。ただし、論争の当事者の塚田氏および氏の盟友高橋良治氏がすでに亡くなっていることでもあり、「先学たちに対する敬意をこめてご執筆くださるよう、伏してお願いします。」(本掲示板0149参照)と送り状にしたためました。
 しかし、本掲示板にアップされた塚田氏批判は常軌を逸したものがありました。いわく
「塚田の断言は異様である」
「塚田『反論』はすべておかしい(まさに“感情をあらわにし、かつ一方的な主張”)」
「破片が、報告書の番号指示では勝坂式となっていることをとりあげて、栗原の無知をあげつらうくだりは不快感でしかない。」
「“類例の求められた吹上貝塚においては、B地点で勝坂式と伴出したという記述がある”とするが、報告書にそのような記述は無い。(中略)伴出関係の捏造ないしは致命的な読解力の欠如である。」
云々と。
 上記のうち、,鉢については、0160で私が事実関係を以て反論しましたが、△砲弔い討眤臑次愼賁翕擺錣侶深阿帆悵漫修修糧稟重検討―』(六一書房 2011年)で学ぶべき点を具体的に列挙しており、「すべておかしい」という批評はあたりません。い料鞍症分は同意しますが、後半の早坂さんのご指摘は研究者としてかなり不用意な発言です。
 一連の早坂批評により、故塚田光氏の人格がかなり捻じ曲げられてインターネット上に拡散してしまったので、塚田氏の高潔な人格を窺わせる、よい証言を以下に紹介します(出典は、渡辺兼庸「新刊紹介 塚田光 著『縄文時代の基礎研究』」『考古学雑誌』68巻1号 1982年)。
 渡辺兼庸氏は、上述文献に収録された、「佐藤達夫氏『土器型式の実態―五領ヶ台式と勝坂式の間―』論文の批判と評価について」という塚田論文の取り扱いについて、以下のように解説しています。

 <「佐藤達夫氏『土器型式の実態―五領ヶ台式と勝坂式の間―』論文の批判と評価について」「研究メモ」139(昭和52年12月)掲載。下総考古学研究会の勝坂式土器についての共同研究の一環として、諸論文を検討する過程でまとめられた。筆者(大村註:佐藤達夫氏のこと)が逝去された後なので、同研究会型式班の立場を離れて、その問題点と扱いについて、部外者の私(大村註:渡辺氏)と2人で特に検討会を持って慎重に討議した結果、内部である研究会では発表しなければならぬが、外部には公表しないのが、反論出来なくなった立場の方への礼儀であるとの2人の基本的な考えから、その結果については、外部には全てをふせてきた。しかし、年月の流れにつれて内外共に諸般の状況の変化があり、君(大村註:塚田氏のこと)亡き今、一方的に約束を違え、遺稿集にこれを掲載するに至ったのは全て私の責任であり、誠に申し訳ない事と思うが、その意を了とされることを願うのみである。>

 塚田さんは、会社経営者として世間常識を持ち、潔癖で他人に対して過剰ともいえる気配りをする人でありました。しかし、ひとたび他者による非常識で無神経な行動や発言に接したり、正義にもとる行動を目にしたりした場合は、強い反撃に出ることがあります。
 1980年、芹沢長介氏が、山内清男博士の学位請求論文「日本先史土器の縄紋」の書評を『考古学雑誌』に寄稿した折、<山内博士による「縄紋」の施紋手法の発見は、ニコルソンという海外研究者の民族事例紹介がヒントになったのではないか>、という嫌疑を投げかけました。これを読んだ塚田さんは、「山内博士が亡くなった後にこのような見解を表明するのは卑怯である」(塚田氏逝去後、ご尊父証言)として、反論も弁解も出来なくなっている山内博士に代わって同博士の未公開草稿を提示し、芹沢氏の一方的な主張に反撃を加えたのでした。この事実を以て、塚田さんが佐藤論文の取り扱いについて非常に神経を遣った理由がご理解できたかと思います。
 早坂さんには、こうした配慮を是非していただきたいと願ってあの書簡(本掲示板0149参照)をしたためたのですが、願いがかなわず、残念です。
 ちなみに本掲示板で取り上げて頂いた、故角張淳一氏の著書に対する私の書評では、角張氏の主張に同意できない部分について言及し、若干の批判も加えましたが、これを公表するにあたっては、角張氏の盟友でもある奥さまに原稿をお送りした際、「お気に障った部分があったら遠慮なくボツにしてください」という送り状を添えるとともに、後日直接電話で奥さまのご意向を伺いました。奥さまには、「ボツになどしたら、角張に叱られます」という温かいお言葉を頂きました。
 あの原稿を執筆するにあたっては、「角張さんがご存命ならどのような反応を示すだろう」と常に意識しておりました。それで、角張さんに納得していただくために、身内の微妙な問題にもあえて言及した次第です。また、原稿送付前には、「下総」の仲間にも提示し、当事者や関係者が読んで、不快になると思われる箇所を徹底的に指摘してもらいました。故人に対する批判は、このくらい慎重であらねばならない、ということを教えてくれたのが塚田光氏でした。
 私は、この掲示板に掲載された早坂さんの主張や基礎資料提示に啓発されることが多く、拙著やくだんの書評にも引用させて頂いております。また他の研究者にも、本掲示板を参照してもらいたいと願っておりますが、この度のような不用意な文章が載ると、本掲示板の文章を学術資料として引用しにくくなる場面も出てくると思います。私はそれをおそれます。
 私は、学術的問題に感情をまじえることは厳に慎みたいと思っておりますが、なお配慮が足りない部分がありましたらお詫びいたします。

0164 RE:中峠式寸評論争(7) [吹上論争 4] 大村 裕 〔2016/09/28-23:40〕〔2400:402e:a27e:6b00:a027:7c34:2133:1bae〕
        親_0159 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
本日、下総考古学研究会資料室に行った際(ここで毎日中峠遺跡出土遺物の整理をしています)、「子和清水貝塚調査資料」(塚田光氏遺品「8」と整理番号が付された箱に在中)を調べてみました。写真類・実測図類・日誌の他、調査概報の生原稿や故小片保博士からの書簡類、そして「千葉県子和清水貝塚調査概報」の目次と執筆分担などが見つかりました。目次・執筆分担は以下の通りです。

一. はじめに(塚田)
二. 貝塚の所在(高橋)とその発掘(塚田)
三. 竪穴住居址〔住居址内の人骨の位置〕(執筆者の記入なし)
四. 人工鵜物
1.土器(まとめ)(高橋) 2.土錘(塚田) 3.石器(塚田) 4.貝製品(塚田)
五. 自然遺物(塚田)
1.貝類 2.獣類 3.鳥類 4.魚類
六. 人骨所見(小片)
七. むすび(執筆者の記入なし)
八. 英文要約(塚田)

生原稿の方を見ると、一.は塚田氏の筆跡、二.も塚田氏の筆跡、三,も塚田氏の筆跡 四.の1(土器)は高橋良治氏の筆跡、2〜4は塚田氏の筆跡でした。「自然遺物」(動物遺体)の生原稿は見つかりませんでしたが、動物遺体の一覧が書かれたメモがあり、末尾に赤字で「金子さん」と書かれてマルで括られていました。金子浩昌先生のメモのようです。
 ちなみに、『考古学雑誌』に掲載されたこの調査概報を見ると、土錘・石器・貝製品についてすべて詳細な出土層位が記されています。今から40年以上前、私は関東地方各地の縄紋式における竪穴住居址出土の土器片錘の出土層位報告例を調べたことがありましたが、ここまで詳細にデータを提示している報告例は他になく、一驚した記憶があります。 
 塚田氏は8歳年長の高橋良治氏の土器研究には深く敬意を払っており、土器研究について高橋氏の影響を受けた部分もあります。その故か、高橋氏の生原稿には統括者の塚田さんの朱は、一切入っておりません。ここで強調しておきたいのは、「土器」の分析・記載担当は塚田氏ではなく、早坂さんの塚田氏に対する「共伴関係の緩さ」の指摘は、「子和清水貝塚調査概報」に限れば当たっていないということです。
新巻遺跡の資料紹介における吹上貝塚報告の引用ミスは早坂さんのご指摘の通りでした。ただこれを以て「伴出関係の捏造ないしは致命的な読解力の欠如」と極論するのはいささか酷というものです。私も学術上の批判はよく行ない、塚田氏の仕事に対しても批判をしているのはご案内の通りですが、常に敬意を払って行なっています。誤りを指摘した上で、他人の研究者生命を奪うような「捏造」という言葉は決して使わないし、他の研究者も安易には使わないと思います。早坂さんには、「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」というイエスの言葉を贈ります。

0171 RE:中峠式寸評論争(7) [吹上論争 4] 早傘 〔2016/10/05-23:23〕〔175.179.198.180〕
        親_0164 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
子和清水概報の扱いについて
この記事は164へのレスであり、170の続きでもあります。

大村様
大切なお時間を浪費させてしまっていることは申し訳なく思っています。

 子和清水概報について、貴重な情報をありがとうございました。
 何となく想像していた執筆分担が大体当たっていました。
 ただし、記事159の前半は、塚田1969では「下総」自身の報告を
再検討すべきだったという趣旨で、執筆分担によりません。
 159を一旦書いてから、塚田遺稿集にも収録されていることに気付き、
文章を修正したのでした。

 土器片錘のデータを詳細に提示している報告としては、『吹上貝塚』もそうですね。

 記事159後半の
“伴出関係の捏造ないしは致命的な読解力の欠如である”
という表現はご指摘の通り、言い過ぎでした。
 当該の論文では、吹上貝塚における伴出関係を意図的に作出する必要は無いし、効果もありません。
 “原典の確認を怠ったか、読解力の欠如である”と訂正します。

(再反論終わり)

0160 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 大村 裕 〔2016/09/28-17:10〕〔2400:402e:a27e:6b00:992c:3857:3f8e:9004〕
        親_0158 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
「中峠寸評論争(6)「吹上論争3」について(大村 裕)
早坂廣人様、中峠遺跡調査や塚田光氏にかかわる諸問題をインターネット上に公表していただき、ありがとうございます。研究者にとって、自分の仕事を無視されるより、批判される方が却ってありがたいことです。批判が正鵠を射ていれば自分の見解を撤回し、新しい所見を表明すればいいのですから。
 ただし、既に亡くなってしまった人は、批判されても、もう反論や弁解や修正をする術がありません。従って、現役の研究者に対する批判とは、自ずと異なった批判の仕方があるのではないか、と今の私は考えております。それは、先学の所見に対する批判をする場合、批判だけに終わらせず、その研究者の長所をも挙げ、先学に対する敬意の念を示すことです。そうしないと、若い学徒たちは、私ら年配者(早坂さんもその一人。もう塚田氏の享年を超えています)の所見をそのまま鵜呑みにして先学の業績を等閑視してしまう恐れがあるからです。近著の『日本先史考古学史講義―考古学者たちの人と学問』(六一書房)では、そうした方針で叙述を進めて参りました。
 その点、この度の貴方による故塚田光氏に対する批判の仕方は目に余るものがあります。塚田氏の弟子の一人として、インターネット上とは言え(私はこのような「掲示板」という媒体で議論をすることを好みません。第一、議論の対象となる考古資料の図の提示が出来ないので、閲覧者にはどちらの主張が正しいか、判定の仕様がないからです)、師の名誉のために二三弁明や反論を述べる次第です。
栗原論文の全文転載について。これが著作権上問題となることは、印刷のプロである塚田氏が知らないはずはありません。栗原氏の主張のすべてを問題とする必要上、あえてこのようなスタイルをとったと思われます。 1980年8月7日、塚田氏は、側近の故小山勲氏の質問に答え、某研究者に対する人物評、および現今学界の情勢分析・学史研究の要諦・『考古学手帖』時代の思い出、に加えて栗原氏との「吹上論争」について解説しております(小山氏の遺品中から発見したメモによる)。それによると、栗原氏による三上氏批判の背景・『埼玉考古』掲載の裏事情、および塚田氏の反論公刊後における『埼玉考古』編集陣の「対策会」の様子などが話されています。塚田氏は学界でも有数の情報通で、明治大学人脈や『考古学手帖』関係者などを通じて幅広いネットワークを構築していましたから、『埼玉考古』の内部の事情はほぼ筒抜けであったようです。「対策会」の詳細な内容は書けませんが、塚田氏はさまざまな情報を踏まえた上で、裁判になることも敢えて辞さず、あの反論を執筆したのです。無知の故ではありません。
早坂批判には、「“当然おこる疑問は、この焼土を実際には誰が調査したのか”という読者も当然いだく疑問に対して(塚田が)“筆者にはこれを知る方法はない”と思いきり肩透かしをくわせる」(括弧中の語句は大村補填)とありますが、これは引用として正しくありません。閲覧者の皆さまには原文(塚田、1971:37頁を参照のこと)に当たって頂きたいのですが、塚田氏が「これを知る方法はない」とした、「これ」とは、「調査主任(大村註:栗原氏のこと)は日々提出される日誌に目を通していたのか」という事実関係を指しているのです。少し詳しく説明すると、「この焼土を実際には誰が調査したのか。具体的に説明している三上氏なのか、一般論にすりかえている栗原氏なのか」という疑問を確かめるために「発掘日誌は? 調査主任は日々提出される日誌に目を通していたのか」と問題提起しているのです。そしてこの文章の直後に「しかし、筆者にはこれを知る方法はない」と受けているのです。原文を素直に読めば、栗原氏が各調査員から提出された発掘日誌に目を通していたかどうかについて、塚田氏には「知る方法がない」、ということでしょう。
栗原報文(『大和町のむかし “吹上貝塚”』(ちなみにこの報告書は、1959年当時としては出色の出来栄えと私は以前から評価しております)の「図版七」の6の土器片(太い隆線による横S字状文が施され、その脇に三叉状文が加えられている)を「阿玉台式の系統の土器で、阿玉台新式とも云われる(4〜6)」(傍点は大村)としたのに対し、塚田氏は、6は「勝坂式土器の破片である」と訂正しました。これに対して貴方は「栗原が当該の破片を阿玉台式と誤認するはずはなく、編集上のミスであることは容易に推測できる」と断定されていますが、本当にそう言い切れるのでしょうか?
 例えば「図版七」の17(丁寧な刻みが加えられた、入り組み状の隆線と、列点紋およびキャタピラー状の連続刺突紋が密に施されていることが確認されます)や18(断面三角形? の隆線の脇にクサビ状の連続刺突が加えられています)および19の「勝坂式の範疇を逸脱した勝坂系土器」(大村の造語。「中峠式土器の再検討」『下総考古学』15号、1998:69〜71頁参照)に相当する土器を「加曾利E式にあたる土器である(17〜22)」としています。この他、所属型式の認定がかなりアバウトな部分が散見され、「栗原氏が当該の破片を阿玉台式と誤認されるはずはなく」という推断はただちに容認できません。栗原氏は1971年当時30代後半であり、塚田氏の批判に反論も弁解もできたはずであり、それをしなかったことは、塚田氏の批判を容認したと学術的には受け止めざるを得ません。私自身としてはこの問題に深入りする気持ちはありませんが、型式誤認を「編集上のミス」と強弁して「栗原氏の無知をあげつらうくだりは不快感しかない」という貴方の感想はいかがかと思います。
栗原報文第6図(原典は漢数字使用。挿図番号と巻頭図版番号とを区別するためにあえてアラビア数字にしました)の2を栗原氏は「2以下は加曾利E式であるが、2などは最も古く位置されてよいだろう」(16頁)としたのに対し、塚田(1971)は「勝坂式」として訂正し、「この土器をもって加曾利E式とするのは栗原氏をおいて他には誰もいないだろう」(38頁)と批判します。この部分は余計な記載ですが、この両者の主張の齟齬に対して貴方は、「袋状口縁の部分だけを取り出せば勝坂式の特徴を示すが、胴部には、撚糸紋を地紋として、隆線文様が描かれている、そのモチーフや隆線状の加飾は、勝坂式ではなく加曾利E式の特徴を持っている」としていますが、貴方の「加曾利E式土器」の定義を是非伺いたいと思います。私の定義は上述文献の65〜66頁に詳述してあります。土器型式の型式鑑別はまず標準資料にあたり、それと似ているか否かを確認することが第一歩です。標準資料にない場合は、既出の関係資料を集成し、標準資料とのつながりを型式学的に手繰っていったり、再定義をしたりすることになる訳ですが、あなたはこの土器(栗原報文「第6図2」)をどのような根拠で「加曾利E式」としたのでしょうか。「加曾利E式最古段階」と「共伴」しているからだ、という理由はダメです。勝坂式最終末の土器と加曾利E式の一番古い階段の土器が一緒に出ることが多いのは周知のことですが、吹上資料よりも、もっと明白に「勝坂式」と認定できる土器が加曾利E式と共伴した場合(例えば大村裕・建石徹「入れ子状に出土した二つの土器」『佐原の歴史』3号 2003年)でも、貴方は「共伴」の故を以て前者を「加曾利E式」とするのでしょうか?
 やはり型式学的根拠が明確でなければ栗原報文・「第6図2」を「加曾利E式」に含めることはできませんね。私はこの土器を「勝坂式土器の範疇を逸脱した勝坂系土器」と捉えています。その根拠は、撚糸紋を地紋として隆線文様を張り付けている点で、勝坂式の範疇を逸脱しています(勝坂式の施紋順序は文様描出→縄紋施紋)。一方、隆線上には三叉文やJ字状文、および連鎖状隆線を思わせるような加飾が行われている点で、勝坂式の伝統を残します。ただ、体部の下方を画するべき隆線が省略され、勝坂梗案値の「方形区画」が崩れています。当時としては型式認定の難しい土器で、厳密に言えば「加曾利E式」でも「勝坂式」でもないのですが、勝坂式の伝統をより有しているという点で、「加曾利E式」(栗原氏認定)というより「勝坂式」と認定する塚田氏の主張にやや分があると思っております。ちなみに栗原氏はこの土器を「加曾利E式」と認定した上で「最も古く位置されてよいだろう」(16頁)と書いており、「“加曾利E最古段階”における“勝坂式土器的様相”」(早傘2016年9月26日 0158投稿)とは書いておりません。「勝坂式土器的様相」と指摘しているのは三上論文(1965:7頁)です。あたかも栗原氏も三上氏と同じ見解を持っていたように記述し、「塚田の断言は異様である」(早傘)と極論するのは言い過ぎではないでしょうか?
 早坂さんのご指摘には、同意する部分も少なくないのですが、わが師塚田光の研究者としての大きさを矮小化するような記載が目立ったので、とりあえず今気が付いたことをしたためました。縄紋中期の土器に関心のない閲覧者には大変ご迷惑をおかけしました。

0161 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/09/28-22:13〕〔222.158.160.195〕
        親_0160 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
大村様

ご意見を、ありがとうございます。
明後日から始まる企画展の準備中なので、
すぐには回答が書けません。

連載はあと3回分書きためてあり、それで一区切りとなります。
そのあと、ご意見へのお答えをします。

0163 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] KI 〔2016/09/28-22:35〕〔171.5.250.223〕
        親_0160 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
吹上貝塚 和光市
http://rekitama-wako.jp/museum/download/post-17.php

0168 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/10/03-22:50〕〔175.179.200.179〕
        親_0160 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
大村様
お待たせしてすみません。
大村さんのコメントの中には、未入手の文献もあるため、本日コピーしてきました。

 なお、大村さんは当然ご存知と思いますが、私は故塚田氏とは一面識もありません。故栗原氏とも同様です。両者に対して、前提となる個人的感情は一切ありません。

 一方において、大村さんの反応は、たとえていえば「自分は親の批判をするが、他人から親をどうこう言われるのは許せない」という感じで、無理な論法が目立ちます。投稿を急がないことをおすすめします。

 では、順次、回答していきましょう

>先学の所見に対する批判をする場合、批判だけに終わらせず、
>その研究者の長所をも挙げ、先学に対する敬意の念を示すこと
>です。そうしないと、若い学徒たちは、私ら年配者(早坂さん
>もその一人。もう塚田氏の享年を超えています)の所見をその
>まま鵜呑みにして先学の業績を等閑視してしまう恐れがあるか
>らです。近著の『日本先史考古学史講義―考古学者たちの人と
>学問』(六一書房)では、そうした方針で叙述を進めて参りま
>した。

 十数年前に、森本六爾や中谷治宇二郎の享年を越えたと自覚した時から、半ば余生のような気持ちでいますが、「年配者」といわれると、まだ抵抗感があります (^_^;)

 大村さんの御本は、人物を紹介していくものですね。そのようなものとの比較は不適切でしょう(なお、大村さんの本は確かに“研究者の長所”もあげていますが、肝心の研究に対する評価に歪んだものがあり(例えば甲野勇や八幡一郎の勝坂式研究への評価)、その方が失礼だと考えます。これについて論じると議論が拡散するので今は論じません)。
 人物ではなく論争の紹介を主眼とする文章で、その著者の長所をいちいち挙げろなんておかしな話です。
 とはいえ、人となりは伝えたいという気持ちもありますから、この掲示板の読者が参照しやすいように、ネットでダウンロードできる PDF を4つ紹介しました。故高橋氏と、神村氏の文章をとおして、塚田氏の学界への貢献は十分伝わると思います。それでは不足でしょうか?また、本文の所々でも塚田氏の業績にふれましたが、それは目に入らなかったでしょうか? それ以上を求めるというのは、度が過ぎています。
 研究者の長所はともかく、言及する文献の前向きな側面は採りあげたいとは思っています。しかしながら、塚田1971は、一見もっともらしくて、その実、読めば読むほど、また、関連文献と比べるほど、おかしさばかり見えてきます。大村さんの評価は存じていますが、綺麗事だけを拾って、それを適用した批判は的外れであることに目を瞑った不適当なものだと思います。

 さて、先学の業績が等閑視される要因は、批判されることよりも無視されること、さらに知らないことでしょう。忘れられかけた人物については、「批判されているから読むのをやめた」よりも「批判があるけど、どういうことか、直接著作に当たろう」となることの方が多そうに思います。

 次に、全文転載問題について。

>印刷のプロである塚田氏が知らないはずはありません。
>栗原氏の主張のすべてを問題とする必要上、あえてこの
>ようなスタイルをとったと思われます。

 これは、塚田氏の弁護どころか、逆効果です。私も、印刷のプロが知らなかったはずはないだろうとは思っています。当時、印刷業界が版面権を法的保護の対象にしようとしていた、という記事にリンクを張ったぐらいですから。しかし、ひょっとしたら知らなかったかもね、と緩めました。論争の本筋ではないから。
 主張のすべてを問題とするためならば、全文引用(転載)していいなんて理屈が通るはずはありません。著作権さらには版面の保護について、明確に職業倫理に反する行為を行う。いったい、そこまでしなければならない切迫性がありますか? それをしないと誰かの生き死にに関わりますか? 生活に関わりますか? 単に自分たちが批判されただけではないですか。相手が感情的な批判をしたら、違法行為で返すなんて、正当化はできません。

>塚田氏は学界でも有数の情報通で … 内部の事情はほぼ
>筒抜け … さまざまな情報を踏まえた上で、裁判になる
>ことも敢えて辞さず …

そういうふるまいは学界ゴロといいます。とうてい誉められたことではありません。


(続く)

0169 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/10/04-19:31〕〔222.158.160.240〕
        親_0168 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
(2)国語の問題

 次の文章の「これ」は何を指すか?

“当然おこる疑問は,この焼土を実際には誰が調査したのか。具体的に説明している三上氏なのか,一般論にすりかえている調査主任の栗原氏なのか。発掘日誌は?。調査主任は日々提出される日誌に目を通していたのか。しかし,筆者にはこれを知る方法はない。ここで改めて三上・栗原両氏の主張を比較すれば,いずれが信憑性の高い発言をしているかは明白であろう”

 まず疑問文4つをたたみかけている。

Q1 誰が? A1=x
Q2 (すなわち)三上か栗原か? A2=x
Q3 (その証拠となる)日誌は(誰が掘ったと記録しているか)? A3=x
Q4 (x=三上であれば栗原は)日誌に目を通していたのか? A4( Yes or No)

という構造。
その疑問に対して、

しかし … <これ>を知る方法はない。
ここで改めて … 両氏の主張を比較

<これ>の対象がxとする早傘と、A4とする大村。

後半の文章は、
 知る方法が無い → 両氏の主張を比較してxを推定
という文章の流れであるから、<これ>がA4のみを指すということはありえない。A1〜A4全体にかかり、主にxを指すとするのが適切でしょう。
 そうすると、三上の証言は何に基づくかということになる。記憶なのか、日誌の写しないし野帳へのメモがあるのか。後者であればそれを提示すればよいのにしない。「肩透かし」というほかない。
 物証がないならば、現場が終わってから6年たっての証言が“具体的”であるから“信憑性”が高いという論法は危険きわまりない。
 

 ちなみに『吹上貝塚』の「発掘調査の経過」は大和町文化財調査委員の富岡が執筆した。日誌が大和町に保管されていた可能性が高い。当時、塚田は閲覧を試みたのであろうか? 現在も保管されているかも、気にはなるが、塚田の批判が適切だったかとは別の問題である。

(3) 編集ミスか型式誤認か
 報告書の本文と図版番号に齟齬があるというミスは、そうやたらあってはいけないものですが、珍しいというほどでもありません。報告書を膨大にご覧になっている大村さんであれば多くの経験があると思います。吹上報文の該当部分には、具体的な土器の特徴の記述が無いので、番号の指示が正しいと確信する根拠がありまえせん。大村さんは同じ図版の中で型式認定の誤りを指摘しています。私もここの不整合には気付いていました。私の推測では、図版に附された15番から21番の番号と栗原の指示した番号は順番が違っていると思います。栗原の指示した(つもりの)15-21は、報告番号で 18, 17, 15, 16, 21, 19, 20 だったと解釈しています。そんなことをしても、報告番号の15, 16, 19 は加曽利Eでないと、大村さんはおっしゃるでしょう。しかし、A地点の分類とは整合的ですし、当時(現在も)編年的位置付けがむずかしい土器でしょう。そういう順番を想定すると、本文の“21に類似する土器は北関東から東北南部に求められるようである”という特記も報告番号20に対応することとなります。
 さて、本来の議論の対象は図版七−6でした。この土器は阿玉台式を少しでも知っている人ならば、阿玉台式との共通点は見出せません。栗原は、阿玉台式の細分案についても把握しています。そのような栗原が、図版七-6 のどこをどう間違えば阿玉台式と誤認するか、大村さんは、説明できますか? これを型式誤認するよりも編集ミスの可能性を考えた方が話は早い。なぜそれを「強弁」というのでしょうか? 型式誤認と断定するならばそれこそが「強弁」です。大村さんが、本気で型式誤認と思っているならば、塚田を守ろうとするあまり、栗原を侮辱することを厭わなくなってしまっているのです。印刷物にはしばしばミスがあることは、塚田にとっては重々承知だったはずです。塚田は、七−6については、ミスだろうと思いつつあえて揶揄の材料としたのだと、私は解釈しています。偶然にも昨日大村さんが紹介した記事で言及されている佐藤批判文(『縄文時代の基礎研究』所収)では、佐藤論文のミスと思う記述を指摘しつつ“緻密と慎重のほまれ高かった佐藤氏には,誤認や誤植はあろうはずもなく”と、なんとも嫌みったらしい書き方をしています。論争をしているわけでもない相手にです。しかも、逝去したその年(1977.4逝去)にです。会員限定とはいえ、このような文章を印刷して配付した。これが亡くなった方への礼儀の実態です。まして栗原に対しては・・・

  >反論も弁解もできたはずであり、それをしなかったことは、
  >塚田氏の批判を容認したと学術的には受け止めざるを得ません。

 反論が無ければ負けを認めたとみなす、というのは典型的な勝手ルールです。議論の双方がそのルールを採用すると蜿蜒と不毛な議論が続きます。反論に値しないものには反論しなくてよいのです。塚田(1971)はそのように扱われてもしかたないものでした。


(続く)

0170 RE:中峠式寸評論争(6) [吹上論争 3] 早傘 〔2016/10/05-22:34〕〔175.179.198.180〕
        親_0169 根_0153 引用して返信 引用無し返信 
(4) “断言”の是非

私の発言(158)と大村さんの発言(160)を引用記号(>)にH・Oを付けることで区別します

>H 栗原2=三上6の土器。栗原は“加曽利E式であるが … 最も古く位置されてよい”とし、三上は“袋状口縁を持つ勝坂式土器的様相の土器”という微妙な表現をする

両者とも、型式の境界に架かるような土器と扱ったことを摘出しました。

>H 塚田(1971)は図を転載した上で“栗原氏が加曽利E式土器であると報告したものを,三上氏は勝坂式であると再考で訂正 … 栗原氏の土器認定が全く誤ったものであると述べたも同然”と誇張した上、“この土器をもって加曽利E式とするのは栗原氏をおいては誰もいないのではないかと思う”とする。

それなのに塚田は、栗原と三上の見解が全く違うと歪曲した上で、加曽利E式ではあり得ないと断言したことを摘出しました。

>H 問題の土器は、袋状口縁の部分だけを取り出せば勝坂式の特徴を示すが、胴部には、撚糸紋を地紋として、隆線文様が描かれている。そのモチーフや隆線上の沈線加飾は、勝坂式ではなく加曽利E式の特徴を持っている。

当時共有されていたはずの知識に照らして、勝坂式の特徴と加曽利E式の特徴を合わせ持つことを示しました。これに対して、

>O この土器(栗原報文「第6図2」)をどのような根拠で「加曾利E式」としたのでしょうか

という質問は二重におかしい。早坂は加曽利E式であるとは断じていませんし、当該土器が持つ加曽利E式の特徴も明確に記しています。その後に続く共伴云々は、まるで無用の言です。

(以下の引用は便宜上、文の順を入れ替えます)
>O 隆線上には三叉文やJ字状文、および連鎖状隆線を思わせるような加飾…(略)…勝坂式の伝統を残します [特徴1]
>O 撚糸紋を地紋として隆線文様を張り付けている点で、勝坂式の範疇を逸脱 [特徴2]
>O 体部の下方を画するべき隆線が省略され、勝坂梗案値の「方形区画」が崩れています [特徴3]
>O 当時としては型式認定の難しい土器で、厳密に言えば「加曾利E式」でも「勝坂式」でもない
>O 「勝坂式土器の範疇を逸脱した勝坂系土器」と捉えています。
>O 「加曾利E式」(栗原氏認定)というより「勝坂式」と認定する塚田氏の主張にやや分がある

 大村さんが記述した特徴に番号を付けました。特徴1と特徴2は、私が指摘した特徴と同じものを指しています!
 特徴1は勝坂式の古い段階から“伝統”的にあるものではなく、勝坂式終末から加曽利E式初期に認められるもの。特に、問題の吹上A1住の加曽利E式は隆線上加飾に富んでおり、問題の土器と共通性が高いことは明白で、栗原が注目したことは容易に想像できます。特徴2・3は、“勝坂式を逸脱”などというあやふやなものではなく、当時も常識的な加曽利E式の特徴ですね。
 この様な土器を、下総考古学研究会独自用語でどう呼ぶかはどうでも良く、現代の評価で「勝坂」「加曽利E」のどちらに分があるかもどうでもよいのです。それは議論を脇にそらしているだけです。
 “当時としては型式認定の難しい土器”という、正しい認識が重要で、そうであれば、

>H 塚田の断言は異様である。

という、文章には当然同意していただけそうです。ところが、

>H “加曽利E最古段階”における“勝坂式土器的様相”の土器とした栗原・三上の評価

>O 栗原氏…(略)…「“加曾利E最古段階”における“勝坂式土器的様相”」(早傘2016年9月26日 0158投稿)とは書いておりません。「勝坂式土器的様相」と指摘しているのは三上論文(1965:7頁)です。あたかも栗原氏も三上氏と同じ見解を持っていたように記述し、「塚田の断言は異様である」(早傘)と極論するのは言い過ぎ

という意味不明な反論をされました。私の文をすなおに読めば、「“加曽利E最古段階”における“勝坂式土器的様相”」とは両氏の表現を接合したことは明白でしょう。繰り返しになりますが、栗原も三上も、1号住覆土一括土器は同一時期の資料とし、それは「加曽利E式の古い部分」(栗原)≒「加曽利E1式」(三上)の時期で、その時期には勝坂式も残存するとしています。その上で、当該の土器は、表現が違っても両型式の境界的な存在と扱っています。そのような土器を

“この土器をもって加曽利E式とするのは栗原氏をおいては誰もいないのではないか”と断じたことを問題にしたのに、

>O この部分は余計な記載ですが、

ですませて、脇に置いてしまいました。「断言は異様である」に反論したいのに「断言」を論点からはずそうとする。

大村さんがお書きになったとは思えない、無残な「反論」でした。

(続く)

0206 考古検定を検定する 早傘 〔2023/09/09-12:21〕〔119.240.195.193〕
              根_0206 引用して返信 引用無し返信  メール 
今年の5月、『考古検定過去問題集4 第11〜13回 解答・解説』(2023.3 (公社)日本文化財保護協会)を知人からもらった。

一般的に「検定」と称するものには興味が無いが、
ある分野の知識を学ぶきっかけになる普及イベントとしての意義はあると思っている。

どんなもんだい、と中身を読んだら、変な問題文(悪文)、不適切な「正解」、間違った解説が次々目に入った。

ただでもらったものだから、「ネタにしていいか」と知人に尋ねたら、発行元に取り次ぐから、
そちらの見解を踏まえてからにしてほしいとのことだった。
炎上が目的ではないから、了承し、再度、チェックの目線で読み直した。
三度、四度、読むたびに数十箇所の付箋が増えた。
悪文の多さに、読むたびに胃の違和感があった。

ひとまず、これ以上は各分野(特に古墳時代以降)の専門家にお任せ、
という程度まで、点検した。

161項目に要改善箇所を見出した。
複数の指摘をした項目もあるので、約200箇所となるだろう。
問題文や選択肢・正答に改善が必要な項目だけでも90に及んだ。

総じて次のような課題があった。

問題文に悪文が多い(テニヲハの誤り、不適切な語順、読点の位置が不適切など)。
選択肢に満足な正答が無かったり、複数の正答があったりする。
有力な説に過ぎないものを確定した事実のような断言が多い
用語の不適切な使用が多い
各分野の専門家の点検を受けていればあり得ない間違いが多い。
特に解説文において、一昔前の一般向け書籍にあるような、俗説や旧説による説明が多い。
「入門」から「中級」の難易度が適切に分けられていない。
特に古代の設問で、考古学ではなく歴史(文献)の知識を問うものが多い。

この検定が、学園祭の余興などであれば、目くじらを立てるほどでもない。
(いや、ほんとに、学生サークルが玉石混淆の資料から急ごしらえしたような感じなのです)
しかし、検定自体が有料で、問題集も有料となると、この品質は、問題だと思う。

自分なりにまとめた「検定」結果を、知人経由で発行元に送った。
それに対し、「的外れ」とも「見解の相違」とも「大きなお世話」とも、
反応がないうちに月日が過ぎ、
何事もないように過去問題集を売り続け、
何事もないように、9月1日に今年の検定の受付を始め、
公式ツイッターで検定実施と過去問題集を宣伝し始めた。

どうなった、とせっついたら、それでようやく対応を考え始めたらしいが、
関係者には浸透してないらしく、
9月5日に、当方から不適切と指摘済みの問題・解説をツイートし、
その内容のおかしさに、識者の失笑をかう始末。
https://twitter.com/fzk06736/status/1699023347517165635
(そのツリーには関与していない)

ほおっておいたら、対応を引き延ばし、相変わらず間違いだらけの問題で
「検定」を実施しかねない。

受検予定者と主催者に注意を喚起するため、投稿する。

もっとも、私は正義感で「告発」したいのではない。
珍問・珍答・珍解説を楽しんで欲しいのだ。
次の投稿から、笑える部分を紹介していきたい。

検定が中止になったりすることは望んでいない。
今なら、今年度の問題を練り直すことも出来るだろう。

過去問題集は、参考書として使うにはふさわしくないが、
その中にどれぐらいの間違いを見つけることが出来るかで、
自己の考古学知識を試すツールとして使える。
そういう目的であれば、買って損しない。

0207 考古検定を検定する(2) 早傘 〔2023/09/17-14:23〕〔119.240.195.193〕
        親_0206 根_0206 引用して返信 引用無し返信  メール 
これから過去問題を紹介していきます。
問題文や選択肢は、特に必要な場合をのぞき、原文のままの引用ではありません。基本的に四者択一問題ですが、必要な場合を除きすべての選択肢は紹介しません。

問題レベルは
 入門:誰もが取りくめる程度
 初級:大学の一般教養程度
 中級:大学の考古系学部の教養程度
 上級:大学の考古系学部卒業程度
 最上級:考古系大学院修了程度
とのこと。

そうであれば、
「入門」は、高校までの教科書にでてくるか、マスメディアで大きな話題になったような知識を問うのだでしょう。
「初級」は、一般教養の考古学や関連分野の講義で学びそうなレベルということでしょう。
「中級」の位置付けは難しい、というか、刻みすぎじゃありませんか?

なお、収録した過去問題(第11〜13回)は令和1〜3年に出題されたものであり、かなり最近までの研究成果を参照しつつ適正さを問うこととなります。


●まずは城跡から
中級 第11回 問46 大阪城の出丸を築いた武将を問う。
 正解は「真田幸村」とする。
 考古学の問題ではありません。歴史知識としても「幸村」が本当の名でないことはもはや常識に近いでしょう。「中級」であればなおさらです。真田信繁(幸村)とするのがせいぜいでしょう

入門 第12回 問47 信長が築いた城で石垣積みを採用した最初の城郭を問う
  選択肢は 大阪城 岐阜城 名古屋城 安土城
 ううむ。城好きな方ならば、小牧山城はどうした? と文句が出るでしょう。仮に小牧山城の石垣の年代が確定していないという立場に立ったとしても、岐阜城と安土城のどちらがよいのか。
 出題者は安土城を正解とします。だが、検定前年の令和元年末から、岐阜城の発掘調査で信長期の石垣が発見されたと繰返し報じられていました。報道に敏感な受講者は岐阜城と回答したでしょう。
 いずれにせよ「入門」レベルではありません。
 この問題の解説は、入門 第11回 問48を参照せよとあります。そちらの問題は“全面的な石垣積みと本格的な天守を備えた最初の城郭”を問うています。それなら安土城で文句は無いです(なんで出題の精度が劣化するのでしょう)。それでも入門レベルとは思えません。
 ちなみに名古屋城は家康が築かせた近世城郭であり、信長の居城は那古野城だそうです。城跡は詳しくないので、この検定作業を通して色々学びました。勉強を促す問題集なのです

初級 第12回 問46 「城下町全体が堀で囲まれた、日本最大の城郭」を問う。
 選択肢のうち3つは山城であり、出題者が設定した正答が小田原城であることは明瞭ですが、ちょっと待って欲しい。
 小田原城は中世城郭として最大とか、戦国時代最大級と称されています。しかし、時代を限定しないのであれば、総構えを設けてからの大坂城(秀吉時代)の方が大きいとされ、何より、近世前期の(城下町があふれる前の)江戸城の方がずっと大きいのです。

●まだ騙されている
入門 第13回 問08
縄文時代の製粉具を問う
解説で、押出遺跡のクッキー状炭化物がクルミやクリを製粉して作られたという分析結果が紹介されています。製粉したという根拠は不明ですし、成分は、科学的に判別できないことを判別できたように装う擬似分析に基づいています
初級 第11回 問14
出土したクッキー状炭化物が重要文化財に指定されている山形県の遺跡を問う。
解説で「動物の肉や木の実を使ったクッキー状炭化物」とありますが、科学的には判別できないことを判別できたように装う擬似分析に基づいています
初級 第12回 問03
旧石器時代の日本列島の可食植物を問う
解説で、イネ・モモ・コムギが縄文時代後半以降に渡来とあります。既に淘汰された粗雑な研究が、マスコミを通して広まったものを孫引きしているようです!?
初級 第12回 問13
縄文時代に無かった墓制を問う
解説で、「姥山貝塚においてフグの毒で亡くなったとされる人骨5体」とあります。数十年前の本に「かもしれない」で書いてある程度の憶説です。
以上は、言葉足らずなどではなく、明確に間違った知識を普及しており、よんでいるこちらが恥ずかしく感じます

●学術の世界では、一文字の有る無しで重要な意味の違いとなることが多い。
◆跡の有る無し
入門 第12回 問14
縄文時代の代表的な大規模集落はどれかと問い、「環状集落」を正解とする。
問・回答とも「集落」ではなく「集落跡」としなければなりません。この区別が考古学の基本です。環状集落跡は「環状集落」の跡か、環状の「集落跡」かが、論争になっていると、縄文文化の専門家ならば知っています

中級 第13回 問35
乙巳の変(大化改新)の舞台となったとされる「宮跡」はどこかと問う。
選択肢は文献に基づく「〜〜宮」が並び、飛鳥板蓋宮と飛鳥浄御原宮を含んでいます。これでは文献史学の問題です。問題文どおり「宮跡」を問うならば考古学となります。現在、飛鳥板蓋宮と飛鳥浄御原宮は同じ場所に建替えられたと考えられ、2016年から「飛鳥宮跡」という史跡名になっています。考古学の問題としてはそれが正解となります。

◆群の有る無し
入門 第13回 問26
須恵器編年の基準で大阪府にある日本最大級の「窯跡」を問う。
それ「窯跡群」ですよね。選択肢も皆「〜〜窯跡群」だし。
初級 第12回 問20
「関東地方で最大級の弥生時代の再葬墓」が発見された塙台遺跡が所在する県を問う。
それ「再葬墓群」ですよね。
塙台遺跡は著名とはいえない。私ですら千葉か茨城かどっちだっけと迷いました。これがなぜ初級なのでしょうか

●大問題
入門 第11回 問49
「中世前半の政治の中心」を問う。
考古学の問題ではありません。歴史学でも非常に重要な、最上級の論述問題となるようなテーマです。こともなげに正解は鎌倉だとは小学生のようです。そもそも考古学でも「中世」は院政期からとすることが一般的です。出題者の方が入門レベルかとさえ疑います。

●何が聞きたい?
入門 第13回 問14
“土偶の「遮光器」とは何をイメージしたものですか”と問う
用語としての遮光器の由来を指すのか、「遮光器」と呼ばれる部分が何の表現かを問うのか、曖昧です。スノーゴーグルを正解としても大きな目を正解としてもおかしくありません。
中級 第12回 問18
「纏向遺跡から出土する土器の地域はどこまで広がりますか」と問う
悪文。搬入土器のこととも取れるし、纒向遺跡で主体となる土器型式がどこまで広がるかとも取れます。なお「纏」ではなく「纒」です。固有名詞なので尊重したい

●それってあなたの解釈ですよね
入門 第12回 問10
土偶は主に何をかたどったとされているかという問題。選択肢に植物の精は無い
解説で、一方の足が破損しているものが多いとし、祭祀儀礼の際に壊し、厄災を払う目的が一般的と考えられていると記します。問題と関係が無い、根拠薄弱な学説をわざわざ付け足すのは不適切です。
中級 第13回 問48
中世の遺跡から発見される遺構の図を示し「何と呼ばれているか」と問う
解説は「地下式坑(壙)説が一般的」として墓壙説を展開します。名称の問題と用途論が混乱しています。「壙」に墓穴の意味があるから、「地下式坑(地下式土坑)」を一般的な名称として用途が議論されているのです。解説が特定の説の主張となってはいけません。

●時代区分
初級 第12回 問09
縄文時代の始まりは気候変化のいつ頃に相当するかという問題
研究者の学説が分かれているのに正解を決めてよいのでしょうか
中級 第12回 問02
日本の旧石器時代の終わり頃の年代を問う。
時代境界について議論がある中で特定の回答を選ばせるのはどうでしょうか
初級 第13回 問12
「縄文晩期に水田耕作が行われたとされる菜畑遺跡」という問題文
今は弥生早期と扱うのが普通でしょう。解説文も、山ノ寺式を縄文晩期に位置づけるが、いかがなものでしょうか

●巧まざるギャグ、すべったお笑い
◆素朴な笑い
初級 第13回 問20
選択肢のうち3つが ■■遺跡(●●)遺跡、■■古墳(●●)古墳、〔●●はふりがな〕という編集ミス。音読するとラップのようでちょっと笑えます
◆はずした?
入門 第12回 問09
縄文時代の装身具で無いものを選ばせる問題
マスクを正答とします。冗談のつもりで選択肢にしたかもしれませんが、マスクとはすなわち仮面であり貝面や土面があります。身につけなかったとはどういうことでしょうか。解説文で言い訳をしています

●遺跡の性質
遺物はいかにして残るかということは、学問としての考古学において、重要な知識です

入門 第11回 問14
銛、釣り針などの骨角性の漁労具が出土することの多い遺跡の種類を問う。
貝塚のみを正解としますが、選択肢に含まれる洞穴を誤答とするのは不適切でしょう。

入門 第12回 問16
「木製品などの植物質遺物が出土する遺跡の立地」を問う。
どんな立地でも条件により植物質遺物は出土します。「出土することが多い」とすべきでしょう。

0208 考古検定を検定する(3) 早傘 〔2023/09/17-14:24〕〔119.240.195.193〕
        親_0207 根_0206 引用して返信 引用無し返信  メール 
●焼き物の分類と時代
入門 第11回 問18
弥生土器の特徴を問う
「素焼きで簡素な文様」を正解とし「縄文や隆帯などによって華美に装飾されている」を誤りとするのは素人のような感覚です。今でも教科書にはそのような記述が有るかもしれませんが、考古検定の正解としてはふさわしくありません。また、解説で弥生土器の代表的な装飾を「縄文・沈線・条痕文・浮文」とし、櫛目(櫛描文)が無いのは驚きます。問題文は九州の人が書き、解説は関東の人が書いたのでしょうか

入門 第11回 問32
「古墳時代の素焼きの土器」を問い、土師器が正解で須恵器が誤りとする
出題者は「素焼き」の意味を理解していますか?

入門 第13回 問43
奈良・平安時代に土師器と一緒に遺跡から出土する「硬い焼き物」を問う
須恵器のみ正解で灰釉陶器は誤答とします。なぜ?

●土器作りの技術
入門 第12回 問22
解説で「弥生土器は、縄文土器と同様に覆い焼で作られている」とあります。
“覆い焼き”概念により、縄文土器(開放型野焼き)と弥生土器(覆い焼き)の焼成技法の違いが明確になったのですが、覆い焼きの意味がわかっているのでしょうか?

初級 第12回 問10
縄文土器の製作技法は輪積とする。
まあ、そう書いてある概説書も多いから、駄目とまではいいません。でも適切ではない。積み上げ痕が、螺旋状ではなく輪を積んだようになるものが多いというにすぎず、輪を積むわけではありません。技法は「紐作り」という呼び方があり、そちらが適切。八幡一郎がどのような意味で「輪積」という用語を使い始めたか調べてみれば、それとは違うとわかるでしょう。

●Hey you! Do you know "灰釉"
考古学ではカイユウと読むが、製陶業界ではハイユウと読むことが多いらしい(中世以降のものを、古代の陶器と呼び分けているいるらしい)。ハイは訓読みで、古語はハヒだそうです

入門 第12回 問44
問題文に「植物灰を溶媒とした」という意味不明の言葉。解説文も悪文(省略)

初級 第13回 問43
同じく「植物灰を溶媒とする」という馬鹿げた文章があります

上級 第11回 問17
問題文中、灰釉陶器の釉薬について用語が適切になった。そして緑釉の主成分を問う。
選択肢はいずれも金属2種の組合わせ。「鉛と銅」を正答とする。
しかし、解説文のとおり、緑釉の主成分は、酸化鉛と珪石です。銅は発色材で、重要ではあるが微量成分です。作問者と解説者は別なのでしょうか

●マニアック
入門 第12回 問32
珍名古墳の知識を問う。
正答の「みかんのへた古墳」はそれほど有名と思えない(ネット検索してもヒットは少ない。そもそも正式名称は「みかんのへた山古墳」)。入門編にはマニアックすぎるでしょう

初級 第12回 問50
江戸時代に低地などで用いられた建物基礎の工法を問う
選択肢は 壺地業 粗朶事業 版築地業 蝋燭地業
とうてい初級の問題と思えません。今の大学では一般教養で教えているのでしょうか?

中級 第13回 問24
これまでに発見された最大の銅鐸の大きさはどれぐらいかと問う
選択肢は110cmから10cm刻み。
公式の計測値は134.7cm。丸めて135cmと紹介されることも多い。130cmと140cmのどちらかを選べとは、mm単位まで覚えていろということですか? 115cmから10cm刻みがよかっでしょう。

●かわら・かわらけ
中級 第12回 問49
「江戸時代後期から開発された」瓦を問う
正答である桟瓦について、解説では「江戸時代中期からつくられる」とします! 一般には、文献に基づき17世紀後葉(江戸時代前期)に開発とされるようです! 遺跡の実態はどうなのか。某県立埋文施設の図書室では、明確な説明がある文献は見つかりませんでした。中級の問題なのでしょうか?

中級 第13回 問49
各選択肢は、大小2枚のかわらけのを実測図を示して、編年を問う
(1)だけ上(小)の口径を示し、他は下(大)の口径なので比較しにくい。考古学の問題なので縮尺そのものを統一してほしい。解説の説明文と図を見比べても対応しません。「灯明具として再利用されているものが多い」とあります。再利用なのでしょうか?
(なお、この問題は考古検定の公式SNSで過去問として紹介され、京都考古学の重鎮の山田邦和氏から地域によって違うのに、と突っ込みが入りました。始めて聞く人は意外に感じるでしょうが、京都のかわらけはロクロを使わず手づくね整形なのです)
https://twitter.com/fzk06736/status/1699023347517165635

●稲刈った人いなかった?
入門 第11回 問17
弥生時代の「穗摘具」を問う
解説で、穂を「刈り取る」とありますが、問題文のとおり「摘む」が適切です。また、呼び方はそれでも機能としては切っているのであり、「何かを切ったりするものではない」という解説は論外です。調理用具でないことを説明するのが適切です。紐通しの孔は「手首に固定するため」とあります。「手指」の間違いでしょう

中級 第11回 問17
水稲農耕の存在を証明する分析方法を問う
解説に、イネ科の植物珪酸体の数量で水田稲作の存在を確認とあります。「イネ科」では検出される植物珪酸体のほとんどが該当します。「イネ」です。なお、イネだけでなく水田雑草も水田判定の判断材料になります。また、植物珪酸体分析は陸田の判定にも有効な方法です。

●竪穴住居
入門 第13回 問12
「縄文時代の住居施設にないもの」を問う
解説で「縄文時代の住居の中で一般的に認められるのは炉以外に貯蔵穴や周溝などの施設」とありまする。貯蔵穴は一般的でないし、竪穴内の溝は壁溝と呼ぶのが一般的です。竪穴の外をめぐる周溝(登呂遺跡など弥生時代の低地遺跡で多い)と区別します。

初級 第12回 問42
「古代においても現代と同様、竪穴住居や掘立柱建物を建てる際に、その無事を願う祭儀や … 埋納遺構」があるがその目的はと問う。選択肢は 仏事 地鎮 神事 神鎮
竪穴住居跡に伴う地鎮遺構は管見ゆえ知りません。極めて稀ではないでしょうか。問題文に「無事を願う」としておいて目的を問うとはどういうことでしょう。地鎮は呼びますが土地の神を鎮めるためであり、当時であれば仏教と無縁とも思えないから、選択肢のすべてが正解といえます。

初級 第13回 問44
奈良・平安時代の竪穴住居の厨房施設を問う
カマドのみ正解としますが、地床炉はなぜ不正解なのでしょうか

●地理検定?
入門 第13回 問33
ある古墳の所在県を問う
問題文に御所市とある。古墳の場所を知らなくても御所市が何県にあるか知っていれば正解できます

中級 第13回 問10
飛騨市の石棒製作遺跡の名称を問う。
選択肢に貝塚が3つでは、飛騨がどの辺か知っていれば消去法で正解できます

●弥生時代の技術
初級 第11回 問23
弥生時代に「生産を開始されたもの」を問う
選択肢はすべて、ものではなく行為。それはおいても、解説文は機織りの根拠となる出土品(雀居遺跡例など)を紹介せず、三国志の引用のみ提示します。それって考古学?

初級 第13回 問21
玉類の素材のうち弥生時代から使われ始めたものを問う
解説文の「原料を手に入れたわけではなく … 素材を入手」はわかりにくい。原料からの製作でないという重要な点は述べていますが、再溶融を前提とした塊状の素材をイメージさせます。材料はガラス製品やその破損品という説が有力です。また、鋳型に「流し込む」とも考えられていません(砕いた素材を鋳型に入れ、加熱して溶かす。上側も表面張力で丸くなる)。

中級 第11回 問19
世界史的に見た弥生時代の特徴として、「青銅器時代と鉄器時代の同時性」とあります。意味不明な表現です。青銅製利器と鉄製利器の共存は、初期鉄器時代の一般的な特徴であることは、以前から指摘されています。弥生開始年代論争により、弥生時代前半は石器時代と再評価されたことも知らないように見えます。

中級 第13回 問22
畿内の弥生時代文化の特徴を問う。
正答とされた選択肢には、青銅器や鉄器の鋳造が開始されたとあります。弥生時代の日本列島で鉄器が鋳造されたとは知りません。それを間違いとすれば消去法で、明確な間違いでない 「大規模な集落ネットワークが広がり魏志倭人伝に国として記載される」を選ぶことになります。ちなみに、解説では青銅器や勾玉の鋳型の出土遺跡は紹介しますが、鉄器の鋳造の根拠は示しません。問題文のおかしさに気付いていそうです

0209 考古検定を検定する(4) 早傘 〔2023/09/17-14:25〕〔119.240.195.193〕
        親_0208 根_0206 引用して返信 引用無し返信  メール 
●『土偶を読むを読む』を読め
初級 第13回 問10
「縄文のビーナス」は中期中葉とします。中葉の初頭である狢沢期とする見解もありますが、五領ヶ台期、すなわち中期前葉とする見解の方が有力ではないでしょうか?

中級 第13回 問06
土偶が使用された期間を問う。
縄文時代草創期から縄文時代晩期を正解とし、縄文時代前期から弥生時代中期を誤答としています。土偶は東北地方で弥生時代中期ないし後期まで残存します。

上級記述 第11回 設問01
土偶について問う。キーワードのひとつが「意図的に壊されたことを示すように破片となって出土するものが多い」という思い込み。模範解答で遮光器土偶が晩期末葉まで制作(製作の誤り)されるとあるが、後葉という表現が精々でしょう

上級記述 第13回 設問03
模範回答で、安行式は晩期中葉まで継続するが、みみずく土偶の多くは後期後葉〜末葉のものであるとしています。ずいぶん古い考えです。約30年前から晩期前葉のものの方が多いぐらいだと指摘されています

●銭が銭を生む
入門 第11回 問36
日本で最初に流通した貨幣を問い、富本銭を正解とする。
富本銭が「流通」したかどうかは不明です。一方、貨泉が弥生時代に貨幣として使われた可能性も考えられています

入門 第12回 問35
日本で最初に鋳造された貨幣はどれかを問う。
富本銭が今のところ最古ですが、「最初」とは断定できません

初級 第13回 問42
「富本銭に続いて鋳造された」貨幣は和同開珎だとします。
「続いて」は広義では順番ですが、時間を空けずに鋳造したように見えます。「次に」が適切でしょう。富本銭と和銅開珎の間に別の銭がある可能性を否定できるのでしょうか。別の表現がよいでしょう

初級 第13回 問47
解説で、皇朝十二銭廃絶後、寛永通宝まで日本で銭貨は鋳造されなかったとあります。中世後期に盛んだった模鋳銭を知らないのでしょうか。「公式」の語が必要です。また、「鎌倉時代になると日宋貿易により北宋銭が大量に輸入され」とします。平安後期、遅くとも平安末期(平氏政権)からではないでしょうか。

上級記述 第11回 設問07
模範解答で富本銭が富文銭と書かれ、「ふもん」のルビまであります。

●生物地理の初歩
中級 第11回 問03
解説に「動植物の境界線のひとつ(ブラキストン線)」とあります。ブラキストン線(津軽海峡)は動物の分布境界であり、植物相の主要な境界線ではありません。植物相の境界は渡島半島の付け根(黒松内低地帯)にあり、このことは、文化境界を考える上でも重要です。

●海進は水平、海水準変動は垂直
入門 第11回 問06
縄文海進のピークがどの時期かを問う。
縄文海進は地域によりそのピークが異なるため一概に早期か前期かを正解とすることはできません。出題者が海進の意味を理解していません

入門 第12回 問11
問題文に「縄文時代前期には、関東平野の内陸部にまで海が侵入してきた」とあります。「侵入」だと犯罪みたいなので、「進入」か「浸入」がよいでしょう。前期を待たず、早期にはすでに関東内陸部の奥深くに浸入しています

初級 第13回 問11
東京湾から一番内陸まで海岸線が到達したのはどこかを問う。
海岸線が到達したかは地質学的な検証が必要です。貝塚だけでは海が目の前にあった証拠になりません。栃木市に到達していたのか、また、群馬県板倉町とどちらの方が奥に届いたかは未確定です。

中級 第11回 問02
「縄文海進最盛期に海水準が上昇した高さ」を問う
海進の意味も、アイソスタシーも理解していないから可能な設問です。30年くらい前の感覚でしょうか。解説も「〜〜まで海水が浸入していた」をどういう意味で使い、何を根拠にしているか不安に思います。

中級 第12回 問04
問題文に「旧石器時代の日本列島は海水準が低下」とあります。海水準変動は世界的現象です

中級 第12回 問13
解説に、縄文時代の「古東京湾」とあります。そう呼ばれるのは下末吉海進による内湾で、年代が一桁違います

●前期古墳の年代
初級 第11回 問31
解説で、黒塚古墳の年代を「4世紀初頭から前半につくられたと推定されるが、3世紀中葉以降とする意見もある」とします。4世紀とする年代観は調査以前です。発掘調査により、前期前葉であることが明らかになり、報告書で3世紀後半としています。本書では古墳時代の開始を学界でも多数意見となった3世紀中頃としていることから、説明文の主客が逆といえます

初級 第13回 問27
解説で、五色塚古墳は4世紀末〜5世紀初頭とします。五色塚は前期末とする見解が主流であす。神戸市の公式サイトにあるように4世紀後半が適切な年代でしょう

●舌が足りなすぎる
初級 第12回 問21
弥生時代の環壕集落跡とも史跡とも限定せずに「大塚遺跡」の所在地を問う。
選択肢の一つである東京都にも、山手線大塚駅の近くに大塚遺跡が存在します

●それって、定説ですか?
入門 第11回 問21
弥生時代から飼育が確認されている動物を問う
ブタを正解としますが、まだ有力な説に留まり「確認」とまではいいがたい。ちなみに、縄紋早・前期の沖縄本島で大量出土する「イノシシ」は以前から飼育の可能性が指摘されていたが、令和元年公表の論文で、弥生時代出土骨と同じ基準でブタと判定されています。したがって、可能性が指摘されている、と限定しても“弥生時代から”という表現はできなくなりました。

初級 第12回 問26
大仙古墳の墳丘長を問う
そりゃ、486、mだろうと思いながら「正解」を見て驚きました。広く流布された数値ではなく、一般的ではない特殊な墳丘長の計算方法による、しかもおおまかな推定値を正解としています。地元堺市も採用していないのに、なぜ正解なのでしょうか

中級 第12回 問24
吉野ヶ里遺跡などから出土している「文字を介した意思疎通を示唆する遺物」を問う
問題の遺物が硯かどうかはまだ論争中ではないでしょうか。せめて「〜〜のようなもの」としましょう

●「最初」はわからない
入門 第13回 問37
日本で最初に建立された寺院を問う。
文献上にそう記されている、では考古学の問題ではありません。考古学では○○寺院跡が今のところ最古(級)としかいえず、「最初」はわかりません

中級 第12回 問36
「考古学的に知ることのできる日本最初の火葬埋葬者は誰ですか?」と問う
太安麻呂を正答としています。「考古学的に知ることのできる」という表現が、なんともあいまいです。そのような限定を付けるなら「最初」ではなく「最古」です。考古学的には、古墳時代には火葬された人がいます。選択肢に持統天皇が含まれています。最初に火葬された天皇として著名です。鎌倉時代の盗掘者取調記録から、野口王墓が天武持統合葬陵とされ、火葬骨が蔵骨器に収められていたと理解されています。これも「考古学的に知ることのできる」といえないか、微妙です。

●日本の旧石器時代
入門 第11回 問02
日本の旧石器時代の特徴はどれかと問う
 最近10年以内に日本の旧石器時代の概要を学ぶ機会が有れば、回答としては磨製石斧や陥穴などが真っ先に思い浮かぶでしょう。非常に多くの遺跡が発見されていることや、(全国的ではないが)火山灰の層位で年代が区分出来ることもあげられます。ところが選択肢は
 (1)竪穴住居が全国に存在
 (2)土器を使用
 (3)石器を多用
 (4)弓で動物を獲った
です。(3)は日本の独自性でないから、まず選択肢から消えます。その他も扱いが難しい。台形石器や小さなナイフ形石器は鏃であるという説を採用して(4)の可能性も考えられるが、定説ではないし、入門編には不適切。あえて言えば「土器を使用していた」が、更新世に食い込み、日本以外では旧石器時代に当たるといいたいかもしれませんが、やはり正解とはしがたい。入門編でそんな答は駄目でしょう。とすると適切な答えがありません。
 正解は(3)だといいます。「日本の」という限定はなんなのでしょう。
 解説で、日本の旧石器時代は大型動物を追って生活していたとあります。大型動物は旧石器時代の古いうちに絶滅したという見解が主流であり、以後はシカやイノシシが主な狩猟対象だったと考えられています。

●黒曜石
入門 第12回 問04
黒曜石は何からできているか問う
選択肢から、出題者が設定した正答は「ガラス質」であることは確かですが、それは物理的性質ないし、火山岩の組織構造です。黒曜石の元になる物質という意味なら“珪長質のマグマ”、主成分という意味ならば“二酸化珪素など”が正解になります。
入門 第13回 問04 日本の旧石器時代に石器に使用された黒くてガラス質の岩石を問う
 選択肢のうち該当するものは黒曜石だけですが、問題文に「次のうち」という限定がありません。旧石器の専門家が関与していれば、黒くてガラス質の岩石は一種類だけではないと、修正指示が入ったはずです。

●無いことの証明
入門 第12回 問08
マダケは縄文時代の建築部材として用いられなかったと断じていますが、証明できるのでしょうか?
初級 第11回 問22
弥生時代に金を加工していないと断じています。未発見とどう区別できるのでしょうか。解説でまたも弥生時代に鉄器の鋳型があるとでてきます

まだ、指摘したうちの一部ですが、
紹介はここまでとしておきます。

0203 幻の、山内清男『原始時代總説』 早傘 〔2023/06/20-20:19〕〔103.5.140.145〕
              根_0203 引用して返信 引用無し返信  メール 
『日本原始文化』でも「日本先史時代慨説」でもない。

 昭和20年代に刊行された『新日本史講座』(中央公論社)は、戦後初の日本史講座本である。考古学の世界では、「古代前期の文化 : 彌生式土器文化の生成」(杉原莊介 1950.08)がその1編を占めることで著名である。
 実は、その講座の1編として、山内清男が『原始時代總説』を執筆予定だったことを、一昨日(6月18日)知った。
 国立国会図書館のデジタルライブラリーは着々と機能を増やし、かつ、収録資料の OCR による本文データも整備されてきた。
 で、”山内清男”で検索したら、雑誌に掲載された広告が引っ掛かった。1953年(昭和28年)1月の広告で、当該講座の最終配本として、山内清男「原始時代總説」他4編が配本予定とある。他4編とは何か調べると、『原始共同體論』(尾鍋輝彦)、『古代後期の産業經濟』(竹内理三)、『洋學論』(村井益男)、『資本主義時代の科學』(小倉金之助)の4編が、1953.03に発行されている。同講座の刊行経過を確かめると、時代不問で、5編分の原稿が仕上がると配本するというやり方だったようだ。年別の発行数を見ると、

年 月 合計編数
1947 12 5
1948 3,5,11 15
1949 6,8,10,12 20
1950 3,8 10
1951 2,12 10
1952 9 5
1953 3 4
計69

と、50年の春までは順調に刊行していたが、以後は、ペースダウンしている。
 たぐると発刊告知を見つけた。自宅では閲覧できないので、昨日、本館に行って調査した。

中央公論1947年3月号p67

  新日本史講座
  【發刊趣旨】
  これまで孤立的一方的だつた日本歴史を,民衆生活の發展に根を下し,世界史的立場から書き改めること―日本歴史のふるい定型の絶対的破棄―これこそ現代日本歴史學界最大の急務だ。われわれはここに,日本歴史學研究の現段階における最適最高の全智能を總結集して體系ずけ,明けゆく日本の歴史の,正しいあるべき姿を明示してて,これにこたえようとするものである。
  【構成内容】
   I 原始時代 4冊  古代前期 11冊  古代後期 14冊
          封建時代前期 13冊 V封建時代後期 17冊 沙駛楴腟岨代 18冊
  【主要執筆者】
  阿部眞琴  古島敏雄  服部之總  羽仁五
  林  基  寶月圭吾  石井 孝  石母田正
  伊東多三 井上 清  川崎庸之  駒井和愛
  近藤忠義  松本新八 中村吉治  西岡虎之助
  禰津正志  岡田章雄  荻野三七彦 小倉金之助
  瀧川政次 竹内理三  藤間生大  遠山茂樹
  豊田 武  和島誠一  渡部義通  總計67名
  【第ー回配本】
  原始時代總説  山内清男   「座」及び都市の發達 豊田 武
  古代前期總説  西岡虎之助  川幕藩體制     伊東多三郎
  古代後期の文化 佐山濟    封建時代後期の閣棔 ‐湘艝動
  奴隷賤民論   瀧川政次郎  自由民權運動     井上清
              (以上8冊 1凾入)

 主な執筆予定者が31名挙げられている。総計67名(77冊)とあるから、ここに名が無くとも当初から執筆を依頼されていた者もいれば、その後に依頼された者もいるだろう。
 マルクス史学で有名な者が多いが、いわゆる実証主義史学者も含む。とはいえ、時代名称からも、マルクス史観に立つ者が企画の中心になっただろう。
 一方では、名が挙がりながら、執筆しなかった者も15名いる。専門とする時代別に分けると、

 原始〜古代前期    山内清男、渡部義通、藤間生大、和島誠一、禰津正志、駒井和愛
 古代後期(飛鳥以降) 荻野三七彦、川崎庸之
 封建前期(中世)   石母田正、松本新八、岡田章雄
 封建後期(近世)   近藤忠義、林基
 資本主義時代(近代) 羽仁五

 執筆しなかった理由はそれぞれだろう。マルクス史観の大物が多いことからは、編集方針をめぐる分裂があったかもしれないが、わからない。原始・古代前期に多く、山内以外が執筆予定だった項目としては「アジア的生産様式」「日本民族の成立」「原始共同體論」「原始時代の社會と文化」「古墳」などが想定されようか。
 ちなみに、「日本民族の成立」は長谷部言人1949.06、「原始時代の社會と文化」は八幡一郎1949.10として刊行された。1950.08に刊行される「古代前期の文化(弥生文化)」は八幡の原稿ですでに杉原が執筆予定と言及している。

刊行が停滞期に入り、ようやく第13回配本がされる52年9月、同社の書籍の巻末に見開き広告が載せられた。第13回までの各巻の構成を示すとともに、第14回の予定も示された。

1952.09 『偽らぬ日本史』巻末広告
第14回配本予定
原始時代總説     山内清男
大名領制の成立発展  豊田武
マニュファクチュア論 服部之総・岩井忠熊
資本主義時代總説   西岡虎之助
資本主義時代の科學  小倉金之助

 3か月後、中央公論に刊行予告が出た

1952.12発売 中央公論 68(1)(770);新年特大號 (中央公論新社)
第14回配本 “12月下旬予定”
原始時代總説     山内清男
原始共同體論     尾鍋輝彦
古代後期の産業經濟  竹内理三
マニュファクチュア論 服部之総・岩中忠熊 *中は誤植
資本主義時代の科學  小倉金之助

 2本が入れ替わった。翌号にも、その翌号にも同じ構成で予告された。

1953.01発売 中央公論 68(2)(771);二月號 (中央公論新社)
第14回配本 “兪々発売”
原始時代總説     山内清男
原始共同體論     尾鍋輝彦
古代後期の産業經濟  竹内理三
マニュファクチュア論 服部之総・岩井忠熊
資本主義時代の科學  小倉金之助

1953.02発売 中央公論 68(3)(772);三月號 (中央公論新社)
第14回配本
原始時代總説     山田清男 *田は誤植
原始共同體論     尾鍋輝彦
古代後期の産業經濟  竹内理三
マニュファクチュア論 服部之総
資本主義時代の科學  小倉金之助

 3月を発行日として発刊されたのは、原則を崩し4冊だった。

1953.03 第14回配本
原始共同體論    尾鍋輝彦
古代後期の産業經濟 竹内理三
洋學論       村井益男
資本主義時代の科學 小倉金之助

 「原始時代總説」と「マニュファクチュア論」は間に合わず、
代わりに「洋學論」が校了したので見切り発車ということだろう。
 結果的にはこれが最後の刊行となったが、中央公論社は完結をまだあきらめていなかった。

 9ヶ月後、第15回の配本予告が出た。

1953.12発売 中央公論 69(1)(784);新年特大號 (中央公論新社)
“第14回(最終回)明春2月刊行” *15回の誤り
マニュファクチュア論   岩井忠熊
大名領制の成立発展    小田信
資本主義時代の政治・外交 井ヶ田良治
荘園制の発達       西岡虎之助
資本主義時代総説     松島栄一
原始時代總説       山内清男

 『偽らぬ日本史』で予告されていた4冊に、「資本主義時代の政治・外交」「荘園制の発達」を加えた6冊。全75冊が最終目標となった。だが、未完に終わった。

 こうして見ると、「原始時代總説」は、第1回配本に予定され、そのまま、執筆が期待され続け、著者側からも断らず、最後まで刊行が期待されていたことになる。山内は『日本遠古の文化』の最新版に相当するものを、神話に代えて世間に普及したかっただろう。だから執筆をあきらめなかった。では、なぜ、公刊に至らなかったか。

 たとえ執筆を進めていたとしても、新発見ラッシュが、これでよしというふんぎりをつけさせなかったのではないだろうか。岩宿で発見され、数年のうちに他地域でも発見された土器以前の文化の評価が悩ましかっただろう。土器編年においても、撚糸紋系土器の編年逆転により、撚糸紋系の中で最も複雑な構成をもつ井草式が、列島最古の土器になってしまったということは、より古い土器を予感させた。縄文末弥生初期の遺跡も発見が相次ぎ、その移行過程の解明が最先端の課題になっていた。編集側が縄文文化までの記述を期待していたとしても,山内は弥生文化に言及せずにはいられない。登呂遺跡の水田は、弥生時代の農業の様相について、山内説の再考を促していた。

 撚糸紋以前の土器群の発見と編年、先土器時代末期の石器群の確認などをへて、山内なりの新たなアウトラインができあがったのは、1962〜63年頃。まさにそのタイミングと重なって編集責任者となった『日本原始美術』において、「日本先史時代慨説」が披露されることとなった。

 もし、山内が見切りを付けて50年代初頭に「原始時代總説」を発表したならば、その目玉は「サケマス論」になったと思われる。八幡担当分では、生業に関する記載が簡潔である。山内の構想を知っていたからこそ、と推測する。

0204 幻の山内清男『原始時代總説』 (サケマス論補遺) 早傘 〔2023/06/25-22:50〕〔49.98.115.55〕
        親_0203 根_0203 引用して返信 引用無し返信  メール 
 前記事を投稿した後で、推論と近似する次の記述を見落としていたことに気付いた。
 もちろん、これまでに何度も読んだことはあったが、前記事を書く際には思い出さなかった。「新日本史講座」の件を知って読むと、“沈黙を守り得たのは幸”の語句に深い味わいが生じる。

“編集後記 始め昭和7年に日本先史時代を自分なりに解釈して「日本遠古之文化」という連作を物した。その後三十余年を經て再論したのが本編である。石器時代は古い方に延長された。実のところ無土器時代の理解には苦悩した。成案を得るまで、しばらく沈黙を守り得たのは幸であった。幾多の僚友と訣別して、自分なりの解釈を続けることができた。この度は佐藤達夫との共同作業の結果である。丁度講談社の日本原始美術I縄紋式土器の編纂に携わって居たので、その第一編の冒頭に「日本先史時代概説」を加えることにした。 …(以下略)…”山内清男1969.04「(日本先史時代概説)編集後記」『山内清男先史考古学論文集 新第3集』p.135

 昭和20年代の山内清男は、沈黙と見えるほど寡筆である(口頭発表は多い)。独立した論説といえるのは、「講座」の刊行予告と第一回配本の間に挟まる下記くらいである。
  1947.9.1 山内翆 「米作と日本の祖先たち」新農芸2(6) 河出書房 45-48
 この論説がこのタイミングでこの雑誌に掲載された経緯については、ある程度予想はしているが、掲載誌の全体像を確認してから検討したい。

 初期のサケマス論については、縄紋時代生業の研究史に関するメモから転載しよう。

■初期のサケマス論
1947
“縄文文化の主食の問題特にサケ,マスについては,昭和22年頃から座談では触れたことがある。公開の席上では武蔵野博物館の第一回談話会で講演した(昭和24年)”「日本先史時代概説 憩貶玄以顕 注7」『日本原始美術1 縄文式土器』p144

1948.4.17 ?
 この日に“原始文化研究会例会、武藏野文化協会共催で武蔵野博物館にて第一回談話会「亀ケ岡文化サケ・マス論」を講演”と『画竜点睛』にはある。だが、武蔵野文化協会発会式は1948.7.6 (武蔵野31(1) p42)。1949年までの協会消息に山内の講演の記録は見当らない。

1948.07 藤森栄一『石器と土器の話』蓼科書房スクール文庫
“信濃川など、奈良・平安時代のころは上流まで全国一のサケやマスの産地だったのですから、石器時代にはとても水量は豊富で漁獲もすばらしかったに相違ありません”(p144)
 上記の山内の講演が裏付けられなければ、縄紋時代のサケマス漁獲の意義を説いた初出となるかもしれない。ただし、内陸部でも漁撈があったという程度であり、東日本縄紋文化の性質を決定する重要な要素とまでは扱っていない。

1949.6.26 山内翆砲サケ・マス論について講演
“井之頭自然文化園の原始文化研究会に出席する。甲野さんの話(途中から)と山内さんの鱒の話”酒詰治男編 2013『酒詰仲男 調査・日録 第9集』東京大学総合研究博物館標本資料報告第96号 (p10)
 *奥付なく、刊行日不明。武蔵野博物館(武蔵野郷土館の前身)は当時、井之頭自然文化園内に所在していたから、山内の記述と合致する。なお、この記述に最初に注意したのは長山明弘氏であろう。

1949.10.29 山内翆砲日本考古学協会第4回総会で「縄紋式文化終末期の状勢」を発表
この発表について2人の証言がある。
“山内清男氏の説かれる "貯蔵食品としての鮭、鱒が遡上する河川の南限と、亀ヶ岡式の卓越地域との関連" ”“山内清男氏の日本考古学協会昭24秋総会講演による”坪井清足 1953.5「福島県天王山遺蹟の弥生式土器−東日本弥生式文化の性格−」『史林』36(1),50-63 (p61,注19)
“縄文式文化から弥生式文化への推移転換が、遠賀川式土器の分布した西日本と晩期縄文式文化の伝統の強力であった東日本において、時期的には西日本がはやく東日本でおくれた、傾斜現象があり、そのような傾斜現象の理由として、貯蔵食料の差異すなわち西日本の米と東日本の鮭・鱒との差異が、山内清男氏により示唆されている(昭和24年秋の日本考古学協会総会研究発表による)。”(澄田正一1955.1「日本原始農業発生の問題 ―美濃・尾張の先史考古学的研究―」名古屋大学文学部研究論集XI, pp.87-110 (p107)

1950.11 芹沢長介が山内清男のサケマス論の概要を紹介
“なお,山内清男氏は東北地方の縄文式文化発達の大きな要因として鮭・鱒の豊富な漁獲を考えている。氏の説によれば,東北日本の石器時代人は北アメリカ西海岸の土人のように長い間鮭・鱒を主食にしていたのではないかというのであるが,まだその確証はあがつていないにしても傾聴すべき説であろう”芹沢長介,1950.11,,『古代土器標本解説書・第二集 後期・晩期縄文式文化』ドルメン教材研究所 (pp.24-25)
 *この段落だけでは時期を限定していないように見えるが、p22には“関東から北にかけて,殊に東北地方に縄文式文化の最高の繁栄が見られたということもこの自然の与える食糧を無視しては考えることはできない”とあり、亀ヶ岡文化を意識しているとしてよい。

1951.09 藤森栄一が間接情報としてサケマス論に言及
“後・晩期には … 山岳地帯でも不思議に、河岸へ水辺へと移動する例が多くなった … 山内清男氏の談話発表のうちに鮭鱒の遡上による新しい共同漁撈をもって理由づける意見を仄聞しているが … ”藤森栄一,1951.09,「大化以前の歴史と考古学」『日本歴史講座 第2巻 』河出書房, 84-107 (p93)

 整理しよう。
 高橋龍三郎が推定するように、また、稲生典太郎の回想から、山内は戦前に、すでにサケマス論の原型となるアイデアはもっていた。
 「ぬか喜び サケマス論研究史重要文献」
  http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0200
 裏付けは取りにくいが、“昭和22年頃から座談では触れたことがある”と、「原始時代総説」(以下「総説」)の執筆を依頼されたこととは関連付けられるように思う。
 「総説」の構想を練る中で、企画側が期待したであろう各時代の経済的基盤の重要な要素として、サケマス論を展開することとし、座談を通して反応を探ったのではないか。

 藤森1948は中学生向けに書かれたものだが、山内がすぐに目を通した可能性は高い。山内サケマス論のような射程を持たないものの“漁獲もすばらしかった”という記述は無視できない。山内が、座談を仄聞しての盗用を疑ったか、藤森の直感を恐れたかはわからないが、自らの見解を公に示す必要を感じ、翌年の講演につながったのではなかろうか。

 サケマス論の展開は、終戦直後に簇生した縄紋農耕論への批判でもあった。後藤守一(稲作以前雑穀農耕説)や甲野勇(大湯ストーンサークル農耕文化所産説)が深く関わっている武蔵野博物館を会場としての講演である点が意味深く思える。

 サケマス論の活字での紹介としては、座談、原始文化研究会、日本考古学協会総会のいずれでも聞いた可能性がある芹沢長介1950が最初と思われる。東日本縄紋文化の特性とする評価は、坪井・澄田の紹介と一致する。

 古代土器標本作成にも関わり深かった藤森が、その1年後に言及した。遺跡の占地の変化と関連付けている点、共同漁撈という言葉が用いられている点が、他者と異なる。1949年の発表に既にそのような要素が含まれていたのか、その後に山内が論点を追加したかは定かでない。

 遺跡占地からの後・晩期サケマス論は江坂1957でも論じられている(ただし、山内の名は出していない)
(p65)“東日本の後期の後半から晩期の時代の遺跡が,鮭や鱒などの遡行する河川の屈曲点にあるのは,それらの漁獲が非常に重要だったからであろう”(p45) “晩期の集落の多くは,漁業に関連して選定したと思われる場所に非常に多い.海岸線が長く,魚貝類の豊富な海岸の台上は,もちろん鮭や鱒が遡行する河川の沿岸などの,魚族の捕獲しやすい場所に大聚落の址が多く残っている”江坂輝弥1957『考古学ノート 先史2 縄文文化』

 他にもサケマス論は後・晩期東日本を解釈する論だとする紹介は多く、それが初期のサケマス論としてよい。

 しかし、縄文時代の人口を検討する中で(1956年の講演で言及)、より古い時期から東日本は西日本の数倍の遺跡を数える説明にもなることから、対象時期は広がっていっただろう。
 そして、縄紋草創期の設定などを經て、大塚達郎氏が指摘するように、縄紋文化の母体が渡来する要因の説明にまで拡張した。
  大塚達朗2016「消費される縄紋文化」物質文化(96), 89-110

 その結果、サケマス論の意義は大きく変容した。
 これに関して“沈黙を守り得たのは幸であった”かはわからない。

0205 「新日本史講座」補遺と、藤間が紹介したサケマス論 早傘 〔2023/06/28-06:24〕〔119.240.195.193〕
        親_0204 根_0203 引用して返信 引用無し返信  メール 
新日本史講座に関する告知を2つ追加する

1947.06「新日本史講座」中央公論 62(6)(700) (中央公論新社),p29

 発刊告知から3ヵ月後に出た広告で、予定題目の一覧が示された。
 各時代の総説・政治外交・産業経済・宗教・文化のほか、特論が51題目示され、
全11巻、各巻約8冊、総計80余冊という。
 6つの時代に分けられているから共通5テーマで30冊(原始時代には無理な題目もある)、今後追加される特論も見込んで80余りという目算だろう。第1巻は8月刊行予定ともある(内訳は無し)
 原始時代に関する特論では「生成期の日本民族」というのが当初予定していたタイトルだった。

 次の書籍の巻末広告では“15回近刊”とある。14回配本から5年過ぎても(建前として?)未完扱いだった。
  1958『ロシア・ソヴェート文学史』

 多数のマルクス史学者が執筆予定を辞退した理由の一端は、次の記事が参考になる。
  1979.05 松本新八郎(語り手)「『社会構成史体系』前後」歴史評論(349), p65-71;83

 民科(民主主義科学者協会)が設立されると、運動を強化するため、1947.04に松本新八郎が上京した。松本の生計のため日本評論社の嘱託を斡旋したが、これは、戦前の『日本資本主義発達史講座』のリニューアルとしての『社会構成史体系』を企画・発刊するためでもあった。その編集委員10名は次のとおり。

渡部義通*、平野義太郎、大塚久雄、石母田正*、倉橋文雄、高橋幸太郎、藤間生大*、林健太郎、林基*、松本新八*

*を付けた5名が、新日本史講座の当初執筆予定でありながら執筆しなかった。さらに、藤間、石母田、林基は、大系の1冊を執筆した。50年9月の構成予定表では、渡部、松本も執筆予定者に挙がっている。和島誠一も「原始社会」を執筆予定とされた。

 藤間は『政治的社會の成立』1949.4 を執筆した。狩猟採集経済(縄紋文化)から書き起こし、三森定男の原始農耕説にも言及し、亀ヶ岡式文化の歴史的評価にも多くの行を費やしたが、サケマス論は登場しない。1948年初講演説が誤りならば山内が発表する前だから当然ではある。藤間は亀ヶ岡文化について漁撈の発達とか、蓄積があったが階級は生じなかったなどと述べており、また、東北縄文文化のアスファルト使用について山内から聞いたとも記している。サケマス論を耳にしていた可能性もうかがえる。
 内容が酷似し、実質的に前書の改訂版といえる 1951.11『日本民族の形成 : 東亜諸民族との連関において』岩波書店 には、興味深い記述がある。

“東の方が西よりも人口が多かった理由として、山内清男は次のような重大な示唆を私にあたえられた。それはサケやマスが当時の東日本の川でたくさんさかのぼっていたので、漁獲に便利であったというのである。そしてこうしたことは中部地方の木曽川あたりまでそうであったらしいのである。”(p14)

 亀ヶ岡文化の説明というよりも縄文文化の東西差の説明として紹介されている。それを踏まえて 藤間1949.04 を読み直すと、次のような記述があった

“東日本と西日本の気温の違いは、食物貯蔵の上に、なんらかの影響をあたえたであろう。こうしたことが、後述するような縄文式文化が東北・関東で盛えて、近畿を含めた西日本において、大して発展しなかつたことの、一つの理由ともなるのではあるまいか”(p18)

 サケマス論を耳にしていての記述とも読める。そうでない場合は、このような記述に触れたことが、同年6月のサケマス論講演の動機のひとつかもしれない。

0202 読むを読まず読むを読むを読み読めば読もう 早傘 〔2023/05/03-14:14〕〔119.240.195.193〕
              根_0202 引用して返信 引用無し返信  メール 
読むを読まず読むを読むを読み読めば読もう

 今年の藤森栄一は藤森英二だとか、ややこしいことが多いこのごろ、考古界隈(の一部)では「読む読む読んだ?」が流行りのあいさつとなっている。
 もちろん『土偶を読む』への返歌である『土偶を読むを読む』のことである。
 『土偶を読む』が2021年4月の刊行直後からNHKや大新聞の書評でも好意的に取上げられるなど話題となり、一方では即座に 縄文ZINE による、がっかり感想文(いや、がっちりした批判)も公にされた。
  https://note.com/22jomon/n/n8fd6f4a9679d
 翌5月、版元のサイトで、養老孟司による書評という名の自分語りがアップされた
  https://note.com/shobunsha/n/n4cae4fc16cff
(このページから、同じ版元の『学問の自由が危ない』への内田樹による紹介文がリンクされていることは、巧まざるギャグになっている
  https://note.com/shobunsha/n/nd8e533e7b33b

 6月には白鳥兄弟による批判もアップされた。
https://note.com/hakucho_kyodai/n/n1b370030eaa4

 そのころになって、しょうがないな、と思って、書店の店頭でざっと目を通してみた。まあ、よくあるやつである。自分で批判する気があれば買わざるを得ないが、すでにきちんとした批判があるので、買わんかった。
 書評のされかたからすると、サントリー学芸賞でももらいそうだなと思っていたら本当に受賞して、少し笑った。もちろん藤森が悪い。佐伯順子氏の選評にある
 “「これは〇〇学ではない」と批判する“研究者”ほど、その「○○学」さえ怪しいのが相場である。”
という一節が、選考者の基本姿勢として批判されている。Wikipediaの佐伯氏の項目を見ると、サントリー学芸賞受賞者である佐伯氏の「聖なる遊女」論、恋愛近代化論に対し、小谷野敦氏から繰返し批判されているとあり、なるほどなあ、と思う。同賞の受賞者が玉石混淆なのは昔からであり、それが同賞の個性である。
 凡百のとんでも本との違いは、著者が東京大学院卒で東工大博士課程修了という学歴、思想方面の硬い本も出してきた晶文社のブランド力と、該書出版と同時にマスメディアで紹介させる営業力である。なんだ、中沢新一の売り方と似たようなものじゃないか。どちらも自称「人類学者」だし。

以下、とりとめもない、思いつき

 「読む」の基本的アイデアである、土偶は人のような形をしているが植物の象徴である、という見方が受け入れられたのは、「ゆるきゃら」の蔓延が背景にあるように思う。
 「ゆるきゃら」はおおむね人間形であり、しかし、その地域を代表する何かを象徴している。象徴する事物の造型が含まれているが、立体的に表現されている場合もあれば、一方向(正面)からのみ表現されている場合もある。見る側はそれをさほど気にしない。そのようなものを見慣れていれば、これは●●の象徴だよ、といわれれば、「そういう設定か」と受け入れる準備が出来ているのである。栄誉ある「みうらじゅん賞」の受賞もむべなるかな、と思って、選評を見たら、なんだ、著者自身がゆるきゃらに例えていたんだな。
  https://www.youtube.com/watch?v=_oL1_3aaqjc (29:00から)
 受賞者コメント映像で、著者の人柄もうかがうことができる。


 以前、世間で受けた考古学関係の物語を比較したことがあった
 昭和中期に受けたのが、森本六爾、明石原人、岩宿 といあったあたり
 孤独な主人公が、学界の主流に白い目で見られながら“努力”し、理解者を得て、一応の成功を収めるが、不完全な成功に終わる、というのが基本的な構成だ。フィクションの世界ではあしたのジョーが同じ構造だ。
 少し時代がくだって、『最古の日本人を求めて』(1987刊。座散乱木の発見)は、「普通」の家庭に育った主人公が“努力”し、仲間との“友情”に恵まれて“勝利する”という構造であり、キャプテン翼などに代表される少年ジャンプ三原則と共通すると指摘した。
 『読む』の場合、“努力”はなく、縄文脳をインストールっ で解決する点が、今風なのだと思う。

 土偶は主食を象徴化したものであるとし、土偶は人を形象したものだとすれば、人が主食だったことになる。人を食った話である。
 なお、モースが食人説を唱えたのは、大森貝塚出土人骨の分析結果ではない。人食い人種である(とモースが認識していた)アメリカ原住民の祖先の源流が東アジアであると想定し、日本列島の貝塚を残した人々がそれだと予期していたからである。
 予断は妄説の始まり、四段は棋士の始まり、余談はこれまで

 あれ、読む読むへの感想がなかった。
 執筆者・対談者の皆様、何より縄文ZINEさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

0094 訃報から2ヵ月 早傘 〔2012/08/07-22:34〕〔114.20.24.65〕
              根_0094 引用して返信 引用無し返信 
6月4日月曜日
国会図書館で文献複写した帰り、
乗継ぎの和光駅で途中下車し、ロイヤルホストで夕食をとっていた。

F氏から携帯に電話が入った。
仕事がらみかと思ったらさにあらず。
訃報だった。

1.否定

間違いであって欲しい。
一縷の望みをかけて、情報源のS氏にメールした。

回答は
「残念ながら、事実です」

2.怒り

直接の死因が何であれ、
これは一種の憤死である。
このような結果を招いたのは、
よどんだ考古界ではないか。
そう、思った。

その思いを文章化することは抑制した。

ただ、弔意を示すために掲示板の配色を変更した。

3.うつ

自分に何かできなかったか?
できるわけがない

自分に何かできるか?
ただの他人

4.受容

まだ心は晴れない

が,「偲ぶ会」を一つの区切りとし

彼が点けたいくつもの灯(ともしび)のうち一つを
まだしばらくは絶やさぬよう
つとめていきたい。

それが学兄への供養

0095 最後の接触 早傘 〔2012/08/11-22:04〕〔125.29.46.204〕
        親_0094 根_0094 引用して返信 引用無し返信 
角張さんとの最後の接触は、5月23日午後9時34分にいただいた電話だった。
その前の2ヵ月近く、いただいた電話にはこちらが出られず、
こちらからの電話には向こうが出られずというすれ違いが続いていて、
前夜いただいた電話にも出られず、9時32分にかけた電話には出ていただけず、
あきらめかけたところで久しぶりにつながった電話は、
いつものように、
近況や研究動向などを語り合った。
行き詰った現状と、研究の喜び

翌日の夜、角張氏の掲示板にスパム投稿があった。
いつものように、次の日には削除されると思っていたら、
なかなか削除されない。

体調でも崩したかな、と思ううちに一週間が過ぎ、

そろそろ電話しようかな、と思っているところに、
訃報が届いたのだった。

確かな情報を確かめ、電話履歴に照らし合せると、
最後の電話の次の晩に、眠りについたことがわかった。

そのタイミングに意味があるのか無いのか

意味など無いに決っているのに、自問し続けた。

意味など無い。
ただ、電話がつながらないままであったなら、
深く戻れない後悔をしたであろうことを思うと、

好運だったのだと思うことにした。

0096 最初の接触 早傘 〔2012/08/24-21:09〕〔114.20.48.10〕
        親_0095 根_0094 引用して返信 引用無し返信 
最初の接触

 角張さんと初めての接触は、2000年6月3日のことであった。
日付が特定できるのは、日記のおかげではない(そんな習慣は無い、というか無理)
 初期の接触はすべてメールや掲示板によるものであったから、記録が発掘できるのだ

 その頃、角張さんは、アルカ社のサイトで「石亭秘話」の連載をはじめていた。
  第1回 2000.4.5 石器研究の構造と学問として方法
  第2回 2000.5.2 石器研究に有効な属性と誤解されている属性
  第3回 2000.5.10 石器研究に有効な属性と誤解されている属性(2)
と続いてきたうち第3回が、ブラウザ上では真っ白に表示された。
 ソースを確認すると、文章の中身はあるが、htmlの記述ミスで画面表示されないことがわかった。そこで、管理人宛メールフォームで、webページ編集者に修正させた方が良いと、よけいなお世話のメールを送った。
 角張さんは、週末でホームページ担当者が休んでいるのでこれを読んでくれと、元原稿を送ってくれた。
 折角著者と連絡が取れたからと、角張氏が規定する分類概念の用語について
意見交換を試みたが、当方に失礼な表現があり、叱られて終った。
 今思えば、暴走が止らない「前期旧石器」にどうブレーキをかけたらよいか、したくない決断へ追いやられつつある時期だったため角張さんの心にもゆとりがなかったのであろう、
と書くと、先方の短気が主因とするように読まれるかもしれないが、私が角張さんに送ったメールがひどかった。恥ずかしくて引用できないほどだ。

翌月、
  第4回 2000.7.22 前期旧石器発見物語は現代のおとぎ話か
が掲載された。おお、ついに石器研究者からも! と思ったが、
前月のこともあり、感想などを送るのは控えた。

 この時点で、角張さんについては、石器分析会社の創業者としての側面と、
ネット上に公表された論説のみをとおして認識していた。その文章がどれほどの葛藤を越えて公表されたかなどは知る由も無かった。

 11.5まで、また、その直後、ネットでどのような動きがあったかは、
すでにいくつかの文章にまとめてある
  『ネットで読む"神の手"事件』
  http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/net_kami.htm
  『NIFTYでの神の手事件関連発言』
  http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/nifty.htm
上でも引用した「南河内はプロの練習〜〜」という発言は、
12/10の朝に『青森遺跡探訪』に投稿したコメントである
 http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/aomori/log6.htm#s365
そのコメントの中の「やはり予想通り、インターネット上で7月に公開された(おそらく3月に執筆したのに掲載を引き受ける専門雑誌が無かった)角張論文が、毎日新聞を動かしたようです。」という語句に対し、同日夜に角張さんからメールをいただいた。
「…(前略)…さて、青森縄文探訪の貴兄の最新の文章で、小生の文章を評価していただき、とても恐縮しております。
 有り難い内容ですが、ひとつ誤解をされているようなので、お知らせします。
 小生の「前期・中期・・・・おとぎ話か」は、7月に執筆したものです。貴兄のお話では、3月執筆で、どこにも受け手のない論文とありますが、それは何かの間違いです。…(以下、ネット上の議論についてのコメントが続く)…」

同夜、返信

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
送信日時 12/11 01:06
TO:■■■■
SUB:失礼しました

憶測により、誤った見解を公にし、大変失礼いたしました。

誤った推測の「根拠」は次のとおりでした
--------------------------------------------------------------------------
論文の付表で採用されている「過去1年間」の事例が、99年6月〜00年2月
であり、あの論文が掲載された時には今年度の長尾根遺跡の発掘成果もすでに
新聞紙上をにぎわせた後だったのにも関わらず、99年6月の成果と扱われている。

このことから、執筆直後にアップしたものでは無いと推測しました。ホームページ
掲載用に執筆したものであればその掲載までの時間差はほとんどゼロのはずなので
なにかに掲載するために執筆したものを手直ししてアップしたのではないか、そう
であれば、執筆した時期は、2月から6月の間、2月か3月ならば、雑誌用に書い
た論文の可能性が高い。雑誌に掲載されなかったのはその内容ゆえ(さもなくば締
切)。いう推測でした。
--------------------------------------------------------------------------

「おとぎ話」を拝読した時には、なるほどこういう内容でもネット上ならば掲載可
能なんだ。と目を開かれました。僕自身はあの論文が、雑誌に掲載してはいけない
ものとは思いませんが、雑誌の編集者であった場合は悩むでしょう。「北海道考古
学」事件が脳裏をよぎることでしょう。相馬さんからお聞きになっているかも知れ
ませんが、事件発覚直前、nifty でも藤村氏に関する話題となり、疑問を持つのは
当然という主旨の文章を書くにあたって、トラブルとなり電子会議室運営者に迷惑
を掛けることを避けるために、随分と気を使いました。

論文を拝読し、ただちに励ましのメールを差上げたかったのですが、前回のことも
あり、遠慮申し上げていました。お怒りを解いていただき、有りがたく思います。

クリスマスは会津で過ごす予定です。一目お会いできればと思います。

PS. …(略)…

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 翌朝、「東北旧石器文化を語る会」に参加予定はないとの返信をいただいた。
 メールのやりとりをとおして、それなりに真っ当な人間だと理解していただけ、安心した。

 以上が第2の接触であった。

0097 初対面 早傘 〔2012/08/27-21:34〕〔125.29.42.160〕
        親_0096 根_0094 引用して返信 引用無し返信 
次の接触は、
“雑誌原稿無断公表問題”
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune1.log&keyno=0105
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune1.log&keyno=0129
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune1.log&keyno=0145
をめぐってのメールのやりとりだった。
.
掲示板管理をめぐって緊迫している時に重ねての問題で、
しかも、この問題の関係者は1ヵ月後に連名での研究発表を控えていた。
管理者に余計な判断をさせない角張さんの回答には救われる思いをした。
.
.
.
初対面
.
実身の角張氏に初めてまみえたのはいつだったか、定かな記憶が無い。
2001年5月の日本考古学協会総会では、難波氏にあいさつしたり岡安氏の嘘を責めたりの記憶はあるが、
それらの記憶が強すぎるためか、角張さんの記憶は無い。
.
2001年9月15日に開かれる考古技術研究会について、
9月初めに、たしか岡安氏の掲示板に、
興味深いテーマだから数百人の参加者があるのではと軽口のコメントを書いたら、
何か統計学的根拠があるのだろう、会場を変える必要があるのではないか、
と角張さんが心配して電話してきたことがあった。景気づけのお囃子ですよといってようやく納得していただいた。
その考技研で角張氏と対面したのが、初対面のように思う。
.
.
共犯疑惑の始り
.
ネット上で見ることができる次のやりとりは、翌2002年3月のこのツリー
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune2.log&root=0435
.
座散乱遺跡の石器が岡村氏の理論通りに出土しているという角張氏の指摘が
初めて公表されたのはこのツリーだと認識している。
(同年5月の勉誠社 Science of Humanity 40 で活字化)
.
実はその4ヵ月前、2001年12月初頭には、骨子となる御意見をまとめた資料を送っていただいていた。
その重い内容ゆえに、自分で関連文献を点検してからでなければ、紹介はできないともたもたしているうちに、
お笑いネタで遊んでしまった。そこが角張さんのお叱りの要因となったと理解している。
.
なお、2ちゃんねるで下記のような投稿もあったことを書留めておく
http://mimizun.com/log/2ch/history/1005483632/523-530
.
.
使用痕問題
.
2002年7月に、角張氏の掲示板で、座散乱木使用痕問題が検討された。
その内容は角張氏の著書に転載されているとおりである。
 角張淳一2003「捏造事件の構造」『アルカ研究論集』第1号
 角張淳一2010「旧石器捏造事件の研究」鳥影社
.
その延長の議論が翌2003年5月にあった。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0068
.
さらに翌年(2004年)の6月に、岩宿大学でアルカの皆さんから使用痕分析の実際を教わった。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0186
.
そのお礼のメールから始って半年ほど、月に1往復ほどメールでのやりとりがあった。
.
同年11月25日、奥野正男氏の毎日出版文化賞授賞式の2次会で、はじめて角張さんと酒席を共にし、
翌日の講演会のあと、渋谷駅から東京駅まで電車をご一緒した。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0224

0098 そして学史へ 早傘 〔2012/08/27-21:35〕〔125.29.42.160〕
        親_0097 根_0094 引用して返信 引用無し返信 
学史へ
.
2005年に入ったころから、メールよりも、電話でのやりとりが多くなった。
たいていの場合、晩酌をして気分が良くなり、あるいは人寂しくなった、角張さんがかけてくる。
しばらく電話が無いと、こちらからかけるという感じだった。
.
2005年3月に、永瀬唯氏と角張さんの小さな摩擦があった際、
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&root=0253
角張さんから丁寧なメールをいただいた。
捏造問題がいかほどに角張さんの心身を痛めたか、知ることができた。
.
このころから、角張さんは、近現代日本社会の精神的ストレスと日本人起源論の関係を論じるようになっていった。
.
そして、会社で学史の勉強会を開くようになった
.
2006年9月9日の午後、勉強会に参加させていただこうと、訪問させていただいた
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0394
.
その日は他の社員の都合が合わずに定例の勉強会は中止になったということで、
結果、角張さんと差しでお話しさせていただく機会を得た。そして、岩宿の石斧への疑念を教わる。
2日後、メールをいただいた。著書の原形となる原稿が添付されていた。
.
まとまった感想・意見を申上げる責任を負ったものの、
興味の赴くまま他の調べごとに夢中となり、岩宿に関する勉強は進まなかった。
翌年、多少は関連する投稿をしたが、角張説自体へのコメントでは無かった。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&root=0451
.
著書は2008年2月に出版される予定が、出版者の倒産により、延期となった。
ようやく、2010年にあたかも発覚10年を記念するように出版された。
さらに1年後に、遅すぎた宿題を書かせていただいた
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0059
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0064
.
遅すぎる宿題を果したのは、新たな宿題をいただいたから。それが、
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0085
角張論文の抜刷は、紀要が出てすぐに送っていただいたのだが、
竹岡論文とセットになるものであろうと、紀要をコピーしに行き、副産物として
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0077#n0081
を書くこともできた。
.
2つの宿題の間にも、ある原稿を見せていただいてコメントをしたが、それに関しては別記事を予定している。
.
電話での話題は、掲示板投稿への感想にはじまり、旧石器研究の動向や業界の話題へうつり、転じて、最近分析している遺跡から見えてきたこと、となるのが通例だった。新知見の話は本当に楽しそうだった。根っから石器研究が好きなんだなと感じさせられた。
.
2月頃だったか、青森県に凄い縄文遺跡が見つかっているんだと教わった。五所川原市五月女萢(そとめやち)遺跡である。
人骨や副葬品を伴う土坑が多数見つかり、ローム盛土をもつという。そのすごさの割には文化庁などの動きが鈍いんだと嘆いた。
掲示板で話題にして欲しいようだった。日を置かず、概報の写しも送ってくださった。
.
概報を見て、迷いが生じた。1970年代、各地で「ローム盛土遺構」などといった名称で報告された「遺構」が、のちに自然の風倒木痕であることが判明したことがある。送られた概報の断片的な情報と不鮮明な写真では、風倒木痕との区別が難しいなと思った。
.
もう少し情報をあつめないとコメントしづらいなと思うまま、角張さんに感想をいうこともなく、放置した。
最後の電話でも、はぐらかしてしまった。
.
6月末に、ある研究会で、縄文墓制の堅実な研究者に問うたところ、「発掘現場を見た。大丈夫だ」と教わった。
なぜもっと早く確かめなかったのだろう。悔いが残っている。
.
.
7月22日(日)。小諸市内のホテルで偲ぶ会が開かれた。
 知る範囲の考古関係者を見ると、
 発起人である同県内の旧石器研究者。母校の恩師。同窓の研究者。馬場壇で共に汗を流した同世代の研究者。一頃ゼミに通った大学の教官。元社員。埋蔵文化財保護業界の方々。仕事や学史研究で縁があった縄紋研究者など。捏造問題に便乗した人間も末席に加えていただいた。
 捏造問題へのスタンスがかけ離れていて、著書で厳しい批判をされた方も出席していた。故人の人生の縮約を見る思いであった。
 竹佐中原の担当者には反論をお約束いただいた
 会は、恩師のあいさつと業界代表の献杯に始り、しばし思い出話を挟んだのち、遺影に献花した。
.
 あいさつでも、別の場でも、故人を語る際によく用いられた言葉が「風雲児」だった。
.
 そういえば、いつからか、夕立というものがめっきり減った。ジリジリとした暑さが延々と続く。

0201 意表を突いた記事 皇太子の言葉 早傘 〔2022/12/06-01:06〕〔49.96.229.233〕
              根_0201 引用して返信 引用無し返信 
つげのり子「天皇陛下と雅子さまの気さくな素顔とは? 元東宮職御用掛医師が感じたお心遣い」
https://news.yahoo.co.jp/byline/tsugenoriko/20221205-00325408

>愛子さまがまだ雅子さまのお腹の中にいた頃のこと。
>ある考古学者が旧石器時代の遺跡を埼玉県秩父市で発掘し、
>「秩父原人」の発見だと一躍脚光を浴びた。しかし、後に
>捏造であったことが発覚し、残念な結果となったことが報じられた。
>堤氏の出身地は秩父市であると陛下はご存じだったのであろう、
>顔を合わせた時に、こんなお言葉をかけてくださったという。
>「先生、残念でしたね。秩父原人は、幻の原人になってしまいました」

0200 ぬか喜び サケマス論研究史重要文献 早傘 〔2022/09/06-06:13〕〔49.98.220.84〕
              根_0200 引用して返信 引用無し返信  メール 
8月25日(木)の夜のことだった。
『画竜点睛』を開いた。
稲生典太郎の回想に、
北関東系弥生土器の実測図が載っていたことを思い出し、
何かそれにまつわる記述が無いかと、読み直したのだ。

稲生典太郎 1996.08「山内先生の思い出」『画竜点睛』88-89

残念ながら、期待した記述は無かった。
が、これまで通り過ぎていた、次の記述が気になった。

“昭和十四年秋 … 私は … 就職することになった。先生は餞別にミューラーの『ファーセン・デル・クルトゥア』とその訳本を下さって”

名前のカタカナ表記を少しずつ変えながらネットで検索したが、判明しなかった。
ドイツ語で der kulutur かな(スペルももちろん検索の結果です)と、検索すると、原本と訳著にたどり着くことができた。
訳書は古書として流通していなかったが、国会図書館デジタルコレクションで閲覧することができた。

M&uuml;ller-Lyer, Phasen der Kultur und Richtungslinien des Fortschritts, 1908
文化の諸相と其進路 エフ・ミユツラーリヤ 著 ; 鼓常良 訳、大村書店、1921
(以下、該書・訳書と呼ぶ)

M&uuml;ller-Lyer, Franz Carl, 1857-1916
はミュラー・リヤーと表記されることが多いらしい。心理学者でもあり、ミュラー・リヤー錯視の発見者であるという。へえ。

訳書に目を通すと、驚くべき記述が有った。
これは、山内清男サケマス論の成立過程に関する、重要な発見だと小躍りした。

が、書名で検索すると、昨年3月21日に開かれたシンポジウムの記録集が出て来た。
そのシンポジウムは、当然行きたかったが、勿論行けなかった。
仕事もあったけど、なにより、きんじた、でしたから。

2021.03 中村豊「戦後日本考古学史における鳥居龍蔵の再評価」『鳥居龍蔵生誕150周年記念 国際シンポジウム「鳥居龍蔵と現代社会」講演要旨集』, 徳島県立鳥居龍蔵記念博物館, 7-13

“山内は日本列島における農業の起源と展開について、エデュアルト・ハーンによる分類 … を引用することが多かった … 鳥居も、「我が上代の農業と農具」[鳥居1925]において、人類史における農業の発展過程を、ハーンの4ステージ … を用いて区分し、さらにフランツ・カール・ミュッラーリヤの著作 … を踏まえて説明を加えた … この書こそ、農業の発展段階と性的分業を説明するうえで、鳥居の「我が上代の農業と農具」のみならず、山内の農耕の起源に関する諸論文 … にも参照されたのではあるまいか … さらに、ミュッラーリヤは農作の起源以前に狩猟と漁撈がありこれを第1群&#8722;下等狩猟民、第2群&#8722;高等狩猟民、第3群&#8722;漁業民に分類する。第3群の漁業民は、西北アメリカから東北アジア … に存在することを指摘する。
  魚類、殊に鮭が豊富で農作でなければ見られぬような
  食料の過剰を与へられてゐる。大部分は定住して大き
  な家を所有し、あらゆる技巧的な器具道具を製作し、
  貧富に分れ、或者は奴隷すら持つてゐて、商業を営み、
  分業を知つてゐる。獣類の食料品並に商品(水獺の皮
  その他)の豊富な為にその文化は諸種の関係に於てそ
  の他の多くの牧畜或は農作に人工的の食料源泉を有せ
  る民族に凌駕してゐる。 ※1
… 著名な「サケ・マス論」[山内1964、1969]につながるかのような記述を含む点で、とくに注目される。”

 ※1 中村氏による引用(訳著p64-65より)は仮名遣いを現代式にしているが、旧仮名遣いに戻した。また誤入力は修正した。

なあんだ、残念、というところであはあるが、稲生の回顧から、山内が確かに該書を読んでいたこと、1939年の時点で、それを、重要文献として弟子に読ませ(ようとし)ていたことがわかる。

高橋龍三郎氏は、山内清男が「日本に於ける農業の起源」執筆時(1937年)に“サケ・マス論の構想を中半練り上げていた”と推定している(高橋2022)。山内はその時点で該書を読んでいた可能性が十分高く、高橋氏の推定の傍証となる。

2022.03 高橋龍三郎「山内清男のサケ・マス論の成立過程」會津八一記念博物館研究紀要 23, 45-56

なお、中村氏以前にも該書の学史上の意義が論じられていたかもしれないが、確かめていない。
また、中村氏の発表要旨の前半は、やや無理な論法が気になる。鳥居への批判を単純化しているし、鳥居による記紀の扱いも、中村氏の論に都合のいい語句だけを切取っている。立場がそうさせるのだろうか。

自分は鳥居を再評価している方だと思うが、特定の立場に身を置かず、資料をすなおに解釈するよう、のぞんでいる。

0198 ナニワに神の手を持つ男出現 早傘 〔2022/01/31-13:34〕〔126.205.237.150〕
              根_0198 引用して返信 引用無し返信 
[原作]天王寺大[萬画]郷力也&スタジオタップ, 2022 (1/28発売、2/11発行),「ミナミの帝王 銭の1506/ゼニの大地(12)」,週刊漫画ゴラク,59(5), 279-300

(前回までのあらすじ)エピソード「ゼニの台地」は、家族との思い出が詰まった家を守ろうとする老爺と、地上げを目論む開発業者の若手社員の攻防を描く。若手社員は老爺の息子を騙し借金を背負わせる。老爺は萬田銀次郎(主人公)に借金をして凌ごうとするが、貸してくれず、代わりに知恵を授けられる。業者に屋敷を引き渡すこととなり、取り壊し工事の初日、老爺は、亡妻との思い出の木を自分で掘り抜きたいと申し出る。そして掘り始めると、土器が出て来た。写真を「インストグラム」にアップすると、市役所の職員が現れ、工事中止と発掘費用の負担が必要と指導される

今回のあらすじ 若手社員が途方に暮れているところに、高級車で轟音を響かせながら現れた人物がいた。美馬坂剛56歳。その姿を見てひれ伏した市役所職員によると
 “考古学会のスパースター 神の手を持つ男”
 “民間の考古学マニアという立場にありながら
 過去に102回発掘作業に参加し
 何と… 93回も石器を発見するという神業を見せた
 まさに考古学の神なのだ―――――ッ!!”
美馬坂は発見された土器を見て“本物中の本物やああああ―――――ッ!!”
と折り紙をつけます。若手社員は“げえええ――――ッ!!”

2月4日(金)発売号で決着が付くと思いますが、どの方向にまとめるのでしょうか

0199 RE:ナニワに神の手を持つ男出現 早傘 〔2022/08/27-13:28〕〔221.170.69.149〕
        親_0198 根_0198 引用して返信 引用無し返信 
198の続きの記事(本来の199)は、2月15日に投稿したが、
その後、SPAM投稿を削除する際に、誤って一緒に削除したことに最近気付いた。
バックアップを取り忘れていたので復元はできない。
198で紹介した以後、2号分のあらすじは、

業者は開発をあきらめ、捨て値で土地を売ろうとする
老爺は土地を取り戻し、亡妻との思い出に生きていく
土器の出土はもちろん捏造
美馬坂は萬田に借金をしたことがあり、萬田は美馬坂の正体を知っていた

と、予想されるとおりでした。

0197 好古を学ぶ & 聖地巡礼2020(1) 早傘 〔2020/03/06-04:16〕〔175.179.196.87〕
              根_0197 引用して返信 引用無し返信 
2/12(火) 祝日の翌日。多くの博物館が休館。しかし、前日某資料館のポスターで知った、自分が見るべき企画展は開催日。國學の院の博物の館で開かれている
  企画展「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」
  http://museum.kokugakuin.ac.jp/special_exhibition/detail/2020_antiquarians.html
 移転後の博物館はこれまで見ていなかったから、常設展示も見る。しかし、気持ちが企画展に行っているせいで、沁みてこない。昔の、これでもかと資料を並べた陳列の方が好みかな。
 早々に企画展示室に移動。書籍でのみ知る重要史料がずらりと並ぶ。どれもこれも。
 大満足の半日だったが、一点疑問が残った。『考古説略』を展示では『攷古説略』としている。同書は、表紙も扉も柱も「考古」のはず。展示資料(個人蔵)も開いた状態だが、柱は「考古」。アンケートに質問と連絡先をを記した(いまだにお答えはいただけない)。図録を見て、そうした根拠の一端は窺えた。展示資料の表紙の題箋に「攷古」が使われているのだ。ただし、この表紙は一般に知られる同書の表紙と異なる。斎藤忠の著作で紹介される表紙の内容と、平田2008に図示された明治大学図書館所蔵本の特徴は一致していて、表紙には出土品の形状を模した型押しがあり、中央に「考古説畧」という石匙形の題箋がある(ちなみに、裏表題は“略”、柱は“畧”、首題は“畧”。両者は異体字であるから、通常は通用字体の略とし、字形にこだわる場合は畧とすればよいのだろう)。一方、展示資料の表紙は無地で、左側に普通の短冊形の題箋がある。これは、本来の表紙が汚損などをしたために再装丁した可能性が高い。他に根拠があるのだろうか?
  平田健 2008.3「H.v.シーボルト著『考古説略』と明治期の日本考古学」図書の譜 (12), 139-156
  https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/handle/10291/7286
 3月7日のシンポ「幕末維新期の好古家ネットワーク」はぜひとも参加したかったが、中止になった(2/27決定)。
  http://museum.kokugakuin.ac.jp/event/detail/2020_antiquarians_symposium.html

2/23(祝) 久しぶりに1日休みだ。このご時世、込んでいるところには行きづらい。でも大丈夫、おそらく込んでいない。外環道に乗り、常磐道へ。土浦ICを出て一般道。「大谷」の交差点に、おお、ここが! とときめく。そして陸平貝塚に着く。
 これまでに来た事が無ければおかしい場所であるのだが、記憶に無い風景。初訪問のようだ。
 目的は美浦村文化財センター「陸平貝塚発掘調査140年記念企画展 陸平、明治と平成の調査風景 」
  https://www.vill.miho.lg.jp/page/page007724.html
 展示会場でいきなり出迎えたのが、漆喰に描かれた土器文様。画風は大野雲外。ボランティアの方に聞くとやはりそうで、考古学者がよく泊まった「川岸屋旅館」解体時に保存したものとのこと。ただし、大野の直筆ならば署名があってしかるべき。
 そして東京大学所蔵の大森貝塚出土品や、陸平貝塚出土品など。岩宿で昨秋見たばかりなので、パネルを熱心に見る。埋蔵物の取扱いの一件にも触れている。展示開始は1月25日、図録の発行日は昨年12月27日(なんでそんなに早い?)。これを知らずに先の投稿[195]をしたことは恥ずかしい。
 図録とパンフレットは買えた。しかし、学史関連の資料集は売り切れだった。
 貝塚自体を見学。できるだけいじらず、縄紋時代を彷彿させようとしている。ぐるりと一周。
 駐車場に戻り、近くのコンビニを検索して移動。コンビニの駐車場で先のツリーをA4判二段組みにレイアウト。A3用紙に「製本」モードでプリントアウト。文化財センターに戻り、学芸員K氏に進呈(宣伝活動ともいう)。

3/ 2(月) 午前中だけ休める。このところ避けていた国会図書館だが、この時勢ではいつ休館になるか分からないから、どうしても確かめたい文献を見に行く。電車は緊張感が漂っている。わずか1時間の在館。コピーは3本。
 まず「考古学」の成り立ちについての基礎的文献。
  和田千吉1929「本邦考古学界の回顧 [1] 」ドルメン, 1, 10-11
 戦前の雑誌「ドルメン」は、復刻版ではなく原書をセットで持っている。ところが、下記の記事が載っているはずの第1号を見たら p7-14 が切取られていた。わざわざコピーが必要になった。
 次に、
  川村勝 2006.3「II.陸平貝塚の学史 〜佐々木・飯島調査を中心に〜」『陸平貝塚 : 調査研究報告書 2(学史関連資料調査の成果) (陸平研究所叢書 ; 3)』美浦村教育委員会, 3-10
 1879-80年の発掘調査の経過や、報告書刊行までの経緯について詳細に検討しており、陸平の学史の基礎文献。これを知らずに先の投稿[195]をしたことは恥ずかしい。
 そしてもう1冊は、石川氏が、とある SNS で示唆した書。モースと日本の関わりについて興味深い記述があった。
 昼過ぎに、ロケの立ち会いのため出勤すると、今月いっぱい臨時休館が決定との電話が入る。
 ばったばた。

0189 石川日出志氏の明治考古学史観を排す(1) 早傘 〔2020/02/09-06:47〕〔175.179.195.58〕
              根_0189 引用して返信 引用無し返信 
過激なタイトルだが、一度使ってみたかった。

 1月13日に、明治大学日本古代学研究所主催の「交響する古代X」に参加させていただいた。このところ、明治時代考古学史を学んでいるところであり、ピンポイントなテーマの次の発表を聞かせていただいた。
   石川日出志(明治大学日本古代学研究所)
    「日本における「考古学」の始まり―田中不二麿と三宅米吉―」
   藏田愛子(東京大学総合研究博物館)
    「明治期「日本石器時代」の風景&#8212;遺跡・人物・遺物の描写表現&#8212;」
 このうち、石川氏の発表には珍奇な主張が複数含まれていた。斯界で氏の影響力は大きい。奇説の拡散を防ぐためにここで批判を投じておきたい。
 あらかじめ念押しするが、石川氏の遺物の実査に基づく研究はつねに敬服するところである。ところが今回の発表は、文献を対象としたためか、学風とかけ離れたものなのである。
 発表内容は前半“ "archaeology" を「考古学」と訳した田中不二麿”と後半“形成期日本考古学の相克”に分れる。筆者が珍奇な主張とするものは前半に集中する。

 前半部の発表内容は、次のようであった(要旨集からの引用は≪ ≫で示す。問題点の指摘のための要約であるから、発表内容をバランスよくまとめたものではない)

 a.先般あるSNSで "archaeology" の訳語として「考古学」を用い始めたのは何時、誰かが話題となった。学生に教える立場の考古学者すら知らないと述べていて驚いた、そんなの常識のはずだ。
 b.「考古」という言葉は中国宋代に由来し、江戸時代に≪古物への関心を表わす語として「好古」,稀に「考古」が用いられた≫
 c.≪“archaeology”の訳語としての「考古学」は … 1877年 … 大森貝塚 … 遺物を天覧に供する際 … 「大森村古物発見の概記」の冒頭に … 登場≫
 d.上記は≪田中不二麿が作成した文書≫。不二麿は岩倉使節団に参加し、東京大学の創設や教育博物館の整備に深く関わっている。その知見に基づいて“archaeology”を「考古学」と翻訳した
 e.≪同年[1877],柴田承桂が“archaeology”を「古物学」と訳し,不二麿も天覧用文書で「古物学」の語も用いている。しかし,「古物学」は江戸時代以来の「好古」の意味合いが纏わりついており,新たな欧米由来の学問である“archaeology”の訳語として「考古学」を用いたとみる≫
 f.モースの来日は偶然ではなく、不二麿が前年に訪米した際に動物学の専門家の派遣を要請した可能性がある。そうであれば来日直後のモースが文部省に赴いたのは面接試験である。
 g.モースの採用を起案する文書には前任者のマッカーテが辞職したためとあるが、そのような人物は知らない。皆さんも知らないでしょ(書類上のフィクションと言わんばかりだった)

 内容要約に逐次コメントしていく
a. 不勉強で、要旨を読んだ時点では、自信を持って答えられなかった。しかし、石川氏自身がおかしかったのである。後文に詳しく書く。

b. 前半は 関野雄1968.6「“考古学”と“発掘”」言語生活,(201),56-57 で指摘されたことであり、定説のようだ。後半も、その正否を論ずるほどの知識は無いが、ささやかに調査したところでも好古の方が多用されていたことは確かだ。

c.およびe. この対になる主張が、珍奇な主張その1である。
 発表要旨だけを見た段階では「そうなのか!」と思わされたが、資料原文が投影され、文章を読むうちに不可解の念を懐いた。次のような文章である。

 引用α“考古学ノ世ニ明ラカナラザルヤ久シ。曩[さき]ニ漸ク古物学ノ一派欧米各国ニ起リシヨリ古代ノ工様ヲ今日ニ徴スヘキ者ハ普ク之ヲ採集シテ博物館ニ貯蔵シ … ”

 欧米各国に起こった“古物学”こそが "archaeology" を指すとしか思えない。同年に翻訳書の『古物学』が刊行された事も思い浮かぶ。冒頭の“考古学”は違うニュアンスで用いられている。少し前に読んだばかりの
  白井光太郎1886「祝詞」人類学会報告,(1),3-4
における“日本考古学”の用法がただちに思い浮かんだ。
 引用β“ … 此学[人類学]ノ一小区分ナル日本考古学ノ古ニ盛ニシテ今ニ衰退セルヲ憂フ … ”

 αは、日本の近世古物趣味も含む広い概念として「考古学」を用い、その欧米における一派として「古物学」を取上げている。“世ニ明ラカナラザル”とは、限られた人の趣味の世界にとどまり広く知られていなかったという意味合いで、欧米では変わってきた日本もそうなるべきと後文に続いていくのである。βも“日本考古学”というからには、欧米の近似の学問を含んで考古学とすること、現在は衰退しているという認識で、αとよく似た用例である。石川氏の理解はおかしいのではないかと思った。しかし、質問時間はなかった。

 その夜、ネットで少し調べた。次の記事が見つかった。天覧用文書の「考古学」は "antiquity"、「古物学」は "archaeology" の訳語として考えられたのではないかと推測している。
  金関恕 2009.03「遺物の考古学、遺跡の考古学(最終講義録)」古事:天理大学考古学研究室紀要,(1),54-65  https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/repository/metadata/3152/
(下記の辺見1986から、金関仮説は 金関恕1985.11「世界の考古学と日本の考古学」『岩波講座 日本考古学 1 考古学の方法』, 301-343 に遡る事も知った)

 ネットでは次の文献があることも知った。
  辺見端 1986.06「訳語"考古学"の成立 -明治十年初見説をめぐって-」日本歴史(457),83-92
 翌日、国会図書館へ行った。一読して驚いた。上記の早傘の感想と同趣旨の(もちろん、丁寧に論証されている)ものがすでに30年以上前にメジャーな雑誌に載っていたのである。
 辺見は、佐原真(1977)で、田中の使用は最初の用例としたことを非難の対象とし、“明治十年 … から「考古学」という訳語が存在したと称えられたのである。それは、恰も新資料の発見に伴う、極めて短絡的ともいうべき現代考古学特有の解釈に似通っていた … この説は、その後処々において無批判に引用される … しかし、国文読解に常識的な判断を具えた人であるならば、誰しも原文の通読によってそこに著された「考古学」の内容が現代とは聊か趣を異にしていると考えるに違いない”とし、先述の早坂感想と同様に、田中上表文(と書くと別の意味になってしまう!)における考古学と古物学の使い分け、白井祝詞における類似の使い分け(祝詞には“余ハ … 古物学者ニモアラズ”という字句がある)を指摘する。そして人類学会報告での用例を追い、初期は archaeology に相当する語として「古物学」と「考古学」が併用されたが、明治23年(1890)8月を最後に、「古物学」は用いられなくなったとした。
 辺見は次に、「考古」の語義を確かめた。『国書総目録』から書名に「考古」を冠する11点を見出し、古くは『考古図巻』(新井白石 1692)に遡ること、「考証」に分類されるものが主であることを確認した(個々は実見していない)。明治初期の用例に進み、明治4年4月の古器旧物保護申立および翌月の太政官布告「古器旧物保全方」において“古を考え究める意”で「考古」が用いられていると指摘した。そしてそのような用例は根強く残っていくことも示した。
 “従って、アーケオロジーの訳語としての「考古学」の初見を明治十年とみる説は、「大森村古物発見ノ概記」を根拠とする以上、現在のところ成立し得ない”とまとめた。

 批判対象の佐原真はこれにどう応じたか
 “この上申書のなかに「考古学」の名がはじめてあらわれる。この事実を指摘したところ、まっこうから反論した人がいる(辺見 一九八六)。しかし、考古学の名がここに初出の事実は動かない”(ちなみに、本文中では直接言及していないが、参考文献一覧で 金関1985 の該当ページが指示されている)
  佐原真1988.07「日本近代考古学の始まるころ<モース、シーボルト、佐々木忠二郎 資料に寄せて>」『共同研究モースと日本』, 247-293

 つっけんどんである。あらためて、辺見が批判した文献を見てみよう。
  佐原真1977.12「大森貝塚百年」考古学研究24(3・4), 19-48
 “注意すべきことの第一は、田中がここで「考古学」の語を使っている事実である。従来「考古学」の使用は … 『考古説略』(一八七九年)が最初とされてきた … 田中の使用は、それに先駆けるものであって、現状では最初の用例である”
 と、最古の用例であるとしか書いていない。辺見の批判はやや勇み足であったといえよう。しかし、「考古学」の語義の変遷を明らかにした意義は減ずることがない。石川2020への批判としてそのまま通ずる内容なのである。
 先の石川の主張 e は、「考古学」の語が定着した現在の感覚からの印象論に過ぎない。当時は「考古」が古くさい言葉で「古物学」が新鮮だったのである。
 そもそも「古物学」の語は、文部省が刊行した『百科全書 古物学』に始まる。これこそ "archaeology" の訳語として作られた語であることは繰返し指摘されている。書籍本体には明治十年(1877)印行とのみあるが、『文部省年報 第四』(ネットで見られます)により、6月までに刊行されたとわかる。翻訳者の柴田承桂は東京大学医学部教授であり、しかも不二麿と同じ尾張藩出身であった(角田文衛 1961.11 「柴田承桂博士と古物学」古代学10(1), 38-44)。これらの事情を踏まえれば、文部省は「概記」に "archaeology" の訳語として「古物学」を使うのが当然である。

<続く>

0190 石川日出志氏の明治考古学史観を排す(2) 早傘 〔2020/02/10-06:02〕〔175.179.195.78〕
        親_0189 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
 ここで石川発表の要点 d とした、「概記」の執筆者について少し考えてみる。
 佐原1977は田中が執筆者として扱っている。
 辺見1986も田中が著したとする(p89)。
 佐原1988では、“あるいは、文部少輔神田孝平の筆になるものか、と私は想像していた。しかし、神田孝平をくわしく研究している角田芳昭氏によると、これは神田の筆ではない、とのことである”(p261)
 徳田2003は“この時期田中は外遊に出ており … 実質的な責任者は神田である”とする(p19)。

 徳田2003を読んだ時は、それなら決定的かと思った。しかし、文部省の公文録を見ると(ネットで見られます)、12月14日付上申書本文が不二麿代理神田となっている理由は、12月8日から不二麿が忌引き中だったからだとわかる。外遊からはとうに帰っている。
 筆跡はどうか。上申書本文と「概記」は、たしかに筆跡が異なる。しかし、前者が孝平で後者が不二麿の筆とするのは早計である。上述の忌引きの上申書と天覧の上申書は同じ筆跡で,一方神田名義の他の文書では別の筆跡だったりする。また、「概記」と出土品目録(松浦佐用彦・佐々木忠次郎名義)は同じ筆跡である。組織が作成した文書は、名義人の筆跡とは限らないという当たり前の事柄である。
 筆跡はさておき、撰文は誰か? 天皇に読ませる目的の「概記」は省のトップの名義となるのが必然で、撰文者の根拠にならない。不二麿とも孝平とも、大学側の誰か(矢田部良吉も有力候補と考える)とも決する根拠はないのではないか。
 なお、考古学者として名を残した孝平が、明治10年時点でどの程度古物研究を深めていたか、詳しく知らないが、明治4年の「物産会」の「古物之部」に孝平が「勾玉管石石剣石&#30766;等之図」〔&#30766;=やじり〕を出品していることが指摘されている(鈴木2003, p144)。

 「概記」に関してなお触れておくべきは、考古学史の学史である。この史料の“発見”は椎名仙卓1977.02, 同12)によると思われているかもしれない。しかし、清野1944の大森貝塚についての章で、明治10年12月16日の朝野新聞に上申書の写しが載っているとして「概記」が転載されている(p258)。一部省略されてはいるが、冒頭の“考古学”は削られていないのである。清野がどのようにしてその記事の存在を知ったかは明らかでないが、学史研究のため物故者の資料も多く入手していたことから、その中に含まれていたのかと思う。清野1944は、考古学史研究の基本的文献である。佐原がそのことにふれなかったのは、迂闊であったのか、あるいは京大考古学関係者として清野に触れることを避けたのか、わからない。

徳田誠志2009.03「児島惟謙と大森貝塚 : 没後一〇〇年に寄せて」関西大学年史紀要(18), 11-33
https://kansai-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1239&item_no=1&page_id=13&block_id=21
鈴木広之2003.10『好古家たちの19世紀』吉川弘文館
椎名仙卓1977.02「モースと教育博物館」博物館研究12(2), 2-5
椎名仙卓1977.12「E.S.モースと博物館」考古学研究24(3・4), 70-76
清野謙次1944.02『日本人種論変遷史』小山書店

<続く>

0191 石川日出志氏の明治考古学史観を排す(3) 早傘 〔2020/02/11-06:03〕〔124.24.242.165〕
        親_0190 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
石川氏の論旨はあと2つ
 f. モースの来日は不二麿の派遣要請に基づく可能性があり、来日直後に文部省に赴いたのは面接試験かもしれない
 g. モースの前任者のマッカーテなどという人物は知らない

 g は f と密接な関わりがある。モースに前任者がいるならば、専門家の派遣を求める必要はないから g という主張をしたのだろう。しかし、発表を聞いたその夜、マッカーテ何者ぞとネットで検索すればあっけなく情報が得られた。そもそも『日本その日その日』の日本語版序文(石川千代松著)にすら「マカーテー」が登場する。
 “先生が来朝せられて進化論を我々に教えられた直ぐ前にマカーテーと云う教師が私共に人身生理学の講義をして居られたが、其講義の終りに我々に向い、此頃英国にダーウィンと云う人があって、人間はサルから来たものだと云う様な説を唱えて居るが、実に馬鹿気た説だから、今後お前達はそんな本を見ても読むな又そんな説を聴いても信ずるなと云われた。”(テキストは青空文庫による)
 そして、次の論文にくわしい情報があった。
  幸田正孝 1981.10「進化論の日本への伝来 -モース以前の人々を中心として- 」津山工業高等専門学校紀要(19), 61-67
  https://tsuyama-nit.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1470&item_no=1&page_id=13&block_id=21

“ペンシルバニア大学で医学を修めたマッカーティ(D.B.Mc Cartee 麦嘉締 1820-1900)は … 宣教医 … 1872年(明治5) … の9月から第一大学区第一番中学 … の英語教師に聘用 … 東京開成学校となってからは,博物学と医律(生理学・解剖学),のちにはラテン語などを担当し,1877年(明治10)4月願いによって解雇となっている”

 石川氏の g は、モースについて少し調べれば分かることを、調べなかったということ。そして f はそもそも、派遣要請したのであれば、日本まで呼びつけて面接などという居丈高なこと(今の大学はそんなことをするのか?)を当時できるはずはないし、モース当人を含め、数十年のちまで伏せるような秘密とは思えない。
 石川は、田中が「考古学」の命名者であるという思い込みから、その学史的位置付けを評価しようとするあまり、一種の陰謀説というべきものを主張したのである。
 『金印偽造事件』のまぼろしと同類である。

<続く>

0192 「考古学」の成り立ち(1) 早傘 〔2020/02/12-07:10〕〔124.24.243.145〕
        親_0191 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
 非難に終始しては生産性が低い。自分なりに、此学を指す用語の成立を整理しておこう。
 ある学術分野を指す欧米語をどう和訳するか、他分野について碌な知識も無いまま論じることは恥ずかしいが、こういうときこそ、ネットの恥は書き捨てという言葉を無理やり思い出す。

 諸氏が論じられるとおり、「考古」の語義の変遷に関しては、明治4年(1871)の古器旧物保全方が重要である。
  明治4年5月23日太政官布告「古器旧物ヲ保全セシム(通称:古器旧物保全方)」
  https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%99%A8%E8%88%8A%E7%89%A9%E3%83%B2%E4%BF%9D%E5%85%A8%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%83%A0

 この布告を導いた、同年4月25日付「大学」(文部省と東京大学の前身)からの上申書は、“集古館”を建設して“考古ノ徴拠トモ可相成物”を保存すべきであり、“西洋各国ニ於テ集古館ノ設有之候ハ古今時勢ノ沿革ハ勿論往昔ノ制度文物ヲ考証仕候要務ニ有之”という旨が書かれている。
 「考古」の具体的意味は“古今時勢ノ沿革ハ勿論往昔ノ制度文物ヲ考証”であり、西洋で実践されているのである。
 太政官布告の前文は“古器旧物ノ類ハ古今時勢ノ変遷制度風俗ノ沿革ヲ考証シ候為其裨益不少候”としている。上申書とほぼ同内容である。古器旧物を保存する目的は「考古」の役に立つからである。具体的に保存すべき品々の中に、
  古書籍並古經文ノ部“戯作ノ類卜雖トモ中古以前ノモノニテ考古二属スル者等”
とある。「考古」の語はこの部にのみ用いられ、他の部で類似の表現は、
  古瓦ノ部“名物ナラスト雖古キ品”
  鐘鈷碑銘墨本ノ部“名物ニアラスト雖トモ古キ品”
とある。戯作でも考古に役立てば価値があると示した文言であり、「嘱する」の意味かもしれないが、あたかも物の分類に「考古」があり、それに属するという文章になっている。
 この布告により「考古」という言葉と古器物の結びつきが強まった。鈴木2003で詳しく論じられているとおり、上申・布告の背景には古器物の収集家の動きがあった。彼等は自分たちの全国的な同好組織を「古物会」と称していた。また、彼等が主導した明治4年の「物産会」では、「鉱物門」「植物門」「動物門」の主要3分野に含まれない出品分類の一つとして「古物之部」が設けられたという。

 鈴木広之2003.10『好古家たちの19世紀』吉川弘文館

 『百科全書 古物学』の成り立ちについては、渡辺1977が考古学界における基本文献である。英文原著も掲載されていて、検討材料を提供してくれている。
 吾思うに、訳語「古物学」は、博物学(Natural history)の一部として、動物学 zoology、植物学 botany、鉱物学 mineralogy に並ぶ名称として選ばれたと考えてよいと思う。原著では、archaeology が帰納的科学 inductive scienceであり、地質学 geology と密接な関係を持つことが強調されている。訳にあたった柴田承桂は、物産会の分類や古物会の存在を知っていて、語の選択に利用した可能性は高いが、物証に基づくという面も強調したのではなかろうか。
 『古物学』における archaeology の訳語については、もう1点触れておきたい。訳書では、○○ノ古事物 という見出しが6ヶ所ある。このうち、埃及(エジプト)、亜斯利亜(アッシリア)、印度、亜米利加を戴く4件は antiquity の訳であり、発見されている事物の紹介が中心である。一方、英国 British と羅馬時代 Roman を戴く2件の原語は archaeology である。内容も、その対象への研究の特徴を述べている。そのような使い分けを柴田は訳し分けなかった。
 英語に詳しい方が柴田の翻訳の精度をどう評価するかはわからないが、relic を“遺跡遺物”としたのは絶妙だと思う。

 渡辺兼庸1977.09「『古物学』の底本」考古学雑誌63(2), 1-21

 ところで、『百科全書 古物学』について、今では、ネットですぐに下記文献を見つけることができる。
 菊池 重郎 1959 「文部省における「百科全書」刊行の経緯について : 文部省刊行の百科全書「建築学」に関する研究・その1」日本建築学会論文報告集61(0), 112-119
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijsaxx/61/0/61_KJ00004442835/_article/-char/ja/

<続く>

0193 「考古学」の成り立ち(2) 早傘 〔2020/02/14-05:04〕〔124.24.242.63〕
        親_0192 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
 明治初期における archaeology 相当用語については、大津忠彦の研究もある
 『百科全書』の「古物学」を丸善版の刊年によって1884の訳とするなど、基本的な誤りはあるが、重要な視点も提供している。

 大津忠彦2012.01「外来語“アルケオロジー”再考:用語“考古学”発現初期の様相」筑紫女学園大学・筑紫女学園大学短期大学部紀要(7), 89-101
https://chikushi-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=50&item_no=1&page_id=13&block_id=21

 大津は、近藤・佐原訳の現代語『大森貝塚』で「考古学」が使われる場所を、原報告の英文・和文で対照した。その結果を
 “現代文において「考古」・「考古学」と表されるべき事項については大概「古物」・「古物学」という言いまわしになっていた”
とまとめた。"archaeology" の訳語はそういえる。しかし、大津の引用を参考にすると別のことにも気付く。"archaeologist" に当るような表現がどう和訳されたかを見ると
 "gentleman interested in Archaeology … in Japan" →“日本ニハ … 好古家”
 "native archaeologists"→“古学家”
 "an accomplished English archaeologist, Mr.Borlase"→“英国ノボルレース氏ハ古物学ニ邃キ名士”
と、日本人と英国人で表現が使い分けられている。発掘調査を基本的な方法に含む欧米と、収集物に依存する日本の違いを、訳者の矢田部は意識していた。

 H.シーボルト著、吉田正春序(訳者は明記されていないが、正春だろうとする定説に異論は無い)の『考古説略』は、現在と同じような意味で“考古学”を用いた始まりとされている。この語を採用した意図は、正春が書いた序文に糸口がある。

“考古学ハ欧洲学課ノ一部ニシテ、其課ヲ尚ホ二ツニ区別シ、其一部ヲ事物考古学、又其一部ヲ風俗考古学ト称ス。考古ノ志アル人ノ居室ニ入レバ、瓦片石塊 … 筵ニ充チタルアリ… … …シイホルト君、斯ニ事物ノ源ニ就テ、其嗜古ノ癖ヲ播伸セントシテ、乃チ考古学ノ一部ヲ繙著セリ”(句読点を補った)

 「考古学」には「事物考古学」すなわち今言うところの考古学と、「風俗考古学」すなわちフォークロアのようなもの(註)を含む。そしてシーボルトが執筆したのは「事物ノ源 … 乃チ考古学ノ一部」である事物考古学ということになる。これは、archaeology の語義が遺跡遺物による過去研究に狭まる前の広い意味を前提とした文章である。正春が如何なる書籍や辞書を参考としたかは知らないが、当時であれば、広義の説明も今より目に入りやすかったろう(金関恕1985によると C.T.Newton1850 は“古典古代の物的資料とあわせて、口碑や史料をも研究するのがアーケオロジーであると定義”したという )。とすれば、archaeology に「古物学」を宛てることはできない。適切な語を探すと、より広い意味の「考古」があり、archaeology の語源とも対応する。
 正春が文部省の用例を知っていたかは定かでない。またなぜ書名が「考古」で「考古学」でないかも妙案はないが、大きな問題ではなかろう。
 正春と考古学の関わりも見ておきたい。序文に正春とシーボルトの交際は“丱角ノ頃ヨリ”とある。丱角とは、あげまきのこと。子供の髪型をさす。子供の頃からという意味になるが、wikipedia によると、吉田東洋の子である正春はシーボルトと同じ1852年生れ。1871年に上京して英語を学び外務省に勤めたという。これを信じれば、交際は数えで20歳のころからとなる。“被襟ノ交アリテ其嗜古ノ癖モ復タ相久シカリキ”とある。シーボルトは1869年に来日しほどなく古物収集を始めたことが知られている。“相久シ”とあるからには、正春も(程度はともかく)古きを考える趣味があったのである。とすれば、太政官布告にも気を留めたであろう。「考古」という言葉は自らの中に入っていたと推測できる。この書によって、さらに、「考古」が遺跡遺物による研究を連想させるようになった。
 なお、シーボルトは日本語の会話は得意だが書くことは苦手だったといわれる。説略も原文は欧文の筈である。英語かドイツ語かはわからないが、同年に刊行の "Notes of Japanese archaeology" は“日本考古学説略”と訳することが可能である。また、Notes では本文に "archaeologist" が頻出するのに対し説略では“考古学者”が頻出する。これらから、「考古学」は archaeology またはそれに相当するドイツ語からの訳語としてよいだろう。

註)平田2008は、「風俗考古学」を現在の民族考古学に相当するとし、シーボルトの本文にその方法も含まれていると解釈している。現在の考古学の枠組みを前提とした誤りだろう。“考古学ノ一部ヲ繙著”の語句が重要。

 金関恕1985.11「世界の考古学と日本の考古学」『岩波講座 日本考古学 1 考古学の方法』, 301-343
 C.T.Newton1850 On the Study of Archaeology
 H.シーボルト・著;吉田正春・序 1879.06『考古説略』
 平田健 2008.3「H.v.シーボルト著『考古説略』と明治期の日本考古学」図書の譜 (12), 139-156

<続く>

0194 「考古学」の成り立ち(3) 早傘 〔2020/02/17-07:11〕〔124.24.242.34〕
        親_0193 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
 「考古学」の初期の用例として次に挙げられるのは、なぜか用語の問題では注目が少ない(鈴木2003では“古物家”への視線の変化という視点でとりあげられている)次の記事だ。

“理学日ニ盛ニシテ … 学者愈々 … 暗ヨリ明カナルニ進ムノ秋ニ際シ、独リ考古学ノ如キハ、近世ニ至ルマデ、数人ヲ除クノ外殆ント其道ヲ絶チテ、復タ講究スル者ナク、而シテ、其古来古物家ト称スル者ノ如キハ、僅ニ古器物等ヲ蓄蔵シテ玩具トスルニ過キサル而己。固ヨリ其鴻益アルヲ知ラサリシナリ。夫レ考古学ノ要タル、其地形ヲ察シ其水涯ノ距離ヲ視、介墟或ハ洞穴ヲ発見シテ、ソノ中ニ埋没セル土器石器骨類介類等ヲ採集シ、其工拙文質形状種類ヲ丁寧ニ鑿査シ、以テ、此墟洞ヲ創始セル者ハ、如何ナル人種ニシテ、今ヲ距ル幾千年ノ古ヘニ生活シ、如何ナル事業ヲナシ、近世人種ト如何ノ差異ヲ有セシヤヲ、盡ク識得スルニアリ … モールス … 始メテ大森介墟ヲ発見シ … 検定シテ … 以来考古ノ学漸ク世ニ顕ハレテ、世人ノ之ニ従事スル者、日ニ多キヲ加フルニ至レリ”(句読点を補った)

 佐々木・飯島1880、すなわち陸平介墟概報の序文である。「概記」(佐々木・飯島は当然目にしていただろう)と共通する学史の認識である。しかし、「古物学」の語は用いず、「考古学」の要とは、モースが導入した遺跡調査を伴う方法だという。
 「古物家」が“鴻益アルヲ知ラサリシナリ”とは随分な言い分で、太政官布告の“裨益不少候”との対称性が著しい。佐々木たちが、“鴻益”を発露するには発掘調査が不可欠であると学んだがゆえであるが、血気盛んな若者(大学4年と3年)の言というべきだろう。
 なぜ、「古物学」でないのか。彼等が専攻する生物学・動物学の場合、まさに生物・動物について理解することが目的であるのに対し、archaeology は古物そのものの理解ではなく、過去人類を理解することが目的と認識していた。すると、概記でも総称とされた「考古学」を名称として採用し、その中核は欧米流の方法による先史人類の解明だという考え方かと推察する。
 しかし、気になるのは「大森介墟古物編」(1879.12)との関係である。陸平概報の掲載誌は、1880年2月の刊行だが、序文には「十二年十月」(1879.10)と執筆時期が記されている。
 陸平貝塚に関しては、ピーボディ博物館に保管されている、佐々木からモース宛の手紙を、佐原真1988.07, 同10 が和訳して紹介しており、参考になる。また、大森報告書が配付され始めた時期は磯野1992で考察されている。それを踏まえて整理すると、1879年〜80年初めの動きは次のようになる。

1879(M12)
6月   『考古説略』発兌日付
7月19日 Shell Mounds of OMORI 序文日付
9月 3日 モース離日。このころ上記が刊行
10月 6日 佐々木発モース宛 第3便 第2回の陸平行きから帰京後。“私どもが常陸で発見した貝塚は今のところ、陸平と他の二つを含めて一六ヶ所”“本日 … シーボルト氏が博物館に来訪”
10月   陸平概報序文日付“詳ナルハ他日理科会粋第一帙ノ下冊ニ於テ論述スルアラントス”常陸の貝塚は16ヶ所。
12月 1日 佐々木発モース宛 第4便 “数週間前、私は『日本考古学覚書 … 』を読む機会を持ちました”“今までに発見した貝塚は、一八ヵ所。そのひとつは下総国にあります”。常陸の貝塚分布図に17ヶ所。“加藤綜理は … 私どもで一冊紀要を出版するように望んでおられます”
12月   「大森介墟古物編」訳者凡例日付・刊行日付(翌年1月20日頃刊行)
1880(M13)
2月   陸平概報掲載誌印行日付。

 常陸の貝塚について概報では村別の数が記され、第4便には付図として地図上に村名と所在地が示されている。比較した結果、概報は第4便以前に執筆されたままと推定した方がよさそうだ。
 坪井(1886)には、この年11月8日に“佐々木忠次郎君ガ演ベラレタル常陸陸平貝塚ノ演説ヲ傍聴”とある。この演説の草稿と密接に関わる可能性が高い。
 矢田部による翻訳と、佐々木等の執筆は併行して行われ、訳語について話すことはなかったのだろう。それにしても、学芸志林に学生が投稿した原稿を、同学科の教授の矢田部が一切目にしなかったとは、考えにくいが、矢田部の性格は豪放磊落、学生に対して放任主義と伝わっており、用語の違いなど気にしなかったのかもしれない。
 佐々木らが『考古説略』の用法をどう考えたかは定かでないが、「考古学」の用語は文部省が先に用いたことを知っているから、シーボルトの用語として排するなどという考えにはならなかったのだろう。
 佐々木の用例は、文部省の造語と吉田の用法の両者を引き継ぎつつ、より現代に近付いた用法であるといえる。

鈴木広之2003.10『好古家たちの19世紀』吉川弘文館
佐々木忠三郎・飯島魁 1880.02「常州陸平介墟報告」学芸志林(6), 91-110
エドワルド・エス・モルス編著;矢田部良吉訳 1879.12「大森介墟編」理科会粋 1(上)
佐原真1988.07「日本近代考古学の始まるころ〈モース、シーボルト、佐々木忠二郎資料に寄せて〉」『共同研究 モースと日本』守屋毅編 小学館, 247-293
佐原真1988.10「モースから坪井正五郎までの間」『考古学叢考(上)』, 845-873
磯野直秀1992.03「『メモア』と『理科会粋』」東京大学史紀要(10), 1-12
 https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/history/03_01_j.html

  貝塚発見数比較表
概報      第4便 付図
<初回調査>
陸平   3  Okadaira   1
阿見村  2  Amiura    2
島津村  1  Shimadzumura 1
木原村  1  Kihara    1
下総北方村1
<追加調査>
狸坂   1  Tanukizaka  1
貝塚   1  Kaizuka   1
御手洗  1  Mitarasi   1
向ヒ坂  3  Mukaizaka  3
吹上台  1  Fukiagedai  1
岡村   2  Okamura   3
        Kashima   1
        Kimiyama   1
(常陸で16)  (常陸で17)

*概報では陸平の丘の西南隅、北、東南の貝塚をそれぞれカウントしている。第4便ではそれを一つとして、新たに3貝塚が加わった。

<続く>

0195 「考古学」の成り立ち(4) 早傘 〔2020/02/17-07:20〕〔124.24.242.34〕
        親_0194 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
 陸平貝塚の発掘調査で出土した埋蔵物をめぐって、大学と博物局所管官庁の間でやりとりがなされたことが、時枝務 2006で紹介されている。時枝が用いた史料は、東京国立博物館に保存されている「明治十五年埋蔵物録」の第三十一号である。時枝論文に沿って経過を追う。

 調査翌年の1880(M13)
 2月12日、茨城県から内務省に届が出され、
 3月 8日、発見した「埋蔵物」を内務省博物局へ提出するよう、大学へ指導がなされた。しかし、大学からは、提出されなかった。
 博物局の指導は、遺失物取扱規則第六条で定められた埋蔵物の取扱に関して、文化財の保護の観点から出された 1877(M10)9月27日 内務甲第20号布達 に基づく。布達にはこうある。、
“古代ノ沿革ヲ徴スルモ有之候ニ付 … 当省ヘ届出検査ヲ可受 … ”(良好な物品は)“永ク博物館ヘ陳列可致 ”
 すなわち、陸平介墟の出土品を提出すれば博物館の所蔵品とされかねなかった。

 1881(M14)
 4月、博物局は農商務省の所属になった。
 7月、佐々木、飯島は大学を卒業。佐々木は駒場農学校(農商務省付属機関。後に東京大学農学部)所属に。飯島は動物学教室に準助教授として残る。

 1882(M15)
 3月15日、文部省から農商務省に次の照会があった≪時枝2006による。一部読点を補う≫。

“去明治十三年中、当省所轄東京大学ヨリ、考古学研究ノタメ学生ヲ茨城県下常陸国ニ派遣シ、同国信田[太]郡馬見山八幡神社境内并ニ私有地内ニ於テ一介墟ヲ発見候ニ付、該県江照会ノ末、同地ニ就キ古器物堀[ママ]採候処、右物品ハ博物局江差出候様内務省ヨリ該県ヘ指令ノ趣ニ拠リ、悉皆回送スヘキ旨右県令ヨリ照会有之候趣今回同学ヨリ申出候、然ルニ、元来大学ニ於テハ、考古学ヲ講究スルニ当リ、時々教員等ヲ地方ニ派遣シ、介墟或ハ洞穴ヲ検出発見シ、其中ニ埋没スル所ノ土器石器骨類等ヲ採集貯蔵シテ、其種質ヲ監査シ、以テ古代ノ人種品物ト年代トヲ徴明シ、其異同ヲ識別セシムル等、学術上緊要欠クベカラザル挙ニシテ、尋常一私人ノ埋蔵物ヲ堀採候モノト相異リ候儀ニ有之、且当時既ニ該県ヘ照会ヲ遂ケ、私有地ノ分ハ発堀[ママ]料トシテ相当ノ金額ヲ給付シ、畢竟学術上必需ノ用品ヲ収得セシニ外ナラザル儀ニ有之、旁以明治九年太政官第五十六号布告及ヒ明治十年内務省甲第二十号布達ニ拠リ、一轍ニ御処分相成候様ニテハ、甚タ学術上ニ差支候故、該物品ハ悉皆其侭大学ニ保蔵致度、仍テ貴省ニ於テ事実御斟酌ノ上、尚該県ヘ可然御達相成度、此段及御照会候也
    明治十五年三月十五日
                文部卿 福岡孝弟
   農商務卿 西郷従道 殿”

 文部省発といっても、実質的には大学側(動物学教室)が書いた文章だろう。「考古学ヲ講究」から始まる部分は、陸平概報序文を下敷きにしている。
 佐原1988.10によると、『東京大学法理文三学部第八年報』では、佐々木等の派遣を“太古ノ陶器発掘ノ為メ”と書いているという。それでは古物漁りと誤解されかねないため“考古学研究”のための派遣とした。
 5月13日、農商務省は
“従来諸府県下埋蔵物発見ノ際ハ、該品当省ニ於テ一応検査致シ、考証ニ可備部分ハ購求可致仕来ニ付、該品ハ一応当省ヘ御廻シニ相成度、検査ノ上御省ヘ御協議ニ可及ト存候”
と回答したという。法に沿った手続きを求めた。
 7月13日、文部省は農務省に、「学生授業上、実ニ難手放物品」で「其侭大学ニ貯蔵候共、到底官ニ保存致候義ニ外ナラス」ゆえ「何分ニモ御回付致兼候」と回答し、提出を拒んだという。
 この件について、国立公文書館アーカイブで公文録を見ると、同日、文部卿から太政大臣に次の伺いが出されていた。これまで紹介されていない文書かもしれないので、全文を示す。

“  東京大学考古学研究上掘採ノ古物貯蔵之儀ニ付伺
東京大学ニ於テ、考古学研究ノ為メ教員及学生等ヲ各地方ヘ派遣ノ上、介墟或ハ洞穴ヲ検出シ、其中ニ埋没有之為、土器石器骨類等ヲ採集貯蔵シテ、其種質ヲ&#37747;別シ、以テ古代ノ人種品物ト年代トヲ徴明シ、古今ノ異同ヲ識別スル等ハ、実ニ学術上緊要欠クベカラザル挙ニシテ、既ニ一二ノ地方ニ於テ、古物掘採致為儀モ有之。然ル処、去明治九年太政官第五十六号布告遺失物取扱規則第六条ニ、官私ノ地内ニ於テ埋蔵ノ物ヲ掘得タル物ハ之ヲ官ニ送ルヘシ云々ト有之、又明治十年内務省甲之第二十号ヲ以テ、物品中、古代ノ沿革ヲ徴スヘキ者ハ、永ク博物館ヘ陳列可致旨布達ノ次第モ有之為存共、右布告及布達ノ精神ハ、蓋シ一私人ノ偶然埋蔵物ヲ掘出為ス場合ニ於ケル、取扱イ手続ニ外ナラス。而シテ、東京大学ノ挙ノ如キハ、専ラ学術実験ヲ主ト致シ、即チ其教員等ニ於テ、将ニ其ノ介墟ヲ捜索ノ上発掘為儀ニテ、既ニ検出為上ニテハ、其所在地ノ官有民有ニ拘ハラス、予シメ其地方庁ヘ協議ヲ遂ケ、且私有地ノ分ハ、前以テ其ノ所有主ヘ示談ノ上、相当ノ発掘料等ヲ給与亟為上着手為儀ニシテ、要スルニ、之ヲ検出シ之ヲ掘採シ之ヲ貯蔵シ之ヲ&#37747;識スル等ノ数事ハ、一モ考古学研究上ニ関係セサルナキ要件ニシテ、該物品ハ授業上実ニ難手放物モノニ有之候間、前陳一私人ノ偶然掘採為者ニ対スル取扱規則、即チ該布告布達ノ手続キヲ以テ取扱フベキ筋ニ、為ス無之儀ト存候。仍テ、該物品ハ直ニ之ヲ大学ニ貯蔵之上、将来考古学上ニ於テ、掘採為物品取扱之儀ハ、渾テ前陳同様ノ手続ヲ以テシ、其物品ハ他ノ学術標品等ト均シク、永ク研究ノ資料ニ供シ候共、到底官ニ保存スル儀ニ外ナラス候得ハ、該布告并布達ノ主旨ニ対シ候テモ、聊差支候儀ハ有之間敷存候得共、為念一応、相伺候条至急裁可ヲ仰キ候也

 明治十五年七月十三日
      文部卿福岡孝弟

  太政大臣 三条実美殿” ["&#37747;" は "監" の皿を金に置換]

 陸平に限らず今後も含めて「考古学研究」により得た出土品は大学に帰属すべきと訴えた。

 10月2日に、太政官第五十八号布達が出され、大学が学術調査により得た埋蔵物は大学に帰属することが確定した。
“文部省所轄東京大学ニ於テ考古学研究ノ為メ教員学生等ヲ各地方ヘ派遣シ介墟洞穴ヲ検出シ地方庁又ハ所有主ヘ協議ノ上埋没ノ古物ヲ採集スルトキハ直ニ同学ニ貯蔵為致候条為心得此旨相達候事
 明治十五年十月二日   太政大臣三条実美”

 この布達は当然全国に示された。「考古学研究」の語が普及する大きな契機となった。
 明治4年に、古物保護の目的としてクローズアップされた「考古」の語から、10年に「考古学」の語が生まれ、12年に archaeology の訳語として用いられ、その用法が東京大学にも採用され、その3年後、まさに古物保護の為の手続きをめぐって、「考古学研究」が公的な用語となったのである。

 布達に先立って、
 8月3日に農商務省博物局は文部省に「発掘現場図並該品図面及目録等」の提出を求め、
 12月25日に「茨城県下常陸信太郡陸平官有地ノ図」と土器・石器のスケッチを受け取ったとある。

 報告書である "Okadaira shell mounds at Hitachi" の発行時期は、表紙に 1883 、中扉や序文に 1882 とのみある。磯野1992は、『文部省出版書目』の記載により1883年5月が発行年月とした。序文の年紀は執筆時期を示すのであろう。
 調査直後(あるいは調査中)に、大学綜理から紀要としての出版を勧められていたのに、なぜ3年もかかったか。もちろん、多忙が第一の理由だろう。また、モースの後任のホイットマンは室内の研究を重視し、また動物学以外の勉強は、試験のためでさえ嫌な顔をしたという。これでは整理は進まない。さらに、次のような事情もある。
 1881年(M14)年夏、ホイットマンは、飯島と岩川友太郎の卒業研究を、紀要として発刊しようとしたが大学当局に断られた。断られた理由は、紀要は教官の研究発表に限るからという。憤慨したホイットマンは任期を更新せず帰国した。なお、2人の研究はイギリスの雑誌に投稿され掲載された。ホイットマンの後任は、その年末に留学から帰った箕作佳吉になった。
 1882(M15)年6月から、教官による紀要の附録という型式で日本人学生の研究が刊行されるようになる。これで、陸平報告を紀要として出版する条件は整った。しかし、佐々木は東京大学を離れていた。
 その年、陸平出土品の法的扱いが問題となり、図面と目録の提出が求められた。考古学研究のための調査であったと明らかにするためにも、報告の製作が進められることとなったのだろう。

時枝務 2006.11「近代の文化財保護と考古学」明治聖徳,(復刊43), 131-147 (ネットで公開)
佐原真 1988.10「モースから坪井正五郎までの間」『考古学叢考(上)』, 845-873
磯野直秀 1992.03「『メモア』と『理科会粋』」東京大学史紀要(10), 1-12
磯野直秀 1997「揺藍期の動物学教室」『学問のアルケオロジー』http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DPastExh/Publish_db/1997Archaeology/03/30300.html

<続く>

0196 「考古学」の成り立ち(5) 早傘 〔2020/02/19-07:06〕〔124.24.242.73〕
        親_0195 根_0189 引用して返信 引用無し返信 
 1881年(M14)、佐々木と飯島の卒業と入れ替わるように、坪井正五郎と白井光太郎が東京大学理学部生物学科に入学した。動物学専修の坪井は、陸平貝塚の報告書作成時に学生だったことになるが、それに協力したという話は無い。むしろ、大学1・2年の頃は古物趣味に熱中しすぎて、本来の学業をおろそかにし、留年してしまったという逸話が有名だ。動物学教室に入り浸るどころで無かったのだろう。さらに、報告作成が佐々木中心だった場合は、接点がなかったとしておかしくない(坪井1905では1883年末に初対面としている)。
 では、趣味の方はどうだったのか。1876年(M19)人類学会報告創刊号の「本会略史」と、1904年(M37)の人類学会20周年紀念演説で、坪井自らが、会発足以前の動きを紹介している。これらから「古物」「考古」の用例を拾うと、興味深い変化が見られる。なお、「小梧雑誌」は坪井が大学予備門時代に作り始めた回覧雑誌。予備門の出来事を書き留めることから始まり、次第に論説を発表する場になったという。また、「夜話会」も予備門時代の坪井が井上円了等と、知識交換や演説練習、懇親のために始めた、分野を特定しない会合だったが、明治16年以降特定の話題に集中したという。

1881(M14)
9月 坪井、白井が東京大学理学部生物学科に入学
1882(M15)
6月 小梧雑誌第50号に「古物の説第一回(坪井正五郎)」
9月 小梧雑誌第51号に「古物の説第二回(坪井正五郎)」
10月 小梧雑誌第52号に「日本古物雑記(シーボルト原著)」 *archaeology を古物と訳す
   太政官布達第58号。坪井は“古跡探求ノ念ガ一層強クナリマシタ併シ東京近傍 … 他ニハ … 有ルマイト憶測”
11月 小梧雑誌第54号に「古物遺跡に関する太政官布達を読む(福家梅太郎)」「札幌近傍古物遺跡(渡瀬庄三郎)」
   18日、再来日したモースの演説をきっかけに(*1)、のちの人類学会設立発起人たちが遺跡の協働探索を始める
1883(M16)
3月 夜話会第59会の演題に「考古雑話(坪井正五郎)」
4月 夜話会第60会の演題に「考古説(坪井正五郎)」
同 夜話会第61会の演題に「古器物を駒場に於て発見す(坪井正五郎)」
9月 夜話会第64会の演題に「考古談(坪井正五郎)」「考古談(白井光太郎)」
11月 夜話会第65会の演題に「考古談(坪井正五郎)」「考古談(白井光太郎)」
12月 夜話会第66会の演題に「考古談(坪井正五郎)」「考古談(白井光太郎)」
1884(M17)
1月 夜話会第67会の演題に「考古談(坪井正五郎)」
7月 生物学第三年学生坪井・白井が、北陸地方の動物採集に派遣される。ついでに遺跡調査。人類学会設立の直接のきっかけとなった。
10月 “じんるいがくのとも”第1回集会
1886(M19) 人類学会報告創刊

 以上を見ると、小梧雑誌と夜話会とにメディアは分れるものの、太政官布達58号以前およびその直後までは「古物」の語を用いているのに、1883以後は、「考古」を用いていることが分かる。坪井達は(おそらく百科全書に基づいて)自分たちの活動を古物学と思っていたが、布達を読んで、「考古学」と呼ぶ方ががよいと考えたのだろう(*2)。

 そののち、自分たちの活動を「人類学」と呼ぶようになる。坪井自身の説明もあるが、私見では、生物学科学生として、その活動を大学当局に説明しやすくするという意図があったように思う。
 その後坪井は「人類学研究」の名目で大学院に進み、留学後「人類学教室」を開く。動物学が分析科学の方向に進む中で、動物学教室が遺跡調査を続けることは難しい。名称の発案者は坪井かもしれないが、モースが開いた研究分野を生物学科内に残すために、適当な名称だと、箕作や飯島も喜んだのではないか(動物学そのものには熱心でなかった坪井だが、動物学教室でその才能が重宝されていた様子は、坪井1905でうかがうことができる)。

*1 坪井1886では“モールス君ノ石器ノ話ヲ聞キ … [福家梅太郎が]私ニ古物発見ノ事ヲ語リ又モールス君ニモ告ゲマシタ”とある。一方、坪井1904では“演題はトンボの止り方に付てと云う様な事”で人類学と関係なかったが、知の共有の大切さを説かれたことがきっかけになったとし、モールスと会話したことも書かれていない。磯野1987『モースその日その日』p282によると演題は「鏃石について」であり、坪井1886に合致する。
*2 1884.11.4の夜話会で坪井は、人類学と他の学問の関係を表わした図を示した。その中では「古物学」が使われている(つぼゐ1884)。古物学と「博言学」(言語学)の間の学問名がよく見えない。位置付けとしては歴史学が適当だが、考古学の可能性も有る。

つぼゐしゃうごらう1884.11「ざつわ」じんるいがくくゎいよりあひのかきとめ(4), 13
坪井正五郎1886.02「本会略史」人類学会報告(1), 1-3
坪井正五郎1904.10「東京人類学会満二十年紀念演説」東京人類学会雑誌(223), 1-12
坪井正五郎1905.06「動物学雑誌発刊事情」動物学雑誌(200), 75-79

(おわり)

付記
 さて、この5回のうち、書き始めた時点で予定していた内容は、(1)と(2)のみだった。『好古家たちの19世紀』の読み直しで、陸平概報における用例の重要性に気付き、(3),(4)に脹らんだ。
 坪井が "Notes of Japanese archaeology" を「日本古物雑記」と訳したことと、布告を意識していたことは知っていたから、最後にそれを紹介しようと思っていた。しかし、時系列で整理したら、布告が坪井等の用語に大きな影響を与えたことに気付き(5)となった。
 石川批判を書き始めた時点では「概記」は「役所の内部文書に過ぎず、後の用例からは孤立しているのではないか」と内心思っていた(幸い、書かなかった)が、大間違いで、バトンリレーのごとくにして坪井達に届き、現在の用法につながっていたことを知った。しかも、その過程で、シーボルト著作での archaeology の訳語としての用法、伝統的好古家が込めた古物保護への願いも合流したことを知った。

 このような大河ドラマのような展開に巡り会えたのも、石川氏の御陰である。
 感謝します。

0175 縄紋土器研究史の見直し(1) 八幡一郎の再評価 早傘 〔2019/10/28-11:46〕〔175.179.196.178〕
              根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 去年、今年と続けて、縄紋土器の研究史に関わる一文を書いた。いずれも、八幡一郎が主役または準主役の位置付けになっている。
  2018.05,「編年学の青春」,地域考古学,(3),53-90
  2019.05,「縄紋美々美」,地域考古学,(4),41-58

 筆者は八幡一郎(1902-87)の教え子でも無ければ孫弟子でもない。大学卒業直後までご存命だったが、拝見したことすらない。当時、その学績についてはよく知らず、次のような噂話(真偽不明)を耳にした程度であった。
  噂1 日本考古学協会が長期滞納会員の退会措置をしないのは、
     元委員長の八幡一郎が滞納しているかららしい
  噂2 日本考古学協会総会に来た八幡一郎が、受付で名前を聞かれ
     「ワシを知らないのか」とへそを曲げたらしい
 真偽はともかく、このような噂が流れること自体が、当時の業界における視線を反映している。当時は、山内清男の再評価が盛り上がっていた。山内清男論文集を読んだ学生は、幾度も実名で批判のやり玉にあがっている八幡を軽んじるようになるのが自然ななりゆきだった。

 筆者は、1998年頃から学史への関心を強め、古書を集め始めた。その中には八幡の著作も含まれていたが、山内を通したイメージを裏付けるようなものだった。
 2007年に八幡一郎著作集を入手したが、八幡の学問を学ぼうとするよりも、山内を理解する手がかりを探すようにしか読まなかった。

 2016年に諸磯式の研究史をまとめた。
  2016.02,「『諸磯式』120年史」,『第29回縄文セミナ− 縄文時代前期後半の型式間交渉の諸問題』,,1-34
 主要な文献を通覧していく中で、八幡に注目することになった。
 “模倣論最盛期から層位編年への転換期を体現するのが,八幡一郎の‘郡史四部作’である。
  鳥居編(1924,1926)の先史時代の部を八幡が下書きしたことは著名である。そこには,若き
  八幡が土器研究を模索した様子が遺されている”
とした。郡史4部作とは、八幡の出身地である長野県内を対象とした下記である。
  1924 鳥居龍蔵『諏訪史 第一巻』信濃教育会諏訪部会
  1926 鳥居竜蔵;編『先史及原史時代の上伊那』信濃教育会上伊那部会
  1928 八幡一郎『南佐久郡の考古學的調査』岡書院
  1934 八幡一郎『北佐久郡の考古学的調査』北佐久教育部会
早坂1916は諸磯式が主題であったため、詳しくは紹介しなかったが、地域柄、中期の土器の分類が中心となっていた。「上伊那」以降の分類は、イメージほどはおかしくなかった。もちろん、現在の編年からは間違いだらけだが、何の基礎もない時代に、貝塚が無い(層位で先後を決められない)地域を対象に、文様分析の方法から模索した上で、型式分類のみに基づいた組列としては、驚くほどの成果であったのだ。
 後世から見れば、山内も八幡も伝説上の偉人であり非凡の人である。しかし両者を比べれば相対的に山内が「天才」八幡は「凡人」となる。八幡を学ぶことが「凡人」のなしえることとその限界とを知ることになるのではないかと思った。
 しかし、その先には進まないでいた。
<続く>

0176 縄紋土器研究史の見直し(2) 「中峠式寸評論争」論争が生んだもの 早傘 〔2019/10/28-11:47〕〔175.179.196.178〕
        親_0175 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 2016年6月、アルカ研究論集角張淳一追悼号を紹介する中で、「中峠式寸評論争」に接した。
 大村裕氏が、神の手事件に類似の構図とした論争について、正確な理解に基づいて紹介するために、これまでは避けていた、中期の土器編年研究史に踏み込むこととなった。その資料収集の過程で、9月20日に下記文献を複写した。
  大伴赳1938「下高井戸三丁目竪穴遺跡発掘報告」明治大学史学会々報5, pp.125-134;PL
 一読し、先史土器図譜を理解する上で重要な文献であることに気付いた。しかし、柳沢清一氏や大村氏等による研究史では、参考文献に登場していないようであった。掘り出し物に当ったと感じた。
 9月21日から、調べた結果をこの掲示板で紹介した。大友1938も隠さずに参考文献として掲げたが、詳しい紹介はしなかった。また、大村氏との争論も生じたが、どちらの主張を是とみるかは読者に委ねた。

 2017年5月、下総考古学24号(小特集 阿玉台式土器の研究(1) )が刊行された。その年は日本考古学協会総会に行けなかったが、中身を確かめるまでもなく61で購入し、ただちに閲読した。下総考古学研究会が阿玉台式の研究史を論じるということには外部から見ても感慨がある。それは、高橋良治氏の編年をどう評価するか、避けて通れないからだ。しかし、本号を読んで、それよりも八幡一郎の研究の扱いが気になった。あまりにも粗雑な扱いだった。
 郡史四部作の分析結果を中心とした八幡の研究のトレース、および大伴1938を核にして、昭和戦前期の中期土器編年史について1本まとめようと考えた。
 『土曜考古』への投稿を想定しつつ、昭和戦前期の文献の整理を進めていった。秋には大体の分析を終えたが、文章化は停滞した。発表者を引き受けた縄文セミナーの準備に重心を移した。
 2018年1月になって、土曜考古学研究会3月例会で発表することが決まった。文章化を進めたが、意外な展開が続いた。
 昭和戦前については『先史土器図譜』の加曽利E式編年で重要な役割を担った「中新井弁天」出土土器の由来が「武蔵高校裏」とは別であるということになった。
 また、八幡等の世代が参照した松本彦七郎の研究も確認したところ(なお松本彦七郎の主要な先史学論文は、八幡著作集の購入と同じ2007年に複写済だった)、長谷部こそが縄紋土器編年の基礎を築いたことに気付いた。例会直前の2ヵ月に次々と発見があり、ついには明治時代の研究にもおよび、内容が脹らんだ。
 書棚の肥やしとなっていた文献から一斉に芽吹いたような感覚だった。これまで書いてきたものと比べても、格段の手応えがあった。
 3月24日に例会発表を迎えた。発表資料はA4判で本文20頁、図版12頁となった。
 発表のストーリーは、年代に沿って一直線ではなく、過去に遡り、また昭和に戻り、さらなる過去に、と繰返し、結末で冒頭につながるというダイナミックな構成にした。発表後、N野県のN沢氏から「猿の惑星か?」と聞かれて、「火の鳥」と答えた。幸い、例会に参加いただいた煩方からも概ね好評で、大村さんも「資料だけ手に入れたら帰るつもりだったが、面白いので最後まで残った」と、懇親会までお付き合いくださった。
 さて、活字化は如何にというと、土曜考古への投稿はB5判30枚以内という制限がある。例会資料すら納まらない。発表内容は、八幡を中心とする部分と、明治大正部分に分割し得ることから、前者を「地域考古学」、後者を「土曜考古」に投稿すればどうかと考えた。しかし、地域考古学から「頁数を制限しない」とのお話しをいただいたことから、それに甘えることにした。
 発表資料そのままでも投稿可能な程度には仕上がっていたが、細部を点検し直しただけでは、例会資料と代わり映えしないと考え、「地域」をキーワードとした一節を加えて入稿した。
<続く>

0177 縄紋土器研究史の見直し(3) 「編年学の青春」要略 早傘 〔2019/10/28-11:47〕〔175.179.196.178〕
        親_0176 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 早坂広人,2018.05,「編年学の青春」,地域考古学,(3),53-90
の見出しを抜き出すと下記のようになる。当初の構想はおおよそ3〜5の範囲(4cをのぞく)だったが、まとめ(当初案)として6が加わり、八幡に影響を与えた松本彦七郎とそれに先行する研究の分析から2と4cが加わり、八木1899というミッシングリンクに気付いたことから8が加わった。口頭発表では、7が末尾となり、それが1の冒頭につながっていた。雑誌掲載のために、鳥羽からのつながりで8を加え、「地域考古学」に投稿する意義の説明とした。

はじめに
1.三羽の雛
2.大正期の土器編年論
a.松本彦七郎
b.長谷部言人
c.国府遺跡と鳥居龍蔵
3.鳥居の影
a.1924 新三羽烏と諏訪史
b.1925 万田と上伊那
4.姥山の層位発掘
a.1926〜27 姥山と勝坂
b.1927〜29 上本郷と南佐久
c.2m平方の分層発掘
d.1929〜32 姥山報告
e.1933〜35 関東・信濃編年の提示
5.新編年
a.1936〜38 山内の新問題と八幡の微調整
b.1938〜40 武蔵野の竪穴資料(下高井戸・矢嶋清作)
c.1940 先史土器図譜
6.戦後の八幡
7.明治期の土器編年問題
a.坪井の軛?
b.八木の探索
c.鳥羽源蔵の絆
8.「郷土」と「地域」
a.郷土館
b.郷土考古学
c.「郷土」から「地域」へ
まとめ
謝辞

「はじめに」から起稿主旨を抜き出すと
“1919年を「編年元年」とすれば今年は編年百年 … 当時の状況に照らしながら、研究史をおさらい … 「山内史観」の克服 … この語に2つの意味 … 同時代研究者の研究は … 山内の研究の「窓」として扱う … 山内による研究史の記述に沿って、研究史を理解 … 以上のような傾向に自省”

その結果、「常識」が次々くつがえった。
「まとめ」には主な論点を整理した。若干加筆して転記する。

1) 土器編年の研究史は、松本彦七郎・山内清男以外の同時代研究者の貢献も適切に評価するべきである。
2) 山内・八幡一郎・甲野勇の“編年学派”は複数の遺跡で分層調査を試みて成果が得られなかった末に、加曽利貝塚で層位的成果を得た。
3) 縄紋土器研究への層位編年の導入を松本の業績とする研究史の記述は八幡に始まる。
4) だが、松本の研究は長谷部言人の研究を土台とする。
5) 鳥居龍蔵は、異部族説を公表する前は、厚手→薄手という変遷観を広めていた。
6)『諏訪史』・『上伊那』を八幡の初期の著作として、思考の変遷を辿る事が出来る。ただし、鳥居名義で刊行されたという限界を踏まえた理解を要する
7)『上伊那』の分類は中期土器の初期研究として再評価し得る内容がある。
8) 鳥居の東大辞任後しばらくは、厚手と薄手を時間差とする編年学派の所見は公表されなかった。
9) 姥山B地点の層位的所見は速報に重要な記述が有る。
10) 山内は『図譜』まで勝坂式への言及は消極的だった
11) 中谷は分層発掘による編年をできなかったが、発掘調査は分層的であるべきと教わり、また教えた。
12) 2m平方を単位とする分層発掘が大正末〜昭和初期の人類学教室の標準であり、それは長谷部の方法とされていた。
13) 八幡による姥山報告は阿玉台式や連弧文系の初期分類として再評価すべき内容がある。
14) 鳥居が焼町類型の土器と朝日貝塚の土器の近似を評価したことが、八幡が、火炎土器や天神山式を勝坂式に含めたことにつながった。
15) 籠目文土器は勝坂式を代表する一類型だった。1936年に山内が関東編年の勝坂式に伴わないと気付いた。
16) 下高井戸三丁目遺跡の報告は学史的に重要である。
17) 先史土器図譜の堀野良之助所蔵品は、武蔵高校裏の出土品ではなさそうだ。
18) 坪井正五郎が土器編年を弾圧したような評価は根拠が薄い。
19) 八木奘三郎は東北地方の調査報告で、厚手→薄手の編年と遺跡分布中心の移動をセットにして論じた。
20) 気仙郡の諸貝塚が編年研究の基礎となったのは地域研究者の鳥羽源蔵の活動の成果である。
<続く>

0178 縄紋土器研究史の見直し(4) 見落としていた最新研究(1) 十字トレンチ 早傘 〔2019/10/28-11:50〕〔175.179.196.178〕
        親_0177 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 最近になって、2017.5に刊行された複数の同人誌に、早坂2018において参照すべきだった記述があることに気付いた。
 一つ目は、
  建石徹2017.05「研究ノート“勝坂式”と“阿玉台式”の共伴 ―八幡一郎らによる姥山貝塚の調査・報告を起点として―」異貌,(34),2-23
 掲載誌は刊行直後に入手したから、まったく読んでいなかったわけではない。しかし、冒頭数ページを読んで、下総考古学24号の浅薄な八幡論の延長にあることにがっかりし、ざっと流し読みしかしなかった。
 今年になってから重要性に気付いた記述は、論文の中程、pp.12-13の「4-(2) 柴田常恵による小川貝塚近傍の竪穴群の調査」である。
 山内清男の小川貝塚速報に、貝塚近傍にある歴史時代の竪穴を柴田常恵・小此木忠七郎が、十字状にトレンチを入れて調査したという記述があること、国学院大学がデジタル公開している柴田常恵資料に、それを記録した写真と野帳があることを紹介している。
 先の投稿のとおり、17年春の時点では、八幡の土器編年を中心に整理していて、発掘調査方法については深く検討していなかった。18年になってから、調査方法の変化について点検し、上記の小川貝塚近傍竪穴の記述にも気付いたが論文ではふれず、(コバケンは気付いてないな)とほくそ笑んでいた。なぜ、コバケン(小林謙一)がここで出て来るか? 建石も早坂も小林による竪穴住居跡調査方法史の研究を意識しているのである。小林は下記文献などで、竪穴住居跡に十字状のベルト(断面観察畦)を残す方法は1970年代に普及したと論じた。
  小林謙一2003「縄紋竪穴住居調査史の一断面」下総考古学,(17)
  小林謙一2014「昭和前半期までの竪穴住居跡覆土の調査方法―「酒詰仲男調査・日録」を読み解く―」中央史学 (37) 181-199
 早坂は2015年7月に小林に送ったメールで、1938年の和島誠一による志村遺跡の発掘で、山内清男の指導を受けながら2方向の断面を観察する層位発掘をしたこと(下記文献)、山内はおそらく上福岡貝塚の調査経験に基づき指導したのであろうと指摘した。
  武井則道2007「和島誠一の志村遺跡の発掘」『時代を拓いた男と女』p79-82,板橋区郷土資料館
 今回も調子に乗ってメールしていたならば、「建石が指摘済み(-_-;)」とあきれられただろう。危ないところだった。

<続く>

0179 縄紋土器研究史の見直し(5) 見落としていた最新研究(2)-1 鳥居新説の初出 早傘 〔2019/10/28-11:51〕〔175.179.196.178〕
        親_0178 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 重要性を見落としていたもう1本は
  堀越正行2017.05「学史に見る黎明期考古学の層位の取組み(上)」唐沢考古,(36),12-23
 これも目にしてすぐに購入したが、鳥居龍蔵の調査方法が中心となる前半部まででしか読んでいなかった。そして、翌年に発掘調査方法の変化を調べる際に思い出さなかった。ところが、未読(またたは読み流した)後半部分は、断面で層位を観察できるような方形の発掘区が定着する経緯を検討していた。とりわけ「5 東京人類学会」は、大正末〜昭和初期の東京人類学会・人類学教室の発掘を主題としており、筆者が取上げた事例と多くが共通する。もし堀越が拙稿を読んだならば、上記を参考文献に挙げていないことをいぶかしく思われても仕方がない。
 早坂が見落としに気付いたのは、今年の協会で購入した図書を少しずつ目通ししていく中で下記に当ったから。
  堀越正行2019.05「学史に見る黎明期考古学の層位の取組み(下)」唐沢考古,(38),1-12
 検討の対象とする研究者がほとんど重なっている。しかし、早坂2018は参考文献にあがっていない。そこで(上)はいかにと本箱をかきまわして上を“発掘”したのであった。38号の編集後記には、堀越の(下)は本来37号(2018.05)で掲載予定であったが、編集の都合で掲載が遅れたとある。とすれば拙稿を読んでいなくとも不自然ではないし、内容を比較すれば、拙稿を読んだようには思えない。
 研究の流れにおいて同時期に同じような研究がなされる一例である。後世の人がなぜ相互に引用していないかと不思議に思うかもしれないが、筆者から見た事情はかくのごときである。

 さて、堀越2019の冒頭に興味深い記述が有る。
 鳥居龍蔵が厚手と薄手を同時代の異部族としたのは、大正7年(1918)に行った講義「武蔵野と有史以前」(大正14年に活字化『武蔵野及其有史以前』)に遡るという指摘だ。
 早坂2018では、大正7年(1918)7月に刊行された『有史以前の日本』に所収の「有史以前及び原史時代の東京」に
 “関東の石器時代は … 土器の種類 … 凡そ二種 … 一つは粗製厚手で … 紋様は純然たる渦巻式 … 一つは薄く … 幾何学的紋様が混入 … この幾何学的紋様は固有日本人と接触混居せし結果 … 要するに厚手土器の方は時代が古く薄手土器の方は時代が新しい”
との記述が有ることを指摘した(『有史以前の日本』には“大正五年九月”と初出?が示されるが、掲載誌あるいは講演は明らかでない。鳥居龍蔵記念博物館からは、武蔵野会での講演「有史以前の東京」(大正6年9月、内容不詳)の年を錯誤した可能性もあるとの教示を受けた)。そして、
 “鳥居が異部族説を公表したのは20年12月で(私的な談話では18年12月にそれに近付いた所見を示している(註16) )1925年に『有史以前の日本』の改訂版に収められる。しかし、1923年の関東大震災までは旧見解を載せた初版が増刷を続けていた”
と鳥居の同時異部族説は新説として登場したことを指摘した。なお、『有史以前の日本』の改訂版には「有史以前及び原史時代の東京」は収録されていない。
 指摘された文献は未見だったので、早速ネットで入手した(国会図書館のデジタルライブラリーでも閲覧は可能)。
 書誌は次のとおり
  鳥居龍蔵1925.03『武蔵野及其有史以前』磯部甲陽堂
 内容の主体となるのは、東京市の小学校長を対象としたという全6回の講義の“筆記”である。附録として同時期に月島小学校で行ったという講演「東京市の下町と山の手」も収録されている。前者は34章に分けられている。その内容から6回の内訳を推定すると、総論〜六(武蔵野の自然環境)、七〜一一(歴史時代)、一二〜一七(貝塚の研究史)、一八〜二三(有史以前の地形)、二四〜二七(有史以前の文化)、二八〜三三(先住民族と固有日本人)と考える。それぞれのページ数は、1回の講義の筆記として不自然でない。
 鳥居は、二一「生活の様式と其の地形との関係」の冒頭で、当時の民衆を“土俗学的に云ふと、海岸地方に居つたものと山の手(奥地)に居つたものとの二つに分けたい、即ち漁りの部族と猟りの部族の二つに分けたい”としたが、土器分類とはからめていない。
 二七「当時の文化として見たる土製品」にいたると、“厚手派”と“薄手派”の性質の違いおよび分布の違いを述べ、“尚ほ面白いことに … もう一つ奥羽地方に存在する出奥派土器(亀ヶ岡式)が加わつて … 三つのものが当時あつたやうに思はれる”“漁業者の方は薄手派の土器を作つて常陸の方に連絡を有し、狩猟者の方は厚手派の土器を作つて甲州から抜けて信州山岳地方に関係が有り”と、同時代異部族説を明示する。さらに三〇「湯島貝塚より見たる当時東京の文化」では、厚手派と薄手派の違いを、カムチャッカ半島のコリャーク族やチュクチ族が海岸の漁猟集団と内陸のトナカイ遊牧集団に分れることになぞらえた。
 鳥居の異部族説を代表する下記文献と骨子は一致している
  1920.12 鳥居龍蔵「武蔵野の有史以前」武蔵野 3(3), 1-9

 そこで検討すべきなのは、1925年に活字化された内容が、いつの時点の見解かということである。
 (1)講演会、とりわけ、異部族説を示したとされる第5回がいつだったか?
 (2)活字化された内容は講演会の筆記そのままか?
 の2点となる。
<続く>

0180 縄紋土器研究史の見直し(6) 見落としていた最新研究(2)-2 1918年12月 早傘 〔2019/10/28-11:51〕〔175.179.196.178〕
        親_0179 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 (1)講演会、とりわけ、異部族説を示したとされる第5回がいつだったか?
 (2)活字化された内容は講演会の筆記そのままか?
の2点のうち、(2)の検証は難しい。しかし、学説転換前の講演を活字化する際、活字化時点の見解に沿って手直しすることがありえないとはいえない。(1)の検討の結果、『有史以前の日本』刊行以前になされた講演だと判明した場合は、「手直し」の可能性が高いと判断すべきだろう。そのようなことがあったとすれば、後世の者が学史を辿る上では迷惑行為だが、著書に最新の見解を盛り込むのは学的良心ともいえる。
 (1)については、次の文献に重要な情報があった
  無署名1918.11「木がらし(雑録)」武蔵野,1(3),57-59
 東京の史蹟に関連する各種情報であり、そのひとつとして「武蔵野の先史考古学」という記事が含まれている。
 “東京市が市内小学校長の為めに帝国大学の文科六番教室で講習会を開いて居る中に帝大講師鳥居龍蔵氏は『武蔵野を中心としたる先史考古学』の題にて十一月十五日より毎週一回宛七回に亘って講演さるゝ由だが其のその要目は左の通りである”
 以下七回分の内容が紹介される。第一回〜第五回は先の推測の第1〜5回と一致する。第六回は東京市の先住民、第七回は“武蔵野の先住民は如何なる民族なるや・固有日本人(弥生式派)に就いて”を予定しているとある。先に推定した第6回にその両方の内容が含まれる。予定を変更して6回となったのであろう。
 1918年11月15日(金)を第1回として毎週開催されれば、第5回は12月13日、第6回は12月20日となる。
 しかし、順調に日程を消化できなかったようだ。第6回分にあたる「三一有史以前の遺跡とアイヌ」の中にこういう一節がある。“今度大学から出した千島アイヌの論文(理学部紀要)”(p235)
 言及された論文はフランス語で記された北千島アイヌの民族誌であり、それを収録する紀要の発行日は翌月である。
  東京帝国大学理科大学紀要第42冊第1編 1919-01-29
 発行日以前に納品されることもあろうが、年度途中という発行日のありかたは実際と大きく離れていないだろう。第6回はおそらく2月以降でなかろうか。とすれば第5回も1月の可能性がある。
 細かいようだが、「編年学の青春」註16でも言及した、谷川(大場)磐雄の日記『楽石雑筆』の記述との距離を計っているのである。
 谷川によると、1918年12月8日に鳥居宅を訪問した谷川、藤枝、山内に、鳥居はこう語った。
  (1)“厚手の遺跡は天竜川を遡り来しものにて、一は信濃路へいり、一は武蔵へ入れり”
  (2)“石器時代土器はわかちて厚手(武蔵信州派)常陸式、亀岡式と同時代(あるものは新古の例あらんもある時代において同時代なり)に併立せしならん、それに弥生式も加わりしならん”
  (3)“亀岡式の紋様と厚手紋様とは紋様相似たり。しかるに常陸へ至ると大いに異なりて弥生式紋様をうけし風見ゆ”
 引用(1)は、先住民が西から東へ移動していくという前提で述べている。あまり明確に述べた文献は無いが、当時は、石器時代住民の分布は次第に西から東(北)へ移動し、それが厚手、関東式(常陸式)薄手≒加曽利B式、東北式薄手(亀岡式)の分布の違いとして残っているという捉え方が主流だった。
 引用(2)は3者および弥生式が同時並行という捉え方で、新説である。
 引用(3)は、曲線的模様が主体の亀岡式と厚手が近く、直線的模様が多い常陸式は弥生式の影響があるとする。これは『有史以前の日本』初版で薄手が新しいとした根拠であった。
 また、「出奥式」の語が出ていないことも注意したい。谷川の記録であるため、鳥居の発言を谷川が常用する用語で記述した可能性はあるものの、後の文献で鳥居は意識的に「出奥式(派)」の語を用いているから、この時期に用いていたならば谷川が知らないとは思えない。
 このように、12.8発言は、鳥居が学説を転換しつつある中途の様子を伝えており、その直後に、完成した部族説を語ることは考えにくい。
 さらに調べを進めたところ、ひとつの論文となるほどに拡がった。掲示板で紹介するには向かないので、部族説については、ここまでにとどめることとする。
<続く>

0181 縄紋土器研究史の見直し(7) 余談 新地の調査が新一を産んだ? 早傘 〔2019/11/01-05:57〕〔175.179.195.55〕
        親_0180 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 「編年学の青春」執筆の過程で気付いたけど脇道に過ぎるため省略したこと。

 東大による新地小川貝塚・三貫地貝塚の発掘が「新一」の誕生につながったかも知れない。

 大正13年(1924)5月に実施された小川新地貝塚・三貫地貝塚の発掘調査には、福島県史蹟名勝天然記念物調査委員会の調査主任、小此木忠七郎(1866-1939)が大きな役割を果した。
 翌年7月、福島県いわき市出身の実業家である星一と、小金井良精の娘きよが見合いをした。
 経過については、小金井良精日記を調査した下記ページが詳しい。

神保町系オタオタ日記 「星新一が『祖父・小金井良精の記』に書かなかったこと 」
https://jyunku.hatenablog.com/entry/20161023/p1

 両者の媒の役割を小此木信六郎(1860-1928)が果したことが分かる。信六郎は福島県二本松出身で草創期の耳鼻科医の一人。刀剣収集家としても知られている。同県出身の製薬会社社長、星一(1873-1951)と親交があることは不思議でない。
 小金井良精(1859-1944)と信六郎をつなぐ人脈が2つ考えられる。
 良精の妻、喜美子(1871-1956)は森林太郎(鴎外。1862-1942))の妹。林太郎と同時に大学を卒業した友人の賀古鶴所(1855-1931)は日本初の近代医学に基づく耳鼻咽喉科医とされている。当然信六郎ともつながる。
 一方、小此木忠七郎は信六郎の弟。刀剣研究者として著名だが、刀剣への興味は信六郎からの影響だという。
 どちらのルートか調べたわけではないが、忠七郎との交流が契機となって人脈ががつながり縁談へという流れは充分に可能性を感じる。星一と小金井きよは翌15年(1926)入籍し、同年、長男親一が生まれた。親一は後に作家となり、ペンネームを新一とした。

参考文献
梅宮茂 1979.03「<福島県考古学史1> 明治・大正期の考古学史 −犬塚又兵エ・大須賀&#31584;軒と小此木忠七郎らの活躍を中心として−」『福島考古』,(20),17-20
<続く>

0182 縄紋土器研究史の見直し(8) 系統分類学{を/に}学ぶ 早傘 〔2019/11/08-20:45〕〔124.24.242.16〕
        親_0181 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 松本彦七郎に関して、その原点であるクモヒトデの分類が、現在の研究者からどのように評価されているか気になっていた。“青春”を入稿した頃(2018年春)、ネットであらためて検索すると興味深い本が見つかった。池袋のジュンク堂に買いに行き、合わせて、系統分類学の現状に関する本も探すと手ごろそうな本が見つかった。購入した2冊は次のとおり。

 岡西政典 (2016)『深海生物テヅルモヅルの謎を追え!−系統分類から進化を探る−』フィールドの生物学シリーズ20. 東海大学出版会
 馬渡峻輔 (1994)『動物分類学の論理 : 多様性を認識する方法』東京大学出版会

 岡西氏は1983年生まれの若手研究者。著書には、氏が生物に関心を持ったきっかけ、分類学の研究室に入る経緯、そして「学生」が「研究者」に育つ過程を軽妙に描いている。氏は、研究対象であるクモヒトデ(テヅルモヅルはクモヒトデのうち特殊な形態を持つ一群)を求めて、海岸や海洋探査船、漁港のゴミ捨て場などのフィールドをめぐる。それにまして重要なのが各地(各国)の博物館で、模式標本(タイプ標本)を含むコレクションを観察すること。徹底した観察という伝統的な手法に加え、理化学的手法も用いて、既存の分類を見直していく。
 著者は動物分類学に進む学生が少しでも増えることを願って執筆したという。この書は、生物学徒にとどまらず、考古学の道を進もうとしている学生にも刺戟になり参考になると思う(比較すると、考古学界の欠陥も再認識されて逆効果かもしれないが)。
 ところで松本彦七郎はどう扱われているか。この書にはきちんと索引がある。しかし松本彦七郎の項目はない。そこまでは店頭で確認し、残念に思いながらも購入し読み進んだ。末尾に近付くと、重要な部分に、松本の分類が登場し、DNA分析を含めた最新の分類でも松本の分類の正しさが裏付けられたことがわかる。そして最後まで読み進めたところで、タイトルに疑問符をいだく仕掛け(?)になっている。
 馬渡氏は1946生れ。無脊椎動物の大家。実は、岡西氏が学んだ北海道大学の分類学教室の主任であった。岡西本に、研究室が決まったあと、春休みは遊んでしまった、馬渡先生の本すらも読まずに、とでてくる。偶然(とまではいえないか)の一致に驚いた。
 馬渡氏の本は、題名の通りの内容が大部分だが、最終章「日本の分類学研究」で、社会実態としての分類学の現況(今からは20年以上前)が論じられる。学生に人気が無く、研究者は減少・高齢化している。分類群によっては研究者が1人しかいない。欧米では博物館が分類学(と標本)を支えているが、日本のそれは貧弱である。そもそも分類学者が書く論文の多くが種の記載に終始し、他分野からは興味が持たれない。など、痛切である。これも、どこぞの学問の現況を述べているようだ。
 分類学はα、β、γの3段階にわけられているという。αは種の記載であり、βは種の関係を整理すること(系統分類)であり、γは種分化の機構をあきらかにすることだという。考古学にたとえると、型式などの分類群の設定、編年と系統関係の整理、型式変化の原因の検討といったところだろうか。後に進むほど他分野の研究者にも興味深い。

 学ぶ所が多かった2著で、最も印象に残ったフレーズは、分類学に進むか迷う岡西青年に、研究室助手(現在は准教授)の柁原宏氏が放った一言。

「でもね、君、分類学は最高だよ?」

<続く>

0184 縄紋土器研究史の見直し(9) びびび 早傘 〔2019/11/25-20:48〕〔175.179.196.231〕
        親_0182 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 平成最後の夏に東京国立博物館で開催された特別展『縄文―1万年の美の鼓動』(2018/7/3-9/2)は、玄人ぶって見に行かないつもりでいた。しかし知合いからチケットをもらったので節操なく見に行った(たしか8月14日)。展示資料の大半は幾度も見たことがあるものだから(初めて見た沖縄の有文石板には驚いた)、片目は見学者を見学。
 縄紋土器を世界の先史土器と比較するコーナーは、北東アジア・北ユーラシアの新石器文化の土器を出さず、農耕文明ばかりとの比較なのが気になった。
 最終コーナー「新たにつむがれる美」は、民芸運動の柳宗悦、芹沢げ陝∂静直瓜福島岡達三と縄紋の関わりを紹介し、岡本太郎をオオトリとしていた。縄文美の発見に関する記述に少し引っ掛かった。
 当日はもう一つの予定があった。国立科学博物館だ。地球館1階/地球の多様な生き物たち/系統広場で、クモヒトデ標本の実物を見、床面全体に描かれた全生物の系統樹をじっくりと歩き回った。その内容をまとめたような手ごろな解説書は販売していなかった。
 帰路、書店で太郎関係の著作を数冊購入した。一週間後には、NDLで文献をコピーしたりネットで古書を発注したりし始めた。
 「青春」で検証した八幡の仕事が「発見」の土台になっているとの見通しを持ち、「一郎とタロー」という仮題で調べを進めることにした。
 『縄文』最終日の9月2日に再見学した。道路にあふれて幾重にも折り返す行列を、空から見れば火炎土器だなと思った。
 以後、岡本太郎美術館や記念館を見学し画集や関連書を多数購入し、と、にわかファンのような行動を続けた。

<続く>

0185 縄紋土器研究史の見直し(10) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-1 早傘 〔2019/12/06-19:23〕〔124.24.243.19〕
        親_0184 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 「編年学の青春」の冒頭、1919年が「編年元年」ならば2018年は「編年百年」だと記した。
 その夏は、編年学の“聖地”を巡ろうと思っていた。
 博物館もどきの施設では、夏はイベントが多い。そしてローテーション勤務だ。連続した夏休みを取ることは容易でない。しかし、年休とは別に夏休が制度化されているので、それを全館員が消化できるように協力し合う。やりくりして、9/10(月)〜13(木)に4連休を設定することが出来た。3泊4日の聖地巡礼である。

 2018年9月10日(月) 出発日だが朝早く起きる必要は無い。月曜日だから、博物館・資料館のたぐいはほとんど休館日。移動がメインの日程。まず外環道をまわって常磐道に入る。茨城県には、縄紋土器研究史上重要な遺跡が多い。大串、陸平、椎塚、福田 …  しかし、今回は大正後期〜昭和初期の編年研究成立期に絞った旅だ。高速のまま抜けていく。
 いわき勿来I.C.で降りて、国道6号線に進む。少し行くと小名浜工業団地の中を通る。この辺も編年研究史上重要な地域だなあ(ただし戦後の調査)と思いながら北上。
 道の駅「よつくら港」に駐まり、昼食とする。2階のフードコートで、地元産とれたての魚による海鮮丼。窓の外に広がる太平洋を眺めながら喰らう。
 海が見えたり見えなかったりの道をしばらく走ると、大きな看板。この先は窓を閉め、エアコンも車内循環にするようにとのこと。言いつけに従って進む。
 道路沿いの住宅や店舗は、道路からの接続をフェンスでふさがれている。交差点もほとんどが右左折を禁止されフェンスで区切られている。自動車専用道路の状態だが、高速ではない。大型車のスピードに合わせて縦隊になって進む。時々車線が増えると追い越す。粛々と2時間ほど進み、開放。窓を開けて大きく呼吸。もう一走りして新地町に入る。
 本日の見学予定地は新地町内の2貝塚。まず三貫地貝塚(福島県指定史跡)。同町公式サイトの観光案内図を手がかりに探す。史跡案内看板を発見。稲穂が垂れる水田に囲まれ、ほとんど比高差がない微高地。畑に貝殻片が混じっている。案内文は昭和27年の日本考古学協会の調査から書き起こしている。少し歩き回り、数枚を撮って次へ。
 新地貝塚(小川貝塚。国指定史跡)は、貝塚形成をめぐる巨人伝説で著名な、手長明神をてがかりとして探す。手長明神は見つかったが、廃社になっている。貝塚があるにふさわしい舌状台地だが、町公式サイトは写真が載っている案内看板は見つからない。少し走り廻る。見つからない。町教育委員会に問い合わせる。折り返しの電話が有り、直接来て案内してくれるという。もうしわけない。落ち着いて写真と現地を見比べると、神社跡のすぐ近くに立つ新築住宅の背景が写真と重なることに気付く。そこにちょうど教委の方が見える。お話しによると、やはり、住宅建設のために看板を撤去し、次の設置場所を検討しているとのことだった。町のパンフレットを数種いただいた。こちらからは抜刷りを差し上げた。巡礼の旅は、宣伝活動でもあるのだ。
 意外に時間がかかったので、山元I.C.から常磐道に乗り直し、仙台東部道路に直通。仙台港北I.C.で降りて七ヶ浜町に。予約した宿は古風な和式旅館だが、申込んだ宿泊プランはビジネスコース。発電所が近いことを公式サイトでアピールしているだけあって、工事関係と見える宿泊者が多く、食事は地元の食材というよりフライが中心。

0186 縄紋土器研究史の見直し(11) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-2 早傘 〔2019/12/12-22:20〕〔124.24.242.220〕
        親_0185 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 2018年9月11日(火) 普通の旅館の朝食。見学地の開館時間9時に合わせて、ゆっくり出る。
 大木囲貝塚と七ヶ浜町歴史民俗資料館の見学は20数年ぶり。初訪問はさらに遡り1986年で小池裕子先生の御供。ちょうど、豪雨で斜面が崩落した直後で、分厚い貝層断面を見た記憶がある。
 まずは資料館。10月6日から企画展「大木式土器の世界」があることは承知している。今回は半ば下見のようなものであるけれども、そもそも普段から展示物の中心は標式遺跡出土の大木諸式(「大木式」という語を大木1〜10式の総称として用いることは適切ではない。長谷部言人・松本彦七郎の「大木式」は現8b式を中心に8a式,9式も含むような概念。ちなみに松本は、胴部文様を隆線で画くものから沈線で画くものへの変化を考えたから、新旧が逆転していた。山内清男は大木囲貝塚から発見された諸型式に層位順に番号を付けたのであって、標式遺跡が同じという以上のものではない。“前期大木様式”とか“中期大木様式”などというくくり方があるが、土器の類似度とは無関係な御都合主義に過ぎない。それはさておき、まずは1時間ほど、肉眼でじっくりと見る。そして写真を300枚程撮る。
 屋外に出て貝塚を一周。各地点に解説版が整っている。ここ数年の学習で各地点の主な時期を知っているから、なろほどここが○地点かと感動しながら回る。
 資料館に戻る。職員さん達が土器を台車に載せて行ったり来たり。図録用の写真撮影をしている。タイミングを見計らって声を掛け、拙稿へのご協力を御礼し、図録の発刊予定を聞く。展示開始には間に合わず11月になる。電話でも受け付けるとのこと。すぐに売り切れるのは確実だから、買い逃さないように予定表に入れることにする。

 次の見学地は石巻市内。道ばたによさげな店があれば昼食をと思いつつ移動。引っ掛かる店は見当たらず、普段ろくに食べない朝食をしっかり食べたから昼抜きでよしとする。
 石巻市斎藤氏庭園は国指定名勝。明治時代に東北三大地主に数えられた斎藤家の邸宅に附属していた庭園。現在は市の施設になっている。斎藤家は学術振興への意識が高く、斎藤報恩会を設立して東北大学を中心とする諸分野の研究に研究費を支援したが、それ以前に、当主自らが先史学に取り組んだ。すなわち所有地の石器時代遺跡の発掘と出土品の保管である。その遺跡は坪井正五郎により「寶ヶ峯」と名付けられた。地名からとった名称ではなく、遺跡としての名称なのである。収集品は、庭園内の宝ヶ峯縄文記念館に展示されている。その見学が目的で来たのだが、一応庭園も一周した。
 記念館は平成5年(1993)に開館した施設。学史的遺跡にふさわしく、坪井正五郎が命名の経緯を記した書、織田東禹・画「コロボックルの村」、大野雲外による先住民風俗想像図、同じく「先住民の遺物 石器類」「埴瓮(弥生式)」「斎瓮之種類」の三幅などが掲げられている。宝ヶ峰遺跡の詳細な発掘経過図や日誌も展示されている。もちろん、縄文後晩期を中心とする、あまたの出土品が展示されている。逸品に満ちていることはいうまでもない。
 1時間弱で切り上げ、遺跡現地を目指す。展示室にあった航空写真(の写真)を手がかりに探した。現地には遺跡名の標柱と平成11年に河南町(平成17年に石巻市に合併)が建てた案内板。
 宝ヶ峰遺跡については下記の解説がコンパクトにまとまっている(前半部分は・・・)
http://www.ne.jp/asahi/landscape/jomon/huukei.fol/takaragamine/takaragamine.html

 川を下るように海に向う。そして宮戸島へ。数年前に買った安物のカーナビは地図が古い。現実の道路が時々地図上の道路を外れ、ナビが悩む。道なりだから気にせず進む。
 奥松島縄文村歴史資料館は平成14年(2002)以来かと思う。常設展示は大きな変化を感じなかった。
 今回の主目的である、貝塚現地を歩く。「里浜貝塚」は行政的には1つの貝塚のように扱われるが、縄紋前期から弥生初期まで、断続期を挟んで地点をかえながら形成された複数の貝塚からなる。資料館が推薦する散策ルートに沿って巡ることにする。資料館の裏から漁港を抜け、左折する。上り坂のその左がメインの目的地である、松本彦七郎・長谷部言人が調査した貝塚で、現在、寺下囲地点と呼ばれている。切り通しの断面には今でも草の隙間に貝殻混じりの土が見える。うろうろしげしげパチパチ。
 隣接する西畑地点の貝層観察館を見学。昭和50年代の貝塚調査方法の精密化に大きな役割を果した地点。岡村道雄氏の業績のひとつ。史跡公園(製塩遺跡)、西貝塚群をめぐり、東貝塚群はパスして資料館駐車場に戻る。

 まだ4時にもなっていない。宿に入るのは早すぎると、観光地を探す。旧野蒜駅が観光スポットになっており土産も買えそうだ。旧駅で、伝承館や遺構、石碑を見学。あまり気に入る土産物がなかったので新駅に向う。しげしげ眺め、これがおもしろいかなと、バウムクーヘンを買う(数日後 … 個包装された土産を配る。わたされた人間は、商品名を見て開封し、ゆっくりと割り、首をかしげながら食べる。そして「どうすれば伸びるの?」「“のびるバウム”の“のびる”は野蒜、すなわち地名です!」)。新駅の周囲は、台地上を切り開いた新たな町。その風景を実感するために少し遠回りをしてから宮戸島へ戻る。

 宮戸には、漁師直営の民宿が数軒ある。しかしいずれも予約がとれなかっった。予約できたのは観光ホテル。2010年に映画「星守る犬」(村上たかし作の漫画を原作とし、2011年6月公開)のロケ地となったことがアピールされている。たしかに映画の世界観に似合った雰囲気の宿だった。夕食の魚はとれたての印象でなかった。
<続く>

0187 縄紋土器研究史の見直し(12) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-3 早傘 〔2019/12/16-23:13〕〔124.24.246.123〕
        親_0186 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
第3日 2018年9月12日(水) 今日はそれなりの距離を移動する。三陸沿岸自動車道は部分開通で無料期間。めいっぱい活用しながら北上するが一般道が半分で、なかなか捗らない。12時過ぎに陸前高田に到着。道の駅に止める。観光名所の一本松がすぐ近くにある。せっかくだから歩いて見学。道の駅で昼を食べ。土産店ものぞいてみる。一番いいと思ったのが一本松バウムクーヘン。しかし、ばうむマニアというわけではないから別のものを買った。図書館に行きたいのだが、所在地が変わっている。なにより、カーナビの地図がまったく役に立たない。市街地全体に及ぶ大規模な区画整理を実施しているのだ。ネット上の地図で場所を確かめ、ショッピングモールとの複合施設になっている市立図書館に到着。念願だった、陸前高田市立博物館紀要の鳥羽源蔵特集をコピー。ここで宣伝活動。図書館の郷土資料用、埋蔵文化財担当用、そして休館中の博物館へと、3部の抜刷りを渡す。
 市街地を離れ旧小友村へ。
 鳥羽源蔵の誘いによる八木奘三郎の東北太平洋岸調査(八木1899)で、まとまった遺物を得たのは、小友村門前貝塚、同獺沢貝塚・包含地の2遺跡であった。八木は、獺沢出土土器のうち一部を“関東の地薄手の土器を出す遺跡中に認められる品と酷似し”残りは“純然たる亀ヶ岡風の形式を呈せり”とした。一方門前貝塚については、一部は“陸平式の土器中常に認めらるヽ風にて他は常陸浮島の土器に少しく似たる点有り”とし、“比較研究の上にて是非に参考とすべき品と考ふ”(p19)。八木が陸平式としたのは現・大木9式であり、その他の現・門前式は、鎖状隆線が現・浮島式の押圧隆帯に類似すると見たのであろう。そして関東地方で厚手と薄手の遺物が伴わないという所見は“東北地方の遺跡に於ても同様”と注意している(p17)。
  八木奘三郎1899「東北地方に於ける人類学的旅行」東京人類学会雑誌 15(163), 1-21
 かくも重要なる遺跡である門前貝塚に向う。地図に門前を見出し、地名の由来となったであろう寺院を目標に進む。台地が見えてきた。ここで一枚。台地に昇る坂に「門前」のバス停あり。また一枚。史跡指定されていないから案内板はないが、地形を把握できる程度に数枚の写真を撮った。
 まだ2時半。明日行く予定だった大船渡に行けそうだ。
 まずは大船渡市立博物館で漁撈など、海と人との関わりの歴史を学ぶ。
 そして大洞貝塚へ。またも区画整理でカーナビが役立たない区域を乗り越え、現地に。
 国指定史跡大洞貝塚には復原建物などはなく、きれいに草刈りされている。
 昨年(2017年)設置されたばかりの案内板がある。案内板には調査地点の位置が示されてないが、リーフレットがある。ABCの位置を確かめて撮影。史跡中央に姿が良い栃の木。熟した実が落ち始めたところ。一角には栗林もある。意図して植えたか切り残したかは知らないが、後晩期の遺跡にふさわしい。素朴な風景と亀ヶ岡式精製土器のミスマッチ感があるが、ではどのような風景なら似合うか、いい案はない。
 もう4時を過ぎた。宿に向う。半島の先端の宿へ向う海沿いの道は景観も楽しめるが、路中に獺沢貝塚があるはずだ。全国遺跡報告総覧にアップロードされた近年の報告書を参考に遺跡を探す。遺跡分布図によるとこの辺だと車を駐め、きょろきょろ。道路の山側と思って、報告書の調査区位置図に見合う場所を探すがうまく合致しない。通りかかった地元の方が見咎めて、何用か尋ねられたので答えると、海側を指して、あの辺を掘っていたよとのこと。なるほど、報告書と一致する。どこまでが公道かわからないので、上から写真のみ撮影。
 今日の宿は漁師が経営する民宿。ネットで見た評判も良い。実際、いかにも獲れたてな感じの美味しい魚介類がたっぷりと出された。宿の主人は無形文化財(民俗芸能)の継承にも活躍した方らしい。また近くに行くことがあれば泊まりたい宿だ。
<続く>

0188 縄紋土器研究史の見直し(13) 聖地巡礼 編年百年の旅(その1)-4 早傘 〔2019/12/25-20:59〕〔124.24.243.86〕
        親_0187 根_0175 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
第4日 2018年9月13日(木)
 昨日大洞貝塚まで見学したから、今日の予定は無い。
 帰路も長いからこのまま帰ることにする。飛び飛びの三陸道。一般道には、往路もそうだったが、下り坂のたびに「ここから〜」、坂を上ると「ここまで〜」と地形を教える看板がある。仙台東部道路を経て東北道に入ったところで小休止。
 昼飯を食べながら考えた。ちょっと寄り道をしようかと。経路を調べると十分間に合う。
 郡山から磐越道に入る。湿った天気で、目論み通りに捗らない。あせりながらようやく関越道に。長岡インターで降りた時にはすでに4時すぎ。
 馬高縄文館で火焔土器A-1号とA-2号を拝観。これまで何度も見たことがあるはずだが、1ヵ月の学習を通して見る目が変わっている。調査史のコーナーに転じると、おお、近藤考古館絵葉書が展示されている! 3枚のみの展示だが、確かにA-2号の写真を含む。そして『日本文化史大系』と同一カット。
  八幡一郎1938「縄紋式文化」『日本文化史大系 1』誠文堂新光社, 136-213
 有意義な1日を喜びながら帰路につく。

 最後にびびびな寄り道が混じったが、鳥羽・八木・長谷部・松本・山内の蹟を辿る3泊4日の聖地巡礼。地元の魚を味わい、土産に散財し、地形と人の関わりを体感する旅は得るものが多かった。
 1919年から百周年に当る年は終ろうとしているが、聖地に年は関係無い。皆さんにもおすすめする。

0183 秋の企画展めぐり 早傘 〔2019/11/18-23:36〕〔175.179.197.65〕
              根_0183 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
最近見学した企画展(考古系)をメモしておく。
共通するキーワードは「典型・標準」となるだろうか

9月29日(日)
  群馬県立歴史博物館「開館40周年記念・第100回企画展 ハート形土偶 大集合!!〜縄文のかたち・美、そして岡本太郎〜」9/28(土)〜12/1(日)
 同日午後の研究会で群馬に行くついでと、午前中に見学した。
 実物を以てハート形土偶の変遷を理解でき、また、ハート形以外にも各時期の代表的土偶が展示されていた。あらためて、郷原例のバランスの良さ・存在感を実感した。発掘調査による出土でないことがネックで国宝指定されないと聞いてはいるが、ほんの20年位前までは土偶の出土状況がわかる貴重な例とされていたはずである。最近の発掘調査による出土品だって、後世には重要な情報の欠落がいわれるようになるだろう。充分に国宝たり得る資料と思う。
 売店で、岡本太郎美術館2019.05『「岡本太郎と日本の伝統」展』などを購入。

10月22日(火)
  岩宿博物館「岩宿遺跡と日本の近代考古学」10/5(土)-11/24(日)
 日本近代考古学の上で、新たな文化・時代の発見などの画期ととなった遺跡を紹介している。
 大森貝塚、陸平貝塚、弥生町貝塚と西ヶ原貝塚の壺形土器、登呂遺跡など。
 ほとんどの展示品は著名なものだが、西ヶ原貝塚で明治26年(1893)に坪井正五郎が発見した3点の弥生式壺のうち1点が展示されていたことに刮目した。そのことを証する貴重な墨書が、正面を向いていないことは残念で、読み取るのに苦労したが、次のように書いてあった。
 “三個之内/武蔵国北豊島郡西ヶ原村農事試験場構内之出”。

11月3日(日・祝)〜4日(振)
 北陸方面に見たい展示が集中しているので、ローテーションを調整してどうにか連休を確保した。
 第1日(11/3)
  なじょもん「技と造形の縄文世界」9/7(土)-11/4(振)
 タイトルに“美”は入っていないが、縄文遺物の美がどのように成り立っているかが実質的テーマ。草創期から晩期まで石器・土器の逸品が並ぶ展示室。企画展10回分位の内容を詰めこんでいた。道路の渋滞で到着が午後となったため、1時間弱の見学となったことが残念。
 それらの出土品以上にインパクトがあった展示品人が村井めぐみ作「Venus」2体(図録には掲載されていない)。自らの体を型取りし、それに馬高式や曽利式の立体的装飾をまとわせた等身大"土偶"。なんとも艶めかしかった。縄紋遺物の非写実性ということを対照的に捉えることができた。印象はビーナスというよりは観音像。

  新潟県立歴史博物館「国民の文化財 あ、コレ知ってる!はにわ、どぐう、かえんどきの昭和平成」 9/14(土)-11/4(振)
 10月7日(月)に埼玉県文化財収蔵施設図書室を利用した際、上記展示の図録(記念書籍)を目にした。拙稿「美々美」と共通する問題意識があることから、抜刷りを送ったら、図録が還ってきた。ありがたいことであった(朝貢のようなものか)。教科書その他のメディアを通して国民に流布されてきた“代表的”な縄文式土器・弥生式土器・土偶・埴輪などを集めた展示。例えるなら一昔前の紅白歌合戦。なぜか伝・中川代出土の刻文有孔石斧も展示されていたことには驚いた。
 http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0220
 漫画に縄文土器・土偶が登場する場面も丹念に集成している。とはいえ膨大な作品群をチェックしきることなど不可能だ。図録で取上げられていない作品を1点あげると、「新九郎、奔る」(ゆうきまさみ)がある。応仁の乱直前、足利家政所執事である伊勢家を舞台とした第1巻、献上された品々が収められた倉の中に、焼町式土器とパレススタイル壺がある。

  馬高縄文館「三十稲場式土器とその文化」9/21(土)-11/ 4(振)
 国史跡馬高・三十稲葉遺跡のガイダンス施設である同館が開催するのだから、標式というほかない。三十稲葉式の他に、付随的ではあるが、南三十稲葉式(標式遺跡は三十稲葉遺跡)も紹介していた。

 第2日(11/4)
  まいぶんKAN「渦巻きと火焔の縄文土器―あさひの縄文時代―展」  10/12(土)-12/8(日)
 朝日町といえば不動堂遺跡。同遺跡出土品を中心に、上山田・天神山式と富山県内出土の火炎土器を集めた展示。編み物に関するコーナーも興味深い内容だった。
 特殊な胎土の着色ポーズ土偶が2体展示されていた。作者を自称するFmrA2は、男性像を「朗らかなムラ長」、女性像を「少女の祈り」と命名しているが、縄紋文化を理想化しているため、像の本質を理解していないように思える。筆者の観察によれば、とぼけて空を見ている振りをして、足元に寄ってきたウリボウを石斧で撲殺するタイミングを見計らっている男と、それを横目で見ながら、ウリボウが捕れたら男を誑かしてドングリと交換しようと狙っている女ではなかろうか。

  富山県埋蔵文化財センター「HYOUSHIKI 標式土器―私たち研究者の縄文時代の編み上げ方― 」前期10/4(金)-12/23(日) 後期 1/6(月)-3/8(日)
 タイトルから、極楽寺遺跡、蜆ヶ森遺跡、朝日貝塚、天神山遺跡など富山県の土器型式の標式遺跡の標式資料を集成した展示を期待して行った。ところが”「標式土器」は考古学の辞書を探してもみつかりません”と切り出し、“様式(型式)を代表する土器のことを指す用語として用い”たといい“土器に全く同じものがない以上、どれか一つを標式土器として定めることも困難 … ありそうでないものが標式土器”と語る。
 土器型式設定の仕組(生物種との違い)をまるで理解出来ていないことに愕然とした。
 展示資料のほとんどは、同センター所蔵土器から、展示者が各型式の好例として選択したもの。唯一、串田新式のみ、本来の意味の標式資料も展示されている。
 展示資料は好資料には違いないので写真を撮りまくる。
 会期の前半は早期〜中期の型式を紹介しているが、展示室最終コーナーの“円形土器劇場”には前期〜晩期終末(または弥生前期)の好資料がラベル無しで並べられている。

  滑川市立博物館「滑川の縄文展」11/ 1(金)-12/ 1(日)
 滑川が富山埋文より後にくることに、富山の方は順番がおかしいと気付くだろう。下調べをせず、氷見の隣ぐらいと勘違いしておりました。滑川は富山市と黒部市の間にあることに富山埋蔵文化財を出てから気付いた。展示はタイトル通りであるが、滑川で著名な縄紋遺跡としては、後期の本江遺跡がある。「本江式」と呼ばれたことがあるかは知らないが、富山の後期中葉〜後葉を代表する資料である。また、滑川市博は通常は考古部門の展示がなく、同市の考古資料は不水掛(みずかからず)遺跡展示館にあることを知った。博物館事務室に尋ねると、同施設のリーフレットはないということで、おおまかな経路を教えていただいた。そこにも本江遺跡の後期土器があった。

11月15日(金)
  朝霞市立博物館「朝霞から見る古墳の出現〜方形周溝墓から古墳へ〜」11/9(土)〜12/15(日)
 同館では一昨年、縄紋晩期末〜弥生中期の土器をテーマとした「装飾壺から見た弥生時代の朝霞」を開催した。それを nYayo とするならば今回は iK となる。展示室の全体像が目に入った時、「ばっかじゃねぇの!」と吹き出しそうになった。前回に増して土器で埋まっている。担当者はエラい。
 朝霞市内はもとより、埼玉県内の主な資料が勢揃い、そして千葉・東京・神奈川・静岡からも代表的な資料を集めている。本気で見学したら丸一日かかる内容。
 未報告である朝霞市向山遺跡の資料も興味深い内容だった。
 図録は今月下旬に納品見込みとのこと。マナーを守れば展示資料の撮影可。

0174 「旧石器ねつ造事件と秋田考古」 早傘 〔2019/07/02-18:52〕〔124.24.243.169〕
              根_0174 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
 2週間前に、国会図書館で検索したら、意外なタイトルの記事が引っ掛かった。

神宮滋(かみやしげる),2019.1,「旧石器ねつ造事件と秋田考古 : その爪痕浅からず」北方風土,(77),1-17

 秋田とは意外に思ったが、秋田県における考古学的論述・言論を広く対象とし、特に市町村史や講演会などを史料として、旧石器遺跡捏造の影響をまとめたものだった。
 神宮は“考古に関して門外漢 … 神仏信仰をめぐる諸問題の研究に取り組む者”とのこと。
 神宮は、秋田県内の市町村史から、前中期旧石器を肯定する10例を紹介した。このうち2例は座散乱木以前であり、芹沢長介等の学説に基づいた記述と推定できる。座散乱木以降のものは宮城県内の捏造遺跡を紹介している。なお、1994年刊行の『男鹿市史』は、捏造遺跡に一切触れていないことを特記している。
 また、秋田考古学協会が1995年に開催した四十周年記念シンポジウムで、中野益男が残存脂肪分析について講演し、翌年秋田考古学45号に掲載された講演記録に、馬場壇の「分析結果」が紹介されていること、2015年に刊行された秋田考古学59号の「六十周年のあゆみ」でそれらに一切言及が無いことを問題とした。
 さらに、県内市町村史に戻り、旧石器時代の時代区分を点検した。市町村史を多く執筆した富樫泰時が、

小林達雄1986「日本列島旧石器時代文化の3時期について」国立歴史民俗博物館研究報告11

の3期区分を、発覚前はもちろん、発覚後も用い続けていることを指摘した。著者は“「三万年以前の石器」の存在を前提とする第I期の区分自体が否定されなければならない。そうであれば捏造発覚後も変わらず小林編年に依拠してよいのか”という疑問をつきつけた。
 細かく示さないが、神宮が旧石器文化研究に不案内故に、小林編年を誤解した記述もある。しかし上掲の疑問は至極当然なものといえよう。
 実は小林編年のI期というのは他者と異なる独特のものであるとともに、東京における旧石器編年のあゆみも背景に持つ。独自というのは、多くの研究者が、南関東の立川ローム層下部で確認できた石器群と、座散乱木との間に一線を引いたのに対し、小林は、武蔵野編年(小田静夫編年)のIa期と宮城の「前中期」を合わせて「ナイフ形石器出現以前の石器群」としたのである。したがって、宮城の捏造資料を除いても、小林I期が空白となるわけではない。しかし、武蔵野Ia期は、設定直後から本当に独立した時期か疑問を呈されていた。小林が1986年に論文を執筆したこと自体が、座散乱木・馬場壇の発見を取り込んで旧石器文化編年の主導権を得ようとしたものであり、撤回されて然るべきものである。一方、東京における旧石器編年のあゆみも背景に持つ、とはどういうことかも説明しておこう。小田編年のI期とII期の区分は元々ナイフ以前とナイフ形石器の時期という区分であった(ナイフ以後が第III期。ちなみに、この3期区分は、岩宿遺跡発掘直後の3期区分とも対応している)。しかし、当初にナイフ以前と評価していた層位にもナイフ形石器が伴うことが明らかになり、それも次第に下層に進んでいった。小田はIとIIの区分を動かさず、Iの内容を更新・細分してIa〜Icの3時期としたのであった。一方で、当初の3期区分を小田とともに考えた小林は、IとIIの境界を、論文執筆時にナイフ形石器出現期と考えた時期に遡らせたのであった。現在も本州・四国・九州の公約数として使える「AT以前」「AT以後細石器以前」「細石器」という3大別は、小田の3期区分とほぼ対応し、岩宿編年(発掘直後)とも対応する。
 余談はさておく。
 神宮はこうまとめた。“気の晴れない作業であったが … 本稿は … あるユニークさを持つことが見えてきた … 特定県の市町村史の執筆における捏造事件の影響を … 具体的に取上げたこと … このような論考は管見ではあるが、まだ筆者の知るところではない。その意味で本稿は捏造事件に関して新しい研究領域を示すものであるかも知れない”

 神宮氏には、次のような感想文を送った
 “捏造問題が風化しつつある中、大変貴重なお仕事と存じます
 …(中略)…
 なお、特定県の市町村史における捏造事件の影響を検証した作業として、
活字化はしていませんが、2004年に下記を公表しております。
「埼玉県内公撰地域史における前期旧石器の扱いの変化」
http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/siryou/saitama-tiikisi.htm ”

0173 週刊新潮(12/19発売号)に神の手事件のその後 早傘 〔2018/12/25-19:22〕〔175.179.198.25〕
              根_0173 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
無署名「ワイド特集 平成のカネと女と事件 10 『旧石器捏造』歪められた日本史の『ビフォー・アフター』」週刊新潮 2018年12月27日号(12月19日発売),pp.139-140
 14の事件のひとつとして選出された。渡辺雅春(毎日新聞)と竹岡俊樹のコメントを用いながら事件の概要とその後の藤村氏を説明。
 本人も訪ねたが「ダメです、ごめんなさい」と戸を閉められたとのこと。近所の住民によるとほとんど引きこもり状態とのこと。

0172 新聞記事<みやぎの平成30年> 早傘 〔2018/01/05-00:42〕〔124.24.243.51〕
              根_0172 引用して返信 引用無し返信 
<みやぎの平成30年>(3)高森遺跡で旧石器発掘、捏造発覚 地域資源 見直す契機に
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180104_13016.html

0152 URL変更のお知らせ 船頭(管理人) 〔2016/09/16-23:06〕〔222.158.161.135〕
              根_0152 引用して返信 引用無し返信 
@Nifty の @homepage サービスが終了するため、
この掲示板を @niftyホームページサービス(LaCoocan)に移転しました。
リンク、ブックマーク等の修正をお願いします。

新URL
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi

移転前のURL
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi

0137 「岩宿の検証 -序-」 早傘 〔2016/06/03-06:54〕〔124.24.250.135〕
              根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
『アルカ研究論集第5号 -角張淳一 追悼号-』(六一書房で販売されている)に
「岩宿の検証 -序-」を書いた。

要点をいくつか抜き出す。《》は筆者原稿からの引用範囲、“”での引用は引用文献から

《「岩宿の発見」をめぐっては、考古学界内部に留まらず、広く世間からも関心を持たれ、それに応えて、関係者から多くの証言がある。文章化されなかった多くの裏話も伝えられている(らしい)。一方、近年、未公開資料が次々、公表されている。記録時点が明らかな資料をとおして、岩宿遺跡先土器文化層の発掘にいたる過程と直後の対応を中心に洗い直してきたが,検証すべきことがあまりにも多い。本稿ではそのうち3点に絞って論じた。
 酒詰日記の重要性,清水潤三の関わり,発掘40年後に出現した謎の「細石刃」である。》

1.酒詰日記に見る「岩宿」


酒詰仲男の日記には「発見できなかった側」のリアルタイムな記録、すなわち、入手した(しばしな不正確な)情報とその経路、感想、意見などが残されている。興味深い情報の一例として、学界は黙殺したか? という点についてこの記事では紹介する。

《(昭和24年)10月12日 水 “…今日は杉原君が民衆科学で旧石キの話をすると云うので、仁さんと予と3人で質問に出ようと云う手はずのところ山内さん(今日協会の会ギ)から電話で旧石器はやらぬと言明したと云うのでとりやめた。…”》[酒詰治男:編 2013]

とあり、

《渡辺ほか(1977)で杉原は考古学協会京都総会では(岩宿の発表に対して)質問もなく完全に無視されたと記し,多くの書に引用されている。しかし,それより前,東大側が研究会で質問する気で待構えていると杉原が逃げたのである。》

翌年1月21日の東京考古学会例会での発表も《“藤森(1965)に“うちうちの集りなので,どうということはな”かったとあるが》、実は出席した山内清男、酒詰仲男から厳しい意見が出ていた。

京都総会に関してのみ《岩宿の研究発表があったが,酒詰日記には関連する一文字の記述も無い。酒詰・山内は安土遺跡の調査準備で頭がいっぱいだったらしい》と論じた。

ところが、校了後、重要な資料の見落しに気付いてしまった。

“伊東 ちょっと話がもどりますが、杉原さんは旧石器の問題で,今まで旧石器と主張したことはないといわれましたけれど、私の記憶では、はじめに主張されたのはたしか杉原さんで、それは京都での考古学協会で岩宿のことを発表された際に、旧石器時代として発表されたと思います。そのとき、それはおかしいといったのは後藤先生と私ですよ。はっきりおぼえています。
杉原 あのとき私はこういうことをいったのです「旧石器という前にかならず言葉がついていて、関東ローム層からでた石器で、従来の地質学者が関東ローム層は洪積世の終末の地層であるというかぎり、関東ローム層からでた石器だから旧石器といっていいだろう」と。このことを附け加えています。石器の研究からは旧石器とはいえないといったはずですが。”[伊東ほか1971]

学生社が企画した座談会であり、同社の「シンポジウム」シリーズの原点である。座談は、出版の数年前から数回に亘って実施されたということであり、引用部分の会話がいつなされたかは特定できない。しかし、参加者は、速記録が整理・編集された状態で、出版前に校正したはずである。1970年頃の杉原は、京都総会で無視されたとは主張していなかった。その4年後の、同系統の座談会でまったく逆の発言をしていることになる。

伊東の発言にも首をかしげることはある。考古学協会・京都・後藤守一 というキーワードからは、岩宿の5年後にあった“大塚見殺し事件”(註1)を思い出すが、学閥意識が強かった時代、総会の場で、後藤が岩宿の年代への疑義を呈するという事があるだろうか? 他の研究者と取違えたか、あるいは、発表後の会話では無かったろうか? 総会の場にいたであろう森浩一が何か書き残していないかと何冊かは確かめたが、著書が多すぎて調べきれない!


註1 明大助手・大塚が、教授・後藤守一の舟葬説に沿った研究発表をさせられた。水野正好などから厳しい質問を受けた大塚は立往生。司会から後藤に助け舟を促すが後藤は沈黙。総会終了後、大塚を出口で待っていた杉原と小林は「事情はわかっている」と慰め、祇園に呑みに連れて行った。大塚が複数の著書に書きのこしている。

引用文献
伊東信雄・大場磐雄・鏡山猛・斎藤忠・杉原荘介・八幡一郎 1971『座談会 現代の考古学』学生社
酒詰治男:編 2013『酒詰仲男 調査・日録 第9集』東京大学総合研究博物館標本資料報告第96号
藤森栄一 1965.11『旧石器の狩人』学生社
渡辺直経ほか 1977『シンポジウム 日本旧石器時代の考古学』学生社 (座談会は1974に実施)

2.同時代史料に見る岩宿直前
明治大学による岩宿の発掘に至るまで、相沢が東京の研究者にどのように接触したかを、相沢、芹沢、江坂の記述により検証した。そして、展示物として公表されている清水潤三からのハガキの内容を検討した。

好運にも、執筆依頼を受けた直後に慶応大学が公開した資料も検討した。相沢から清水に送られた岩宿遺跡採集石器実測図である。

この節で引用するつもりで引用文献一覧に掲げながら、うっかり入れそびれた資料がある。

江坂輝弥 1950.05「一九四九年度に於ける日本考古学会の収穫」貝塚24,p1-3
“…一九四九年晩春…相沢忠洋君が…黒曜石の小剥片等の石器のみを出土する文化遺物層を偶然の機会に発見、其後慶大考古学研究室の清水潤三氏等の教示を得て鋭意調査をなし、八月中旬明治大学文学部考古学研究室の芹沢長介君を通じて杉原荘介氏の知るところとなり…”

今風にいえば“動向”記事であり、岩宿発掘に至る経緯の初出文献であろう。清水の関わりはここで記述されたとおりであった。

3.「細石器」問題
近年、明治大学所蔵岩宿遺跡出土石器には「細石刃」(島田2000)または「小石刄」(小菅2009)と呼ばれる石器10数点を含むと紹介されるようになった。それはなにかの間違い(他遺跡資料の混入)だろうという意見を述べた。

問題の資料は、筆者の知る限りでは群馬県立博物館(1989)への写真掲載が初出であり、その前年に明治大学資料を再実測した須藤(1988)では存在をうかがわせない。偶然のことか、群馬県立博物館の企画展示が始る直前に相沢が逝去した。

この節のうち、p39におかしな文を書いてしまった(校正で気付かなかった -_-;)

“阿佐見層出土石器8点のうち右側4点に出土層位不明・細石器(岩宿)としている。”

“阿佐見層出土石器4点(岩宿II)の右4点に出土層位不明・細石器(岩宿III)としている。”
と訂正する。

島田和高 2000「岩宿発掘一九四九〜一九五〇:基礎整理編 -明治大学考古学博物館収蔵資料(旧石器時代)の再検討・再評価(二)-」明治大学博物館研究報告5, pp.15-53
小菅政夫 2009『岩宿遺跡はどんな遺跡だったのか』岩宿博物館
群馬県立博物館1989『岩宿遺跡40年』
須藤隆 1988「岩宿遺跡A地点」『群馬県史 資料編1』,pp.248-264

0138 アルカ研究論集5 角張淳一追悼号について(1) 早傘 〔2016/06/13-06:43〕〔124.24.247.122〕
        親_0137 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
(2)でもよいかと思ったが、タイトル一覧でわかりにくくなるから(1)とする。

まず、目次を示す。(先頭の数字は番号ではなく開始ページ)

『特集 追悼のお言葉』
01 大塚 初重 角張淳一さんを偲ぶ
01 神村  透 電話の向こう
02 小林 達雄 信念を貫ぬいた角張淳一君
03 戸田 哲也 角張さんと日本文化財保護協会
04 鈴木 正博 角張淳一さんが馬場小室山遺蹟にやってきた!
06 前田  ■ 遊子悲しむ (■は木偏に無。訓:ぶな JIS第3水準)
07 大工原 豊 “剛構造"の角張淳一さん
08 内川 隆志 角張さんを偲んで
09 堤   隆 武蔵野と相模野 ―角張淳一さんのこと―

『研究ノート・書評』
10 桐原  健 古代学万ず覚え書「竃雑感」
11 坂本  彰 有為転変 ―川島つゆの木曽御嶽行―
16 大村  裕 『旧石器捏造事件の研究』(鳥影社2010年)の感想
27 早   傘 岩宿の検証 ―序―

『論文・資料紹介』
42 宮崎朝雄 金子直行 中部地方における高山寺式土器及び後続段階土器群の変遷
74 近藤孝光(土器) 宇賀神恵(石器) 開田高原大原遺跡 1998年採集遺物資料紹介

『付録』・『編集後記』
84 角張 憲子 角張淳一におこったこと
86 角張淳一執筆論文一覧
87 有志実行委員会 角張淳一さん略歴(平成24年7月角張淳一さんを偲ぶ会にて配布資料)
88 編集後記


各部門の配列は年長順とのこと
執筆者18名のの構成を見ると、
同窓(国学院出身者)に偏らず、
石器研究者に偏らず(過半は縄紋土器研究者)、
社員に偏らない。
故人の交際の広がりを示すともいえよう。

故人の考古学研究歴は、アルカ社創立を画期として前半(1978頃〜1993)と後半(1993〜2012)に分けることが出来よう。
前半は、考古学研究者としては「学生」の立場であり、旧石器文化を主に研究した。
後半は「職業人(プロ)」としての石器研究者であり、縄文時代の石器を主に分析した。

執筆者の過半はこのうち後半期に知合った。

前半期からの知人では、
高校時代に知りあった堤が最も縁が長い。

母校の師である小林氏とは、
仄聞するだけでもいろいろなことがあった。
それでも故人は師への敬慕を捨てず、
小林氏も追悼文を寄せた。

これらのほかにも、この論集に向けて書かれたと思われる追悼文が別にある。
竹岡俊樹2016「追悼 角張淳一とのこと」異貌,33, pp.2-4

逝去から四年が過ぎてというタイミングだから、
アルカ社の企画に沿って起稿されたと推測できる。
それが別雑誌に掲載されたのは、締切りに間に合わなかったか、
別の配慮によってであろう。
配慮、というのは、追悼文としては型破りだからだ。

論集に掲載された追悼文でも、前田氏のものは、
故人が捏造事件に果した役割を時系列に羅列しているだけで、
著者と故人の関係が見えない、まさに型無しな“追悼”である。

それに比べれば竹岡氏の追悼は故人との初対面からの記憶を概ね
時系列に沿って並べ、最後に追悼をする点では「型通り」である。
しかしながら、竹岡氏の目を通してみた故人のマイナス面も
仮借無く記述する。呵責かと感じるほどである。
とはいえ、最後まで読みとおせば、故人と過した時を懐かしみ、
自己と似た一面がある「弟子」の早世を惜しむ気持が伝わってくる。
竹岡と角張ならではの追悼文である。

論集に戻ろう。
大村氏の研究ノートについては、次回で紹介する。

『論文・資料紹介』の2本は関連する内容。
社員2人が資料報告した、
開田高原大原遺跡採集遺物は、
高山寺式期の資料なのである。
資料報告のうち石器の図版が、
写真のみで、実測図でない点に、
社業の繁忙を読み取ることができる。

憲子夫人の追悼は、タイトルが、
「起ったこと」なのか、
あるいは「怒ったこと」なのか、
と想像を巡らせたが、普通に、
故人との出会いから、記憶に残る会話、
身近に見た姿などが綴られている。
結婚直後(87年頃?)に故人が、
「(東北の仲間が)困っていると知ったら、
貯金のすべてを俺は東北に持っていく」
と宣言したというエピソードが、
その後の苦悩を際立たせている。

編集後記には、
故人が愛用した、
PowerMac とタブレットの写真が、
いまにも実測を再開しそうな様子で
掲載されている。

0139 アルカ研究論集5 角張淳一追悼号について(2) 早傘 〔2016/06/20-13:27〕〔175.179.201.194〕
        親_0138 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
誤記修正と、追悼文をめぐる補遺

まず、拙稿の誤記を修正する

P28 L9
「薗田(1949)」の出典が引用文献一覧に無し → 引用文献に下記を追加
薗田芳雄 1949.06「両毛考古學研究會の歩み」両毛古代文化1, pp.73-74

P39 L20 「直ちに呼び調査」→「直ちに予備調査」

引用文献
2000.03 安蒜政雄・島田和高『岩宿発掘50年?旧石器時代研究の原点と足跡?』明治大学考古学博物館
 ↓
2000.03 安蒜政雄・島田和高『岩宿発掘50年 -旧石器時代研究の原点と足跡-』明治大学考古学博物館


さて、角張氏の逝去直後、ネットで追悼文を探しはしても、収集はしなかった。

 あらためて探すと、ネット上では、難波紘二氏、佐藤啓介氏、アームチェア氏、堤隆氏の追悼文(またはメッセージ)が残っている。
 ネット上でオープンな情報源となったのは、岡安氏が6月8日に公表した記事で、難波氏がメーリングリストに投稿した記事を転載したものであった。岡安氏の記事は現在削除されているが、、別の掲示板に投稿されたコピーが残っている。記録の意味でこちらにも転載しておく。
 そのほかの1行追悼はそのまま引用する。堤氏のブログは、一部のみ引用する。

-----------------------------------------------------------------------
2013-02-05 無党派 (ヤフー掲示板 日本語の起源)
http://textream.yahoo.co.jp/message/1835208/ffckdc8la4n5af8bb/1/16522
【追悼】
旧石器捏造事件を追求し続けた角張淳一氏が去年亡くなっていた。
岡安光彦氏のブログ・サイト『考える野帖』より
≪早傘註 以下『』内は難波紘二氏≫
『2000年夏に、自分の経営する考古学発掘調査会社「アルカ」のHPで「旧石器遺跡捏造」を告発し、同年11月の「毎日」による「世紀のスクープ」のきっかけをつくった角張淳一氏(52歳)が、5月25日急死していたことがわかった。

 妻の憲子さんのお話によると、5月25日早朝5:00にベッドの上で心停止の状態で発見されたとのこと。生前から自分が死んだ場合のことは、よく口にしており、故人の要望どおり、5月28日(月)に親族のみで密葬をおこなった。

 3・11により、復興予算が優先されたため、東日本の遺跡発掘調査がストップし、会社経営が著しい困難に見舞われたことと、持病に糖尿病があり、さらにワインが好きで愛飲を続けたため、最近は肝機能に障害を来しており、心労とこれらの障害があいまって、睡眠時に心筋硬塞または心房細動による血栓症で脳梗塞を来したと思われる。遺体は警察による検屍が行われ、警察医が主治医と連絡をとり、「事件性はない」として検案書が発行された。

 学生時代から捏造事件の主犯藤村新一と親交があり、発掘現場で「土の色が変わっているところを掘れ」と指示されて「旧石器」を掘りあてたという体験談を、のちにヨーロッパ旧石器の専門家である竹岡俊樹氏に「バカだな、それは捏造の証拠じゃないか」と指摘されたことが、「目からウロコが落ちる」きっかけとなった。

 日本考古学協会は藤村関連の旧石器遺跡および石器を調査する「特別委員会」を発足させたが、批判派の角張および竹岡は、実質的に排除された。委員会は最終的に「全遺跡が捏造である」と結論し、ここに日本における「前期および中期旧石器時代の存在」そのものが否定されることになった。

 角張氏の遺著は、『旧石器捏造事件の研究』(鳥影社, 2010)である。これには2000年7月にアルカHPに掲載された捏造を指摘した論文「前期・中期旧石器発見物語は現代のおとぎ話か」が、末尾に収録されている。本書に対して國學院大學から文学博士号を授与しようという動きがあったが、最終的に本人が辞退している。
 なお、捏造事件の責任者たちを追及した九州の民間古代史学者奥野正男氏による『神々の汚れた手』(梓書院, 2004)は「毎日出版文化賞」を受賞している。

 2011年に山口県に出張の帰りに拙宅を訪問してくれ、レストラン「サンサーラ」で会食する機会があった。その後はときおり電話をかけて来てくれていたが、最後に会話したのは3月頃だったと記憶する。その時に会社の苦境を訴えていた。惜しい友人を失った。歳も若いが、人生はその長さではなく、いかに生きたかが重要である。その意味で彼の人生は質的に高かった。

 個人的には考古学協会の総会で、「石器に付着した脂肪酸がナウマン象のものだという分析結果はインチキであり、付着しているものは現代人の手の脂だ」という演題を発表しようとしたとき、岡安氏とともに、連名の推薦者になってくれたことに感謝している。このインチキ化学者は帯広畜産大学の名誉教授となり、いまや「ヘルシーなペットフード」を売っている。』
 ≪以下略≫
-----------------------------------------------------------------------
2012-06-08 SATO Keisuke
 http://twilog.org/ks_sato/date-120608

角張淳一氏が先月急逝されていたなんて。遅くなりましたが、ご冥福をお祈り申し上げます。 http://t.co/WcEdSOvx
posted at 15:48:01

角張氏は、ある考古学のblogに対し、お亡くなりになる3日前、5/22にコメントをされていたのをお見かけした。
posted at 15:58:42

-----------------------------------------------------------------------
2012-06-08 19:00 追悼(renes=アームチェア marginBlog)
 http://maia.exblog.jp/15518945/

一度だけ会社にお邪魔したことがある。哀悼の意を表する次第である。

-----------------------------------------------------------------------
2012-07-20 22:06 角張淳一さんを偲ぶ会(堤隆 八ケ岳だより)
 http://tsutsumi.blog.so-net.ne.jp/2012-07-20

≪前略≫彼は私より1年先輩で野沢北、私は野沢南高で、高校時代には相互の文化祭の研究発表を見あったりもした。
-----------------------------------------------------------------------

また、下記にも関連の記述がある

2012-08-20 12:29 【考古学・人類学】難波先生より(ある宇和島市議会議員のトレーニング)
http://blog.goo.ne.jp/motosuke_t/e/bf46650b03d5bb68ad6a02e2ef337acf

続く

0140 角張淳一追悼について(3)-1 季刊邪馬台国2013年1月号 早傘 〔2016/06/27-07:10〕〔124.24.249.252〕
        親_0139 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
まだ脇道で、竹岡追悼文をめぐって

異貌参参(33)号に載せられた竹岡追悼文には、
“私が角張の死を知ったのは、死の何ヶ月も後、たまたま見ていたインターネットの中だった”
とある。本当だろうか? 竹岡がそれほど孤立した存在ということはない。
いくらなんでもアルカ社から連絡が行かなかったとは考えにくい。
それ以外の誰もが、竹岡には連絡が行っているはずだと思い込み、わざわざ知らせなかったと考えることもできなくはないが、逝去直後に考古学関係者と雑談でもすれば角張の話題にならなかったはずはない。不思議だ。


筆者は、下記のツリーにおいて、
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0108
2012年7月号(114号)に角張の逝去にふれていないことをいぶかしみ、
10月号(115号)でも、コメントでは明記しなかったが、角張の訃報に言及が無いことを不思議に思った。

竹岡が角張の死にふれた最初は、
季刊邪馬台国2013年1月号(116号)である。

10月号の著者校正(おそらく8月)の後に訃報に触れたとすれば「数ヶ月後」という説明とは整合的である。

その場合、情報源は当サイトの可能性がある。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0094

さて、2013年1月号は“特集『考古学を疑え』”として、下記4本を掲載する。

旧石器時代研究のゆくえ/竹岡俊樹 pp.8-20
「旧石器捏造事件」考/辻本武 pp.21-34
<神の手>事件はいまも生きている/石原秀晃 pp.35-49
考古学への懸念―理化学的手法への対処/山口昌美 pp.50-58

同号は発売直後に購入したが、当サイトに関連する内容が盛りだくさんすぎて、
紹介をサボってきた。3年越しの宿題を消化する。

(おそらく仮想の)対談である「旧石器時代研究のゆくえ」で、竹岡と“N”はこう語る(p.17)
“竹岡 …この学問を何とかしたいという彼の思いは本物でした…昨年の五月に死にました。憤死ですね…自分の性格を持て余しながらもよくやりました。無念です…
N ああ、それでこれを書いているのですね。
竹岡 いえ、そういうわけでもありません”

Nのツッコミかたが、リアルな対談でないことを露にしてしまっている。
このあたりは竹岡も心を揺らしながら書いたとうかがえる。

対談の前半は、同号に転載された辻本氏のネット上論考と、114号に掲載された石原氏の論説を、
“両氏は考古学の専門家ではありませんが、あるいはそれゆえに客観的に、本質的なところをついている”として、
適宜引用しながら、学界の問題を論じる。

石原論説(114号)については当サイトでも評価し、伊皿木氏による評価もある
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0108
http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2012-10-31

辻本のWEBサイトは下記にある。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/

在日朝鮮人に関する論考が多数をしめるが、
論題一覧:http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/ronkoushuu
のうち、
 第82題 「旧石器捏造事件」考(05年10月1日) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunidai
 第83題 (続)「旧石器捏造事件」考(05年11月1日) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuusandai
が116号に転載された。

その内容を読めば、“考古学の専門家ではない”とは思えない。
そこで、ほかの考古学関連記事を読めば、氏が埋蔵文化財調査のプロ(大阪だから技師の位置付けだろう)とわかる。
ex.
 第117題 汽車土瓶と刻印煉瓦(11年10月18日)
 第112題 吉野遺跡出土の埋蔵銭(08年4月1日)

とりわけ
 第35題 「遺跡捏造」考(01年11月1日)http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daisanjuugodai
はかつて“高知の縄文探訪”に掲載されたコラム“旧石器のクギ”と共通する“悪習”の紹介を含み、興味深い。
辻本は、考古学にも現代社会においても、思い込みによる歪んだ“歴史”が誕生し定着する(している)ことを憂えるのである。

竹岡は何によって辻本が考古学の非専門家と思い込んだのであろうか?

実は、同号の編集後記では“石原氏、山口氏は「考古学界」の外から見た”と紹介するが、辻本にはふれない。
個別記事でも、石原と山口の記事は末尾に著者プロフィールが附されるが、辻本の記事には著者紹介がない。
このことから、編集側は辻本が考古業界の人間であることを知っていて、それを伏せたと考えてよい。

竹岡はピエロである。

(続く)

0141 角張淳一追悼について(3)-2 季刊邪馬台国2013年1月号 早傘 〔2016/06/27-07:11〕〔124.24.249.252〕
        親_0140 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
次に、石原の“<神の手>事件はいまも生きている”は、タイトルから、早傘のサイトをごらんになっているとうかがわせるが、直接の言及は無い。

推測を混えながら、協会側の検証体制、とりわけ甘粕健会長や戸沢充則特別委員長の対応が適切だったかを検討している。その分析はうなずけるところも多く、学術不正問題に関心が有る方には一読をお勧めする。

ただし、不満が2ヶ所有る。ひとつは戸沢への評価の甘さである。委員長退任後に記した言訳ときれいごとをそのまま受いれている。
第二に“いまも生きている<神の手>”として紹介している事例が、安満宮山古墳の説明版という点だ。その説明文(“使節団の一員として活躍し…卑弥呼から直接、授けられた”)は確かにひどい。推測を通り越して創作となっている。批判の9割まではうなずける。
http://img01.osakazine.net/usr/takatsuki/NO.229kamihata.JPG

しかし、これは一市町村の暴走に過ぎない。それに対して“こんな愚行の歯止めとならない考古学とはなんだろう”と嘆かれても困る。一般向けの説明版やパンフレットを学界が査読せよとでもいうのだろうか? 偏った法解釈をふりかざす弁護士がいたら法学の責任になるだろうか? 一般に、市町村において、文化財担当者は少人数しかいない。したがって、パンフレットや展示図録、報告書などで、不勉強や思い込みに基づく、珍妙な記述は珍しいものではない。それを減らす仕組は工夫しなければならないが、根絶は不可能だ。
そもそも掲載誌の志向を考えれば、ここで邪馬台国近畿説に関する例を採りあげては“媚び”と受止められかねないことを危惧しなかったのだろうか。筆者なら、九州の同様の事例を採りあげたのに、と思う。

山口の論説は、それまでに発表した一連の論説のまとめとなっている。内容自体にはケチを付けられない(無理に付けたいわけではないけれど)。
ニヤニヤできるのは、この論考の要旨を一言にまとめれば、“考古学を疑え”ではなく“考古学に寄ってくる「自然科学者」を疑え”になるということだ。掲載誌は、編集長の安本美典を筆頭に“統計の専門家”“元技術者”“自然科学者”が多く執筆している。山口の意図と別に、痛烈な皮肉になっているのである。

竹岡の“対談”に戻ろう。末尾をこう締めくくる。
“N …土偶はいかがでしたか? 一一五号には間に合わなかったようですが。
竹岡 論文をたくさん送りつけていただいてどうも。笑ってしまいますね。思いつきと妄想の世界。分析らしいものがどこにもない。はい、ごくろうさまでした。”

竹岡は、1号おいて118号に「『旧石器捏造事件』のいきさつと現状 」(邪馬台国の会での講演の活字化。)を記したが、
土偶は論じず、以後、同誌には執筆していない。

土偶はどこにいったかと思っていたら、異貌33号に、角張追悼文と別にもう1本、
 「土偶を解読する 考古学的方法の限界とその克服」
を執筆した。あちらも3年越しの宿題であった。

既存の土偶研究に“思いつきと妄想の世界”が多いのはいうまでもないが、
竹岡自身はどうかと読めば、これまた、である。
縄紋文化研究者が不慣れで竹岡が経験を活かせるはずの、土偶が意図して壊されたかという論点に対してすら、自身の観察を行わずに結論を出すのだから、日頃の自身の主張が台無しだ。遺物との対話が無い机上論理でしかない。

0142 角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 早傘 〔2016/07/09-08:25〕〔175.179.202.11〕
        親_0141 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
「“岩宿”の検証」を書く際に、言及しようか迷ったのが、

  竹岡俊樹 2015「『考古学崩壊』その後 -松藤和人氏・佐藤宏之氏による批判に答えて-」異貌32,pp.2-19

主な内容は、松藤や佐藤のふるまいが、ポーズとしての「科学」にすぎないことの批判。
それ自体は痛快である。

しかし、次のような一文を含んでいる(p.14)。
“ネットなどでの議論も些末な問題に終始し、こうした本質的な問題はなぜか論じられない。『石の虚塔』にみられる用語などの間違いの数を数えてどのような意味があるのか?(重版ではそのほとんどが修正されている)藤村石器を前期旧石器と信じていた阿部祥人が富山遺跡の石器を実際に見たかどうかを問題にすることにどのような意味があるのか?”

いつものとおり竹岡は批判対象を明示しない。批判の最低要件すら満たしていないのである。

筆者と伊皿木の対話を指すことは明らかで、
URL を示せば次のとおりとなる(記事からのリンク先を含む)。

『石の虚塔』問題
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0120
http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2014-09-10

「富山論争」問題
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0125
関連記事
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0132

前者についていえば、
“用語や学史的事実の誤認ははなはだ多い”とだけ書くよりも
“140箇所を越える”の方が多さが際立つだろう。

140超という数字を知っているにもかかわらず“ほとんどが修正されている”というからには、
竹岡は100ヶ所以上の修正に気付いているのだろう。
しかし、筆者が附箋を付けた箇所のうち、重版で訂正された箇所はごく一部にすぎない。
筆者が明示した箇所ですら、ほぼ訂正されていないのだ。
竹岡が気付いた修正箇所のほとんどは、筆者と重ならないということになる。
ありえない。

そもそも、そのような文言を記す動機がわからない。
あるいは、上原のブログにある「専門家」とは竹岡のことなのだろうか?

そのような粗雑な竹岡といえども、それに対して的外れな批判はすべきでない。
“実際に見たかどうか”は実際、どうでもよいが、学閥的動機をいだいた的外れな批判をする伊皿木は窘めた。しかし、それだけの不毛な論議ではないつもりである。

竹岡は、自ら以外による富山の評価として、上記引用文の直後の段落でに
“山中一郎は角張淳一に「富山がアシュール文化であることがどうして皆にはわからないのか」とのべていた”と紹介する。
たしかに、そういう発言はあったのだろう。しかし、竹岡は下記記事も読んだことがあるはずである。

(山中の招きにより2006年に訪日したジャック・ペルグランが)“山形県埋文に足を運ばれ、富山遺跡の出土資料に眼を通してくださり、主として剥片資料について、縄紋時代石器製作のときに出たとしても矛盾はないと断じられました。藤村新一さんが直接関与していない資料なのに「ねつ造」検証委員会のメンバーが観察に行かれたのに、観察の評価が出されないので、ペルグランさんの意見を求めたのです”(山中 2014.05;p12)

山中自身の資料評価は明記されていないが、文脈から、ペルグランの評価を是とし、縄紋時代でもよいと考え直したのだろう。
引用元は、2013年7月に亡くなった山中が病床で記述したものである(日付は5月1日)。
  山中一郎2014.05「日本考古学への遺言」異貌31, pp.2-18
次の文献も同様の環境で執筆された
  山中一郎2013.09「先史学史と自分 (特集 考古学者山中一郎「最後の原稿」)」郵政考古紀要57, pp.9-60

どちらも、自らの研究の歩みを振り返るとともに、日本考古学界の過去と現状への憂慮を書き残している。思いが原稿ににじんでいる。

竹岡(2015)の「おわりに」もまた、痛切である。まるで遺言のようであり、前号の例があったから、心配もした。
本年5月に相変わらずの文章を見て、ある意味ほっとした。
お元気ならばなによりだ。

0143 RE:角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 伊皿木 〔2016/07/13-12:48〕〔39.2.244.13〕
        親_0142 根_0137 引用して返信 引用無し返信 
竹岡さん以外に、富山が毒キノコだと、いやアシューリアンだと、あるいは前期旧石器だと、今でも明言されている研究者は、どなたでしょうか?

0144 RE:角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 早傘 〔2016/07/14-22:53〕〔124.24.244.27〕
        親_0143 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
そんなの、それこそどうでもよいと思います。
伊皿木さん自身による、報告書と遺物の再検証に基づく富山遺跡の評価をお待ちしています。

0145 RE:角張淳一追悼について(4) 異貌32号の竹岡コメントをめぐって 伊皿木 〔2016/07/15-08:33〕〔39.2.244.13〕
        親_0144 根_0137 引用して返信 引用無し返信 
ある資料群について、○○と述べる。その根拠を確認し、その妥当性について論じることが、「どうでもいい」とは考えません。もちろん「富山遺跡」の解釈に限らない問題です。そしてお求めの「再検証に基づく評価」については、今のところ、阿部2004で提出された以上のものを持ち合わせないのが現状です。悪しからず。

0146 角張淳一追悼について(5) 早傘 〔2016/07/19-08:21〕〔175.179.201.241〕
        親_0142 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
角張淳一追悼号の『研究ノート・書評』部門に掲載された4名のうち
 p.10 桐原 健 古代学万ず覚え書「竃雑感」
 p.11 坂本 彰 有為転変 ―川島つゆの木曽御嶽行―
 p.16 大村 裕 『旧石器捏造事件の研究』(鳥影社2010年)の感想
 p.27 早  傘 岩宿の検証 ―序―

 桐原健「古代学万ず覚え書『竈雑感』」
は追悼号として違和感がある。
内容は表題どおりの竈に関する雑感であり、追悼の辞もない。
定期刊行誌であれば、通常号のつもりで投稿された記事と解釈できるが、追悼号のために募集された原稿である。

竹岡の追悼文が載った異貌33号には、桐原の研究ノートも掲載された。
  桐原健「縄文の刃器 横刃形石器の場合」異貌33, pp.5-9
こちらは、角張の追悼にふさわしいテーマだ。
以下は憶測だが、桐原はこの研究ノートを追悼号のために起稿したが、追悼号の締め切りに間に合わず、手元に蓄えた既成原稿から選んでアルカに納め、完成した研究ノートはまだ間に合った異貌に投稿したということかもしれない。

坂本彰は、角張逝去の翌年に、ホームグランドの『利根川』に追悼文を載せていた。
  坂本彰2013.05「石の器を見つめて -角張淳一さんの訃-」利根川35,pp.74-75


大村も、2年前にホームで追悼文を公にしている。
  大村裕2014.05「角張淳一さんを偲ぶ」下総考古学23,pp.178-179

掲載号は、下総考古学研究会設立50周年記念号として企画され、2013年刊行を予定していたが、1年遅れになったとのこと。
同号の主たる内容である中峠遺跡第6次調査報告のうち、石器の分析は角張が無償で引き受けていたが、急逝により大工原が引き継いだという。大村と角張の初対面は2001年秋だったが、それから間もなく、大村が私財を投じて開設した下総考古学研究会資料室に、過分な祝儀が届いたという。“晩年”の角張は、学史に関心を寄せ、自社で学習会を開き(大村も講師として招かれた)、図書室の開設も考えていたが成らぬままとなっている(神村透追悼文参照)。図書へのアクセスの地域格差解消は、下総考古学研究会の鼻祖の塚田光も強く訴えていた。

余談

都道府県の埋蔵文化財センターがその役割をはたせばよいと思うが、
日本考古学協会のサイトにあるリンク集から調べると、
公式サイトに、図書室の利用について記載があるところすら一部に過ぎず、
ネットから蔵書検索が可能なのは3施設にとどまる。
 群馬県埋蔵文化財調査センター
 http://gunmaibun.org/books/index.html
 奈良県立橿原考古学研究所
 http://www.kashikoken.jp/instit/tosyo-kou.html
 愛媛県埋蔵文化財センター
 http://pc2.ehimemaibun-unet.ocn.ne.jp/booksearch/booksearch_top.html


 *次回はいよいよ大村書評にコメントの予定

0147 角張追悼号大村書評について(1) 早傘 〔2016/08/19-21:20〕〔124.24.255.135〕
        親_0146 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
大村裕2016「『旧石器捏造事件の研究』(鳥影社2010年)の感想」アルカ研究論集5,pp.16-26
は、大きく3つの部分に分かれる。

前半5ページが一般的な書評に相当する。
中3ペ−ジで「中峠式」問題の顛末を紹介し、
残り3ページが結語と注・文献一覧となっている。

前半のうち、
「1.はじめに」では、角張本が重要な内容のわりに本格的な書評がないこと、
ネット上では、早傘と山村の感想があり、学界外では灘波による季刊邪馬台国での紹介があることにふれる。
大村はこれまでの著書と同様に、ネット上での論説もURLと閲覧日を明記して言及する
そういう「当たり前」のことができない人々が多数の考古学界においては、公正な態度として目立つ。

「2.本書の内容」では、目次を示した後、感想を挟みつつ内容を紹介してゆき、こうまとめる
“自分が生涯をかけて打ち込もうとしている学問であり、しかもそれを通して「たづき」を得ている、という自覚を強く持っていた角張にとって、その拠って立つ斯学の信頼が揺らぐことはとても看過できないことであった…自己弁護するところが一切なく…反響から逃げる姿勢も見せていない。その潔さに、一般の読者も心を打たれたであろう.細かな問題点や疑問点はあるものの、この本に一貫して流れている角張の純粋な研究者精神に、私は深い感銘を覚えるものである”
その上で
“この本を読んでいて、特に気になった点について私の考えを述べてみたい”
として次節に進む。

そして「3.『仮説』の検証作業ではまりこんだ陥穽」では、
“私は前章において、本書の中で最も注目すべき「前期旧石器ねつ造には共犯者がいた可能性がある」という指摘に対し、「決定的証拠がなければ同意できない」とした”が、き納得できない人もいるだろうから“私のささやかな体験談を踏まえ、「こういう考え方もできるのではないか」”と述べたいとし、現在自らが代表をつとめる下総考古学研究会の「中峠式」研究の経過を紹介している。

下総考古学研究会は1963年に中峠遺跡の自主発掘を契機に発足した(同会の初期の文献では、子和清水遺跡を自主発掘した1962年を発足としていたが、途中から公式見解が変わった)。明治大学OBの高橋良治と塚田光を指導者役として、非専業の考古学研究者や学生、中高生により構成されていた。会の性質が、石器文化談話会と類似している。

会の活動の中心になったのは、縄文中期の集落跡である中峠貝塚の自主発掘で、集落・社会研究を見据えつつ、中期中頃の特異な土器として高橋が注目した“Pre(加曽利E)1式”の層位的検証であった。そしてそれは1966年の第4次調査に於て一括資料の出土および竪穴住居跡と土坑の切り合い関係によって“証明”され、1976年に概報および「中峠式土器の研究」として公表された。このことを大村は、石器文化談話会による座散乱木遺跡の調査で“斜軸尖頭器”仮説が“証明”される過程と“よく類似している”と評価する。

確かによく似ている。昭和40年代前半に明治大学で学んだ鎌田俊昭は、下総考古学研究会について知る機会が十分有った。石器文化談話会の運営には、下総を参考とした部分もあったかもしれない。
(続く)

0148 角張追悼号大村書評について(2) 早傘 〔2016/08/20-20:56〕〔124.24.255.235〕
        親_0147 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
大村書評の要旨 続き


中峠式研究の牽引車だった塚田光は1981年に逝去し、その数年後から、中峠遺跡の本報告の作成作業がはじまった
そして新たな世代により、「中峠式土器」の再検討を行ったところ、“1976年に提示した標準資料は…系譜も分布域も異なる類型群で…しかもこれらの共伴事例は存在せず、阿玉台式や勝坂式および加曽利E式に少数伴出するものであることが組織的なデータ蒐集の結果明らかになった”。


1976年の概報で「中峠式」の層位事例や一括資料とされたものの整理を進めていくと、
b-1 中峠式の一括資料とされた4次1号住の覆土上層下部の土器群は、「中峠式」のほか勝坂式・阿玉台式・加曽利E1式から構成されていた。
b-2 加曽利E1式期とされた4次2号住は加曽利E3式期で、その床面下から発見された中峠式期のフラスコ状ピットの覆土上層に加曽利E(新)の土器片があった。
b-3 そのほかの住居跡についても、概報時点で「中峠式」とされたものが加曽利E2式であったり、住居跡の新旧関係が逆転したり、中峠式期の住居跡とされたもので「中峠式」の出土は少数派であったりした。


“いずれも調査中あるいは概報作成時において、「中峠式が加曽利EI式より先行する」という仮説に惑わされ、出土土器の厳密な型式学的検討を怠ってしまったため、遺構の時期決定や新旧関係の判断を誤ってしまったのである。…「仮説」にこだわり過ぎる余り、モノを見る目が惑わされてしまったのである…石器文化談話会の諸氏等がなぜあのような稚拙な捏造に気づかなかったのか…背景には、捏造を許した「共犯者」がいる故でないか、という憶測がいまでもささやかれるが「岡村仮説」を「Pre1式仮説」に置き換えれば…仮説…に幻惑されてしまった可能性も十分にあったと想像し得る…研究において「仮説」の設定は極めて意味のあることは論を俟たないが…批判者の視点に立って再点検することの重要性を想わずにいられない。下総考古学研究会での活動を通して私が得た最大の教訓の一つである”

ここまでが要約となる。

まずaについていえば、下総考古学研究会の見解の変遷としてはそのとおりだが、他地域(特に埼玉や東京)の研究者にとっては、新鮮な意見ではなかった。「中峠式仮説」は定説とはならなかった。この点は、神の手事件と異なる。

bについては本書評で初めて知ったことだった。下総考古学の当該報告が掲載された号は購入していたが、報告の部分は読んでいなかった。「中峠式」への関心が高くなかったからだ。報告文を読むと、なるほどと思いつつも、誤りのすべてを「仮説」のせいにするのは行き過ぎと感じる。

cについては異論がある。神の手事件について、“気付かなかったはずはない”という素朴な共伴説は広くあるだろう。それに対する批判としては成り立つ。しかし、角張が唱えた共伴説はそのような単純なものではない。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0059
で紹介したとおり、前期(馬場壇まで)の捏造行為には、岡村仮説への十分な理解や、いかにも古そうな(竹岡が夢見続けるほどの)石器の選択能力が必要であり、そのような能力を藤村が持っていると周囲に感じさせることはなかった。一般に捏造事件の主犯は、周囲に有能そうに見せかけることに熱心なのであって、韜晦などはしない。また、座散乱木15層の類例が今後発見されないという“予言”の不思議さなど、単独説では説明困難な具体的根拠を複数あげたのである。これを「決定的証拠がなければ同意できない」と切り捨てるならば、マスコミの隠し撮りに頼った16年前と対して違わない。

しかしそもそも、「中峠式」は単純な確証バイアスだったのだろうか?
大村書評の 註7 に“熊谷肇は、中峠遺跡第4調査地点2号住が「加曽利EI式よりも新しいのではないか」という疑問を…下総考古学研究会の連絡誌『研究メモ』…に公表し…塚田光との間で「Pre1 論争」が同誌上で展開され”たとある。
いったい、どのような論争なのか、大村氏に資料の送付を御願いした。
(6月末のことであり、ただちに御送付くださったが、コメントの記述が遅れてしまっている)

0149 RE:角張追悼号大村書評について(2) 大村氏の御注意 早傘 〔2016/08/20-21:03〕〔124.24.255.235〕
        親_0148 根_0137 引用して返信 引用無し返信 
大村氏からは、資料をお送りくださるに合わせて、学史研究の心構えを御注意くださった。以下に転載する。

----- 2016/7/3 14:17 ---------------------------
 貴ウェブサイトで、「下総」の「中峠式研究」に関して「辛口」の批評をされるとのこと。現在の目線から40年前を見れば、いくらでも問題点を指摘することは可能です。戦前の考古学者の業績や言動に対し、現代の平和で安全な立ち位置から「綺麗ごと」を言い立てる人が日本考古学界にもたくさんいますが、あまり感心できません。
 私も若い頃はかなり厳しい言説を書いたものですが、「高齢者」の仲間に入った現在は、先学の置かれた立場や苦悩、資料的限界に目配りをしてしまい、批判も少し「角」が取れてきたように自覚しています。
 塚田さんたちは、自分が置かれた現状の中で120%の力を振り絞ってあの共同研究をまとめたと私は思っております。塚田さんは、「金や名誉の獲得」を目的としてあの仕事をしたのではなく、「中峠集落を分析するための確実なタイム・スケールを構築したい」、と願って、命を削るような思いをしてあの仕事を仕上げたのです(実際その5年後に急逝してしまいました)。その研究者としての「良心」を正しく評価してほしいと願っております。
ちなみに『下総考古学』6号には一人のクレジットも入っていません。はっきり言えば、ほとんど塚田さんの手が入ったこの号は、「塚田光ほか」とクレジットが入るのが当然だと思いますが、塚田さんは、自分の名声獲得などは二の次とし、自らクレジットをすべて削除するよう、提案したのでした。「確固たる真実を証明できればそれでよい」としたのです。

この30年間、中峠遺跡の調査資料を再検討してみて、つくづく感服するのは、調査後40数年〜50数年たった今でも、精密な遺跡調査報告書を作成できるだけの資料を先輩たちが大切に記録・保管してきたことです。特に日々の「調査日誌」は克明であり、毎日調査担当者に執筆させ、それを几帳面に回収し、しかも丁寧に紙箱に保管してあることは特筆に値します。これなどは、今日の考古学徒も深く学ばなければならないと思っております。
早坂さんには、以上のことどもを十分に理解していると私は確信しています。学術的批判はおおいに結構ですが、先学たちに対する敬意をこめてご執筆くださるよう、伏してお願いします。 大村 裕          

追伸
 なお、この文章は、必要があればウェブサイトに掲載しても構いません。

0150 RE:角張追悼号大村書評について(2) 大村氏の御注意 KI 〔2016/08/21-23:21〕〔171.5.249.70〕
        親_0149 根_0137 引用して返信 引用無し返信 
わーい 記念書き込みだ!
>戦前の考古学者の業績や言動に対し、現代の平和で安全な立ち位置から「綺麗ごと」を言い立てる人が日本考古学界にもたくさんいますが、あまり感心できません。
そう,ご自身出身の研究室のここだけの話のが面白い.

0151 RE:記念書き込み 早傘 〔2016/08/22-07:37〕〔175.179.195.54〕
        親_0150 根_0137 引用して返信 引用無し返信  メール 
KIさま 40万アクセスに当たったのですね。おめでそうございます。

0134 敗れた国の人文科学(1) 早傘 〔2015/08/04-22:58〕〔219.104.40.111〕
              根_0134 引用して返信 引用無し返信  メール 
 戦後、連合国軍の占領下にあった日本の学界は、様々な改革を行って戦後の体制を築きました。当時の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱き、また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います。

という書き出しを用意したのが、一昨年の暮れ。
ずうっと半端なままになっていましたが、
他の原稿の締切りに追われているので、気分転換にこちらを仕上げました。


 昭和23年における人文系諸学界の状況がまとめられた資料がある。
  人文科学委員会 1949.07 『人文 特集号』
である。この号は、昭和23年に米国人文科学顧問団を迎えるにあたって、英訳して彼らへ提供するためにまとめられた資料を出版したものである。
 その経緯を「跋」から抜書きすると、

“そもそも米国人文科学顧問団の来朝は昭和二十二年の米国学術顧問団の来朝に端を発する。…その団員の顔ぶれは殆んど全部が自然科学者…人文科学関係の委員から…人文科学者のみによつて組織され日本の人文科学について権威ある助言を与える顧問団を要望…CIEがとりあげ…「(一)日本の人文科学の研究状況の視察、(二)日本の人文科学者との懇談及び視察、(三)それにもとづいて司令部に報告書を提出する」ことを目的とする顧問団が来朝する構想…昭和二十二年の春から昭和二十三年の始めにかけて文部省(人文科学研究課)が全国の人文科学者に呼びかけてその経歴調査を行つたのもこの準備の一つ…受入体制として…日本側委員会…諸機関から銓衡されるべきであることがCIEの希望…人文科学の各分野にわたるように考慮して最後に決定…文部省はCIEの意向を参酌して作製した「日本側委員会として蒐集しておくべき資料」と「会議における論題」との案を提出…結局日本側委員会としては「人文科学研究の過去現在及将来」について資料を作製することに意見の一致…実行にあたつては…研究の第一線に立つている中堅研究者が各専門分野についてこれにあたる必要…日本側委員会より人文委員会に協力方を要請…専門委員が…推薦された…”

 なお、「日本側委員会」で、考古学関係から選出されたのは「明治大学教授 後藤守一」であった。
 報告書の執筆方針は次のとおり


I 趣旨
 米国人文科学顧問団の参考に資するため日本における人文科学の各分野につきその研究の過去現在及将来について執筆し、これが集大成は日本の人文科学の鳥瞰図を形成すると共に今後のわが国の人文科学研究の一つの出発点となるものとする。
II 要綱
 一、各専門につき四百字詰原稿用紙約十枚に執筆する。(出来れば英訳を附す)
 二、報告書は各専門分野により多少の異同はあついてもよいが少くとも次の諸項目につき執筆する。
 (イ)序言(日本ではその専門分野が如何なる内容を持ち如何なる範囲を有するか)
 (ロ)沿革(大体において、明治以来の概観、主要な研究傾向、代表的な学者の氏名と代表作)
 (ハ)現状(学会研究機関の状況、その動き、研究の健全な発達を妨げる欠陥等)
 (ニ)将来の展望(今後どのような方向に研究が進んでゆくと思われるか、長期の研究又は事業としてどのようなものが取りあげられるべきであろうか等)
 三、(イ)記述は客観的であるように努めること。
 (ロ)文献を年代的に並べたような単なる記録に陥ることなく生きた状況報告であるように努めること。(このためには多少筆者の主観が出てもやむを得ない)
 四、将来の展望については筆者の考えが強く現れることになるであろうが、なるべく筆者は諸研究者の意見を徴取して実現性の多いことを記すこと。
 五、原稿は八月十五日までに完成すること。
 六、各専門の報告書が完成された後に各部門につき予め定めた担当者が概論的序論を書き、英訳の附していないものは英訳して顧問団来朝迄に印刷を完了すること。

 見本として、宗教学と言語学の報告書が先行して作製され、執筆者に配付された。

 このようにしてまとめられ提出されたた報告書は、顧問団にも高く評価され活用されたという。

――――――――

 顧問団の来朝と報告は、関係者それぞれの思惑があってなされたことであろう。それについての検討はしない。紹介したいのは、内容なのだから。
 報告書の目次を見ると、「人文科学」を大きく2分している。「文学」と「法律学・政治学」である。現在は、前者のみを「人文科学」、後者を「社会科学」と呼ぶことが多い。
 「文学」に配される諸学も、3分されている。言語学・文学グループと、歴史・地理グループと、哲学グループ(心理学、教育学、社会学、音楽学を含む)である。
 歴史・地理グループには、日本史、東洋史、西洋史、考古学、民俗学、民族学、地理学の7項目が配されている。このうち4つを紹介していく。

 「日本史」は、史料編纂所の宝月圭吾が執筆した。沿革の項では、古代から近代までの流れを概観した後、段落を改めて次のように記す

“かくの如くにして、日本歴史学は人文科学の一として確立し、立派な研究は続々と発表された。併し旧い実用的、教訓的――非科学的な傾向は必ずしも完全に清算し尽されてはいなかった.即ち日本歴史学が国民教育に結合した面に於て、その残滓が認められ、かの日本歴史の国定教科書にその具体的な姿が見えた.第二次世界大戦に於て、軍閥や極端な国粋主義者は、この日本歴史学の遅れた部分を民族の優秀性を僭称し敵愾心を昂揚する手段に利用した。この事は日本歴史学にとって頗る不幸な運命であった。そして軍閥や国粋主義者の強制を受けて、日本歴史の研究者の一部が、それに協力したことも、この不幸を一層大きくした。併し学問の尊厳を確信していた多くの学者は、これと無関係に、彼等の研究を着実に推進していたことも忘れてはならない”

 一部の協力者は、強制を受けた結果とする。そして現況の項で

“今度の戦争に依って、他の学界に比べても最も大きな痛手を受けた日本歴史学界は、未だ十分な復活を遂げたとは云えない…各大学の日本歴史研究室は、主として実証史学の立場にある教授達に指導され…他方少数ではあるが、マルクシズムの影響を受けた学者が相当活発な活動を示している。而してこの立場からする問題提起は…実証主義学者をして理論的考察に目を向けさせ・・・新しい学問の方向が芽生えつつある”

将来の課題は

“以上の如き真に正しい日本歴史学の発展にとって、現在幾多の障害が存在している”

と、現状の「正しさ」を強調した上で、史料保存問題、史料・図書の利用問題、研究組織の問題などの諸問題を呈示する。以上が、占領軍に対して表明された日本史学の立場であった。

0135 敗れた国の人文科学(2) 早傘 〔2015/08/04-22:59〕〔219.104.40.111〕
        親_0134 根_0134 引用して返信 引用無し返信  メール 
 「考古学」は江上波夫が執筆した。沿革を叙する前に“日本に於ける考古学の発達を略述するには、これを日本国内関係と、国外関係(東亜関係)とに二大別して、記述するのが便利”とし、国内関係の考古学は、小シーボルト、モース、坪井、浜田の名を上げながら略述する。
 東亜考古学については、日清戦争から満州事変を第一期、終戦までを第二期とし、個人名より機関名を主語として叙述する。朝鮮総督府、東亜考古学会、東方文化学院、満日文化協会、東方文化研究所である。それらの事業成果を「功績は著大」「未曽有の国外調査事業は内外の注目を集め」等と誇る。
 終戦後「考古学の急速な一般化」により「発掘調査が活発に実行され」、登呂遺跡の「調査の完遂が国家の事業として計画されるような空前な例もあった」が「殆ど考古学の素養のない素人の遺蹟発掘が流行」もした。「日本の全考古学者が日本考古学協会を結成したのは、終戦後最も重視すべき事柄で」「真正な考古学者と素人との差別が明確化され」「国家の援助がこの協会の意向を尊重して行われること等が定められた」ことを喜んでいる。
 国外関係、即ち東亜関係の考古学は、未完の報告書の出版を準備しつつ、日本国内の周辺地域で大陸との関係を調査している。「将来再び中華民国、韓国、その他の東亜諸国の諒解と援助のもとに、東亜の古文化解明のために現地に赴いて自由に活動し得る日のあることを期待」している。
 将来の展望として、「日本古代国家完成の経過は殆ど古墳の発掘調査の結果のみによつてこれを推論する他なく…国家的規模に於ける古墳文化調査機関の設立が要望される」。また、「常に世界の学会と接触」することや「全国要地に考古学部門を含めた文化史博物館」の設置も期待している。
 のちに「東アジアの古代文化を考える会」会長に推戴されることを知っていて読むと、味わい深い文言が多い。
 それをおいても、有卦に入った国内考古学については調子に乗ったと受け取られかねない強気な発言が目立つ。

 「民族学」は石田英一郎が執筆した。緒言において、民俗学、社会人類学・社会学といった隣接分野との差異化のため、「ここに民族学と称するのは、日本人以外の異民族の、もしくはこれら異民族との比較において取りあげられた日本民族の文化面を対象とするものに限定」している。
 沿革の項を、日本人類学会の成立で書き起こし、1920年代以降、APE会や柳田民俗学、アチックミュージアムなどの潮流と離合集散してきたこと、東京大学が体質人類学に偏ったため、民族学会は民間に設立されたこと、戦中に国立の研究所が設立されたが45年秋に廃止されたことを記している。
 現況の項は、学会・研究者が窮乏にあることを示したのち「今後は学問的にもアメリカの援助と影響とをうけつことが多いと思う」からと、日本の民族学・民俗学と相違するいくつかの点について見解を求めている。
 将来の項においては、「民族学はこれまで神がかり的な民族主義教育に毒せられ来た日本人に、正しい世界観人類観を与え」るために「是非とも振興されねばならぬ科学」とアピールし、大学における講座・研究室の開設、専門的民族学者の養成、民族学博物館の確立、外国文献の輸入。国際学会への復帰、国際的な学術探検への参加などを求めている。
 経済的側面と方法論との両者において戦勝国に期待するところ大というのが民族学の立場であった。

 「民俗学」は個人ではなく“民俗学研究所”が報告した。序言で日本民俗学の研究範囲は仏独に近く英国より広いとし、研究対象を有形文化(Materiak Culture)、言語芸術(Oral Literature)、心意現象(Mental Phenomenon)の3部門に分けていることを紹介する。
 沿革の項では、徳川時代に土台が築かれ、人類学雑誌で学問的研究が始まり、『郷土研究』で民俗学が独立したとした。そして、終戦までの様々な潮流や主要な雑誌、研究会、研究者を紹介している。
 現在の状態の項では、民間伝承の会や民俗学研究所の活動を紹介している。問題点としては旅行の困難などをあげている。
 将来の展望の項でも、民俗学研究所が文献目録やハンドブックの編纂を準備していることを紹介し、また、社会科教育にも民俗学を導入したいと考えている。
 国際交流を望む文言がなく、また、都合のいい勧告を期待する文言もない。大学に地位を得ることも博物館の設置も求めていない。在野の学であり続け、ただ、学校教育に取り入れられることのみを望んでいる。


民族学と民俗学は、範囲でも沿革でも分けて記述するのが困難なのに、顧問団に対する態度は正反対である。

率直に言えば、民俗学をかっこよく感じ、民族学をみっともなく感じてしまう。
それに照らすと、東亜考古学についての記述は、民族学と良く似ている。

江上は記述していないが、国内考古学は大きく、古墳・寺院考古学と、先史考古学に分れていた。前者は戦前戦後を通して官学系(帝室博物館・京大)である。後者(先史考古学)は、昭和10年頃は、在野の学としての性質が強かった。しかし、昭和14年に東大人類学教室を再建した長谷部言人が、在野の研究者を積極的にスッタフとして抱え込んだことで、官学主導に戻りつつあった。すなわち、民俗学とは異なる方向に進んでいたといえる。

昭和23年現在のそれぞれの学問分野がおかれた状況と、態度がよくあらわれている興味深い資料であった。

0136 敗れた国の人文科学(3) 早傘 〔2015/08/06-07:26〕〔124.24.254.19〕
        親_0135 根_0134 引用して返信 引用無し返信  メール 
このような資料を用意した上で招かれた顧問団は、
23年9月に来日し、各地の学者と会談した上で、
翌年1月に報告書をまとめ、CIEに提出した。

その報告書の日本語訳が、翌年、学術資料刊行会により出版されていた。

時系列で整理すると

23年8月 日本側資料原稿締切り(→英訳)
23年9月 顧問団来日
24年1月 顧問団報告書
24年7月 日本側資料の出版
25年四月 顧問団報告書日本語訳出版

となる。
この顧問団の招致から報告書の提出とその後の取り扱いまでを
アメリカ側の資料も駆使して検討した論文が下記である。

土持ゲーリー法一(2002-11)「米国人文科学顧問団に関する一考察」戦後教育史研究 (16), pp.33-51, 明星大学戦後教育史研究センタ

この論文に導かれながら報告の概要を紹介しよう

報告書は次の9章から成る

第一章 序文
第二章 人文科学の役割
第三章 日本における人文科学と自然科学
第四章 日本に於ける人文科学研究の性格
第五章 人文科学研究の経費
第六章 研究施設と訓練
第七章 人文化学研究に対する大学組織の影響
第八章 個々の学科
第九章 勧告

報告書には執筆分担が明記されていないが、団長のC.E.マーティンが残した資料により明らかになった。5人の顧問団員が各1〜2章を分担している。特に、第三章〜第七章はそれぞれ別団員の分担だった。

「第八章 個々の学科」は、団員それぞれが、その専門に近い分野についてコメントしている。歴史学については、ライシャワーが担当した。そう、のちに駐日アメリカ大使となるあのライシャワーである。“歴史は日本の学問のうちで、脛に最も強力な分野の一つであった…極東における考古学のある面…さえも…研究のすべてをなしとげた…今や古墳発掘のタブーが除かれたので、考古学の分野においても重要な研究が行われるであろう…”と、考古学に関する記述は江上の受け売りにとどまっている。

第三〜七章は、戸惑う程に内容が重複している。ハードなスケジュールのため、各団員の原稿提出後、内容の整理に十分な時間が割けなかったのであろう。言い換えると、全団員が共通した問題を認識し、自分の執筆部分で触れずにいられなかったということである。

顧問団から指摘された主な問題点は、
1 自然科学に比べ、財政的に極めて軽視されている
2 学問の自由を確保せねばならない
3 人文科学の基盤となる図書館を充実せねばならない
4 図書館や研究所を充実し、公開せねばならない
5 封建的な講座制を廃止すべき
6 学科間、学部間の壁を低くしなければならない
7 古い時代の研究に偏り、近現代を疎かにしている
8 外国との交流が不足しており、相互批判が足りない

などである。学者は社会的責任を自覚すべきことを説くとともに、公金の支出が学問の自由を脅かすおそれがあることや、厳しい財政事情のもと社会に役立つ研究をすべきことなども繰返し述べられている。

さらに興味深いのは、大学間の競争が必要であり、そのために私学を財政的に支援する必要があるとして、憲法第89条の抜け穴を探っていることである。

結果として、この勧告は、占領軍司令部に重視されず、日本政府もこの勧告に沿った改革をすることは無かった。

組織改革に関する事項は、日本側の大学にとって学的権力を削るようなものであり、承知側が最も期待した経済的な面は、当時の財政状態で叶えることはできなかったのである。

視点を考古学に絞ると、60年代の高度成長下に成立した「埋蔵文化財調査の原因者負担原則」が、経済面と、大学の権威の低下に、決定的な役割を果したことを改めて思い知らされる。それはまた、田中角栄形戦後政治(国土に遍く公共土木事業)を支えた道路特定財源のコピーともいえる。

0132 富山補論 角張淳一とナシヶ森論争 (上) 早傘 〔2014/11/12-07:21〕〔124.25.164.123〕
              根_0132 引用して返信 引用無し返信  メール 
 竹岡とともに富山遺跡前期旧石器説を唱えていた角張淳一は、
その早すぎる晩年に“「富山遺跡」については、今では異論もあるし、筆者も考えるところがある”と含みある表現をしている(角張2010『旧石器捏造事件の研究』p15)
 どのような考えか、鍵となるのがナシヶ森(なしがもり)遺跡である。

 会田容弘(1999.5)により富山論争が表面化した頃、並行して「ナシヶ森論争」も有った。
 議論の対象となったのは、足摺岬の少し西にある、高知県幡多郡大月町のナシヶ森遺跡である。
 議論の場となったのは、今は亡きwebサイト「高知縄文探訪」(http://www2.inforyoma.or.jp/~mitsubo/index.html)の、お便りコーナーであった。
 ※同サイトの主な内容は https://archive.org/ に保存・公開されている

 やりとりは、管理人の光坊(前田光雄)によりまとめられ、「論点」のコーナーに
「ナシケ森遺跡は前期旧石器時代か」
http://www2.inforyoma.or.jp/~mitsubo/ronntenn.html
として公開された。同サイト「伝言板」も参照しながら議論の流れを紹介すると、

 5月27日に宮崎のS(おそらく島岡武)からのおたよりで、ナシヶ森遺跡で移行期まで上がるかもしれない古そうな石器が出てるというA先生(おそらく安斎正人)の教示が紹介された。同遺跡の調査に関わっている光坊氏は、調査担当者ともども旧石器終末〜縄文草創期と想定していることをコメントした。

 6月21日にK(角張淳一)からの反論があった。要点を絞ると、
  1. 98年に高知埋文さんへでかけた折りに、ナシケ森の遺物を実見した
  2. 交互剥離による両刃礫器やみたこともない大形の石器があった
  3. 一目見てこれはかなり時代が古いと思った
  4. 縄文時代の石器には必ず土器がともなうので、縄文時代ではない
  5.『旧石器考古学』に掲載された「細石刃コア」は、「くさび形石器」である
  6. ナシケ森遺跡の剥離技術と石器製作技法は、ナイフ形石器をともなう遺跡ではない
  7.「富山遺跡」と同じ様相で、10万年を越える、東アジア屈指の前期旧石器遺跡だと思う
  8. 99年春の考古学協会(5/22-23)で、遺物のごく一部をT大のA氏、宮城県のY氏、S氏、
    K短大のT氏(おそらく戸田正勝)が実見した。その印象は、Kと変らない

 6月30日にJ(おそらく多田仁)からの便りがあった。要点は、
  1. 調査中の発掘現場を何度か見学し、また、周辺の石器について興味を持つ者として意見を述べる
  2. 石器類の出土層はアカホヤ以前で、さらにAT降灰後と考えた方が自然であろう
  3. 愛媛県西南部の発掘経験では、層位的にアカホヤ降灰前後の遺跡を調査で、土器片が2、3点しか
    ないことがある。まして原産地遺跡の場合、土器が伴わないことも十分に考えて良い
  3. 交互剥離の礫器は、西南四国の縄文時代遺跡からは、よく確認されており、わたくしは石核と
    して理解している
  4. ナシヶ森遺跡で確認された「細石核」の多くが、楔形石器であることは私も考えていたが、
    打面再生剥片など細石刃文化に関する資料もある
  5. ナシヶ森遺跡からは、基部が丸みを帯びる尖頭器が出土している。この類例は、上黒岩遺跡、
    十川駄馬崎遺跡などで、草創期から早期の段階にある

 7月2日に、管理人がここまでのまとめページを公開した。同日、ナシヶ森遺跡を紹介するページも管理人により公開された。ナシヶ森遺跡紹介ページから、調査の経緯および、当時の調査関係者の理解を要約すると
  1. 1993年に、山口将仁が、植栽工事中の山の傾斜面で発見した。低位丘陵の傾斜地で、多量の
    珪質頁岩製の剥片類が採集できたことから、旧石器時代の原産地遺跡ではないかと予想された
  2. 高知県内では、旧石器時代の遺跡は極めて少なく、大きな期待の元に1994年から1996年まで3回の
    学術調査が実施された
  3. 調査により多量の剥片類と楔形石器が出土したが、時代を決定できる石器は出土せず、アカホヤ
    火山灰の下層から出土するものの、層位的には旧石器時代か縄文時代か判断できない
  4. 数点の細石刃核の可能性のあるものが出土する程度で、これについても楔形石器ではないかと
    意見が分かれた。尖頭器と石鏃が各1点出土したが、上からの流れ込みではないかとの意見がある
  5. 石核ではないかと考えられている一部分に、前期旧石器時代のものが含まれているのではないか
   との、新たな意見が出されている
  6. 原産地遺跡である低位丘陵傾斜面をA地点、小沢を挟んだ平場をB地点と呼称しており、
    B地点からはナイフ形石器、縄文時代の石鏃等が出土している
 この遺跡紹介は、その時点で調査成果の概要が公表されていたA地点(1994-96)とB地点(1995-96)を中心としている。ネットでの論争は、圃場整備に伴うC地点(1998-99)の調査中断期に行われた。C地点はA地点とB地点の間にあり、石器の様相がA地点に近かった。

 7月3日にKからの再反論があり、7月8日に公開された。これも要約すると、
  1.『旧石器考古学』54によると、石器の出土層位は岩盤直上の風化粘土だという。その層の
    形成の時期に石器が残されていると思う
  2. 黒曜石原産地の採掘抗でも土器片は出土している。土器片がまったく存在しない縄文時代の遺跡
    があれば、わたしの縄文時代の社会システムに対する認識を変える
  3. 主に石材原産地でしかみられない特殊石器は大形両面加工石器。その時期以外の黒曜石原産地
    遺跡では、出土する石器も石核も剥片も開地遺跡と変わらない。縄文時代の原産地遺跡も同様。
    そして石材原産地でつくられる特殊な石器も、製作技法は、特別違ったものではない
  4. 今までに実見した交互剥離の石器は、山形県富山遺跡の石器群が初めてで、次にナシケ森遺跡。
    両遺跡には、他の遺跡とは全く違う石器があるという強烈な印象。関東甲信越・東北の縄文時代
    の遺跡で交互剥離石器は見たことがない。武蔵野台地の旧石器でも見たことがない
  5.結論として、ナシケ森遺跡の石器は、今まで見た石器では、唯一山形県富山遺跡の石器と似ている。
   富山遺跡も縄文時代といわれるが、10万年をさかのぼる非常に古い石器という見解を支持する。
   その一番の理由は、交互剥離という剥離技術でつくられた見たこともない石器だから

 7月下旬にナシヶ森遺跡C地点の調査が再開し、8月10日には、現地に10名ほどの研究者が集まり、にわかシンポジウムの賑いだったという


 2001年3月付で報告書が発刊された。
  大月町教育委員会 2001.3『大月町埋蔵文化財調査報告書第4集 ナシヶ森遺跡』
  (pdfがダウンロード可能)
 その要所をまとめると、

 1. 石器実測に際し1998−2000年度に株式会社アルカの協力を得ている。
 2. 1999年度に実施した火山灰分析により、C地点石器出土層はAT以降アカホヤ以前とされた。
 3. A地点の出土遺物は11,069点全てが石器類で土器は皆無である。珪質貢岩以外には、硬質頁岩の縦長剥片1点と拳大の敲石が出土するのみ。出土遺物の殆ど(約96%を)を剥片とチップが占めている。石核は144点、楔形石器が324が出土した。槍先形尖頭器と平基無茎錐が1点出土している
 4. C地点の出土遺物は、石鏃1点,楔形石器139点、石核類343点、剥片類5,101点、敲石が15点。敲石以外、全てが珪質頁岩を原材とする。内容は、直上のA地点出土遺物と同様である。
 5. B地点からは無紋の厚手土器片及び条痕文土器が出土し、姫島産黒曜石梨の石鏃や剥片、サヌカイト製の石鏃、珪質貢岩の剥片等も混在して出土する。楔形石器は2点にとどまる
 6. A地点は丘陵斜面地に立地する原産地遺跡、C地点は谷間部に立地する石器製作跡、B地点は、旧石器時代・縄文時代の集落跡と考え、地点により機能は違い、また時期差が考えられる
 7. “A、C地点出土石器の所属時期は、石鏃は縄文時代草創期から早期と考えられる以外は、他の石器
群については明確な所属時期を把握できる状況にはなく、残念ながら今後の研究に委ねざるを得ない”

0133 富山補論 角張淳一とナシヶ森論争 (下) 早傘 〔2014/11/18-23:14〕〔125.2.199.226〕
        親_0132 根_0132 引用して返信 引用無し返信  メール 
 ナシヶ森遺跡の報告により、角張の意見はどう変ったか。
 報告直後の意見は見いだせないが、手元のデータを調べると、
 報告のおよそ2年後に、自らが管理していた掲示板に次のような投稿をおこなった。

考古学の新視点  掲示版
No.651 旧石器時代か先土器時代か 投稿者--角張淳一(2003/02/08 01:02:43)
(さいわい、アーカイブされているから、URL を示す
http://web.archive.org/web/20030705004151/http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?akura+651
“私はこの前から旧石器時代という用語を捨て、先土器時代にしようと思っています。
 また放射性炭素年代測定には疑問を感じつつあります。
 つまり、遺物の型式論を推し進めると、放射性炭素年代測定の結果に疑問が生まれ始め、それが次第に強くなり、先土器時代を用いようと思ったのです。…(中略)…
 先土器時代の最も古い文化は、礫核石器と(台形様石器)をもつ石器文化。
 ( )に入れた訳は、未だ作業仮説で、これから分析する必要があるのだが暫定的にということです。
 この最古の石器文化は2段階にわかれ、新段階は両極打撃をもつ石器文化です(高知県ナシケ森遺跡・岩手県碁石遺跡)。古段階には両極打撃はないと思われます(山形県富山遺跡)。
 次に古い文化は、南関東の立川ローム層下底部の石器文化。…(中略)…東京都武蔵台遺跡の最下層は、武蔵野台地でも最も古い石器文化…(以下略)…”

 ポイントの第1は、炭素年代への疑問。これについてはのちにふれる。

 2つめは、日本列島の初期の石器文化について、
  最古 礫核石器と(台形様石器)をもつ石器文化
   古段階 両極打撃がない(山形県富山遺跡)。
   新段階 両極打撃をもつ(高知県ナシケ森遺跡・岩手県碁石遺跡)
  次に古い文化 立川ローム層下底部(武蔵台遺跡最下層など)
という編年案。富山とナシヶ森を、「台形様石器」を特徴とする最古の文化と考えている。
 この時点で、ナシヶ森遺跡の火山灰分析の結果は無視されているとしてよい。
 また「台形様石器」概念は、立川ローム下底部の石器への接続を考慮したものであろう。

 角張は、このわずか1ヵ月半後に大きな見解の変更をおこなう。

角張淳一2003.5「礫核石器分析遠望」利根川24・25, pp.52-60
(文末に 2003年3月28日稿了、4月6日補 とある。5月下旬発刊の同人誌の執筆時期として自然である)

 掲載号は「押型文土器とその周辺」を特集しており、その目次は「豊後考古通信」の刊行物情報のページで紹介されている。
   http://www.oct-net.ne.jp/~tsubones/houkoku.html
 編集協力者は、押型文文化に伴う礫器についての論考を期待したと思われるが、それに収らない内容となっている。
 まず「問題点」と題して、前期旧石器存否論争との関わりから賀川光夫が東北九州の礫器を分析したこと、2001年に荻幸二が同地域の縄文早期「礫器文化」を提唱したことを紹介する。そして“筆者が実際に観察した幾つかの遺跡を比較分析し、さらに一歩前進して礫核石器の系譜と捏造問題の根元について考察を試み”た。

 比較の対象とした5遺跡は、江川中畝遺跡(高知県西土佐村)、ナシヶ森遺跡、富山遺跡、美女遺跡(長野県飯田市)、武蔵台遺跡X層。
 江川中畝遺跡は、2000年に報告されたが、国会図書館など主要な機関に所蔵されておらず、報告書の実見は困難である。石器の分析はアルカ社が受託したようである。土器による時期は「押型文土器と羽島下層式土器の間」に犬飼徹夫が位置づけたという。
 美女遺跡は押型文土器である立野式期の代表的な遺跡である。
 これらの遺跡の資料について、まず「年代の検討」として、武蔵台はAT以下、ナシヶ森はAT以降アカホヤ以前、江川中畝はアカホヤ直下、美女遺跡は早期中葉とした。富山については竹岡説と阿部説があることを示した。そこから3遺跡は縄文早期が妥当であり、早期に「礫器文化」が存在した可能性が高いとした。
 次に、「示準石器の検討」をおこなった。ここからが大変だ。
 富山・武蔵台・江川中畝・ナシヶ森に見られる“共通の石器”として“台形状石器・尖頭礫器・多面体礫器・尖頭器”を指摘した。美女遺跡にはこれらは認められないという。
 そして“示準石器”それぞれについて、各遺跡の資料を並べて図示する(私には、それらが同一の石器には見えない)。
 これにより江川中畝、ナシヶ森、富山の3遺跡は“同じ技法と示準石器をもつ同系列の石器文化”であり、富山→ナシヶ森→江川中畝というの編年仮説が立てられるという。
 さらに、武蔵台X層も同じ技法の示準石器を持つと評価することから、“同じ示準石器による石器文化編年に絶対年代を照射すると、一方は旧石器時代であり、他方は縄文早期となるのである。しかもその間は、2万年もの時間的隔りをもつことになる”が、“本稿の編年観を強調するなら、検討した全ての石器文化を現状よりもかなり新しい年代に置換え、その年代幅を大きく圧縮して考えるということであり”“学史で置去りにされた「型式学的年代観と絶対年代の齟齬」問題こそ”“捏造問題を発生させた考古学研究の構造”とたたみかける。

 迷走といわざるをえない。掲載誌における町田勝則の論評(「礫器に関する論文3編を読んで」pp.77-78)でも、角張論文の内容には言及を避けている。
 「台形状石器」概念は、まるで「ヘラ状石器」「ナイフ状石器」概念のパロディーのごとくである。そして台形様石器との比較は、“縄文時代早期の小形の直刃斧は秋田県の後期旧石器時代初頭の台形石器とよく似ており、似ているものの図を選び出せば時代を越えて見られる”(竹岡俊樹2001「『前期旧石器』観察記」SCIENCE of HUMANITY BENSEI 34, pp.148-173 の注2)という警告が逆効果を生んだとも思える。

 このような混乱は、「なぜ虚構の編年を築くことが出来たのか」を考えるうちに「定説とされている編年は確かなのか」と問い直す過程で袋小路にはまったものであろう。「石器の型式」とはなにか、「示準」となりうる石器はどのような石器か、といった方法論的考察が不足していたのである。
 角張の「編年」を竹岡は一笑に付したことであろう。しかし、竹岡の富山遺跡論にも本質的に同様な問題が指摘されているのである。

 本記事で紹介した角張の見解は、遺著を記す数年前である。その後も角張の見解は揺れ続けたことだろう。したがって、最終的見解は不明である。
 筆者への電話を思い出すと、いくたびも、富山遺跡の話題となったことがある。角張は、後期旧石器以前の可能性が捨てきれず、筆者は、早期でよいのではないかと答えるのが常だった。

0125 竹岡俊樹2013『考古学崩壊』勉誠出版 早傘 〔2014/10/20-20:42〕〔124.25.153.9〕
              根_0125 引用して返信 引用無し返信  メール 
標記の書は、発売直後に入手し、その日の内に読んだ。
コメントしようと思いつつも、岩宿関連の文献収集に余暇を費やしているために手つかずとなっていた。あまり遅らせると、初読の印象も薄れてしまうので、まとめておくことにする。

書名の「崩壊」の語は、版元が同じ
   安本美典2012.12『大崩壊「邪馬台国畿内説」 : 土器と鏡の編年・不都合な真実』勉誠出版
にちなんだものであろう。
 竹岡は、季刊邪馬台国に“連載”をしていた時期がある。
   竹岡俊樹2012.7「旧石器研究者を語る」季刊邪馬台国(114)
   竹岡俊樹2012.10「考古学は科学か」季刊邪馬台国(115)
   竹岡俊樹2013.1「旧石器時代研究のゆくえ」季刊邪馬台国 (116)
   竹岡俊樹2013.4「『旧石器捏造事件』のいきさつと現状」季刊邪馬台国(118)
 本書は、これらをまとめたものではないが、安本美典ファンを意識したタイトルであり、あまり経営に寄与しないであろう専門書を出版してきてくれた版元への配慮を感じる。

ところで、安本の著書で“崩壊”といえば、
   安本美典1979.1『「邪馬壱国」はなかった : 古田武彦説の崩壊』新人物往来社
が思い出される。この書名は
   古田武彦1971『「邪馬台国」はなかった : 解読された倭人伝の謎』朝日新聞社
のもじりであることはいうまでもないが、安本1979および
   安本美典1983.9『卑弥呼と邪馬台国 : コンピュータが幻の王国と伝説の時代を解明する』PHP研究所
をもじって、
   坂田隆1985.11『卑弥呼をコンピュータで探る : 安本美典説の崩壊』青弓社
という書籍もある。なかよきことは美しい。

 なお、筆者にとって最も印象に残るタイトルの邪馬台国本は
  大羽弘道1975『邪馬台国は沈んだ』光文社カッパ・ブックス

 表紙には、上高森遺跡の著名な「埋納遺構」の“出土状況”の写真が使われている(この写真には深刻な謎があるのだが、まだそれを検証した文章は目にしたことが無い)。

 内容に入る。
「第1章 前期旧石器時代研究の歴史」は、『旧石器時代人の歴史』(2011.4 講談社選書メチエ495)第2章第2節と同じである
「第7章 問題のありか」のうち「日本の旧石器時代研究史/岩宿の発見/芹沢長介の研究/戸沢充則の研究/石器の変遷とその解釈」も同書第2章第1節を加除筆したものである
他の各章も既読感があるものが多いが、逐一過去の著作と照合する手間は惜しむ。

第2章 「藤村前期旧石器」を基礎とした「論」の形成
第3章 捏造の発覚
第4章 捏造発覚後の研究者たちの意見
第5章 日本考古学協会による検証作業
第6章 藤村新一について
第7章 問題のありか
第8章 それからのこと
第9章 行政・マスコミ・町おこし

 どれぐらいが自己複製かはさておき、本書は、神の手事件の概要を、発覚以前から批判的だった石器研究者がまとめた著作として貴重である。

 汚染されていた石器研究者がまとめた言訳本である、安斎正人2007『前期旧石器再発掘―捏造事件その後』や松藤和人2010『検証「前期旧石器遺跡発掘捏造事件」』は嫌悪感抜きに読めなかった。
 ずぶずぶの当事者である岡村道雄2010『旧石器遺跡捏造事件』は、裏の意味を探るような読み方になってしまう。

 逆の意味でずぶずぶの当事者である角張淳一2010『旧石器捏造事件の研究』は、当事者としての迫真性に満ち、事件を俯瞰するには向かない。竹岡本の次に読むとよい

 竹岡も事件の登場人物ではあるが、適度の距離感があり、類書の中では最もバランスよく構成されている。記述の出典が丁寧に指示されており、この事件を学び、あるいは振返る道しるべになる(このスタイルは 竹岡俊樹1999.11『「オウム真理教事件」完全解読 』勉誠出版 と共通する)。ただし、文献番号とページの表記法はわかりにくい。文献番号は、あたかも注番号のように、小さい“(数字)”で記されるのに対し、文献内ページ指示はそれと分れて、本文と同じ文字サイズなのである。

 おすすめの本であることは前提として、気付いた問題点を指摘する。
 まずささやかな誤りとして、p78の「安部祥人」は「阿部祥人」。文献名69も同様。富山論争の対峙者の名をなぜ誤るのか? (富山論争に関連する最近のブログ記事は下記。竹岡が語る“真相”は興味深いが、五十嵐の問いへの答えとなっておらず、筋の悪い強弁は、竹岡氏自体への信頼を落すものである(下仁田葱を首に巻くばマフラーなのかとか、紙おむつとしても使える印刷物はチラシなのかとか考える今日このごろ)
   第2考古学宣言「竹岡2014『考古学崩壊』」
    http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2014-10-15
   新鬼の城「山形県富山遺跡について竹岡さんの意見」
    http://blogs.yahoo.co.jp/kugayama322/64551594.html

 竹岡の著作に一貫した傾向であるが、竹岡以外の発覚以前からの批判者について、過小な評価をする。
 p75で「反対者たち」の筆頭に小田静夫をあげるが、批判論文の共著者であるC.T.キーリーの名は登場しない。とはいえ、これまでの文献で無視されることが多かった、小田・キーリー論文への鎌田の反論を紹介したことは評価できるし、“小田の指摘はほとんど正しかった”が鎌田の反論に対して(捏造を想定していなかった)小田が再反論できなかった限界も適切に指摘している(p79)。
 竹岡と同様に欧州前期旧石器との比較から神の手石器を批判していた竹花和晴の名も登場しない。
   竹花和晴 2000.2「アラゴ洞窟と日本の前期旧石器文化」『旧石器考古学』59,pp.21-33
 竹岡が神の手石器を批判するに至る経緯も、角張による記述と齟齬がある。

<続く>

0126 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 早傘 〔2014/10/28-22:57〕〔124.25.27.68〕
        親_0125 根_0125 引用して返信 引用無し返信  メール 
 大阪の「討論」のレベルの低さが話題となっているが、わが学界も負けてはいない
 前回の続きとして予定していた内容は次回に回し、標記の書をめぐる「論争」にコメントしておきたい(ちなみに「論」の訓読みは「あげつらう」)。
 なお、当該書の出版年を前記事で誤っていたので訂正する。ご指摘をいただいた五十嵐さんに感謝。

対象とする記事は、前回の2件にさらに2件を加えて4件

2014/10/15 伊皿木蟻化(五十嵐彰)第2考古学宣言「竹岡2014『考古学崩壊』」
    http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2014-10-15
2014/10/20 竹岡俊樹「山形県富山遺跡について」
   新鬼の城「山形県富山遺跡について竹岡さんの意見」
   http://blogs.yahoo.co.jp/kugayama322/64551594.html
2014/10/21 竹岡俊樹「慶応大学・阿部氏の論文と五十嵐氏による批判について」(2014/10/23追記)
   新鬼の城「前回の竹岡さんの意見につき、五十嵐さんが疑義を申し立てた。」
    http://blogs.yahoo.co.jp/kugayama322/64553623.html
2014/10/22 伊皿木蟻化(五十嵐彰)第2考古学宣言「富山遺跡(承前・年代測定) [捏造問題]」
   http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22

 さて、議論の対象は富山遺跡をめぐる記述である。
 論点1 竹岡2014;p232の「阿部は{富山遺跡の}実際の資料を見ていないと判断される」という記述は適正か?
 論点2 竹岡2014の中で、上高森「出土」石器のESR年代への評価に齟齬が有るのではないか?

 竹岡の「意見」が五十嵐への反論になっていないことはいうまでもない。
 問題は、五十嵐の非難も、竹岡2014への批判としては的をはずした部分が目立ち、読解力の不足といわざるをえないことだ。
 竹岡2014は、事件の展開に沿って、その時々の関係者の記述を紹介し、竹岡の発言については、その時の考え方を補足するという形になっている。順を追って読んでいけば混乱はない。
 富山遺跡に関する記述は、まずもって、捏造発覚以前における、学界内の批判のあり方を問うことが主題であり、批判対象も阿部2000なのだから、それに対する批判として適切かを論じなければならない。阿部2000執筆時点で、阿部が富山遺蹟資料を実見していないことは明らかであり、阿部2004の記述はそれを裏づけるものでさえある。

五十嵐の記述
“「1の記述からも、阿部は実際の資料(富山遺跡出土資料:引用者挿入)を見ていないと判断される。」(232.) この文章と以下の一文とは、どのように整合性を有するのだろうか? 「私は2001年7月に山形県埋蔵文化財センターに赴き、実資料を拝見した」”

に対しては、むしろ、その2つの文は見事に整合的であると、竹岡は答えればよかった。

 阿部2000は資料を実見せずに記した点に不備があり、だからこそ、2001年に実見した上で阿部2004で再論したのである。「弟子」であれば、既発表の論文の欠を補う「師」の姿勢を学ぶべきであって、そうであれば、的をはずした批判はせずに済んだであろう。「亡き師の戦いを不肖の弟子が引き継ぐ」(五十嵐氏Facebook 2014/10/17 22:02)には、師の戦いの軌跡を冷徹に把握すべきである。

 阿部2000に対する竹岡の反論は
 竹岡俊樹2001「『前期旧石器』観察記」SCIENCE of HUMANITY BENSEI 34, pp.148-173 の pp.166-170
 それに対する反論が、
 阿部祥人2004「富山遺跡の「前期旧石器時代」説をめぐって -竹岡俊樹氏の反論にこたえる-」『山下秀樹氏追悼考古論集』pp.9-14)
 であった。資料の実見に基づく集計表の提示以外は、阿部2000で論じたことの再確認が多いが、「礫器」の取扱を変えている。
 竹岡は、この再反論の存在を知りながら読んでいなかったことが明らかとなった
 阿部2004以後に記された、竹岡による富山遺跡についての記述は
 竹岡俊樹2005『前期旧石器時代の型式学』学生社
 が代表的である。ここでは、阿部2000に対し“熱ルミネセンス年代測定値と槍先形石器の存在を主な根拠として…(中略)…縄文時代の石器製作址としている”と、事実に反する反論を記している。
 竹岡2014における記述は、竹岡による阿部2000批判としては最もよく整理されたものである。五十嵐は、阿部の議論を引継ぐならば、竹岡の再批判(p231-232)のうち、a.石器が包含されていた赤色土壌への見解 c.剥片剥離技法の分析 d.両面加工石器の製作時の剥片の不存在 に答えるべきだろう。なお、竹岡の再批判のうち b.年代測定対象石器の出土層位 については、報告書(ネットでダウンロードできる)の内容に反している。

 論点2に関しては、五十嵐の批判は的をはずしているというべきである。竹岡2004において、上高森の「ヘラ状石器」のESR年代測定値を富山遺跡の年代の推定根拠としたという記述は、発覚前の竹岡の考えを明かした部分である。つまり、竹岡もESRの年代値に振回されていたことを自叙しているのである。1998年の批判論文を執筆する際も、ESR年代値が竹岡にとってのハードルとなっていたことは、これまでも繰返し書かれてきた。一方、ESRによる年代が不確実だという意見は、発覚後に「自然科学的分析」が信頼できないことが明らかになったという文脈で紹介している。であるから、齟齬はない。
 五十嵐は、ESR年代測定をした「ヘラ状石器」のみを他の捏造資料と別だとした竹岡のご都合主義を批判したほうがよかった。
 なお、上高森「出土」石器のESR年代の問題については、折にふれ考えているが、関係者に問い合せが必要な点もあり、案がまとまらないでいる。

0127 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 伊皿木 蟻化 〔2014/10/30-23:55〕〔122.219.49.2〕
        親_0126 根_0125 引用して返信 引用無し返信  メール 
当初スケジュールを変更してまで「大阪」並みの「あげつらい」に論評を頂き、ありがとうございます。
拝読しながら、早傘さんとの立ち位置の違いといったものが次第に明らかになりつつあると感じた次第です。
「富山遺跡に関する記述は、まずもって、捏造発覚以前における、学界内の批判のあり方を問うことが主題であり、…」
本当にそうなのでしょうか? 
問題となっている「批判の仕方−富山遺跡について」(224-233.)という部分は、第8章の「それからのこと」と題された部分(219-240.)に置かれています。
「それから」とは当然のことながら、「捏造発覚以後」を意味します。だから2003年の「日本旧石器学会の設立」がまず述べられて、次に「批判の仕方−富山遺跡について」が記されているのです。ですから「批判の仕方−富山遺跡について」の箇所で引用されている各人の発言(学界内の批判のあり方)も、「捏造発覚以前」に限定されていません。
「ただし、発覚の後に次のように意見を変えている。」(226.)
「次は、発覚以後の記述。」(227.)
「捏造発覚後の会田容弘による批判」(228.)
どのように読んでも、「富山遺跡に関する記述は、捏造発覚以前および発覚以後における、学界内の批判のあり方を問うことが主題であり、」と読めるのですが、これは私の読解力不足なのでしょうか?
「…批判対象も阿部2000なのだから、それに対する批判として適切かを論じなければならない。」
正にこの点こそが、今回の第一の論点なのです。すなわち竹岡2014における批判対象が阿部2000であって、阿部2004ではないことこそが、私の問題としている点なのです。
早傘さんは、竹岡2014『考古学崩壊』の「批判の仕方−富山遺跡について」は、阿部2000が批判対象だから、竹岡氏の批判も阿部2000に対する批判として適切かどうかを問うべきであるとされていますが、私は竹岡2014が阿部2000のみを批判対象とすることこそが適切さを欠くと考えています。
論争の当事者が、自らの意見に応対する論争相手の最新の論を「どうでもよかった」などと誹謗して、相手の旧来の論のみを対象にかつて述べた論と同じような意見を繰り返し論じて恬として恥じることがない。早傘さんは、このことを是認している訳です。
私も阿部2000執筆時点では阿部氏は富山遺跡資料を実見していなかった可能性は高いと考えます。しかし今やそのことを確かめる術もありませんし、そのことの是非を議論するよりも、2014年に竹岡氏が阿部氏は富山遺跡の資料を見ていないと断言したことの意味、そしてそこから明らかになった竹岡氏は阿部2004を読まずに『考古学崩壊』の「批判の仕方」と題する文章を記したということの現在的な意味の方が重大だと判断したのです。
竹岡2014執筆時に阿部2004を読んでいなかった、だから阿部氏が2001年に富山遺跡の資料を見たことを実は知らなかった、だから「阿部は実際の資料を見ていない」と記した自らの文章は誤りだったので撤回する、としたならば、問題はある意味で簡単に解決したことでしょう。
ところが実際はそうはならず、「石器を見る力のない者が実際に石器を見てもそれは見たことにはならないから、「阿部は実際の資料を見ていない」と記したのだ」といった「トンデモ」なこじつけ解釈が披歴され、あげくの果てには「石器を見ても分からない者は「ばか」だ」といったどう考えても人間としていかがかと思われるような「捨て台詞」まで読まされる破目になってしまったのです。
「竹岡2014における記述は、竹岡による阿部2000批判としては最もよく整理されたものである。」 
本当でしょうか?
私は「竹岡2014における記述は、竹岡による阿部2000批判である竹岡2001に対する阿部による再批判である阿部2004を読まずに記された、学問的に求められる最低限の水準を欠いた問題の多い記述である」と考えています。
ややくどい文章となりました。
こうした機会が与えられたことに感謝いたします。
論争は相手の意見に対して誠意をもって応じ、それに対して自らの意見を述べるという近代学問の原則を早傘さんも共有されるのならば、以後の問題についても実りあるものとなるでしょう。

0128 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 早傘 〔2014/11/04-22:30〕〔125.2.206.210〕
        親_0127 根_0125 引用して返信 引用無し返信  メール 
 伊皿木さん、予定が変ったことは、不本意ではありあません。むしろ、富山論争や上高森ESR問題について学び直すよい機会となりました。この点、感謝申し上げます。

 リコメントを書くうちに自身の意見が変っている部分も有るのでやや読みにくいかもしれないが落着いて読んで下さい


 さて、伊皿木さんの反論の前半を要約すれば
  1)「批判の仕方」は「それからのこと」の一部として記述されている
  2) 引用されている文献は「捏造発覚以前」に限定されていない
  3) したがって、「捏造発覚以前における、学界内の批判のあり方を問うことが主題」という早傘の理解は誤り
 となります。私の前記事には「まずもって、捏造発覚以前における、…」と“まずもって”の語があることにに注意していただきたい。
 発覚以後の批判への論評が主題のようでも、実質は、発覚以前の批判を主な対象としているとの意味です。わかりにくい表現だったので
 “捏造発覚後の批判が、捏造発覚以前の批判の延長にすぎない、学界内の批判のあり方を問うことが主題であり、その根拠となった阿部2000が批判対象なのだから、”と修正すればわかりやすいでしょうか。それによって以下の論旨は変りません。

 次に、
>「…批判対象も阿部2000なのだから、それに対する批判として適切かを論じなければならない。」
>正にこの点こそが、今回の第一の論点なのです。すなわち竹岡2014における批判対象が阿部2000であって、阿部2004ではないことこそが、私の問題としている点なのです。

 前記事で私が言いたかったことは、ようするにそういうことなんですが...
 「阿部2000は資料を見ずに書いた」という記述に「2001年に見ているから間違いだ!」と突っ込むのは的外れであって、ストレートに、阿部2004への言及がないことを問題にすればよかった。そこまでていねいに書くまでもないと省略したのですが、簡潔に書くというのは難しいですね。

 その上で、この記事を書きながら思ったことは、竹岡が阿部2004を知らなかったとしても責められるかということです。
 「竹岡俊樹氏の反論にこたえる」とする論文が、竹岡の弁によれば、批判対象者本人に抜刷りが送られていなかったそうです。掲載書は、メジャーな学会誌で無く、追悼論文集という、クローズな仲間内の出版物とも扱われうるものです(刊行関係者が、そう認識していた根拠として、国会図書館に納本されていないということがあげられる。関係者が、頒布を目的とした出版物の納本義務を知らないはずはない)。存在を知っていて当然という性質のものではありません。
 もし竹岡が知らなかった場合(実際は存在は知っていて無視したそうですが)、

>竹岡氏の周囲に阿部2004の存在を知らせる研究者が誰一人として存在しなかったという不幸をも思わざるを得ない。

 とのことですが、知らせるべき第一の責任者は阿部であったことを伊皿木さんは認識しているでしょうか? つまり、阿部は、竹岡への反論を、自分の仲間内への弁明として書いたという事になってしまうのですよ?(本当に抜刷りが送られなかったかは不明ですが)

>論争の当事者が、自らの意見に応対する論争相手の最新の論を「どうでもよかった」などと誹謗して、
>相手の旧来の論のみを対象にかつて述べた論と同じような意見を繰り返し論じて恬として恥じることが>ない。早傘さんは、このことを是認している訳です。

 伊皿木10/25における批判方法が下手だということを書くと、どうして、それ以後に出された竹岡の反応を是認することになるのか理解不可能です。竹岡さんの「意見」への私の態度は明確で、伊皿木さんも引用したでしょう。

>私も阿部2000執筆時点では阿部氏は富山遺跡資料を実見していなかった可能性は高いと考えます。しかし今やそのことを確かめる術もありませんし、そのことの是非を議論するよりも、

 (主要な石器の)“大半は、図・写真の観察によれば、礫の芯の部分が残るいわゆる礫核石器にあたるものと考えられる”(阿部2000;p23)と記しているでしょ。現物を観察していればあり得ない記述です。これほど明確な証拠をスルーして「可能性」とか「確かめるすべがない」とはおかしな話です。

>「竹岡2014における記述は、竹岡による阿部2000批判としては最もよく整理されたものである。」
>本当でしょうか?
>私は「竹岡2014における記述は、竹岡による阿部2000批判である竹岡2001に対する阿部による再批判で
>ある阿部2004を読まずに記された、学問的に求められる最低限の水準を欠いた問題の多い記述である」
>と考えています。

わざわざ「竹岡2014における記述は、竹岡による阿部2000批判としては最もよく整理されたものである。」と書き、「竹岡2014における記述は、竹岡による阿部批判としては最もよく整理されたものである。」と書いていないのだから、これも的外れなコメントです。そして、前記事において五十嵐(伊皿木)さんが再反論すべきとした竹岡の再批判 a,c,d は、竹岡が阿部2004を読んでいても同様に提起されたであろう内容です。だからこそ、それに反論した方が建設的な議論であろうと提案しているのです。

 ついでにいえば、阿部2004における論点(丸1〜丸7まで丸数字で示されている)のうち、丸3(チョッパーやチョッピングツールが尖頭器・直刃斧・石ベラの未成品か)と丸4(発覚以前の阿部の「前期旧石器」への評価)は、「自己弁護に終始したもの」という竹岡の知人の評価が当っていますし、丸2(大半が自然石で多くの剥片がある、とは矛盾)はいいがかりといえるものですね。

 要するに私は、五十嵐氏の批判が、総体的には正しくとも、阿部擁護、竹岡批判に急ぎすぎて、富山論争の深化に寄与していないことを惜しんでいるのです。阿部、角張を失った今、富山遺跡へのこだわりがあるのは、竹岡さんと伊皿木さんのみであると思います。冷徹な議論により、遺跡の評価が定ることを願います。

0129 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 伊皿木 〔2014/11/07-20:17〕〔122.219.49.2〕
        親_0128 根_0125 引用して返信 引用無し返信 
ご丁寧な対応を頂き、ありがとうございます。
「落ち着いてください」と窘(たしな)められて当惑しています。
「前記事で私が言いたかったことは、ようするにそういうことなんです」と一見同意が得られたようで、やや安心する一方で、私の乏しい読解力ではその内実が今一つ理解できませんでした。「ようするにどういうことなんですか?」
「(竹岡2014の)富山遺跡に関する記述は、…批判対象が阿部2000なのだから、阿部2000に対する批判として適切かを論じなければならない」(#0126)という文章に対して、私は「竹岡2014が阿部2000のみを批判対象とすることこそが適切さを欠くのではないか」(#0127)と述べましたが、これが「そういうこと」に相当するならば、「批判対象である阿部2000に対する批判が適切かを論じよ」という先の文章を、「批判対象である阿部2000だけでなく阿部2004をも論じないと適切さを欠く」というふうに読み取らなければならないということで、これは私にとってかなり難度が高い問題です。
そしてこの部分が「自らの意見が変わっている部分」なのか、それとも「竹岡さんの「意見」への私の態度は明確」な部分なのかが、読み取れませんでした。
しかし、こうしたことを記しているうちに、こうしたこと全てが「ようするにそういうことなんです」ということなのか、という気もしてきました。
ただし早傘さんが、竹岡2014が阿部2004を読まずに記されたことを弁護する論点として挙げられた2つの事柄、すなわち国会図書館に納本されているかどうかを判断基準として納本されていない刊行物中は読まなくてもいいとした点、および批判者は被批判者に対して抜き刷りを送付するなど批判を行なったことに関する通知「責任」があるとした点については、容認し難い問題を含んでいると考えていますが、これは今回の議論の本筋からは外れるので、これ以上の言及は控えます。
ちなみに先週、山形県埋文センターのある関係者と懇談した際に、富山遺跡の赤色土壌について山形大学のある地形学者は二次堆積と考えている旨を伝え聞きました。富山遺跡の考古誌(報告書)でも「撹乱」という言葉は頻出しており、石器包含層が決して安定した堆積環境になかったことだけは確かなようです。

0130 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 早傘 〔2014/11/07-23:51〕〔124.25.162.228〕
        親_0129 根_0125 引用して返信 引用無し返信  メール 
ここまで言葉が通じないと、
私の文章力の欠如か、
あるいは、伊皿木氏の読解力の欠如ないし心理的な拒絶による曲解か

私は後者であると思いますし、これ以上の説明は無駄と考えます。
第三者には、理解していただけると思っています。

すべてに反論する気にもなりませんが、

「存在を知っていて当然という性質のものでは」ない場に発表された反論は、「知らなかったとしても責められ」ない、がなぜ、

>国会図書館に…納本されていない刊行物中は読まなくてもいい

となり、

批判した側が、被批判者が知らなかったことを問題にするならば、批判者が知らせなかったことに跳ね返るというのが

>批判者は被批判者に対して抜き刷りを送付するなど批判を行なったことに関する通知「責任」がある

となるのやら。

きわめてシンプルな初歩的論理。
被批判者が知らなくても構わないのであれば、いちいち通知する必要なんかありゃしません。ただし、知らないことを責められない。


さて、富山遺跡についての調査が進展しているようでなによりです
富山遺跡の包含層の理解は、そういうところに落着くだろうとは予想しています。
ただし、地学者が考古学側の見解に合わせて解釈するように見えるのは、うがち過ぎでしょうか。

それはそれとして、
私の方も、類似した地形の遺跡をめぐる論争を紹介しようとしていたところです。

0131 RE:批判の仕方 竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の富山遺跡について 伊皿木 〔2014/11/08-13:12〕〔122.219.49.2〕
        親_0130 根_0125 引用して返信 引用無し返信 
お陰様で、問題が明確になってきました。
「知らないことを責められない」とする立場と「知らなければならないことは知らなければならない」とする立場の違いでしょうか。
有り難うございました。

0120 『石の虚塔』の虚 伊皿木 〔2014/08/15-05:39〕〔122.219.49.2〕
              根_0120 引用して返信 引用無し返信 
山内清男=東大名誉教授説(141頁)が話題になっているようですが。

0121 『石の虚塔』の評価(1) 早傘 〔2014/09/09-00:16〕〔124.26.211.231〕
        親_0120 根_0120 引用して返信 引用無し返信 
上原善広2014.8『石の虚塔』新潮社

 本書は、『新潮45』2012年1月号から2013年3月号まで、休みなく15回にわたって連載された同名のレポートを単行本化したものである。
 単行本化は単なるホチキス留ではなく、順序を再構成し、序章を除き概ね時系列に並べられている。そして、大幅な加筆や文章の修正もおこなっている(連載と単行本の対応表を作るのにもなかなか手間がかかった)。

 その評価を端的に述べれば、
「粗雑だが、多くの独自情報を含む本」といえる。
 長短を総合して「買い」として紹介する。
 まず、問題点を指摘した後に、プラス面の評価をおこなう。著者関係者がご覧の場合には、最後までお目通しを願いたい。

 著者が考古学の基礎知識を持たないから当然とはいえ、用語や学史的事実の誤認ははなはだ多い。
 これは、連載当初から変らない特徴である。
 連載第1回冒頭の冒頭の文章(単行本p20)で「切り拓かれた稲荷山の断層に近付いた」という表現を見たときから、著者の知識への期待値は下がっている。
 問題は、このような文章が単行本化に際してもそのままだということだ。相当に手間を掛けているにもかかわらず、連載時の誤りは、ほとんどそのままになっている。

 校閲をしたのかと疑いつつ、“校閲”でググると、こんなページが2番目に提示される(9月4日現在)

 「新潮社の校閲すごいっ!校閲のプロの仕事っぷりが話題」
 http://matome.naver.jp/odai/2136766411643129901

 ツイートまとめページであるが、非常に丁寧な校閲をした事例が紹介されている。
 それに比べると、本書は、特に専門的な内容を除いても、人物事典を確かめたり、国語辞書を確認する程度で訂せる誤りが多いのは事実である。
 先程提示した文章でも“切り拓かれた”“断層”を“切り開かれた”“断面”とすべきことは、プロならば容易に指摘できるはずだ。本書については、新潮社はまともな校閲者を付けなかったと認められる。すなわち、出版社としての経営的位置付けにおいて、そのようなコストを惜しまれたといえる(別の可能性もある。STAP騒動で時宜を得たとみて、停滞していた単行本化を拙速に仕上げたのかもしれない)。

 事情はどうあれ、新潮社の校閲ダメ! といわざるをえない。

 伊皿木氏が指摘した山内清男の肩書は、指摘箇所は連載時のままだが、単行本p42の“東京大学の山内清男”は連載時には“東大の山内清男教授”(第2回p157)となっており、単行本化の際に修正された数少ない誤りの一つだ(連載時のミスまで全てチェックしたわけではないので、修正済箇所は意外に多いかもしれない)。
 私が単行本をチェックして、誤りないしは不適切として附箋を付けた箇所は140箇所を越える。
 国語的な誤り、人物事典的誤り、専門的理解の不足による誤りが多いが、非常に気になるのが時系列の矛盾である。
 序章では、藤村宅への初訪問から,訪問を重ねた後へと時間が進むが、記述の時制が不整合となる箇所がある(p15 L7以下)。相沢の前半生を紹介した記述では、自伝(『「岩宿」の発見』)の問題箇所をそのまま引き写している。
 時系列の矛盾のうち、最も頭を抱える記述は、p195-196の岩宿博物館をめぐる記述だ。開館当初の名称が「岩宿文化資料館」であったことは記述を省略してもさしたる問題は無い。しかし、

“芹沢と相澤は、皮肉なことに岩宿博物館と対立していた。岩宿博物館の館長は代々、明治出身者によって独占されていたからだ…(中略)…相澤が亡くなった後…(中略)…岩宿博物館が開館したとき…(中略)…芹沢先生を記念講演に呼んだ…(中略)…明大関係者で館長の座を独占している岩宿博物館が…(中略)…芹沢をなぜ開館記念講演に呼んだかというと相澤記念館の展示品を貸し出してもらう必要があったからだ…(中略)…しかしタイミングの悪いことに、芹沢が憎悪している戸沢が、岩宿博物館の初代館長に就いていた”

という記述は、事実関係を知らない読者であれば、岩宿博物館の開館と相沢の死の前後関係について混乱に陥るだろう。省略部に多くの文章が挟まるわけではない。著者は執筆・校正時に気にならなかったか?
 ノンフィクションは、著者が収集した事実に基づいて構成されるわけだが、その「事実」を時系列に整理し、矛盾があれば比較考証するというのは基礎的な作業だろう。歴史叙述と本質的に変らない。

 参考文献の引き写しや要約に留まらず、読者に臨場感をあたえるための文飾はある程度許されるだろう。ただし、資料を読込んだ上で、整合性がある推測で補うものでなければ逆効果となる。
 1949年9月11日に稲荷山の切通し(岩宿遺跡)に到着した杉原が、断面の発掘の前に、両側の山に登るなど地形・地表の観察に1時間を費やしたという記述(p49-50)は、リアリティーとして悪くない。しかし、調査参加者の記録いずれにもそのような記述はない。切通しを観察して、調査する断面を杉原が決めて掘り始めたとしか復元できない。捏造ではないか。
 なにか独自の資料を発掘したならば出典を明示すべきである。
 ノンフィクションは学術書ではないといっても、出典の記述が乏しすぎる。ある著作の要約とみられる記述が続いても、出典は明示されない。
 巻末に参考文献一覧がある。多くの文献を参考としたことは評価できるが、それゆえに、本文の特異な記述が、参考資料に基づくか独自の記述か判断が難しい。なお、参考とした雑誌の巻号が書いていなかったり出版社名が誤っていたり(発行中に版元が替った場合も該当巻号の出版社を示すべき)、単行本と混同するなどは論外といえる。
 先行研究へのリスペクトという面では、藤村の過去エピソードは相澤を模倣したという説について“と言われている”とするのみで出典を示さない。その言出しっぺは難波紘二氏であると断言できるが、本書にその名は見いだせない。
<つづく>

0122 『石の虚塔』の評価(2) 早傘 〔2014/09/10-20:41〕〔219.104.38.56〕
        親_0121 根_0120 引用して返信 引用無し返信 
 前回は、代表的な欠点の指摘に終始した。今回は長所とすべき点を中心に紹介する。
 本書の意義は、独自の証言を多数収集したことである。
 主要登場人物の多くは鬼籍に入っているが、家族や関係者を取材している。相沢の子、芹沢の伴侶などの証言は新鮮である。ただし、証言者の年齢を「取材当時」(p6)で記すのは、長年月にわたり取材した本書には不適切といえる。
 1960年代に伝記上の人物となった相沢は、顕彰の立場から語られることが多かった。本書は多面性を持った、ある意味「普通の人間」としての相沢を描いている。長女からの“『家庭の団欒が――』とか書いているけど、自分の家庭をかえりみなかった”という批判(p89)は、同年代の家庭の多くが抱えた課題ともいえる。ただし、その怒りの要因は相沢の著作自体にもあるといってよい。上原は単行本p94-96で、相沢の著作に前妻・後妻への謝辞がないという認識に基づいた推察を展開するが、これは事実無根である。『赤土への執念』の“あとがきに代えて”に“妻・千恵子の協力を得たことを記して”ある。『「岩宿」の発見』の“あとがきに代えて”の謝辞にも、後の再婚相手久保田千恵子が含まれており、これは、単行本でも文庫本でも同様だ(上原はなぜか、古書として容易に入手できる単行本ではなく文庫版を「参考文献一覧」に掲げている)。後者の“あとがきに代えて”の問題は、妻子の存在を一切うかがわせない記述であることだ。その内容を要約すると、前半は岩宿発見以降の反響。後半は、群馬県功労賞を受賞してまもなく父が亡くなった、その3年後に母も亡くなった、さらに2年後に吉川英治賞を受賞したが、“受賞の喜びを、私はだれに知らせ、だれに喜んでもらったらよいのだろう…(中略)…いまも、どこかに残されたはずの祖先の一家団らんの場を求めている”という内容である。相沢は芸能人ではないから妻子の存在を隠したりしていなかった。吉川英治文化賞受賞直後の週刊現代の記事には相沢の研究を支える伴侶の姿も描かれている。『「岩宿」の発見』における妻子隠しは、相沢の意志というよりも、出版社側が読者の共感を得やすいように編集したためと想像する。
 脇道にそれた。岩宿発見という物語については、別ツリーを予定している。
 連載と単行本の違いとして指摘しておきたいのが、竹岡・角張に関する記述の追加(p219-239, 246-249)であり、平板な感じがあった神の手事件に関する記述に膨らみが出た。ただし、角張についての記述は時間的前後の誤りが多く、また、貴重なエピソードがもれている。物語として神の手事件を描く場合、副主人公とするのがふさわしい因縁があるのに惜しまれる。
 連載最終回にあたる藤村取材記録は、本書の白眉といえる。単行本化にあたって大幅に加筆されている。事件についての藤村の証言は、相変らずの記憶に御座いませんで新味がないが、藤村が好んで聞くクラシックの曲名、藤村から著者へのプレゼントなどは、劇的である。前者は、著者がクラシック好きだから気付いたのであり、手柄といえよう。ただし、藤村の家族に関する描写は配慮の不足を感じる。
 配慮といえば、相沢の一族や奉公先の職業の、過去の社会的位置付けに関する記述は、評価が難しい。上原だったらそれを書くだろうとは思ったが、書く必要は無いともいえるし、また、現代ではあえて書く必要があるかもしれない。『「岩宿」の発見』出版当時では、書かずとも通ずるところであり、また、両親の離婚の一因となったことも示唆していた。

 本記事では、本書の長所とすべき点を示しつつ、それにからむ問題点も指摘した。
 前記事と合わせてご覧になった方からは、それほど欠陥が多いならば、単行本化の前に著者に指摘すればよいと思う方もあるかもしれない。
 しかし、本書の長所たる独自取材部分を、今後他者が利用する場合に、どの程度そのまま信用できるかが評価される必要がある。他の文献との比較によって検証できる部分の品質によって、データの信頼度を測れる状態こそ、望ましいと考えている。

 筆者にとっての上原本の更なる功は、「岩宿の発見」を伝える文献を比較して検証しようとする意欲を喚起したことである。さいわいなことに、近年、岩宿を発見しなかった側の見解を伝える記録も公表されている。
 筆者の検証結果は、明日以降に別ツリーで紹介する予定である。

0124 『石の虚塔』のその後 早傘 〔2014/10/14-08:12〕〔219.104.38.188〕
        親_0122 根_0120 引用して返信 引用無し返信  メール 
10月6日に、作者が“『石の虚塔』の校正”という一文をブログに掲載した
http://u-yosihiro.at.webry.info/201410/article_3.html

 妙な言訳はかえって書かない方がよいと思う。

 “刊行前に考古学を専門とする第三者のチェックが入ると公平性が保てない”
とはおかしな言分だ。当事者のチェックを受けると公平・客観性が保てなくなる虞があるというならばまだ筋が通るが、第三者に用語の適否、事実関係の正誤を確かめてもらうのに公平性が失われる虞などない。内容に踏みこんだ指摘には毅然とすればよいだけのこと。そもそも、考古学の専門家でなくとも気付くおかしな記述があふれていることについて言訳にならない。新潮社であればノンフィクションの校閲のプロは容易に調達できるはずなのだから。これは著者の問題よりも出版社の品質管理の問題なのである。
 それなのに、“専門用語の細かな校正は、まず刊行してからと思っていたので、すでにいろいろな方からご指摘いただいていますが、これは当初の予定通りであり”などと書かれては、著者自身が欠陥品であることを承知して出荷したということになる。あまりにも無責任といえる。

 芹沢・相沢・杉原の3人の関係をテーマとした着眼点はよいのだ。その素材を濃い味付けにしたから、書評界からは注目を集め、コレクションはしていないが、多くの雑誌・新聞でとりあげられている。
 週刊現代の評者は上原と旧知の編集者である久田将義で、身内ぼめといえるが、それを除いても話題の書なのである。ただ、どうしても読者の関心は捏造事件や相沢に向い、著者の取材の趣旨を誤解しているものが多いし、文藝春秋の鼎談に至っては、うろ覚えの記憶で気の利いた風なことを言合う出鱈目なものであった。10/12に掲載された朝日新聞の書評が最も正確に本書を理解している。

いくつかの書評へのリンク
週刊朝日
http://book.asahi.com/reviews/column/2014091900006.html
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/kakuhito/list/CK2014100502000180.html
朝日新聞 角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11398881.html


 「話題の書」であるから、初版が何部から知らないけれど、増刷がかかる可能性は十分ある。
 しかし、問題は初刷りの読者への責任だ。IT方面の書籍ではネットに正誤表を置くことが珍しくない。上原ないし新潮社も、この間違いだらけの書を出した責任として、正誤表の製作・公表をすべきであろう。仮に著者側からの要望があれば、筆者の気付いた問題をお伝えする気持はある(要望がなければ勝手にやるかもしれない)。

 予告した岩宿遺跡と相沢忠洋について調べているが、謎が増えるばかりで、半端な状態で書込むことが出来ないでいる。竹岡本についてもコメントを準備している。

0123 講演会「行田の古代史を探る」開催!! gyodatabi 〔2014/09/18-00:06〕〔133.203.115.51〕
              根_0123 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
こんにちは、

告知失礼いたします。

10月4日午後1時から埼玉県行田市佐間の
行田市教育文化センター「みらい」で、
埼玉古墳群を始めとする行田の古代史を探る
講演会「行田の古代史を探る」が開催されます。

講師は、「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイン・作画監督として知られ、
「ヤマトタケル」など神話や古代史をテーマとした作品を描かれている
漫画家”安彦良和”先生 など下記の3名の先生方です!!

第1部  
「古代に想いを馳せる〜ワカタケル大王とオワケの臣〜」
講師:漫画家 安彦良和 先生

第2部 
「埼玉古墳群 七つの謎を解く」
 講師:埼玉考古学会会長 高橋一夫 先生
「さきたま地域の埴輪」
講師:大正大学教授 塚田良道 先生

入場料は無料です!

申し込みは、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、
申し込み人数(3名まで)を記入して
bunka@city.gyoda.lg.jp までメールしてください。入場整理券をお送りいたします。
(先着順、定員になり次第締め切ります。)

ぜひ、お申込み、ご来場ください!!

0119 『石の虚塔』単行本が8/12に発売 早傘 〔2014/07/19-07:45〕〔111.64.182.1〕
              根_0119 引用して返信 引用無し返信 
昨年2月まで新潮45に連載された
上原善広『石の虚塔』がいよいよ単行本化されました。
8月12日に新潮社から発売とのことです。
上原氏のブログに、内容紹介と合わせてSTAP問題へのコメントも
示されています。

新刊『石の虚塔』のお知らせ
http://u-yosihiro.at.webry.info/201407/article_10.html

石の虚塔・目次
http://u-yosihiro.at.webry.info/201407/article_11.html

STAP細胞と旧石器捏造の共通点
http://u-yosihiro.at.webry.info/201407/article_12.html

0118 週刊新潮先週号に国宝の偽物疑惑 金印その他 早傘 〔2013/04/24-07:54〕〔114.20.48.92〕
              根_0118 引用して返信 引用無し返信 
うっかり、次号発売直前となってしまった(一部店舗ではすでに次号を販売中?)。

菊地正憲,「歴史教科書に書いていない『国宝』の史実誤認と偽物疑惑」,週刊新潮,2013年4月25号,pp.38-41, 2013/04/18

菊池氏が取りあげた疑惑の国宝は金印、「源頼朝像」、支倉常長像の3点

金印偽作説は三浦パパと鈴木勉氏を紹介。パパは例によって“私が唱える贋作説に対して、説得力のある反論は未だにありません。『本物説』の根拠は乏しいままです”とブーメラン。福岡市博の学芸員は“各根拠を総合的に考えて金印を本物と扱っていますが…まだ研究の途上”といなしている。

菊池氏は、頼朝像については別人説が優勢であること、支倉常長像にも改作説があることを紹介し、永仁の壺事件にも触れ、“つい10年ほど前に古代遺跡捏造事件があったことも記憶に新しい”と神の手事件にも言及

0117 新潮45『石の虚塔』最終回 早傘 〔2013/02/19-23:20〕〔114.20.24.137〕
              根_0117 引用して返信 引用無し返信  メール 
いまちょっと忙しないのでコメントは後日としますが、

“最終回では「旧石器捏造事件」の藤村新一氏の独白を掲載。
旧石器にまつわる学界の盛衰と、捏造事件という暗転を描いています。”

著者・上原善広のブログより
http://u-yosihiro.at.webry.info/201302/article_7.html

0077 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(1) 早傘 〔2011/07/20-08:24〕〔125.29.43.250〕
              根_0077 引用して返信 引用無し返信 
 角張本で、岩宿確認直後の報道から疑問が提起されている。角張氏の疑問を脇に置いても、
 昭和24年9月の岩宿石器文化確認に関わる報道は、
  1)旧石器報道の原点
  2)岩宿資料の発掘直後の評価
 という2つの観点で、検討する意義がある。
 6月27日に国会図書館で、全国3紙の記事をコピーしてきた(その日は午後に予定があったので、縮刷で確認できる3紙のみ)。
 7月に入り、五十嵐発表の問題を正確に批判するために座散乱木IIの報告書および使用痕研資料集を、引越したまま積上げてあった段ボールから引張り出した(2ヶ月も放置していた荷物の整理が少しでも進んだのは五十嵐さんのおかげです)。岩宿発見50周年の1999年に岩宿文化資料館で開催された企画展「日本史を書換えた岩宿の発見」の図録も2冊出てきた。この図録には、相沢忠洋記念館所蔵の新聞切抜き5点が掲載されている。
 再度国会図書館に赴き、上毛新聞と毎日小学生新聞のマイクロリールをぶん回してきた。
 以上により確認できた記事を、まずは国会図書館資料に基づき転記する(法人著作物なので権利保護期間はすぎている)
 国会図書館は全国紙については東京最終版であるが、相沢資料は群馬県東部で頒布された版であろう。その異同も点検した。
 また、当時の新聞では、段落の区別を、一段落置きに段落全体を1字下げるという方法を取っており、上記図録はそれに準じているが、この掲示板でそれを模倣するには無用な改行が必要になりテキストデータとして使いにくくなるので、現在通常の方法である段落頭1字下げにした。

1949/09/20 読売新聞東京本社版7版 2/2面
《旧石器人類の遺跡》見出1段
 明大考古学研究室後藤守一教授ら一行は去る十一日から三日間群馬県新田郡笠懸村岩宿で旧石器人類の遺跡を発見した
 遺跡は桐生市の西方約一里の地点で、地下一・三辰隆愿譽蹇璽狒(赤土)とその下層の黒土層から発見されたもので、関東ローム層は少くとも一万五千年以前に堆積されたと推定されるので発掘された石器は横刃三個、先刃六個、人工のある打製石器片十個、握槌型の石器などいずれも旧石器時代の人類が使用したものと見られる

1949/09/20 朝日新聞東京本社版7版 2/2面
《旧石器時代の遺物 桐生市の近郊で発掘》見出3段
 明大考古学研究室杉原荘介助教授は旧石器時代遺跡の試掘に収穫をあげ、来月一日から第一回発掘を行い、その結果を同月末京大で開かれる日本考古学協会第四回総会で発表する
 場所は群馬県新田郡笠懸村岩宿 桐生市から西へ四キロ余、両毛線岩宿駅の西北約一キロに琴平山稲荷山とよばれる標高二百メートル足らずの二つの孤立丘がある、この丘が発見された遺跡だ
 東京考古学会会員で桐生市在住の相沢忠洋氏が両丘の切通しの道のがけ面、関東ローム層中の石コロから、旧石器時代の遺物と思われる石クズを発見、明大考古学研究室に鑑定を依頼したのが動機となり、杉原助教授は去る十一日から三日間、約五坪を試掘した
 その結果報告によれば、関東ローム層の下部とその下の岩宿層(地下一辰ら一短諭擦隆屐砲涼罎ら握ツチ形の石器一個、横刃形のもの三個、先刃形のもの六個、打コブのあるハク片十個が発見された、握ツチ形、横刃形、先刃形はいずれも一辺がナイフ状に鋭くけずられ、さらにノコギリのようにギザ/\になつているのもある
 これらはいずれも先住民族が使つた石器だといわれ、しかも発見された土中が関東ローム層の下部で、時代からいえば洪積世、つまり旧石器時代に属し、このローム層は地質学の多田文男東大助教授の協力でガケ崩れや風で運ばれて出来た二次堆積でないことが証明された
 なお発見された石器のうち握ツチ形のは下部に旧石器時代の特徴があり、これが確認されれば年代はぐつと古く十万年近くなるが、この点はもつと発掘してみねばはつきりしないという
 杉原助教授談 日本でこれまで発掘された旧石器時代の遺跡と称するものは、いずれも資料不足で確認されていないが、こんどは遺物がそろつているから間違いない、確認されたら、この遺跡を「岩宿文化跡」と呼ぶ
【写真は発掘された岩宿遺跡の石器と杉原明大助教授】(広い台に石器を並べ杉原が握槌を右手に持っているほか、別人の右手が石刄石器を持つ。このほか遺跡付近の略地図)
※相沢資料からの変化 相沢資料は見出2段で写真無し。「石器のうち、握ツチ形のは下部旧石器時代」→「石器のうち握ツチ形のは下部に旧石器時代」と過ったテニヲハ修正。


1949/09/20 毎日新聞東京本社版6版 2/2面
《旧石器の握槌 群馬県で発見 明大杉原助教授 十万年前と推定》見出2段の囲み記事
 このほど明大考古学研究室によつて原始人の手で作られた旧石器が発見された
 現場は群馬県桐生市外笠懸村字岩宿にある岩宿小丘といい、去る四日地元のアマチュア考古学者がここで集めた石屑のなかに珍しい形のものがあるのを同教室の杉原助教授が発見、十日から三日間現地試掘をしたところ関東ローム層の下部から旧石器時代特有の形をした横刃形、尖刃形石器十数個をはじめ粘板岩製のグトポアン(握槌形石器)も発見したもの
 これと同時に出土地点が関東ローム層の下部であるという事実を確認するため東大地質学助教授多田文男氏が十五日現地を再発掘しその地点を確認、遺物包含層を岩宿地層と命名し、その編年学的な古さを研究することになつた、なお杉原助教授は十月廿九、卅の両日京都大学で開かれる日本考古学協会の総会に報告するため論文を作成中である
 杉原助教授談 発見された石器はいずれも人工的な打裂をはつきり認められ自然的でないことは一目で判つた、これは欧州の研究をそのまま日本に当はめれば後期旧石器オーリナシアン期で今からざつと十万年くらいのふるさになる、殊にこのグトポアンは立派な形で東洋でも最初の発見で、これでわが国の古代史は書きかえなければならないと思う
 多田博士談 関東ローム層は今から一万年前いわゆる洪積世からつもり始めたもので、いま旧石器が出た岩宿層は成田層と同じくらいとすると数万年前のものだが、今後の調査ではっきりしたい
 [日本人類史に貢献]1段
 解説 わが国旧石器時代の存在は昭和六年獣類化石学者早大直良信夫講師によつて明石市外西八木海岸から原始人の化石した腰骨と石器を発見、ついで同十四年地質学者永沢譲氏が横浜市日吉台から骨さじを発掘しその実在を主張したが、いずれも当時の学界から認められなかつた
 しかし昨年七月その人骨が東大長谷部博士の目に止まり五十万年前の類人猿と推定『ニポナントロプス』と命名されたので日本学術会議では『明石西郊含化石層研究特別委員会』を組織し同年十一月一ヵ月間再発掘をしたが、不幸にも正確なデータを発見できなかつたので本州には今から五、六千年前新石器時代の縄文式稲荷台文化人類が初めて渡来してきたことが定説化した
 しかし今回の発見はニポナントロプスの実在も裏づけられ日本人類の系統発達史上に多大の貢献をなすものと期待されている
【写真は石器を並べて研究中の杉原助教授】(広い台に石器を並べ杉原が握槌を右手に持っている)
※相沢資料も同じ

0078 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(2) 早傘 〔2011/07/20-08:26〕〔125.29.43.250〕
        親_0077 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
1949/09/21 毎日小学生新聞 1/2面
《十万年前に日本に人がいた 群馬県笠懸村で旧石器を発見》見出2段
リード{日本にいつごろから人類がすんでいたかは、遺跡から発見された石器や、土器によつて三千から一万年前新石器時代からといわれていました。ところが、明治大学考古学研究室の杉原荘介先生は、十九日午後「わが国さいしょの旧石器時代の遺跡がほり出され、やく十万年前にも日本に人類がすんでいたということがわかつた。」と発表しました。}
 先生の発表によりますと、発見された場所は、群馬県新田郡笠懸村岩宿の岩宿小丘のがけ面です。ここからほり出した石のなかから、いままでとぜんぜんちがつためずらしい形のものがあるのを発見した先生は、十一、二、三の三日間試験的にほつてみました。地下一メートルから一メートル七十センチのあいだから旧石器時代の特ちようとされている、握つち形石器、横刀形石器、先刀形石器がでました。近くから土器が出ないこと、みがいた石器がないこと、石のやじりがないことなどからも旧石器時代のものとおもわれ、「岩宿式石器」となづけられました。さらに地質学の大家多田文雄博士も、地層をしらべたところ、やく十万年前のものと推定しました。もしこれが学界で承認されたら、東洋では北京近くの周口店、モンゴルとバイカル湖の近くから発見されたものとならぶ旧石器時代の遺跡となるわけです。
 研究室では、十月一日から岩宿遺跡調査隊をつくつて、大々的に発掘し、しらべた結果を十月二十九日、三十日の二日間開かれる日本考古学協会総会に報告することになりました。
【写真上ははっくつしているところ 左は発掘された石器 右が石器のでた岩宿小丘です。】(有名な崖面に6人並ぶ写真 握槌など8点の正面写真(上毛新聞写真と同じものだが90度逆時計回りになり、周囲が切れている) 岩宿遠景)
※相沢資料も同じ

1949/09/23 上毛新聞B版 2/2面
《旧石器時代の遺蹟》横見出2段《数万年前に日本人が使つたものか[新田笠懸村で發掘]》縦見出3段
リード{桐生市から四キロほど離れた新田郡笠懸村のおかから、たいへん古い昔の石器が見つかりました、石器というのは、人間がまだ木や金属で物を作ることを知らなかつた時代に、石をとがらせたり、丸めたり、けずつたりして、色々の用に使つていた道具です}
◇…今度土の中から出てきたのは、その石器の中でも旧石器といわれるものらしく、形は簡素で、考古学の知識のない人には普通の石のかけらとあまり見分けがつかないくらいのものです、しかしいくら形が簡単でも、世界の他の旧石器とくらべたり石器がうずまついていた地層の古さを調べたりすることで、それは自然に出来たものではなく、人間の作つたものであり、しかも、いつころ作られたものかもわかるのです
◇…旧石器時代の人間は、石をとがらせて物を突き、石を角ばらせてやわらかいものを切つたりしたのです。この時代には農業も牧畜もなく野生の植物と自然の動物をとつて食べていました、土で土器を作ることさえ知らず、やばんな時代であつたわけです
◇…旧石器時代の次に新石器時代が続きます、この時代になると石のおの、石やり、石のほうちよう、石の矢じりができ、さらにねんどで形をつくり、それを火で焼いて土器を作ります、日本では旧石器時代の遺物らしいものは今日までに何回か発見されましたが、学者全部から、旧石器にまちがいなしと断定されたものはありません、それで日本には、だいたい五、六千年前の新石器時代に、大陸から人間が移つてきたと考えられているのです
◇…今度の笠懸の石器が旧石器にまちがいないとなると、新石器時代よりも、もつと古い時代の数万年前に、すでにこの日本に人間が住んでいたということになります、これは学問上たいへん重大なことですから、もつと多くの石器をえて研究するために掘りつづけられることでしよう
◇…このことについて群馬大学の尾崎喜左雄先生はこう語つています この石器は数万年前の土の中から掘り出され、造り方がそのころのと同じなので旧石器だとされています、桐生の相沢忠洋さんたちが見つけたのですが、縣でも大へん大切なものなので保護することになつています、これからオカを掘つてもつと沢山の石器をみつけ、これを材料にそのころの人間の生活をしらべますから現場は大切にしておかねばなりません
【写真は(上)発見された石器と旧石器(中央白い石)(下)岩宿小丘(左手前の丘)】
(握槌など10点の正面写真。“中央白い石”の意味が不明 岩宿の写真は毎日小学生新聞と同じ写真をトリミングしたもの)

0079 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(3) 早傘 〔2011/07/20-08:26〕〔125.29.43.250〕
        親_0078 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
1949/09/26 上毛新聞B版 2/2面
《["岩宿遺蹟"奇しき発見]行商の道すがら 相沢君が拾った石片》見出3段
 考古学界に画期的な一石を投じた桐生市外笠懸村岩宿小丘の遺跡発見者桐生市横山町二二五相沢忠洋君(二四)―相沢君は大正十五年横浜市の生れ母に早く死別し、長唄をやついていた父と鎌倉に住み同市小学校へ入学した、八歳のころから考古学への憧れは燃え始めた、古い歴史に包まれた鎌倉の史跡の中で育った少年は昔の話を父から隣人から聞かされ興味を持ち始めた、母なきさびしさが幼い相沢君の考えを炉を囲んで楽しい話題に何の屈託もなく生活する太古人の生活を想像させるようになつた、そのころ軍拡時代に要塞地帯の同地方は要塞工事が何処でも行われていた、相沢君の興味は工事場から石ヤジリを拾い石斧を集めさせた、そして興味を助長させたのは近所の当時の帝室博物館の守衛をしていた小父さんだつた
△小学校を卒えて東京浅草の商店に奉公に出たが、相沢君のあこがれは帝室博物館へ集中していた、走り使いの自転車はきつと博物館の前で何時間も止つていた、桐生に移り住み北青年校を卒えた彼は戦争で横須賀海兵団に入團した、在團中も作業が彼の唯一のなぐさめであつた、土を掘る石が出ると彼はそれだけで満足していた、十九年には茨城県額田村では作業中特に許しを得て古墳を発掘したこともあつた
△終戦で桐生へ帰つた彼は雑貨の行商をしながら東赤城山麓の村々を歩き各所の古墳遺跡を発掘し、石器を見つけ石ヤジリを採集した、背負つた荷を一つも賣らないで見つけあるいてしまうので彼の商賣は失敗に終つたが、日雇仕事をしながらも彼は桐生東毛方面の考古学への努力はだんだん結実して廿二年秋には同好者と東毛考古学研究所が発足次々と遺蹟を発見した、桐生市の川向うの栃木縣菱村普門寺、東光台、桐生市宮元町新公園遺跡、勢多郡新里村高縄遺跡そして山田郡梅田村小谷戸遺跡では新聞を賑わした、そしてこんどは岩宿小丘の旧石器だ
△相沢君が岩宿小丘に目をつけたのは廿一年秋行商途中で旧石器らしい石片を拾つたのから始まる、この小丘一帯は土器、カワラ石器が非常に豊富だつた、それから暇があれば岩宿小丘へ通つた、廿二年九月のカサリン台風は彼にはうれしいカサリン嬢だつた、台風のお陰で山のくずれからまたまた旧石器らしい石片三つを拾つた、そして今年もまた岩宿小丘のむね深く鍬を入れムステリアンニギリ鎚を発掘した
△彼は清貧に甘んじ横山町の長屋の一室に出土品と抱き寝し、研究に余念がない、若人のひたむきな熱情が遂に岩宿小丘遺跡を日本の学界へ送り出した
△当の相沢君は
 こんなうれしいことはない、これも両毛考古学界の境野さん、桐生紡織の岡田さんなどの助力があつたればこそでお礼の申しようもない、これからはますます張切つて仕事をします
と目を輝かして明大考古学教室の発掘結果に大きな希望と夢をいだいている
《問題は"年代決定" 後藤教授等の視察》見出2段
 桐生市外笠懸村岩宿小丘の視察に東京考古学会会長後藤守一氏―明大考古学教室主任教授―慶大考古学教室江坂輝彌教授の一行は廿四日來桐、群大尾崎教授、発見者相沢忠洋君の案内で現地を調査したが、十月一日から十日間明大考古学教室は発掘本部を同村において全面的に同地を発掘することになり、その結果は学界各方面から注目されているが、旧石器時代の遺跡を証明されれば神話はもち論従来の日本人渡来説は根本的に覆され十万年も前から日本に人が住んでいたことになる、來桐した後藤会長は次のように語つた
 地質の多田博士の証明もあり、洪積層は間違いないし、石器そのものも旧石器であるので今後の調査が期待される、問題は握槌はムステリアン(十万年前)だが他の石器がオーリナシアン(一万年前)のものなので年代の決定にある、学界でも旧石器人がいたとは想像されていたがこれで証明されたわけで発見者の相沢君の功績は大きい、今年は第一期調査で來年は二期、三期と全学界協力して調査を進めたいと思つている
《遺跡を荒すな 近く保存假指定》見出1段
 縣史跡保存委員会では問題の“岩宿小丘遺跡”の保存の仮指定を近く行うことになつたが、廿四日後藤教授一行の視察の際すでに発掘地が荒されているのを発見、村当局では同日直ちに立入禁止の標札を立てた、発掘壁を鍬で掘つたもので学生、生徒のいたずらと思われるが貴重な遺跡だけに保存については村民の協力が望まれ、濫掘したものでもし出土品を持つているものがあつたら関係者に提出されるよう関係者は望んでいる
※相沢資料も同じ

0080 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(4) 早傘 〔2011/07/20-21:08〕〔114.20.48.161〕
        親_0079 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
 転載したうち、図録に掲載された相沢資料と重なるのは、朝9/20、毎9/20、毎小9/21、上毛9/26 の4件である。
 上毛9/23は図録に掲載されていない。相沢資料に含まれていないかは未確認
 図録には次の記事も載っており、国会図書館でも複写してきたが、今回は扱わない
  上毛新聞10/4「解けるか十万年の謎 岩宿遺跡の発掘始る」見出3段
 また、次の記事も確認し複写してきたが、やはり今回は扱わない予定
  上毛新聞10/8「“岩宿層”と命名 第一期の発掘、一段落」見出2段
 明大調査に関しては、全国紙の記事の有無をまだ確認していない

 各紙を比べると“誰が調査したか”の多様さに目がくらむ
  読「後藤守一教授ら」
  朝「杉原荘介助教授は…(略)…試掘に収穫をあげ…(略)…相沢忠洋氏が…(略)…旧石器時代の遺物と思われる石クズを発見」
  毎「アマチュア考古学者がここで集めた石屑のなかに珍しい形のものがあるのを同教室の杉原助教授が発見、十日から三日間現地試掘をした」
  毎小「杉原荘介先生は…(略)…めずらしい形のものがあるのを発見し」
  上毛23「相沢忠洋さんたちが見つけた」(記事本体に無く尾崎コメント内)
  上毛26「相沢君は…(略)…深く鍬を入れムステリアンニギリ鎚を発掘した」
 われわれはこの中で朝日が正しいことを知っているが、同時代に読み比べればこう解釈したかもしれない
 “相沢が発見した石器を杉原が鑑定して旧石器らしい資料を発見、後藤を団長とし杉原が率いる調査団が試掘、調査に参加した相沢が握り槌を発見”
 簡潔な読売はともかく、毎日は明確に相沢を軽視。上毛は杉原の関与を抹消している。岩宿発見報道で杉原と相沢の確執が生じたということがよくわかる。
 上毛の記事は。9/23は通常の新聞記事の書方を逸脱している。「ですます調」。まるで赤旗のようと思う人もあろうが、同一面の他の記事は普通に「である調」である。しかも、発見の日も発見者も書かないのは異常である。そして、発見を伝える記事というよりも解説が主となっている。これらの異常は、本来の記者ではなく相沢が書いたためと推測すると、納得できる。執筆が相沢でなくとも相沢資料に含まれていなかったことは考えがたい。図録に掲載されていない理由は確認していない。また、上毛9/26は記者による聞き書きであろうが『「岩宿」の発見』の原型といえるだろう。

 毎日の解説記事で、今では忘れられた「日吉台の骨さじ」について触れている。一昔前ならこの元ネタを探すだけでも1,2頁の研究ノートにできたが、さくっとググれば原記事が見られるのが今の世の中

神戸大学が保存・公開する東京日日新聞(毎日の前身)の記事
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10072040&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1

正しい氏名である永沢譲次で概報も見つけて読むことができる
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007473061
http://ci.nii.ac.jp/lognavi?name=nels&lang=jp&type=pdf&id=ART0009298193

 マグダレーニアン類似かぁ。
 結びの「指導と忠告を給った大山柏公爵、長谷部言人教授、山内清男氏に慎みて謝意を表します」がいい山葵になっている。
 要するに忠告されたわけだよね。

 そおそお、角張氏が気にした“10万年前のオーリナシアンの握槌”問題。記事から関連の文を抜出すと、

朝日9/20「握ツチ形のは下部旧石器時代の特徴があり、これが確認されれば年代はぐつと古く十万年近くなる」(誤修正前)
毎日9/20「後期旧石器オーリナシアン期で今からざつと十万年くらいのふるさになる、殊にこのグトポアン…(略)…
     多田博士談…(略)…旧石器が出た岩宿層は成田層と同じくらいとすると数万年前」
毎小9/21「多田文雄博士も、地層をしらべたところ、やく十万年前のものと推定」
上毛9/26「相沢君が…(略)…ムステリアンニギリ鎚を発掘
     後藤会長は…(略)…問題は握槌はムステリアン(十万年前)だが他の石器がオーリナシアン(一万年前)」

 “その他の石器”の中心になる石刄をオーリナシアンに対比し、下層から出土した握槌をオーリナシアン類似とし、両者が伴うのかいなか迷っていることがうかがえる。各紙混乱した記述なのは、発表者が明言を避けて“かもしれない”的なぼやかした表現をしたためであろうと、記事の比較からも推測できる。上毛が相沢よりのメディアだと仮定すれば、握槌の発見を相沢の手柄とする記述に相沢も同意であったのか、あるいは後藤コメントから記者が独断で書いたか、憶測の分れ道
 多田が岩宿層(黒色粘土層)を成田層に対比したことも10万年前という年代観に深い関わりをもつだろう。もっともこれは、杉原側の石器の年代観に影響された可能性もある。いずれにせよ、毎日の記事の矛盾した表記は、杉原のコメントを整理できずに混乱して受止めたためと考えられる。
 考古学の情報があふれる現今でも、へんてこな記事はあふれているのだから、当時であればなおさら混乱した記事はありがちである。
 その点、朝日の記事は“この遺跡を「岩宿文化跡」と呼ぶ”だけが変だが、ほかは見事にまとめられているといえよう。

 なお、全国紙の岩宿記事と同じ面には“「純学術的調査を」/法隆寺の舎利器に文部省申入れ/信徒は非公開を主張」(毎日)や“とける八百年の神秘/中尊寺 藤原三代のミイラ公開”(読売)などの記事が並ぶ。文化国家建設に向けて、信仰上の遺物を「文化財」として公開せよとの(建前)の世間の圧力も高まっていた。歴史の見直しの大波の中に岩宿も船出したことを実感させる。このように時代背景も感じうるために、私は新聞記事は切抜きではなく面単位で保管するようにつとめている

 さて、岩宿報道についてはもうひとつ重要な資料がある(続く)

0081 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(5) 早傘 〔2011/07/25-23:45〕〔125.29.47.18〕
        親_0080 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
 国会図書館で岩宿報道の記事を複製する前週、6月21日に明治大学考古博物館に行った。漆の展示の見学と國学院の紀要のコピーが目的だったが、それらの用件が済んだあとで、ついでに質問をした。

Q.大塚初重氏が紹介した、杉原荘介の岩宿記者発表用草稿が、活字化された資料はありませんか?
A.(杉原資料にくわしい学芸員に交替し)ありません
Q.原本は貴館に所蔵されているとのことですが、閲覧するにはどのような手続が必要ですが?
A.(奥に引込み、しばらくして)ありました。今から閲覧しますか?

 すぐに見せていただけるとは思っていなかったので少しうろたえたが、ありがたく熟覧させていただいた。昭和20年代の資料なので紙質はよくないし、時間も限られているので、その場でじっくり観察するよりも、カバンに常備しているデジカメでの撮影を主とした。
 論文等で使用する場合の手続を伺うと、写真を公表する場合は許可申請が必要とのことであった。読み起したテキストはどうかと尋ねると手続は不要とのことであった。
 そこで、観察と解読の結果を報告し、新聞記事と比較する
 原稿は、400字詰原稿用紙6枚分(6枚目は1行のみ)。このうち1枚目の写真は『日本史を書換えた岩宿の発見』(岩宿文化資料館,1999.7)などに掲載されている。右肩に丸数字で番号が振られている。1枚目と2枚目の右上隅が同じように欠け、3・4枚目はそれより小さく欠け、5・6枚目は欠けていない。前述したように、紙質はよくない(原稿用紙であるから入手時期と使用時期は一致しないだろうが)。用紙左下に「葦牙書房原稿用紙」と印刷されている(これに気付いたとき、現物にあたってよかった\(~o~)/と実感した)。同社は、周知のとおり藤森栄一が杉原荘介の協力を得て創立した出版社である。
 http://www.interq.or.jp/gold/waki/fujimori/ashikabi/ashikabi.html
杉原が同社の原稿用紙を持っていることは不思議でないが、日常的にも使っていたことをうかがわせる。
 原稿は鉛筆で描かれていたと記憶するが、メモをとっておらず、写真の画質がよくないため確認できない。岩宿図録でも鉛筆としているから記憶違いではないだろう。
 『岩宿に想う』(岩宿文化資料館,2000.3)で大塚初重氏は、9/20の夕刊に間に合う時間に記者発表したとするが、当時は朝夕刊の区別がないから、19日に発表したはずである。岩宿図録も19日発表としている。原稿に日付は無いが、修正もしていることから19日時点の見解としてよいであろう。

0082 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(6) 早傘 〔2011/07/25-23:46〕〔125.29.47.18〕
        親_0081 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
-------------------------------------------------------
1949/09/19 杉原荘介記者発表原稿
(成稿過程を復原できるように削除された文字・挿入された文字にタグを付した)

『日本における最初の舊[草冠に旧。以下同じ]石器時代文化存在の確認について』
 日本においては従来新石器時代まで民族活動の跡をたどることができたが、それ以前の時代の時代すなわち舊石器時代の文化があつたかどうかということは不明であつて、その存否は長い間疑問であつた。このたび始めて、それを確認することができたので、その経緯を<ins>ここに</ins>発表する。
[動機]本月八日、東京考古学会会員相澤忠洋君は桐生市附近において採集したる石器時代遺物<del>を携えて</del><ins>が舊石器時代のものであるかどうかを確める為、</ins>明治大学文学部考古学研究室を訪問した。これらの遺物をみると、ことにその石屑において人工でなければできぬものがあり、この石器製造技術は、舊石器時代の一つの強い特徴であるので、これを重視し、相沢君にその出土層位をきいた所が、それらは関東ローム層の露出する崖で拾い集めたとのことであつた。ここで同地附近には舊石器時代の遺跡が存在する<del>ことが</del>疑いが濃厚になつたので、本研究室から<del>私と</del><ins>は</ins>芹沢長介君と岡本勇君を伴つて、十日現地に向い出発、十一・二・三日の三日間<ins>相沢君を倶い</ins>試掘を行つた。
[調査]現地は群馬県新田郡笠懸村岩宿に属し、ここに石灰岩の露出した孤立丘がある。この丘はその後の堆積物によつて、なだらかな裾埜をひいている。遺蹟はこの裾埜の一部にある。
 ここでは表土五〇糎で、その下は関東ローム層八〇糎があり、その下に火山灰を含んだ黒色の四〇糎の層がある。その下は軽石含有の赤土層である。試掘をすすめてゆくと、始めは遺物がなかなか出てこなかつたが、その内に人工でできた石屑が出始め、次に付刃をした石器がでてきた。これに勇気を出して発掘を進めた所が、遂に握槌形石器の完形品を掘あてることができた。これらの遺物の出土層をみると前述の関東ローム層の下部と、その下の黒色土層であることが明かとなつた。
[結果]出土せる<del>石器</del>遺物は握槌形石器1、横刃形石器3、先刃形石器6、その他打瘤ある剥片10であつて、石器はいずれも舊石器の特徴を著しくもち、また剥片は當時の<del>特徴</del>特有の石器製造技術を示していて、これらが舊石器時代の遺物であることは考古学的に充分に立証することができる。<del>また<del>地層な</del>出土した</del>なお土器を全然伴わぬこと、石器に磨製のないこと、<del>遠戦器</del>石鏃のないこと等は立派な傍証となる。
 また出土せる<ins>地</ins>層<del>位</del>をみると、明かに関東ローム<ins>層</ins>下層あるいはその下部地層であつて、従来<ins>一般に</ins>関東ローム層が洪積世に属する<ins>と</ins>いわれてきたことからすると、この遺跡人は洪積世に地球上に住んでいたこととなり、この点からもそれらが舊石器時代の遺物であることは明である。この地層の鑑別は非常に重要であるので、地質学の学問の立場より理博多田文男教授は十五日助手一名を連れて、現地の視察を行い、遺物出土層<del>が関東のロ</del>を覆つている層が関東ローム層であること、それが二次堆積のものでないこと、すなわち遺物出土層が明かに関東ローム層下層であることを證言された。
 こヽにおいて、わが国<ins>に</ins>始めて舊石器時代文化の存在せることが確認されたのである。
[<del>處理</del><ins>影響</ins>]この度始めて発見された日本<ins>の</ins>舊石器<del>時</del>は従来の新石器と型式が全く異るので、これを岩宿式石器といい、その文化を岩宿式石器文化あるいは岩宿文化と稱することとする。これで、日本においても、舊石器文化・新石器文化・金属器文化の階梯として、岩宿式石器文化・縄文式土器文化・弥生式土器文化の序列が始めて確立されたわけである。
 東洋においても、舊石器<del>文化</del>時代文化<ins>の存在</ins>が確実に認められた所は未だ指を折るほどであるが、このたび明瞭な證據をもつて、日本が登場したことは世界のが学界へも貢献する所多いであろう。<del>又</del>また洪積世に既に人類がこの日本に住んでいたことが明かとなつたら、日本人種類論・あるいは日本民族論も新に考えなおさねばならなくなつてくるであろう。
 そして、従来日本の歴史は<ins>全て</ins>新石器時代より書き始められていたのであるが、今後はその前に、土器を持たぬ、<del>狩猟</del>幼稚な狩猟生活のみによつて生活していた、全く原始的な時代を<del>加</del><ins>か</ins>き加へ、わが国においても人類の発生より歴史を書きつづる喜びができた。事実海外への旅行の制限されているわれわれに、日本においても舊石器時代の遺跡を目の當り見ることのできるようになつたことの学者としての楽しみ<del>である。</del>は多<del>■</del>い
[處理]この試掘にもとづいて、この研究室では、岩宿遺跡調査隊を<del>組織</del><ins>結成</ins>し、文部省・群馬縣の援助のもとに、遺跡付近の国瑞寺に<del>本</del>宿泊、十月一日より第一回の発掘調査を開始する。この結果については十月二十九日・三十日京都大学で開かれる日本考古学協会第四回総会において、<del>発</del>学術報告するつもりである。
-------------------------------------------------------

0083 報道検証 日本最古10万年前の旧石器文化発見(7) 早傘 〔2011/07/25-23:47〕〔125.29.47.18〕
        親_0082 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
 削除・挿入された文字は、文の連続性から、1次記述の途上で随時修正されたものと、推敲による可能性が高いものが区別できる。
表現に関わる部分を除くと、特に注目されるのが、相沢忠洋に関する記述の変化であろう。

(修正前)相澤忠洋君は桐生市附近において採集したる石器時代遺物を携えて
  ↓
(修正後)相澤忠洋君は桐生市附近において採集したる石器時代遺物が舊石器時代のものであるかどうかを確める為、

(修正前)十一・二・三日の三日間試掘を行つた。
  ↓
(修正後)十一・二・三日の三日間相沢君を倶い試掘を行つた。

 記者発表原稿については、事前に見せられた芹沢長介が、相沢の関わり方を記述するよう求め、修正されたと伝わる(現在、手元で出典が確認できる状況でないので、暫定的に下記URLを示す)
http://www.interq.or.jp/gold/waki/aizawa1/index.html
 当初の原稿で相沢の名が無かったわけではないが、過少なあつかいであったことには間違いない。発表の場に同席してもしかるべきなのだから。相沢が憤ったという毎日の記事を見ると
“去る四日地元のアマチュア考古学者がここで集めた石屑のなかに珍しい形のものがあるのを同教室の杉原助教授が発見、十日から三日間現地試掘”と日付も不正確(四日はおそらく八日の聞き違い、十日は調査のための出発日)なずさんな記事。毎日の粗雑な記事が杉原と芹沢の決裂の遠因となったとすれば、有為転変を経て毎日による50年後のスクープにつながったという因縁の不思議を感じる。
 さて、発表原稿は、前置きのあと、[動機][調査][結果][影響][処理]の5項目に分れている。この構成は、文部省勤務時代の記者発表の雛形に準じたかと憶測する。
 [動機]の部分については前述の相沢に関する記述に注目した。[調査]では、次の記述に注目する。
“始めは遺物がなかなか出てこなかつたが、その内に人工でできた石屑が出始め、次に付刃をした石器がでてきた。これに勇気を出して発掘を進めた所が、遂に握槌形石器の完形品を掘あてることができた”
のちに岡本勇がまとめた初日の調査経過は、杉原の最初の発表でも同様であった。握槌が最も重要な出土品であるように表現されている。
 [結果]では、石器の分類名称と旧石器とする根拠に注目する。“横刃形石器”、“先刃形石器”という語句は前例はあるのだろうか? 欧州の分類に直接対比できない石器について便宜的に付した名称ではないだろうか。一方、握槌は欧州の前期(下部)旧石器を代表する石器の名称として周知であった。「典型」的な形態の石器の出土に杉原は感動し、重視したといえようか。旧石器とする根拠として、
 (1).石器は旧石器の特徴を著しくもち、剥片は当時特有の石器製造技術を示すこと
 (2).傍証として、土器を伴わないこと、石器に磨製のないこと、石鏃のないこと
 (3).出土層が、明らかに関東ローム層下層であること
の3点を示している。論文でないから(1)について具体的な内容がないことはやむをえないといえるが、記者から質問を受けるポイントにもなったようだ。(2)で磨製の手法がないことを当初から旧石器の根拠としたことがわかる。後々まで杉原が岩宿出土例の刃部の研磨を認めないことに通じるだろう。(3)で関東ロームより下位と評価されている“遺物出土層”は握槌や先刃石器が出土した黒土層を指している。この時点の杉原の認識は“ローム層から石器が出土した”よりも“ローム層より下から石器が出た”に傾いている。火山灰であるローム層中には生活面がないという当時の「定説」が影響しているように思われる。
 [影響]では、用語としての「岩宿式石器」「岩宿式石器文化」にまずは注目しよう。前者は石器にもセットとしての様式(型式)設定をするということであり、後者は縄文・弥生と併置されるレベルの文化名称としての提唱である。とすればその延長には「岩宿式時代」も想定していたであろう(http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/joumon/age-name.htm)。型式名へのこだわりでしられる杉原だが、“岩宿”は旧石器文化の名称としても相応しいと感じたのではなかろうか
 “わが国においても人類の発生より歴史を書きつづる喜びができた。”という記述は、素朴な愛国心の表現であるとともに、“海外への旅行の制限されているわれわれ”という文言からは、戦前の大東亜考古学や北京原人化石問題、戦後の学会連合による「辺境」調査などさまざまなことへ連想が及ぶ(当時の人々の心理など想像もできないとしばらく前までは思っていたが、今後は親近感が増していくかもしれない (..;) )

 さて、最後まで読みとおしても、オーリナシアンもムステリアンも出てこない。すなわち欧州との対比は記者との問答において出た言葉なのである。新聞記事を参考に問答を想像すると

 Q.石器に旧石器の特徴があるとはどういうことか?
 A.石器のほとんどは石刄という技術で造られ、欧州の研究に当てはめると後期旧石器のオーリナシアン期と同様である。握槌はフランスでグトポアンといい下部旧石器のムステリアンなどに属する石器である。
 Q.何年くらい前のものか?
 A.関東ローム層は一万年以前に堆積したと推定されるので少くとも一万五千年よりは古い。もっと発掘してみなければはっきりしないが、握槌が古いものと確認できれば年代は十万年近くなる

といった感じだろうか。上毛新聞9/26の後藤コメントは、「十万年」の一人歩きの軌道修正を計ったものだろう。相沢の功績への言及も同様であろう。

 最近は以前にも増して、報道の正確性が問題となることが多い。「真実」「事実」を伝えているかという根本的な問題以前に、「発表した」報道の不正確さや恣意性が問題となることが目立つ。近年、ネットで各紙の記事を比較できる上に報道発表資料も即座に当該機関のwebサイトで閲覧できることが普通になっている。報道の不正確は読者自身で確認することができるようになった。楽な世の中というべきか、楽しみがないというべきか。

0084 RE:旧石器文化発見(4) 誤記修正 早傘 〔2011/08/05-07:47〕〔114.20.48.72〕
        親_0080 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
お恥ずかしい

(誤)
下層から出土した握槌をオーリナシアン類似とし
           ^^^^^^^

(正)
下層から出土した握槌をムステリアン類似とし

0092 11/5の買物から  2年遅れの60周年 早傘 〔2011/11/15-20:23〕〔125.29.42.249〕
        親_0084 根_0077 引用して返信 引用無し返信 
久しぶりに岩宿フォーラムを見に行った。といっても、11/6が仕事のため第1日のみ。
であるから、フォーラムそのものに何かいえることはない。
石器観察会で、翼状剥片とはどのようなものか理解できて嬉しかった。

岩宿博物館で、2年前の図録2冊を買った。

小菅政夫『第48回企画展 岩宿遺跡はどのような遺跡だったか』2009.10
今村和昭『第49回企画展 岩宿を学ぶ』2010.1

どちらもなぜ展示中に見に行かなかったのか、自分を責めたいようなテーマなんだが、旧石器に係わること自体が不毛という気持がとりわけ強かった時期なのですね。

後者は、教科書でどのように岩宿遺跡、さらには旧石器時代が書かれてきたかをまとめたもの。このようなテーマは、図録は作りやすいが、展示として構成することは難しい。

前者はさすが充実の内容で、展示を見なかったことを真に反省せずにいられない。驚いたのは、もしや初公表なのかと思いながらアップした( http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0077 の後半)、岩宿記者発表草稿が活字化されていたこと。

なあんだ、無駄なことをしたかと思ったが、筆者の記事は、推敲の過程を復元できるように紹介したことや、字体や仮名遣いにおいて旧式の表記を可能な限り尊重した点で意義がある。

また、両者を比較して、表記法の新旧以外の10箇所の違いを見出した。
原本写真で検証すると、下記のとおり、筆者の誤り4ヶ所、図録の誤り6箇所であった。
勝った? \(^^:;)..

早傘の誤り
     (誤) → (正)
[動機] 相澤君を倶い → 相澤君と倶に
[影響] 世界のが学界 → 世界の学界
[處理] 十月二十九日・ → 十月二十九・
    学術報告するつもり → 学術報告をするつもり

図録の誤り
     (誤) → (正)
冒頭  その存在は → その存否は
[動機] 二・三日間 → 二・三の三日間
[結果] 打痕のある剥片 → 打瘤のある剥片
[影響] 日本人類論 → 日本人種類論
    喜びがでてきた → 喜びができた
[処理] 調査隊を編成し → 調査隊を結成し

「倶に」を「倶い」、「打瘤」を「打痕」という二つの過りは、学史的に重みをもつ語句であり、
誤りに気付いてよかったと思う。

同図録には、昭和24年10月に、日本考古学協会で学術発表した際の草稿も掲載されている。
“オーリナシアン問題”に関わり、次の語句に注目される。

“石器に三つの型式(Type)があって、第一は握槌形石器(Hand axe)を主とする比較的に大形の石器群(Iwajuku I or Kanokawa type)、第二は尖頭形石器(Point)を主とする中形の石器類(Iwajuku II or Sawada type)、第三は石器の製造技術において垂直に撃打(Percussion)を加えて石器材料を作る方法によった石器で、一番始めに相沢氏が表面採集した石器はこのグループのものと推定される(Iwajuku III or Azami group)ものである”
“岩宿文化の石器をヨーロッパの石器と比較して研究することは困難であるが、岩宿Iはムステリアン(Mousterian)に、岩宿IIはオーリニャシアン(Aurignacian)に、岩宿IIIは細石器文化(Microlithic culture)に類似している”

この対比をどのように解釈すればよいのか、いまひとつ釈然としない。オーリナシアンの勉強が必要なのだろう。
"type" と "group" の使い分けはどのような意味か?
I〜IIIの分類は報告書と同じなのか?
相澤が見出した尖頭器の位置付けは?
など、多くの疑問が生ずる。
答を知っている人がいたら教えてください。


このほか、岩宿博物館で次の検証本ならぬ顕彰本も購入した

相澤忠洋顕彰刊行会『追憶 相澤忠洋 一九四九年九月十一日 この日に歴史が動いた』2005.03

11/8に東北新幹線で読んだ。
相澤と共に旧石器を探索し、あるいは争った、岩宿伝説の登場人物のほとんどは鬼籍に入り、
手伝った少年も既に後期高齢者。
「岩宿の発見」が(直接的記憶をもつ人々が多い)現代史から、近代史へと変りつつあることを実感する

執筆者のうち二人は神の手事件に関するコメントも記している。

色々と思うところの多い本。時をおいて読返したい。

0108 季刊邪馬台国2012年7月号 早傘 〔2012/10/22-23:23〕〔114.20.48.4〕
              根_0108 引用して返信 引用無し返信 
雑誌記事は次号が出る前に紹介することを原則としてきた。
間もなく次号が出るという下記を紹介する

竹岡俊樹 2012.07「旧石器研究者を語る」季刊邪馬台国, 114, pp.7-19
石原秀晃 2012.07「日本の旧石器研究に未来はあるか」季刊邪馬台国, 114, pp.20-32
(2004年に「考古学研究」誌に掲載された山口昌美(元企業技術者y)氏の「考古学の新聞報道のコメントのあり方」もpp.61-69 に転載されている)

なお、この資料については8月上旬に山村氏に御教示いただき、早速入手したが、紹介が遅れてしまった。

まず後者から。
石原氏は“古代エッセイスト”。1943生で、京大法学部卒業後、某化学メーカ−に30余年勤務したとのこと。技術系というより総務畑の方のように見受けられる。“企業社会で親しんできた問題解決手法と、歴史学界、考古学界などの思考習慣との落差の大きさに驚きつつ、古代世界の散策を楽しんでいる”とのこと。氏が過去に発表した古代史関係のエッセイはほとんど読んだことがないが、季刊邪馬台国前号に発表した「国宝金印は江戸時代の偽作か」を店頭で読んだ時は、掲載誌には珍しく理性的な内容と感心した。上掲のエッセイも、外部から見ればそうでしょうという、至極真っ当な内容。
“旧石器研究など不要不急事業の典型のようなもの。かりにフェード・アウトしたり、公費扶助を三〇年くらい凍結して、民間の純粋な自主研究にゆだねたところで国民生活は痛くもかゆくもない”
という結論が、アマチュア古代史家から出てくることを(そして仮にも考古業界の一隅に巣くう早傘がそのとおりとうなずくこと)について、旧石器研究者はどのような感想を持つだろうか。

多数の石器研究者はそのような意見は馬耳東風、いや馬の耳に念仏で、ネットでも自称研究会でも、狭い世界で身内でじゃれ合い続けるだけだろう。


本題、竹岡の文章。
これは、形としては“考古学研究者のNさん”の質問に竹岡が答える対談の体裁をとっている。しかし、Nの発言に個性が感じられないことから、Nは nobody のように思われる。

冒頭にNが『旧石器時代人の歴史』について“研究者の一部からは、内部の事情を一般向けに書くのはどうかというような批判も出ている”と問いかけ竹岡が“そうですか、知りません。ああ、インターネットですか”と受ける。筆者は同書の感想(http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&root=0085)を書いた際、ネット上で同書への批評を検索したが、Nの言うような批判は見なかった。再度検索しても同様である。

“ネット”への批判は、対象を明示しないことが多い。それは「どこかでだれかがおれの悪口をいっている、けしからん」と言っているのと同じである。

一方で、ネットで検索したならば上位に表示されたはずの筆者の批判は無視している。
自分に都合が悪い批判は無視、あるいは極度にねじ曲げて紹介することしかできないとは、
竹岡が批判して止まない他研究者の竹岡氏への態度そのままである

以下、竹岡は芹沢長介、戸沢充則、小林達雄等への批判を繰広げる。ゴシップ好きな読者を楽しませる言辞に満ちている。そればかりでなく、発覚前に捏造を確信した考古学者は竹岡のみだと言切り、発覚後も協力者する研究者は無かったという。竹花、大工原、角張といった面々は竹岡からみると「考古学者」ではないことになったか。こういう妙な自慢話だけだと単調で面白味が不足するが、次の話題に、ひとひねりがある

“N あの話、してくださいよ。竹岡さんのおもしろい実体験
 竹岡 おもしろくない、情けなくてひどい話です。
 N 人事の話はみんな興味しんしんだと思いますよ。
 竹岡 そう? では。十年くらい前のことです。前期旧石器の検証の帰りに、タクシーの中でK氏[引用者註:國學院大学小林達雄]から氏の大学に来ないかというような話がありました…(略)…K氏の言う条件は「自分を気持よくさせてくれ」…(略)…新年宴会には参加し…(略)…本とお歳暮・お中元くらいは送っていました…(略)…あちこちでK氏が私のことを自分の後継者のようにほめそやしているという噂が聞えてきました…(略)…K氏の弟子も私にゴマをする。この前まで。
 N で、最後に突き落す。
 竹岡 そう。そんな話はしていないと”

外部の者にはどこまでが事実でどこからが竹岡の誤解か、線引は難しい。
以前、同じく季刊邪馬台国に竹岡氏が書いた文章に関してコメントした際は、
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0370
竹岡氏に稲田氏からの手紙の写しを見せていただいた上でコメントした。
しかし、今回のような事例で証文があることは期待できない。
周囲の人間の証言により、「噂」の有無は言えるかもしれないが、その労は惜しむ。
(一応、國學院OB1名のみに確かめて、噂を聞いたことはないと言われたが、それだけではね)
(関連データとして、竹岡氏は2008年度から今年度まで連続して國學院大学の非常勤講師を勤めている http://archaeology.jp/academic/

筆者が竹岡氏に好感をいだくのは、このようなみっともない話を明かし、自己を道化とすることが出来る点である。自己客観視ができるのである(言換えると、自己肥大的言説は意図的、いわゆる「確信犯」であろう)。

小林氏からすれば「暴露」はとんだ誹謗中傷かもしれないが、そもそも氏は毀誉褒貶を超越しているところが持味なので、それでよいのだ、きっと

ところで、竹岡氏の文章にも、当該号の編集後記等にも、角張氏の訃報はふれられていない。
当該号の奥付では7月15日印刷、25日発行とあり、当該誌の場合、発売日と発行日はそれほど違わないそうだ。
竹岡氏の元にも6月上旬には訃報が届いたはずだ。
そうであれば、6月中ならば多少の修正はできただろうに…

0109 季刊邪馬台国2012年10月号 早傘 〔2012/11/16-07:41〕〔114.20.33.188〕
        親_0108 根_0108 引用して返信 引用無し返信 
先の投稿の後、次号(115号)がいつ発売されるか邪馬台国の会のwebサイトを気にしていたら、数日後に115号の記事一覧が紹介された。なんと竹岡さんがまた執筆したという。翌日、県内の書店で入手した。

竹岡俊樹 2012.10「考古学は科学か」季刊邪馬台国, 115, pp.177-204

“本稿で検証するのは、その考古学本来の方法が科学的であるか否かということである…(略)…方法として、学問とは異なる「研究」との比較の上で考古学の諸研究を検討する”

まずは、遺物の研究方法について。類比する「研究」はペトログラフ、心霊写真、人面石器。

“これらが偽学問たるゆえんは、第一に資料分析が全くない…(略)…第二に資料があらかじめ独自の観点にしたがって選択されている…(略)…私達は容易に嘘の認知システムと分類体系を作り、その世界を生きてしまうのである。また、こうした「研究」には自分の説の正当性を海外の学者や大学に置く傾向がしばしばみられ、さらに教祖的な人物を中心として、同じ認知システムを共有するグループが形成される”

このような観点から日本の旧石器研究を見て、芹沢長介の「珪岩製旧石器」やその類似研究、安斎正人や佐藤宏之の「理論考古学」に基づく「台形様石器」や「素刃石器」などは、“疑似科学と同じ問題を抱えている”とする。

まあ、そのとおりと。

ただし、現実の現象を対象とするいかなる学問分野でも、その研究方法で把握しやすく、妥当性が高い分類基準が設けられる対象と、明晰に把握できない周辺的対象がある。病気の分類などその例かと思う。

さらに突っ込みどころは、竹岡が紹介してきたフランスのリュムレー研究室の石器教育は、上の擬似研究と同じ外形的特徴を持つ。同じ石器について研究室の誰もが同じように記述できるようにトレーニングされるということばかりが竹岡に強調されてきたのだ。

筆者は、竹岡が石器のすぐれた観察者であることを疑っていない。それはさまざまな機会に感得している。その観察力の背景には、多くの偽石器の観察などの経験があるはずである。また、剥離実験の経験もあるだろう。

他の石器研究者も、個別には剥離実験などによる経験を積んで活かしているはずである。

石器観察(特に剥離の分類)が科学的と見えないのは、そのような基礎研究が共有知として体系化されていないからではないだろうか。

筆者はかつて「鈴木美保ほか, 2002, 石器製作におけるハンマー素材の推定 -実験的研究と考古資料への適用-, 第四紀研究, 41(6), pp.471-484」(現在 PDF が公開されている)の出版直後に、ネット上の掲示板で「このような論文を読みたかったんだ」と紹介したことがある(なぜか手元に保存したログが見つからず、どこの掲示板だったか不明)。

上記のような共有知が拡大し、現象の記述と原因の推定を別階層として、資料の記述が「客観的」になることを願う。

上のような問題は、必ずしも石器に限定されないことはもちろんである。土器の縄紋の記述の場合は、圧痕と原体がかなりよく対応できるため意識されることが少ないが、圧痕分類と、その原体の製作方法による分類は別階層である。異なる製作手順によって作られた原体が、区別しがたい回転圧痕を残す場合がある。

“次に、遺跡についてみてみよう”
“日本の超古代文明研究は、以上の方位(夏至の太陽など)、線引き(レイ・ライン)、そしてピラミッド(あるいは三角形の山)を「隠された世界」を解く有力な鍵としてきた”
として日本の“ピラミッド”研究者の研究事例を紹介する。その中には寺野東遺跡と筑波山の方位関係を手がかりに、同遺跡を舞台とした儀礼を復元した研究もある
“次に縄文時代研究の権威とされた小林達雄の研究をみて”「縄文ランドスケープ」論の問題を指摘する。
“小林の研究と、前述の超古代文明研究者たちの研究とは同じものである”

まあ、そのとおり。で、大多数の縄紋文化研究者からはそのような「研究」は相手にされていない。

ここでちょっと思い出話。いまから4年前、O式土器提唱30周年記念シンポジウムの事前資料見学会のため、県内の研究者6名で静岡県に向った。その車中の会話

早「実はこの間、O遺跡を検討していてオモシロイ事に気付きました」
K“どんなこと”
早「O遺跡に1基だけ掘立柱建物跡がありますよね。その主軸線をのばすと、その延長には…」
A“何があるんだ”
早「富士山(w」
B“そんなコバタツみたいなことを”
K“シンポジウムではそういう話はなしにしような”
早「もちろんですよ」

ちなみに、O式土器は静岡県東部〜神奈川県西部が発祥地であり、見学予定地は富士山の近く。車の正面には富士山が大きく見えていました。

上記の会話をとおして、この人達とであればよいシンポができるなと頼もしく思いました。

閑話休題

竹岡は次に、旧石器時代の環状ブロック群を採り上げる。

現在、学界の多数説は、通常は分散している小集団が、定期的にまたはなんらかの経緯で集合して残した「環状集落」の跡とするものである。

竹岡は、石器製作者が一人や二人の一つの小集団が、同じ土地を何十回も訪れて形成したもので、“そうした遺跡によって囲まれた広大な領域は彼ら石器の製者・使用者自身と呪的(精神的)に結びついた「世界」だったのだろう”
作とする。

多数説の場合、定住的とは考えられていない旧石器時代の活動痕跡群について「集落」と称することには到底うなずけない。縄文時代の環状集落跡と似て非なるものに同じ名称を使うのは誤解を招こうとする詐欺的語法にほかならない(縄文時代の「環状集落跡」の形成過程についても同時存在軒数の多寡について議論はあるが、断続的であっても定住的なムラの累積であることは共通認識である。かつ反復的利用を促す理由も容易に想定できる)。しかし、一時的な編成であれ通時的な編成であれ、数十人規模の集団が残した痕跡であろうという点には説得力がある

一方、多数説と同じような遺跡分析(主に石器の接合関係や「母岩」別分析に基づく)を行いながら竹岡のような解釈が生ずる論理は理解しがたい。遺跡解釈者としての竹岡に説得力が無いことは昨年述べたことの繰返しにすぎない
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0086


根本の疑問は、季刊邪馬台国への執筆によって竹岡がなにをなそうとしているかであろう。
編集側の目的は明確である。「考古学者」が信用できないことが主張できれば、体系としての学的成果(特に前期古墳の編年の整備)は無視し、「考古学的成果」から自分の憶説に都合のよい文言だけ切貼りし、不都合なものは無視してよいからだ。

竹岡にとってはどうなのか。季刊邪馬台国読者では少数派の古代史少年が、考古学の魅力に惹かれて(または正常化を志して)石器研究に飛込むような文章だろうか。

なお、今回話題とした記事は、難波紘二氏のメールを転載している http://blog.goo.ne.jp/motosuke_t/e/b67bc898fa5964a684fca2d2f7d2c8fc と山村貴輝氏のブログhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/yama33622/view/20121114/1352854537 でも紹介されている

また、前回の記事には伊皿木氏の紹介がある
http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2012-10-31

0099 継ぐのは誰か 早傘 〔2012/09/11-12:24〕〔124.211.3.27〕
              根_0099 引用して返信 引用無し返信 
伊皿木氏のブログで、このところ日本古代文化学会の終り方が話題となっている
http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/tag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%8C%96%E5%AD%A6%E4%BC%9A

 当該学会に対する評価は、伊皿木・カラス天狗両氏とは相当異なるが、それについて有益な議論は期待できない。
 ただし、事実経過については、情報の共有により近付くことが期待できる。
 ちょうど戦後考古学について点検しているところなので、無駄にはならないと、ひとまず、手許にある資料から関連事項を抜出した。
 戦後の「古代文化学会」については、「考古学集刊」と「あんとろぽす」が、同時代史料として重要だ。
 藤森栄一の証言も重要であるが、同氏の証言は、後年のものであり、しばしば年月や前後関係の誤りがある(単なる間違いや文学的演出が原因であろう)。本来は、藤森の多くの著作と他史料を比較した校合・校閲作業が必要だが、今回は手許ですぐに参照できた1資料による。
 それらを見ると、古代文化学会単体、あるいは日本考古学協会への継承性のみではなく、幻の研究所構想、グロートの考古学研究所など、戦後新体制をめぐる主導権争い、および、研究者の居場所確保を狙った動きの中で、その終末を迎えたというべきであり、関連の記述も拾った。

20.8 降伏
20.10 文部省付属の民族研究所廃止。同所は、17年に設立が決定(正式には18年設立)し、それとともに、日本民族学会は財団法人“民族学協会”に改組し、民族研究所の外郭団体になっていた。
21.1 グロート、後藤守一、甲野勇、塩野半十郎が貫井遺跡を発掘
21.4 杉原が文部省教科書局嘱託に(『考古学者・杉原荘介』,p233,1984)
21.6 “私がボルネオから復員してきたとき…(略)…家内のみち子が、まだ、ちゃんと、「葦牙書房」と、「日本古代文化学会」の看板を守っていた”(藤森1970。全集第2巻p160)
21.7 『あんとろぽす』創刊。「特輯 日本古代史への反省」。甲野が編集し「古代史と博物館」も執筆
21.7 “学会続々と再新生…(略)…七月十一日には(多摩史談会)と(古代文化学会)が合同講演会を阿佐ヶ谷天祖神社に開催、後藤守一、野村八良両氏の講演あり”(あんとろぽす2,p27学会消息,1946.8)
21.7頃? 郭沫若の使者と称する青山と名乗る人物が、杉原邸へあらわれ“大陸に遠征して発掘調査をし、古文物を持ち出した人々はすべて戦犯だ、したがって、のこる杉原荘介に日本考古学界を再編成するよう、そのため、市川市国府台連隊の全建物が提供される…(略)…それきり青山という人は現れなかった”。(藤森1970。全集第2巻p162)
21.8.28 “国立の歴史科学研究所設立の案が緊要のものとして論ぜられるようになつたので、文部省においてもこれに対する積極的な活動にうつり、科学教育局人文科学研究課長犬丸秀雄氏は同案の具体化を図り、考古部門設立の原案を得る為、日本考古学会の責任者原田淑人博士と日本古代文化学会の責任者後藤守一教授と中野・星岡において会談した。…(略)…各学会が協力して仕事を行わねばならぬこと、そしてそのような研究ができれば学会もまた融合し得る機縁となるであろうことなどが懇談された”(考古学集刊1,p30,1948.9)
21.秋? 藤沢一夫“昭和二十年に朝鮮から引揚げてきて、翌年ぐらいに杉原さんから手紙をもらいまして、仲間を集めて研究所を作りたいと一生懸命動いた…(略)…けれど駄目になって”(『考古学者・杉原荘介』,p112,1984)
21.9 「石器時代巨石文化址発見さる…(略)…十月十日より朝日新聞社後援の許に、古代文化学会調査団(後藤守一、甲野勇、江坂輝彌、吉田格、鹽野半十郎の諸氏)にグロート師が参加し,大々的な発掘をなし、本格的調査をすることになつた。」(あんとろぽす3,p25学会消息,1946.9)
21.9 グロートを所長として「日本考古学研究所」設立。スッタフ(神父はのぞく)は、研究員に甲野・八幡・江坂・芹沢・吉田。顧問に長谷部・原田・渋沢敬三。評議員長に後藤。評議員に大場・直良・八幡・松本信広・駒井・江上・杉原。市川国府台の旧陸軍建物を利用。陳列館が付属し、10月に皇太子が見学(領塚1996)(あんとろぽす3,p25学会消息,1946.9)
21.9〜10? “その後後藤教授は,研究所の設立される如何にかかわらず学会の融合はできるのではなかろうかという提案を原田博士に示したが、これに対し原田博士は学会の形態を変更することは現在においては未だ困難なことが多いから,学会は既存のままで何等かの連絡機関を設けることなら不可能ではなかろうという回答をされた”(考古学集刊1,p30,1948.9)
21.10 大湯発掘調査。後藤、塩野、甲野、江坂、吉田(『甲野勇先生の歩み』,pp75-79)
21.11 “戦後、歴史を見直す立場から後藤先生と甲野先生が私の縄紋土器や石器を公開したいと思い”(『甲野勇先生の歩み』,p73)、展示施設候補地として井の頭自然文化園を甲野が下見(『甲野勇先生の歩み』,p83)
21.11 “文部省教科書局歴史編修係室において,若い考古学者のみが集つて,現在の学界及び今後の学界のあり方について意見の交換を行つたが、その結果は若い学者の行動が如何に老成学者に限定されているかということ、及び若い学者が如何に学界のあり方について不真面目であり、無気力であるかということを示し、学界の実情を表白するのにまことによい機会であった”(考古学集刊1,p30,1948.9)[当時教科書局に勤めていた杉原が、若手を結集しようとして失敗したと読める]
21.12 杉原が東京考古学会同人代表に(『考古学者・杉原荘介』,p233,1984)[22.12の誤りか?]
22.2 有光次郎教科書局長(20.10〜)が文部次官に
22.3 登呂遺跡の調査について関係者が懇談。後藤が、共同調査を行うならば、自分が申請している科研費を提供すると呼びかけ「登呂遺跡調査会」結成される(考古学集刊1,p30,1948.9)
22.6 六学会連合第1回連合大会
22.7 登呂遺跡共同調査開始
22.8 登呂調査中に帰京した杉原が、“文部大臣と会見の折調査事業継続費の国庫補助については調査会が全国的な学者の団体であることが望ましいということを申入れられ…(略)…調査終了後、来年度の調査に対応すべく準備委員会を設けた”
22.11 考古学雑誌復刊。復刊第2号は登呂特集
22.11.15 “後藤守一氏と杉原荘介氏は、調査報告を主体とした学会誌の発行について、その目的・方法などを懇談した”(考古学集刊1,p33,1948.9)
22.12.7 “杉原氏宅で上の件につき同志寄り、その案を実行に移すべく協力することを誓相い。幹事を夫々委嘱した。その後、数度幹事会をひらいた後、杉原幹事は旧東京考古学会同人の代表者たちに、この事業の協力方を願つた”(考古学集刊1,会報p33,1948.9)
22.12.17 原田が“東京における各研究機関の若い学者を集めて,意見を求められたが,青年層における意見は未だ消極的であることが再確認された”(考古学集刊1,学会消息p31,1948.9)
22.12.28 “学界の元老の意見を聞くべく…(略)…池内宏・原田淑人・後藤守一・石田茂作の諸先学と犬丸課長との間に懇談が交えられ、池内博士を始め出席者の殆んどすべてが、全国的な学会を設立することの必要を説かれた”(考古学集刊1,学会消息p31,1948.9)
23.1 日本考古学研究所『日本考古学』創刊
23.2 甲野、吉田は検見川の丸木舟の帰属をめぐる争いから「考古学研究所」を退所(領塚1996,p38)
23.2 “日本考古学協会設立準備委員会が結成され…(略)…始め各研究機関や学会の全国的な連絡機関として考えられたが、委員の意見の中、日本における考古学者の団体とすれば…(略)…その目的は充分に達せられるという意見が会を支配し…(略)…諸氏が幹事に選挙され,後藤氏が幹事長に推された”(考古学集刊1,学会消息p31,1948.9)
23.2 『考古学集刊』発行について藤森家の承諾を得る(考古学集刊1,会報p33,1948.9)
23.4 日本考古学協会設立/古代文化学会はどうなるのかと異議(藤森1970。全集第2巻p160)/(新)東京考古学会第1回研究会。発表者は杉原で弥生前期。以下10月の第6回までの発表者と対象時期は、岡本勇、吉田格、赤星直忠が3回続けて縄紋早期、杉原が弥生後期、江坂が縄紋中期(考古学集刊2,会報,1949.5)。24年7月第13回までに、縄紋3,弥生3、古墳1(考古学集刊3,会報,1949.11)
23.7 武蔵野文化協会発会式(『甲野勇先生の歩み』,p83)
23.9 『考古学集刊』第1冊発行。発行所はあしかび書房
23.10 井の頭公園に武蔵野博物館開館(『甲野勇先生の歩み』,p83)

(続く)

0100 継ぐのは誰か(2) 早傘 〔2012/09/11-12:25〕〔124.211.3.27〕
        親_0099 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
領塚正浩1996「ジェラード・グロート神父と日本考古学研究所 〜失われた考古学史を求めて〜」『鎌ヶ谷市史研究』9
多摩考古学研究会編1968『甲野勇先生の歩み』
藤森栄一1970『考古学とともに』(引用・ページは、藤森栄一全集第2巻,1980,学生社 による)



 「学会合同」積極派の理想とした姿は、民族学と同様な、官立研究所−協会−付属博物館の三位一体構造であろう。それにより多くの在野の研究者の食扶持を確保しようとしたのである。
 戦中において、非官学研究者は戦地に引っ張られ、官学関係者(甲野、和島、三森、禰津など)は各種の官立研究所・外郭団体に掬い上げられた(もっとも、彼らも国内で安穏と過せたわけでは無い)。
 古代文化学会は主力の徴集により戦中に実態を失っていた(つまり国家からは必要とされていなかった)。
 戦後は名前だけが利用された。すなわち、学会合同問題では交渉カードとして使われ、講演会や大湯調査団では適当な権威がある冠として(大湯の場合は吉田富夫氏への配慮という側面もあろうか)。
 その終末について、理念の部分は日本考古学協会に引継がれ、名義的には(新)東京考古学会が古代文化学会の後継団体であるというのが後藤・杉原の認識では無かろうか。日本考古学研究所に属していた若手縄紋研究者たち(かつての東京考古学会縄紋式部会)を引戻し、日本最古の文化の研究の主導権を取戻したのであった。

なお、現行雑誌の『古代文化』の誌名については、古代学協会のwebサイトに説明がある

“戦後の1951年に発足した古代学協会は,1957年に至って新しい雑誌を出すに当たり,『古代文化』と言う誌名を踏襲しようと希望した。その誌名が適当 であるばかりでなく,それは『考古学論叢』の一つの後身であるためであった。そこで当協会は,後藤守一,三森定男,藤森栄一の諸氏に諒解を要請した。三森氏に異議があるはずはなく,晩年の後藤氏もこの件を快諾された。藤森氏は,誌名の使用は諒解するが,その代わり新しい雑誌を毎号寄贈してほしいとのことで あったので,約束した通り1973年12月に逝去されるまで藤森氏に対して同誌の寄贈を続けたのであった。”
http://kodaigaku.org/kodaibunka/kodaibunka.html

0101 RE:継ぐのは誰か(2) 伊皿木 蟻化 〔2012/09/12-22:40〕〔122.219.49.2〕
        親_0100 根_0099 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
詳細な書誌情報の提供ありがとうございます。大変参考になりました。
イメージというのは、恐ろしいものです。
戦後の再出発とか新生日本あるいは新日本建設などと言われると、当時を知らない人間は、何となく今までのあり方を反省して心機一転、新たに歩み出したんだろうなぁなどと漠然と思っていたのですが、実態はそんなものではなく、単に過去を封印して、今までと同じような感覚で同じようなことがなされていたということなのですね。そんなことは、公職追放のA級戦犯がその後の政治の頂点を極めたことや、捏造発覚後の「日本考古学」の状況を見回すだけで容易に得心できることなのですが…
国家奉公の学問を宣言した趣意書を訂正することなく、ましてや反省の弁を述べることなく、昔の名前を振りかざして、あるいは都合の悪いことはなかったことにして、ただ新たな動きに参加していったこと、こうしたことは何度でも確認していかなければならないと思います。

0102 継ぐのは誰か-追加(1) 早傘 〔2012/09/18-11:33〕〔125.29.45.174〕
        親_0100 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
 [99]を投稿した時点で、見切発車でよいのか迷いがあった。杉原と甲野の著作目録に気になる文献があったからだ。9/12(水)に国会図書館で閲覧・複写した。
 やはり重要な文献であったが、さいわい、先の投稿の誤認を露呈する内容ではなく、むしろ欠を補うものであった。

まず甲野勇が3件
a 甲野勇「最近に發掘された先住民の遺跡」科学朝日6(3), pp.48-50, 1946.3
b 甲野勇「巨石遺物」科学朝日6(12), pp.40-43, 1946.12
c 甲野勇「ストーン・サークル後記」科学朝日6(11), pp.20-21, 1947.11

a は戦後第1号発掘?の貫井遺跡の調査の略報。冒頭、

“往古は神秘の霞に、近年に至つては怪奇なる妖雲に故意につつまれてゐたわが国の古代史は、新しき時代の発足とともに、再検討のメスを下されることとなつた。…(略)…神憑的言辞を弄して古代史家の真面目な研究に圧迫を加へきたつた一部勢力の完全なる敗退によつて、わが古代史は再び自由に正しく研究されることとなつたのはまことによろこばしい。
 古代史研究に科学的基礎を付属するものは考古学である…(略)…日本石器時代人こそ、今日の日本民族の大元をなすものである。従つて日本石器時代の歴史こそ、日本古代史の最初の頁をなすものであることはいふまでもない。
 戦時中萎靡してゐたわが考古学界は、かかる重責を担当ずべく急速に立ち上がらなければならない。いまこの先端を切つたのはカソリック教会の神言会(S・V・D)に属する蘭人考古学者、ジエラード・グロート師…(略)…”

 敗戦直後の考古学者の昂揚感を示す一例といえる。そこで「学界再建」のために持上げられたのがグロートである。同記事には“発掘するグロート師”という写真まで掲げられている。2年後の使い捨てられ振りを知っていると、哀しみを誘う。なお、この記事では後藤を「国学院大学の後藤守一教授」と紹介する。春成秀爾(2003)では、後藤は敗戦直後(1945.9まで)に国学院を辞職し、それは公職追放を逃れるためだったとしている。さて、当時教授だったのか、退職していたのを甲野勇が知らなかったのか。あんとろぽす創刊号(1946.7)の執筆者紹介では「元国大教授」とされている。

b は大湯環状列石の調査中に記された速報。このツリーの本筋と離れるが興味深い記載がある。

“昭和十七年に…(略)…大規模な環状列石を二箇所に発見したのである。
 このやうな画期的な発見が何故に今まで私達に知られなかつたのであらうか…(略)…当時にあつては、すべてのものが偏狭なる国粋主義によつて歪曲され、その議論は遂に純朴な郷土史にまで及んできたのである。太平洋戦争開始の少し以前に、青森県の某所にキリストの遺跡が発見されたといふ話題が、一時新聞をにぎわしたことがあつた…(略)…荒木大将をかつぎ出し、文化映画にまで作られた、あのナンセンスな物語の作家の一人に、当時参謀本部でユダヤ人問題を扱つてゐた某中佐がある…(略)…[発見者の]諏訪氏はかような百鬼夜行的発見に辟易されたらしく、その発見がこの渦中に巻込まれることを警戒し、つとめてこれに関する報道を差しひかへられたのである”

 この一文だけを読むと、竹内文書に関わりあいたくない篤実な地域研究者としての諏訪氏の姿が想像される。しかし、大湯の調査に係わった研究者たちの後々の記述では、17年に調査した「神代文化研究会」自体も神憑った国粋的思想を持った団体だという。甲野氏は、当時も当然それを承知の上での春秋の筆法であった。
 甲野は、大湯環状列石の概要を紹介したのち解釈に進む。

“彼等が農耕生活者であつた場合には、季節の変り目に、播種の時機を決定することが、まづ要求される…(略)…[ヨーロッパの]ストーンサークルの或る物などはこれによつて太陽の位置を測定し、季節をきめるのに使用されたともいはれている…(略)…この立石柱も或ひはこのやうな目的に使つたのではないか、と想像されないこともないが、困つたことに、今までわたくし達が知り得た範囲では、縄文式石器時代人は狩猟生活者であつて、農耕生活者ではないのである”

 戦後縄紋農耕論の原点である。同じく調査中に甲野から山岡書店に送られた手紙も公表されている

甲野勇「大湯だより ―巨石遺跡と農耕問題―」あんとろぽす5, pp.14-15, 1947.2
“この遺跡を通じて推測される、彼等の定住性の増大、一地域に相当多数の人口を収容したらしい点、それ等の人々が共同労働を行つたらしい点、更にまた彼等が土木工事に習熟して居た点、などからその頃すでは農耕が行はれて居たのではないかと、秘かかに考へ始めた…(略)…遺物による裏づけがない、あやふやなもの…(略)…花粉分析の結果に、淡いのぞみをかけて居るのです。たゞ農耕があつたとしても、その作物は恐らくイネではないでしよう。ヒエ、アワの歴史は、いまの僕にとつて興味ふかいものです。”(明らかな誤植もそのまま)

 まさに縄紋農耕論の基本パターンである。甲野自身が積極的に論として展開することがなかつたため、縄紋農耕論の学史において甲野が登場することは無かった(or稀だった)が、藤森を筆頭に、同時代に考古学を歩んでいた多くの研究者に影響をあたえたことが評価できる。

 b に戻ると、この記事では“朝日新聞社の援助を得て,十月初旬から大規模な発掘を開始した”とあるのみで、調査主体の表現は無い。記事末尾に“筆者は日本人類学会評議員”と付記されている。

c は調査成果の略報。“日本古代文化学会同人によつて行われた”と表現される。「学会」ではなく「同人」と表現した点に注意。解釈も落着いたものとなっていて、農の1文字すら無い


以上は前置、次の文献が本題。

0103 継ぐのは誰か-追加(2-1) 早傘 〔2012/09/18-11:35〕〔125.29.45.174〕
        親_0102 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
杉原荘介「日本考古学界の動向」歴史学研究125, pp47-50, 1947.1
文末に昭和二十一年十月十五日と脱稿日?が記される

“昭和二十年を以て新しい時代が始まつた。我々歴史学に携はるものは、殊に此の一大事実を明確に認識したいと思ふ。さりとて、この変換が学徒の学説に影響する性質のものではないことは勿論である。寧ろ、若し斯かる変換が自己の学説に影響をもたらすなら、その人々は自分の学問について大いに反省すべきであろう”

という有名な一文で始る。続けて

“新時代のもと、我々が注視せねばならぬのは学問と社会とが結びつく部面である。
 戦時中、我が国の考古学者は大陸諸地方に広い研究領域を持つた。…(略)…今後我が国の考古学者は総べて日本内地に研究の対象を求めることになろう。
 又、日本古代史の研究に於て,従来この国には古事記・日本書紀という原典があり、殊に戦時中は此れに対する批判は許されず…(略)…今やその羈絆は解かれ…(略)…人々は日本古代史に余りにも空白の多いことを改めて知つたのである。従来の我が考古学の研究も…(略)…立派な古典があるのに、今更労多い研究をする物好きな人間の仕事と思われてきた。今その覆の除かれたとき、日本古代史の空白を填める役を果すものとしての日本考古学の意義は極めて大きい。…(略)…日本考古学の研究者の使命は重く責任は大となつたが、その仕事に栄光が伴ふやうになつたことは隠れもない事実である”

と、2つの外的条件を指摘する。
 まず、第1の条件について。日本の戦後復興において、旧属領における“社会実験”の経験が活用されることが多かったといわれる。では、考古学においては、属領の喪失がどのように日本考古学に影響をあたえたか。いくつか思いつきはするが、じっくり考えたい課題である。
 第2の条件は、杉原が「くにのあゆみ」編纂を終えたばかり当事者ならではの実感を伴う。

 以後2ページは、昭和18〜19年の動向(縄紋文化については早期に関する研究、弥生文化は列島各地の初期弥生文化の報告で代表する)を紹介し、

“以上の如く、古来我が国の古代には縄文式文化と弥生式文化と云ふ二つの独自の文化があつたといふ一般の知識より脱して、縄文式・弥生式の両文化が夫々の時代に於ける大きなアジヤ文化の一端であることを事実に於て証明しつゝあつたのである…(略)…伝統と権威を誇る学徒が総べて大陸へ足を向けた時、日本内地にあつて殆んど学徒としての身分を保証されていない人々により、これだけの仕事を為したと云ふことは、明確に認識され,評価されるべきことであると思ふ”

とまとめる。官学を批判し、在野研究者の成果を誇るのである。

“斯くして、日本の歴史の上に最も記念すべき昭和二十年を迎へたのであるが、我が考古学界は勿論この年を無為に送り、昭和二十一年となつた。私も幾度かの死地より思ひがけなく遁れ、三年ぶりで涙した眼に緑の祖国を迎へた。再生の思索を練つてかへつた筈であるが、現実の問題にぶつかると悩みは大きく迷ふことのみ多い。此の焦土に如何にして学界を再建せんといふのか。”

 ボルネオの密林を彷徨い、生きて還るために凄絶な体験をした(らしい)藤森栄一に比べれば、岳父が中将だった杉原は、上記の文から受ける印象ほどは危険な軍隊生活ではなかったらしい。とはいえ、戦時下の人間すべてが明日を知れぬ命だったことも間違いない。
 先の甲野の一文と比べると、甲野の使命感が一学者としてのものであるのに対し、杉原の学界を担わんとする使命感が際立つ。生来の気質に家業の継承、森本没後の学会運営などの経験が杉原をそうさせたのであろう。

“勿論学問のテーマに変動のある筈はないのである。縄文式文化の研究に於ては、その始原の姿を何処までも追ひ、より本源的な文化との関係を明確にすべきである。この為には現在まで最も古い時期とされてきた稲荷台期の文化を再検討して行くのである。これに就いては、江坂輝弥氏始め若い人々が、皆無事で復員し、既に仕事に着手して、はや何等かの業績をあげてゐる[花輪台貝塚のこと]…(略)…弥生式文化の研究に於ては,従来最古期とされてきた北九州の立屋敷期及び大和の唐古期の文化に、なほ前提文化がないか調べてみる必要がある、そしてこれ等の始原の時期に金属器が伴ふや否やを検討することも重要である。…(略)…又…(略)…文化内容を闡明にする必要がある…(略)…これには今よい遺跡が與へられてゐる。それは静岡市南接の静岡遺跡[登呂遺跡をこうも呼んだのか]である。…(略)…本遺跡が農耕の経営機構を遺存してゐることは両氏の報ずるところであつて、おそらく多くの人人は古代と云ふ概念と原始と云ふ概念を此の遺跡に於て区別せねばならぬことを明瞭に知らされるであらう…(略)…此の遺跡の完全なる調査が切望される。唯、その実行にはやはり多額の費用と大きな努力が必要とされる…(略)…古墳時代の文化の研究は、我が国家の形成時代のそれに相当するのであるから、今後とも大いに注目されるところである。然し,何と云つても、古墳の発掘は我が国の法律で絶対に許されぬことになつてゐる。…(略)…学術調査のみは許可されるやう、此の改正期に善処されたら其の結果は独り考古学者のみの幸せでないことを極言しておく。”

 縄紋・弥生とも成立期が最重要テーマとし、それに並ぶ重要課題として「原始」と「古代」の区切りになる遺跡として登呂を挙げる。一方、古墳文化については、研究の前提として発掘調査を可能とする必要性を指摘する(ただしそれは「極言」なのである)。

“今まで歴史学に背負はれて歩いて来た日本の考古学は、これからは歴史学を背負つて歩いてゆかねばならない。恐らく今後社会は惜しみなく日本の考古学者の責任を追及するであろう”

「責任を追及」の字句にぎよつとするが、戦争協力責任ではない

“斯かる時、翻つて日本考古学界の現況をみると、果して此の重責を担つてゆけるであらうか。孰れの学会をみても資力に関しては絶無に近い。終戦後一年以上を経過してゐるのに機関誌の再刊を実行し得る学会すら一つもないのである。…(略)…敗戦の内地に帰りて、研究を如何にすべきやといふことより、学会を如何にすべきやといふことを考へて私の苦悶は大きい。”

 ストレートに悩みや苦悶を訴え、あたかも改革の旗手のように自己を位置づけている。

“戦時中は統制の便宜と、物資の僅少の故を以て、我が学界も学会の合併を強ひられたといふ事を帰還後きかされた”

 (゜Д゜) ナニヲユウトルノカ そうか、後ろめたかったのか。

“然し、現在は力のないものが合体して一つの力を造ると云ふことは、確に一つの方法であると考へた。前者は上よりの強制であるが後者は自らの中からした必要からである”

 ああそうですか…

“去る八月日本考古学会の代表者である原田淑人博士と日本古代文化学会の代表者である後藤守一教授と所用にて談合さられる機会を得たので、此の機会を喜び両先生に学会合併の内意をお伝へして此の意図を諮つた。両先生とも其の趣旨に賛成され、久しぶりに和やかな談合が行われた…(略)…夫々学会の幹事会に諮られてから確答するといふ御返事…(略)…考古学会側では趣旨には賛成である好い機会を得るまで現状を保持…(略)…恐らく両学会存置のまゝ何等かの連絡機関が設けられることと思ふ”

 先の投稿に引用したとおり、所用とは考古学研究所構想についての相談であった。学会は連絡機関という案が10月にはほぼ固まっていた。

0104 RE:継ぐのは誰か-追加(2-2) 早傘 〔2012/09/18-11:36〕〔125.29.45.174〕
        親_0103 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
(承前)“この運動と共に学徒の生活を保証し、研究に精進出来る機関としての考古学研究所設立の案を樹てた…(略)…政府の施策は民間の富を均一化し、民間の篤志家よりの浄財を仰ぐ道を塞いでしまつた。丁度此の時、文部省科学教育局人文科学課に於て歴史科学研究所設立の案が樹てられてゐて、一日同課犬丸課長と談合の折私案を提出したのであるが、これが互に相反するものでないことを知つて、極力犬丸課長案を支持し、予算その他の件に就き協力した。…(略)…案は無事局内会議を通過したが省内会議に於て留保せられた。田中大臣は必しも反対ではないといはれ、山崎次官は省直属の研究所は戦時中の民族学研究所の例により強力反対、研究所は総べて大学内に設置すべきことを強調された…(略)…然し、これが一大学内に設けられたら…(略)…一般の学界人がどんなに窮屈な思ひをしたかは経験済み…(略)…初志を貫徹さしたい”

 文部省内では民族学研究所が反省材料になっていた。できていたら政争の具となった可能性が高いと思う。
 また、もし国立研究所ができていたとして、一般の学界人が窮屈な思いをしないとは思えない。
 いずれにせよ、次官が代っても、歴史科学研究所はできなかった。戦後設立された文部省付属の研究所としては国語研究所がある。


ところで、この杉原による学界動向には、グロートの「日本考古学研究所」が一切登場しない!

0105 RE:継ぐのは誰か-追加(2-2) 伊皿木 〔2012/09/19-12:27〕〔222.146.178.37〕
        親_0104 根_0099 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
杉原1947で重要なのは、1946年8月24日の原田・後藤・杉原3氏による「中野・星岡会談」において、日本考古学会と日本古代文化学会の合併が画策されたということが当人によって示されている点である。
1941年に「茲に三学会の合同に基礎を置き、更に同志の参加を乞ひ、相提携して日本及び東亜古代文化を研究し以て国家奉公の微意を致さんことを期」し、「皇国宏謨ノ由ツテ来ル所ヲ闡明スルヲ以テ目的トス」とした学会が、1945年8月以後もなお「更に同志の参加を乞ひ、相提携」を試みていたという事実は、ある意味で衝撃的です。
なお「日本内地にあつて殆んど学徒としての身分を保証されていない人々」→「保證されてゐる人々」。

0106 RE:継ぐのは誰か-追加(2-2) 早傘 〔2012/09/20-00:53〕〔125.29.44.217〕
        親_0105 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
>なお「日本内地にあつて殆んど学徒としての身分を保証されていない人々」→「保證されてゐる人々」。


まさにそうです。原文には、この杉原がどうしても言いたかった肝心なところに誤植があって、最初に読んだ時に引っ掛かりました。で、引用する時に自動校正機能が働いてしまいました(^_^;)

昨日の投稿は、落着いて読むと他にもいくつか誤記がありますが、重大では無いので修正は略します。

杉原1947には、「歴史学年報(昭和17年度)」(歴史学研究111, pp.1-8, 1943.7)に自分が考古学理論の必要を説いたから読んで欲しいと書いてあるのですが、指示どおりに読んでみると、古代文化学会は3学会が自主的に合併したと書いてある。この巧まざる高度なギャグに、国会図書館の閲覧室で笑いをこらえるのが大変でした

歴史学研究も、戦時中は編集後記などに時勢迎合的な語彙を散りばめている。
それでも、明らかに唯物史観に基づく論文を掲載し続けながら、昭和19年まで刊行され続けた。その方が私には驚くべきことです。

0110 継ぐのは誰か-追加(1)補足 敗戦後の立回り 早傘 〔2012/12/18-13:14〕〔114.20.32.74〕
        親_0102 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
 戦後考古学の復興期に、学界を代表する一人として活動した後藤守一について、戦中の活動は「文化戦犯」呼ぶに値するとの評価もあり、さらに戦後は狡猾に責任を逃れたとの評もある(春成2003)。学界の裏面史のようなものは、同時代を生きた人間が圧倒的に有利だが、同時代人には書きにくい事情も多いだろう。後の世代の人間の場合、同時代人やその直弟子の話を聞く機会が多い学界中枢の人間が有利であって、周縁をうろついている人間は公刊された文献による表面的な文言から探るしか無い。とはいえ、前者の人間の書いていることの不自然に突っ込むことは許されよう。

 春成秀爾によると、
“敗戦の時、後藤は國學院大学文学部の教授であった。ところが、一〇月に再開した國學院大学の教員名簿から後藤の名が消えている。教授職をこの年の九月には辞していたことになる…(略)…九月一〇日、GHQによる言論の検閲開始で、軍国主義者追放の動きははっきり見えてきた…(略)…後藤は身の危険を感じて、いち早く公職から退いたのであろう…(略)…一九四六年四月、後藤は「考古学より観たる皇紀」を発表した。敗戦後初めての文章である。筆者は「考古学者、前帝室博物館監査官」と紹介してあり、「元國學院大学教授」ではない…(略)…まさに機を見ること敏であった”(春成2003;pp.175-178)

 春成は、史学界の平泉に相当する人物を考古学界に探し、それは後藤だったといいたいようだ。
 しかし、敗戦直後に辞職して田舎に隠った平泉澄と異なり、後藤は「新しい建国史」を求めるマスメディアに引っ張りだこになった。後藤の著述を主として、昭和21(1946)年に後藤の肩書がどのように紹介されたかを拾い出してみよう。

資料
A. 甲野(1946.03) 本文中“國學院大學の後藤守一教授”
B. 後藤(1946.04) 記事末尾“(筆者は考古学者、前帝室博物館監査官)”
C. 後藤(1946.06a) 記事末尾“(考古學者)”
D. 後藤(1946.06b) 記事末尾“(筆者は考古學者、國大教授)”
E. 後藤(1946,07) 掲載誌最終ページ執筆者紹介“(元國大教授)”
F. 後藤(1946,08) 記事末尾“(筆者は明大教授)”

 これらの著者紹介がどの程度後藤の意向を反映しているかは必ずしも明らかで無い。著者に断り無しに記されたということもあり得る。しかし、後藤が國學院との関わりを伏せようという明確な意志を持っていたならば、あらかじめ編集者に注意し、D,Eのような紹介は無かったのではなかろうか。後藤が敗戦直後の時点で責任追及を恐れていたならば、Bで神武2600年前説に固執し、Cで“古代史を護ろうとの熱意にもへてゐる”と宣言し、Dで天照神話の史実性を探ろうとするなどは大胆に過ぎる。古代文化学会代表であることが問題だと思っていたら、その肩書で学会合同の議論に臨まないだろう。
 後藤が國學院を辞したのは、敗戦による虚脱感にすぎないのではなかろうか。自らの学問や古代文化学会については“神代史を聖典とし、批判を許さずとする考へ方にも賛成してゐない。白を白とし、黒を黒とし、古代史の眞の姿を”戦中も戦後も追求し続けているというのが後藤の主観であったろう。
 後藤は翌22年、B〜Eを『日本古代史の考古学的検討』(1947.07,山岡書店。著者紹介無し)にまとめる際に、各論文とも大幅に手を入れ、記紀神話の史実性の主張は薄まっている(それでも現代の目から見ればあきれるほど記紀に依存した内容だが)。それこそが、拡大していく公職追放への対応ではなかろうか(公職を離れていたゆえに免れていた平泉も、1948に公職追放の指定を受けた)。
 公職追放・教員審査の実態について、私は無知であるが、研究もそれほど進んではいないようだ。大学によって過剰といえる反応の大学もあれば、国家神道の本山なのになぜか生延びた大学もあるという。
 少なくとも後藤は戦中に、知合いが日本は負けるといっても、それを責めて学界から逐うようなことはしなかったらしい。そのような“ゆるさ”が徳とされて責任追及をまぬかれたのではないだろうか。

文献
春成秀爾,2003.11,,『考古学者はどう生きたか』,,学生社
甲野勇,1946.03,「最近に發掘された先住民の遺跡」,科学朝日,6(3),pp.48-50
後藤守一,1946.04,「考古學より観たる皇紀」,小天地(平凡社),1(2),pp.1-6
後藤守一,1946.06a,「日本と神話」,文芸春秋,24(4),pp.17-20
後藤守一,1946.06b,「天照大神研究-1- 天照大神に依て具現される農耕文化 考古学の立場からする時代判定」日本歴史1(1) ,pp.6-17
後藤守一,1946,07,「三種の神器の考古学的検討」,あんとろぽす,1(1),pp.2-13
後藤守一,1946,08,「ガウランドの古墳研究」,あんとろぽす,1(2),pp.20-21

0111 RE:継ぐのは誰か-追加(1)補の補 早傘 〔2012/12/27-21:49〕〔125.29.46.73〕
        親_0110 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
 先週の土曜、ある考古学研究会の忘年会で、考古学史に造詣の深い方から、次のような御教示をいただいた。

「『考古学者はどう生きたか』に対しては、後藤守一の遺族から抗議があった。裁判にまでなったか、あるいはならなかったか、どちらかは知らないが、敗戦前に後藤が國學院を辞職していた証拠があり、改訂版を出すことで和解になったはず。自分はまだ改訂版を見たことがない」

 そういえば、遺族から抗議があったという話までは、数年前に耳にしたことがありました。
 書店に改訂版が出回っているとしても、わざわざ買い揃えるまではしたくないし、図書館には初版しか置いていないだろうしと、頭をひねったところで、ちょっと待て、そういう事情の改訂版ならば納本されている鴨と気付き NDL-OPAC を検索すると、おお、初刷の他に4刷というのが納本されている。早速閲覧してきました。

2007.10.30春成秀爾『考古学者はどう生きたか』4刷(初刷は2003.11.30)

「序」の末尾(p3)に付記がある。

“初版を発行後、後藤守一の履歴について、疑義が生じたので、重版にさいして一七五〜一七六頁、二〇七〜二〇八頁の記述を一部訂正した。”

<<以下要旨>>
初刷(論文の初出は2002年『戦争と知識体系』)の記述の根拠は、
 1944.11.20『祖先の生活』の著者紹介に「國學院大学と明治大學の教授」
 1994『國學院大學百年史』“昭和19年度も同大学教授名を継続しているが、昭和20年10月に再開された授業の教授陣のなかに後藤の名は見えない”
 →20年4月〜9月に國學院を辞職したと判断
  →公職追放を避けるために事前に辞職したと推測

“ところがその後、國學院大學で現在保管している同大學によって作成された後藤守一の履歴書には、「昭和一九年三月退職、教授・講師名ヲ残ス。授業ナシ」と記されていることが明らかにされた”(いつどこで誰が?)
 後藤の肩書は、『明治大学文学部五十年史史料叢書VIII』(1981)や『後藤守一集(下)』(1986)の略年表などと比較しても、少しずつ記述の不一致がある。
 また、後藤は昭和21年9月に明治大学助教授としてGHQの教員適格検査を受けて合格した。
 これらから、
“現時点では、後藤が敗戦直後にGHQによる公職追放の対象から免れるために國學院大學を事前に退職したと判断することはできなくなった”

<<要旨終り>>

 学術書でなければ、著者紹介で、大学の先生をひとくくりに教授と呼ぶのは不思議でないし、大学経営上の必要により、授業を持たない名前のみの教員というのも昔はあったと思うし(今でもある?)、その辺は良い加減だったのでしょう。
 それはさておき、遺族の抗議云々とは書いておらず、謝罪的な文言も無い、つとめて‘客観的’な記述。薄弱な根拠で特定人物を姑息な処世術の達人扱いしておいて、これはいかがなものかと思う。

 では、本文の記述はどう書換えられたか。初刷の頁・行で位置を指示しながら文言を比較していこう

(p175 L17)《小見出し》
“後藤の処世術”
 ↓
そのまま(いいのか?)

(p175 L18〜p176 L2)
“敗戦の時、後藤は國學院大学文学部の教授であった。ところが、一〇月に再開した國學院大学の教員名簿から後藤の名が消えている。教授職をこの年の九月には辞していたことになる。”
  ↓
“前年一一月発行の『祖先の生活』には、後藤の肩書きは「國學院大学と明治大学教授」と書いてある。ところが、『國學院大學百年史』下巻(一九九四年)によると、敗戦の年の一〇月に再開した國學院大學の教員名簿から後藤の名は消えている。教授職は、それ以前に退いていたことになる。”

(p176 L2)
“後藤は自分の身の処し方を考えていた”
  ↓
“学者として戦争遂行の文筆をふるっていた後藤は、今後の自分の生き方について考えたことであろう。”

(p176 L2〜4)
“GHQ(連合国軍総司令部)による…戦争協力した者などを公職から追放する動きに、後藤は安穏としておれなかったはずである”
  ↓
“連合国軍総司令部(GHQ)は…戦争協力した者などを処分する動きを始めていた。”

(p176 L8)
“後藤は身の危険を感じて、いち早く公職から退いたのであろう”
  ↓
削除

(p176 L10〜11)
“後藤はもちろんその対象になることはなかった。その結果、後藤の戦争責任は問題になることもなく、彼の経歴には公職追放という傷がつかなかった。”
  ↓
“当時、明治大学文学部専門部助教授であった後藤は、教員適格の判定をうけ、公職追放の対象にならなかった。その結果、後藤の戦争責任は問題になることはなかった。”

(p176 L14〜15)
“ただちに君臨できたのは、まさに機を見ることに敏であったこの時の判断のよさによっていた。”
  ↓
“登場した。”

(p207 L19〜p208 L3)
“しかし、敗戦の時、國學院大学国史科の教授であった後藤は呆然としていたのではなく、GHQ(連合国軍総司令部)による軍国主義者追放の動きをみて、いち早く大学を辞めていた。公職追放の対象から逃れ、社会的制裁を何も受けることのなかった後藤は、戦後の考古学界に何事もなかったような顔をしてただちに君臨することが可能になったのである。”
  ↓
“敗戦の時、後藤はすでに國學院大学国史科の教授を辞めており、明治大学文科専門部の助教授であった。しかし、連合国軍総司令部(GHQ)による軍国主義者追放の対象にならず、社会的制裁を何も受けることのなかった後藤は、戦後の考古学界にただちに君臨した。”

以上

なお、先の投稿で、
“後藤は翌22年、B〜Eを『日本古代史の考古学的検討』(1947.07,山岡書店。著者紹介無し)にまとめる際に、各論文とも大幅に手を入れ、記紀神話の史実性の主張は薄まっている…それこそが、拡大していく公職追放への対応ではなかろうか”
と憶測したが、21年9月に既に教員適格検査を合格しているのであやまりであった。あやまるかわりに、以後あやまらないように努めたい

 ところで、改訂版が出る半年前に、春成氏のかつてのホームグランドで、当該書の紹介記事が掲載されている。

小笠原好彦・土井基司 2007.3「新刊紹介 春成秀爾著『考古学はどう検証したか--考古学・人類学と社会』・『考古学者はどう生きたか--考古学と社会』」『考古学研究』53(4), pp.101〜103

 土井氏による当該書の紹介には“後藤の項では…終戦にあたっての身の処し方についても踏み込んで非難している”という文言がある。少なくとも、『考古学研究』誌の編集部であれば、当該書のその部分が問題になっていることは承知の上と推測するのが自然であるが、さて、どのような心持ちでこの文言を掲載したのかと、懲りずに裏読みをしたくなってしまうのであった。

0116 RE:継ぐのは誰か-追加(1)補足 敗戦後の立回り 大村 裕 〔2013/01/19-20:55〕〔180.58.102.197〕
        親_0110 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
 資料を確認するため投稿が遅れました。
 故後藤守一博士は、GHQ主導の公職追放から免れるために、「この年(1945年)の9月には辞職していた」のではなく、1944年3月末に学校都合によって國學院大學を既に退職されております。「学校都合」とは、「学徒出陣および学徒動員のため、授業がほとんど成立していなかったため」だということです。このことは、『國學院大學百年史』の編纂にあたった校史資料課の関係者に、故後藤博士のご遺族が直接お会いして確認されたそうです。従って「敗戦の時、後藤は國學院大学文学部の教授であった」(『考古学者はどう生きたか』p170)という春成氏の指摘は根拠を失ったことになり、同書の修正版で訂正されてあります。この修正に至るまでの顛末については、故後藤博士のご遺族が『考古学者はどう生きたか 第4刷(修訂版)』の「送り状」に詳細に記して居られます。ちなみに同書第4刷は、後藤博士のご遺族より、後藤博士ゆかりの方がたに送付されたのでした。早傘さんのような日本考古学史に詳しい方もこの件に関し、春成氏自身が修正された事実をご存知なかったことを知り、故後藤博士とそのご遺族の名誉にために一筆したためました。

0112 RE:継ぐのは誰か 追補2 到る処青山あり 早傘 〔2012/12/30-19:53〕〔125.29.43.15〕
        親_0099 根_0099 引用して返信 引用無し返信 
 また脇道にはまるが、戦後考古学界の比較対象として、歴史学研究会の会史に目を通した際、興味深い記述があった。

  歴史学研究会編, 1982.11,『歴研半世紀のあゆみ』,青木書店

 昭和21年1月27日、歴史学研究会の活動再開の一歩として、講演会「各国君主制の歴史」(趣意は天皇制の評価)を開いた。“部会終了後、羽仁五郎氏らの動議により再建大会に切りかえる。<人民の歴史学を樹立せん>との趣旨の綱領原則の採択、委員会制の採用、総合部会の報告刊行等の議決、会長に津田左右吉氏を推戴することの決議、羽仁氏を委員長に八名を委員に選任”(p.34年表)。いわゆる羽仁クーデター事件である(その顛末や津田左右吉の反応などは、また史学史の一コマであるが、ここではふれない)。そして、
  江口朴郎・太田秀通・倉橋文雄・松島栄一・(司会)永原慶二「座談会(3) 戦後歴研の再建」, pp.200-222 より
“倉橋 …(略)…この講演会には新生社の青山社長が来ていて、会の終った後神保町の「揚子江」という中華料理店に、新委員連中を招いてご馳走したわけです。実に数年ぶりに見る山海の珍味でした。また講演会には、鈴木東民編集局長の『読売新聞』の記者も来ていたようです…(略)…読売の記者が来ていること、新生社が来ていて御馳走を提供することなどは、全然私などは知らなかったわけです。そんなことは前もって準備されていたわけでしょうね。旧幹事会が講演会を主催したかっこうになっていながら、そんなことは全然知らなかった”(p.205)
“松島 …(略)…「各国君主制の歴史」を総合部会でやろうと決めた時には、それを『歴史家は天皇制をどう見るか』という本にして新生社から発行するということが、旧幹事会と別の線で決っていたというわけです”(p.206)

 なんで読売かという疑問は「鈴木東民」を検索すると納得できた。
http://members3.jcom.home.ne.jp/wing-pub/book/book008.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%9D%B1%E6%B0%91

 目を引いたのは「新生社の青山社長」。親記事で紹介した藤森の記述と比べると、
  >21.7頃? 郭沫若の使者と称する青山と名乗る人物が、杉原邸へあらわれ“大陸に遠征して
  >発掘調査をし、古文物を持ち出した人々はすべて戦犯だ、したがって、のこる杉原荘介に日
  >本考古学界を再編成するよう
 ・戦後混乱期において、学界再建を主導しようと暗躍する
 ・中国と縁がある
という共通点が認められる。まるで中共の工作員かと思わせる。

 青山何者ぞとネットで情報を拾うと、
  マガジンひとり「雑誌の攻防#1」2008.10.13 http://blog.goo.ne.jp/wag18470/e/ff2261eadc5f084cccab6ba14168aff8
“【4】戦後初の本格総合誌 - 発売即日に売り切れ
…(略)…新生社の入っていたビルの周囲にはリュックを背負った小売書店主がたむろして行列を作るほどであった。そこから創刊されたのが『新生』で、…(略)…戦後最初の本格的総合誌とあって36万部の発行部数はまたたくまに売り切れてしまった。
【5】『新生』創刊 - めざましい発展の推進役
 敗戦の年の昭和20年10月10日に創刊された総合雑誌『新生』の目次には、室伏高信、尾崎行雄、小林一三、正宗白鳥らそうそうたる顔ぶれが名を連ねた。…(略)…昭和21年には社員を180名に増やして自社ビルに移るなど活況を呈した。その推進役となったのが青山虎之助という人物である
【6】文学青年 - 次々同人誌創刊、執筆活動も
 青山虎之助は大正3(1914)年の生まれで、新生社を創立したときには31歳の若さであった。彼は岡山県の出身で、地元にいた10代の頃から熱心に詩や小説の同人誌を発行していた。…(略)…戦時中は軍需工場に入って徴兵をまぬがれ、家族は岡山に疎開させて自分は熱海の旅館に滞在して東京へ通い、三宅晴輝や室伏高信の知遇を得た。敗戦の玉音放送は郷里の岡山で聞き、9月に100万円の預金通帳を持って上京、室伏と三宅に顧問になってもらって創刊したのが『新生』であった。
【7】破格の原稿料 - 相場の10〜30倍超
 『新生』が著名な執筆者を集めることができたのは、従来の青山のコネ以外にも破格の原稿料と貴重な物資を提供したためであった。昭和20年当時の400字詰め原稿1枚につき3円という相場に対し、『新生』は評論に30円、小説に50円、呼びものとなるような大家には100円(現在では20000円以上に相当)を支払った。また青山は執筆者を訪ねるときは米、砂糖、酒、輸入タバコなどの手みやげを欠かさなかった。…(略)…”
  「雑誌の興亡 #3」 http://blog.goo.ne.jp/wag18470/e/d48d8e96a04c1b5f7bb78befe69ebd34
“【22】『新生』終刊 - 巨額の負債背負い幕
 新生社は、出版のみならず政治活動や事業活動にも乗り出すこととなった。社長の青山虎之助は共産党の野坂参三の帰国歓迎会に多額の寄付をしたり鳩山一郎のパージ解禁にも資金援助を行い、事業面では化粧品の生産を手がけたり‘ミス・ニッポン’の公募も行ったという。ところが新生社は昭和23年に2千万円の負債を負って倒産、今に換算すれば何十億という額にあたる。それでも出版業や雑誌が好きでたまらない青山は、その後も同人誌や商業誌の発行を手がけ続けるのである”(ちなみに、第2期「新生」の編集には梶原一騎の父親が関わっている
古本夜話12 伏見冲敬訳『肉蒲団』をめぐって http://d.hatena.ne.jp/OdaMitsuo/20091203

 これらの内容は、下記書籍でも確認できた。
  「新生」復刻編集委員会, 1973『回想の新生 : ある戦後雑誌の軌跡』
 さて、有卦に入ってからはともかく、創業資金の出所は気になります。当時の100万円は現在の2億円ぐらいに相当します。地道に稼いだり家産を処分した成果でしょうか。あるいは、軍需物資の処分に巧みに関わったりしたのでしょうか。さもなくば、戦後の言論を裏で支配したい勢力が資金源になったのでしょうか。既に誰かが調べていることと思いますが、目に触れた情報はありませんでした。
 また、政治運動への関与(上掲の他“憲法草案要綱” http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95%E8%8D%89%E6%A1%88%E8%A6%81%E7%B6%B1 をまとめた 「憲法研究会」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A のスポンサーにもなった)の一方、ブルジョワ文化人的な事業にも手を出している。その後の青山の活動などをみると、政治的に色づいた人物に見えない。
 下記論文がその間の事情を検討している。
  保昌正夫,1966.06,「‘新生’外史--戦後の雑誌-1-」,『國文學 : 解釈と教材の研究』,11(7), pp.158-163
 保昌によると、「新生」が成功して社業を拡張する過程で、左翼系の編集者が多数入社し、政治記事は、戦前からの自由主義者よりも共産主義者中心となっていく。一方、青山はあくまで、文芸趣味の実業家であり、社内で路線の対立があったという。その対立の中で、第1次「新生」は短い寿命を閉じ、以後青山は、『紅灯手帖』や『味の新地図』などという、小金持の余業のような文筆活動を続けていく。

 以上、乏しい調査結果である。これらからみると、藤森の文章に登場する「青山」が虎之助本人かは微妙であるが、新生社の動きを青山の名で代表させたということであれば、ありそうなことと思える(が、無関係かもしれない)。

 なお、『歴研半世紀のあゆみ』を読んでいて、大笑いしたのは、次の記事
  井上清「再建期の歴研」, pp.239-246
(羽仁クーデターの不成功について)“ぼくがその時しまったと思ったのは、「三種の神器」がいかに大切かということ、あの大会の時に倉橋君からただちに会のハンコと帳簿と、それをもっておればだなあ、あとで倉橋君がなんといってももうちゃんと法的にすむ…(略)…「三種の神器」はもっていなきゃいかんもんだと、まぁつくづく思ったことでした”(pp.243-244)
 太平記かよ。神話がいかに当時の人々に骨肉化されていたかの一例。今時であれば、三種の神器を例えに出すだけで超復古主義者呼ばわりでしょうね。

 また、戦中の歴研の運営に辛苦した倉橋文雄の述懐も、締めの言葉に味わいがある
  倉橋文雄「戦時中の思い出」, pp.235-239 (歴史学研究1958年11月号からの再録)
“なお、当時の『歴研』編集後記などに出ているような態度に対する説明と反省を掘り下げて行う必要があると思うのだが、目下多忙なので、その点に亘らなかった”(p.239)

0113 神の手事件関連記事 早傘 〔2013/01/13-12:32〕〔124.211.4.125〕
              根_0113 引用して返信 引用無し返信  メール 
渡辺雅春,「(90周年特別企画 日本が震撼した47大事件の「目撃者」)[旧石器捏造]自らの指を切り落した「神の手」」,文藝春秋,2013年2月号,pp.318-320, 2013/01/10

毎日取材班のデスクが振返る。
2003年の藤村氏再取材の裏話が多少、新情報でしょうか。
 “いまだに捏造の詳細については口をつぐんでいる”
という文言から、隠された真相があるだろうとの取材班の感触が伝わってくる。

0114 RE:神の手事件関連記事 早傘 〔2013/01/15-22:20〕〔124.211.0.179〕
        親_0113 根_0113 引用して返信 引用無し返信  メール 
山村氏から関連資料の紹介がありました

新鬼の城のジオログ
「中・前期旧石器時代捏造事件は未解決・・・・闘病記」
1 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/yama33622/view/20130115/1358245891
2 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/yama33622/view/20130115/1358248495
3 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/yama33622/view/20130115/1358249403

0115 RE:神の手事件関連記事 山村 貴輝 〔2013/01/16-08:14〕〔125.14.85.34〕
        親_0114 根_0113 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
ご紹介ありがとうございます。毎日新聞の渡辺氏は‘B爾痢崑申顛由幣鼻廚郎症造硫椎柔があること△修譴脇B叱朕佑糧獣任砲茲訛弍ではなく、誰かの示唆を受けている可能性があることこの事件につき毎日新聞は藤村の個人的な行動かどうかは別として、報道と言う行為を藤村の個人情報を守り非公開とするのか、それとも考古学の社会的位置を踏まえて、報道の公益性を優先するのか、という判断で後者のスタンスを選択したことい海了件は「日本考古学協会前・中期旧石器問題調査研究特別委員会報告」で結論が出されているが、未だに未解明の問題があること、以上の件を問題意識として有していることを暗喩的に示唆していると思います。

以上すっきりしないもやもやしたものが当時の報道主体が抱いていることを、渡辺氏は文藝春秋で吐露したものと思います。私も、多重人格と言う事で問題を隠蔽し、藤村の個人情報保護と言う何となく納得せざるを得ないような情報操作に疑問があり、私の中ではこの問題は未解決です。また、考古学が有しておらねばならない〈公益性〉と言うものをこれらの情報操作で否定すると言うことは、残念でもあります。

0107 週刊新潮にゴッドハンドの近況 早傘 〔2012/09/20-01:43〕〔124.211.0.129〕
              根_0107 引用して返信 引用無し返信 
無署名,「ワイド特集『地獄の季節』の過ごし方(8)原発避難生活を送っていた石器ねつ造『ゴッドハンド』」,週刊新潮,2012年9月27日号,p53, 2012/09/19

たしか福島の浜通りに住んでいるはずだがと秘かに心配(?)していましたが、やはりそうだったということです。

勤めていたNPOは、一昨年11月に退職したとのこと(発覚10周年記念?!)。60歳になったということも関係あるようです

避難生活や現在の生活はさておき、東北旧石器文化研究所の面々の近況を興味深く読んだ。

“「気の毒なのは理事の一人で、藤村の考古学の恩師です。心労による脳梗塞で倒れられましたが、一時期、精神的におかしくなってしまった。時々、被害妄想になってしまい錯乱していたそうです」とは同研究所元理事長の鎌田俊昭氏”

鎌田氏の寺も大震災で倒壊寸前になり、一億円かけて修復したとのこと。

0093 11/7の見学から 復興を願って 早傘 〔2011/11/21-14:08〕〔125.29.46.226〕
              根_0093 引用して返信 引用無し返信 
 11月7日(火)は、仙台の博物館を見学した。
 今年、東北の見学は4回目となる(東松島、平泉、末の松山、今回)。
 行きの新幹線は牛タン弁当に相沢忠洋顕彰本。
 地下鉄で「地底の森ミュージアム」へ。
  [企画展]宮城の旧石器−後期旧石器から縄文草創期の遺跡−
  平成23年10月14日(金)〜 12月4日(日)
  http://www.city.sendai.jp/kyouiku/chiteinomori/event/exhibi1110/index.html
を見る。
“宮城県内では「旧石器遺跡ねつ造問題」以降、資料の見直しが行われ、新たな旧石器時代研究が進められています。本企画展では次の時代となる縄文時代の草創期の遺跡も含め、どのような環境のもとで石器を使用し次の縄文時代に受け継がれたのかを、写真や出土資料で紹介します”
とのことです。
 今春開催予定が震災のために延期となっていたとのこと。
 図録も作らない、比較的に小規模な企画展。
 藤村関与遺跡を除いても、県内の旧石器遺跡は江合川流域と薬莱山麓に集中することを知る。
 展示資料は9遺跡
  /遺跡名(調査年)/
  伊治城跡(2003)
  大久保(2008)
  薬莱原No.15(2003,2004,2006)
  野田山(2000)
  賀籠沢(2003-2006)
  上ノ原山(1989-1991)
  川添東(1991,1992)
  山田上ノ台(1980,2002)
  野川(1991)[縄紋草創期]
と、展示前半を発覚以後に調査された遺跡で固めている。
 また、国内の旧石器時代遺跡について、展示パネルでは
“研究者が確実とする3万年以前の遺跡(前期・中期旧石器の遺跡)は皆無に等しい状況”
とし、展示室で配布している解説シートでは同じ記述に加え、
“岩手県遠野市金取遺跡や長野県飯田市竹佐中原遺跡など数遺跡では後期旧石器時代以前と考えられる石器群が発見されています。金取遺跡では2枚の層から石器が出土しており、5万年前を遡るものではと考えられています。多くの研究者の一致した見解は未だ出ていませんが、今後の旧石器時代研究のためにも十分な論議の上での位置付けが求められます”
という文章もある。どちらかといえば肯定的と感じるが、十分に慎重な表現である。

 仙台駅に戻り、バスで仙台市博物館へ。
 折角来たからには常設展示なども見学したが、目的はこれ↓
  http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/sendaishishi/info.html
 地底の森ミュージアムや縄文の森で販売すべきなのに、何回いっても売っていないからしかたなく行ったのだ
 改訂前と改訂版のセットでは重い荷物になるかと心配していたが、改訂版は旧石器時代の章のみ。初版のpp.10-114 に相当する内容を、削除・修正・差替えして、pp.8-97 とし、捏造問題についての解説を30頁、考古資料編の問題箇所の一覧表などを付ける。

 もう少し改訂内容を比較する。
 「第一節一 氷河時代と人類」は目立った違いなし。僅かな修正は捏造事件と関係ない。
 「第一節二 人類の進化と仙台」(埴原和郎)はまず、上高森などに言及した[旧石器時代の人骨化石]の項を丸ごと削除している。次の[猿人の時代]では、“二一世紀に入り、驚くべき発見が相ついで”と、アフリカ大陸での近年の発見を挿入。[原人の進化と放散]にも、ケプラノ人骨やドマニシ人骨への言及を挿入。[旧人と新人]でも近年の発見に基づく書直しがされている(ただし、フロレンス人への言及はない)。次の[新人の起源に関する最近の話題]では目立った修正無し。次の[日本の旧石器人骨と今後の展望]は、日本の“化石人骨”の見直し結果に沿って大幅に書直されている。
 「第一節三 日本列島の旧石器文化」は、まず、節の冒頭に[人類の起源からアジアへ]の項が挿入されている。初版の[旧石器へさかのぼる研究のあゆみ]は、2つの項に分割。前半に対応する同名の項は、岩宿の発見と早水台遺跡の紹介。“山田上ノ台遺跡の発掘に至るまで”の語句を含む冒頭の段落のみ削除。後半に対応する[日本の前期旧石器文化]は、文章の順番が入れ替っていて対比が手間取るが、星野や岩宿ゼロなどの珪岩製前期旧石器を肯定的に紹介することに変化はない。項の最後に捏造発覚後に注目された遺跡を羅列しながら“前期旧石器時代の調査遺跡はいまだ少数であり、石器文化の全容理解は今後に残された大きな改題である。前期旧石器の存在については疑問視する研究者も存在するが、早水台遺跡の再調査…竹佐中原…金取…など近年研究が進められている遺跡もある。また珪岩製旧石器文化の実態の解明は重要な課題であり、今後進展が注目されるところである”とまとめる。
 次項[宮城県内の旧石器時代遺跡]から[旧石器の種類と用途]までは、「第一節四 旧石器時代研究と仙台」と独立し、多く含まれていた捏造への言及を削除した。
 「第二節 仙台の前期・中期旧石器文化」は削除。
 「第三節 仙台の後期旧石器文化」のうち、「一 後期旧石器文化の発達と広がり」は、神の手汚染の影響を除去しきれない資料を削除し、川添東遺跡と野田山遺跡の紹介で補う。「二 富沢遺跡の景観と人類」は目立った変化無し。「三 人間活動の復元」では藤村関与資料(富沢の一部と青葉山)に基づく初版p91-99の記述を削除。代って、発覚後の調査成果に基づく山田上ノ台の成果が紹介されている。
 「第四節 旧石器時代から縄文時代へ」でも、神の手遺跡に基づく記述を丹念に取除く。合わせて大塚達朗氏により草創期隆線文土器期に縄紋が出現している根拠と位置づけられた下窪遺跡の“隆線文土器”も、再検討により(地元では当初そのように評価された)早期後葉の梨木畑式土器だと明らかになったことも紹介される。
 改訂版で追加された捏造問題の紹介は、日本考古学協会や宮城県考古学会、各地教育委員会による“公式”の検証作業の紹介に終始する。社会的事件としての記述に欠けるため、反省めいた記述にも実感が伴わない。また、関係者の禊をも目的とした日本考古学協会の報告書を丸呑みし、長友恒人による、“座散乱木の馬”は“近世初頭”などという、測定誤差をわきまえない無責任な結論を引き写しにしている。

 改訂版を作成し、初版の所持者に無償配布する姿勢は高く評価されるが、捏造行為を涵養したグループに属する人々の、無反省な記述を再配布することにもなっている点、素直には肯定できない
 市史改訂版と比べると、地底の森ミュージアムの着実な姿勢が評価できると思いながら、帰路に就いた。

0090 10/16の買物から(1) 愛鷹最古  早傘 〔2011/11/09-21:14〕〔124.211.3.204〕
              根_0090 引用して返信 引用無し返信 
 10月16日(日)に、知合いと、栃木県立博物館の企画展「土偶の世界」を見に行った
   http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/110923dogu/index.html

 圧倒される資料数だった。多量の写真を載せる図録でも、展示品の一部にすぎない。
 毎日通いたい、と思ったはずだが、再訪を果さぬうちに会期が終っちゃた (‥;;

 博物館に行く前に、日本考古学協会栃木大会会場に寄り、図書交換会場をまわり、また、黒曜石シンポの会場をのぞいた。

 図書交換会場で最初に購入したのが「石器文化研究17」2011.10
 第2東名高速建設を原因に陸続と発見された、層位的に確かな「列島最古級」の石器が一堂に会した、石器文化研究交流会静岡大会(10/1-2)には参加できなかったが、せめて発表要旨でも読みたいというわけだ。
 研究討論会「愛鷹ローム層最古級の石器群」の基調報告2本のほか、遺跡速報の部にも沼津市井出丸山遺跡の概要が報告されている。
 武蔵野台地のX層に相当する地層は、愛鷹山麓ではBBV〜VIIの3組の黒色帯(およびその直下のスコリア層)に分れる。
 基調報告(1)の「愛鷹上部ローム層最下部の自然環境を考える」(三好元樹)では、この3枚に分れる層位から検出された文化層に伴う炭化物の炭素年代値がおおむね層位的新旧と整合的であることが示されている。層位的に最も下の、SCIV(BBVII直下のスコリア層)出土の井出丸山遺跡第I文化層はBP33,000前後、較正年代で約3.8万年前だという。
 基調報告(2)の「愛鷹山麓最古の石器群の諸問題―第VII黒色帯附近の石器群―」(中村雄紀)が、石器群の変遷を整理している。
 第VII黒色帯に文化層をもつ石器群を新旧の様相に分け、第VI黒色帯はまた少し異なり、第V黒色帯は更に異なるとした。
 実物も報告書すらも未見だが、呈示された資料からは中村氏が3時期に分けたBBVII〜BBVIの石器群は、遺跡差を越えた明解な時期的変遷を読取りがたい。BBVへの変化は比較的明解だが、中村氏のまとめよりは差異を弱く感じる。
 BBVIIですら「主に黒曜石製の基部加工石刄」「主に黒曜石製の台形様石器」「緑色凝灰岩製の刃部磨製石斧」「ホルンフェルスの礫器・大形鋸歯縁削器」を主な構成員とする石器群であり、しかもその石材は西は下呂石、北は信州系黒曜石、南は神津島黒曜石と、各地の物産を取りそろえている。驚いた。
 中村氏も、井出丸山を速報した高尾好之氏も、より先行する石器群が存在したと予想せずにいられない。
 このような石器群が天から降ってきたわけでもあるまいと思うのが、常識的なところではある。が、
 せっかくだから、宮下文書と結びつける人が現れたら面白かろうと思う。

0091 10/16の買物から(2) えせのグラフ  早傘 〔2011/11/09-21:15〕〔124.211.3.204〕
        親_0090 根_0090 引用して返信 引用無し返信 
 シンポは、会場に顔を出した程度で、ちゃんと聞いていないが、資料集に載せられた要旨に、とんでもない“データ分析”があったので、取りあげたい。
 国武貞克「後期旧石器時代 下総台地における黒曜石の利用と展開 ―下総地域の黒曜石の利用と傾向―」
 島田和高「後期旧石器時代 武蔵野台地における黒曜石の利用と展開 ―ナイフ形石器文化後半期を中心に―」
の2本を取りあげる。

 国武氏は、「 (対象地域の)今回集成されたデータをみると、各時期の消費性向を検討するには必ずしも十分なデータではないようである。とくに点数から消費量の傾向を一般化できるほどには分析遺跡が十分ではない」「数少ない分析遺跡の間でも、分析の方法、おもに資料抽出の基準が大きく異なっている」と、データの限界を指摘し、「各遺跡にどの原産地の黒曜石が組成しているかということに留め、これを遺跡間で比較して、原産地の出現頻度などを時期別に概観する」とした。抑制的で、適切である。ところが、そこから奇妙なグラフを作成する。

 【図1左 時期別原産地出現比率】というグラフは次のように作成する。
  ある時期において、原産地Aの黒曜石がa箇所の遺跡、Bがb箇所の遺跡… Jがj箇所から検出されたとカウントする(一つの遺跡で複数の原産地が検出された場合はそれぞれカウント)
  aからjまでを合計し、それを100%として、原産地比率を構成比帯グラフにする。

 aからjを合計した数値(延べ遺跡数)に意味を付与することは困難である。よって、それを分母とした構成比にも意味が無い。
 各時期の遺跡数を分母として、各原産地の黒曜石が検出された割合ならば意味がある。国武氏は実際、【図2 時期別原産地出現頻度(分析遺跡数補正済み)】として作成している。図1左はまったく無用な図である。
 原産地が10箇所もあるので、図2を見れば、肉眼だけで、遺跡数も推定できてしまう(各原産地のパーセンテージの最大公約数を見出し、それで100%を割る。たとえばIX層段階は、ずべて12.5%の倍数だから8遺跡とわかる。)。実際にグラフのデータを復元すると、本文中にしめされた、図1左の分母の延べ遺跡数とおおよそ一致するが、不整合な時期もある。IX層、IV下V層、草創期である。図1左と図2の元データが微妙に違うということであり、また、IV下V層については、本文中の延べ遺跡数と、図1左から読取れる延べ遺跡数にも違いがある。このようなずれが生じる原因は不明。

 【図1右 原産地別時期出現比率】というグラフは次のように作成する。
  ある原産地の時期別検出遺跡数を合計し、それを分母として、各時期が占める構成比を帯グラフとする。

 これはまったく意味不明なグラフである。旧石器時代の現象について考えるためにはなんの役にも立たない。こんなグラフがどのような場合に役立つか、出土品管理の面ではなにか役立つかもしれないと考えてみたが、結局有意な用途は無い。

 国武氏が作成した3つのグラフのうち、2つは無駄だった。唯一有益な図2を、国武氏の考察と比較しよう。
 「今回の集成で明確になってきたように、下総地域においてはIV層下部V層上部の時期に伊豆箱根産黒曜石の利用が顕著となる傾向がある。…(略)…この時期の黒曜石の利用傾向は、高原山産に大きく偏り、信州産の利用は低調である。その中で、それ以前の時期にほとんど認められなかった伊豆・箱根産の比率が、少ないながらも、一定量消費される傾向にあり、極めて注目すべきデータとなっている」という。この記述は図2には合致しない。箱根産も、伊豆産も、8遺跡中1遺跡で確認されたにすぎないし、図2における信州系の存在感は「低調」とはいえない。国武氏は、グラフに表現していない遺跡内比率や、集成以外の肉眼同定によるデータにも基づいているかと思われるが、説得力を欠いてしまっている。
 また、「西関東においても、似た現象が起きている。この時期になると、武蔵野台地では信州産よりも高原山産が卓越し」という記述にも疑問がある。島田氏が呈示した武蔵野台地のV〜IV下段階の産地分析結果(p.22 表2)では、30点以上分析した10の文化層のうち、伊豆箱根系主体6、信州系主体2、両者拮抗1、高原山主体1、である。伊豆・箱根系主体の文化層でも、それ以外の主な産地は信州系であり、高原山産はわずかにすぎない。
 ついでに大宮台地の事例も、実行委の集成を手がかりに原報告で確かめたが、分析点数30点以上の4遺跡(殿山、西大宮バイパスNo.5、〃6、大和田高明)で、信州系主体2、箱根系主体1、両者拮抗1となり、高原山は2遺跡で10%以上を占めたが信州系よりずっと少ない。

 次に島田氏の分析を検査しよう。なお、以下に言及するグラフの問題は、発表要旨集掲載グラフでは表現されていないことである。
 島田氏は、黒曜石原産地組成よりも、もうひとつの主要石材であるチャートとの関係に重点をおいている。
 時期毎の石材構成を概観したグラフ1〜3には目立った問題はない。しかし、そこから先に不思議な分析があらわれてくる。
 表1で、遺跡ごとの石材別点数を階層分類するとして、最上位から下位まで6階層に分ける。その境界となる点数は下から 10,50,100,500,1000 である。なぜ、このような奇妙な区切り方をするのだろうか。子供にお金の数え方を教えているわけではないのだ。
 また、遺跡ごとの点数というものは、文化層全体を調査したといえるような遺跡のみを対象としているのでなければ、調査範囲から出土した点数にすぎない。調査資料の制約を超えた過度な意味を待たせていないか心配である。
 グラフ4〜9がひどい。この投稿の動機となった「分析モドキ」である。
 「各石器群の規模に対する黒曜石およびチャート組成率の相関に、石材別資料の種別をオーバーラップした散布図である。出土点数に基づく遺跡規模の変化に対応する黒曜石・チャートの組成率の分布に、石材別資料の分布が示されている」
 何を言っているかわかりにくい。図を見れば要するに、「遺跡規模」=「石器群規模」(総点数)を横軸(対数軸)とし、注目する石材の組成率を縦軸とした散布図である。ドットは先の「石材別資料の階層」によってマークを変えている。このように作成したグラフについて
 「石材別資料の通時的かつ基本的な振る舞いとして指摘できるのは、各階層の分布が遺跡規模に反比例する形で基本的に右下がりの近似直線を描くことである」という。
 aHoか!? 組成率=石材別資料数/資料総点数 なのだから、同じ「階層」ならば、組成率は総点数に反比例するに決っているじゃないか。対数軸でなければ双曲線状の分布となり、双方が対数軸なら直線、片方が対数軸だとその中間的になる。こんな算術上の必然に
 「遺跡規模が拡大するに伴い、遺跡内労働力投下の異なる複数種類の石材が相補的に用いられる度合が高まる」
 などという方向違いの意味を見出している(この文自体、総点数が多いほど石材の種類も多いというしょうもないことを言っているのだが)。
 さらに驚くのは、
 「V〜IV下層期では、黒曜石石材別資料のうち最上位は、大形遺跡(>1000点)に形成されており」
 石材別資料の最上位とは、その石材が1000点以上出土しているものを指す。つまり、黒曜石が1000点以上出土した遺跡は、総点数が1000点以上の遺跡に限られると言っているのである。これは大発見だ。1000点未満の石器群に黒曜石が1000点以上含まれることはないんだ!\(~o~)/

 無意味な部分をざっくり削除し、勿体ぶった用語を使わなければ読みやすくなるだろう。

 旧石器研究者の論説にはグラフを用いるものが多い。そのこと自体は悪いことではない。しかし、筆者が読んだ数少ない旧石器文化研究文献の中に、少なくないトンデモグラフがあった。僅少なデータをもとに作成した構成比から重大な結論を導くもの、新奇なグラフにより、データの実態を歪曲・誇張するもの、可読性に欠けるものなどである。
 高度な統計処理など求めない。ただ、中学生に見せても恥ずかしくない程度のグラフ力を身につけて欲しい。今時、その程度が出来なければ、野菜も買えないだろう。

0089 カナギガナイセキデナイガナガキガナイセキデナイカナシカシイセキデナイカナシ 早傘 〔2011/10/24-10:26〕〔124.211.7.208〕
              根_0089 引用して返信 引用無し返信 
岩宿を端緒に陸続と日本旧石器文化の遺跡が発見されつつあった、昭和27(1952)年、
青森県北津軽郡金木町に前期旧石器の礫石器と思われる資料が見つかった。
飯詰村の北およそ10kmである。

11月6日、そう、「あの日」の48年-1日前、現地を訪れた芹沢長介は、自然石と判断した。
翌日訪れた杉原荘介は、石器と判断した。
杉原は大学から多額の調査費を得て、翌年発掘調査した。芹沢はこの調査に参加しなかった。
調査中、杉原はこれが偽石器であることを悟った。
杉原は、以後終生、石器判定に慎重な態度を貫くようになった。


昭和37(1962)年春、大分県丹生遺跡が前期旧石器らしい礫器を出す遺跡として注目をあびるようになる。
石器は専門としていないが欧州先史学に詳しい、山内清男と角田文衛という2人の大物が、別個にこの資料に飛びついた。
両者は調査の主導権をめぐり、同年4月の日本考古学協会総会で争う。
山内による特別委員会設置の提案に反対したのが芹沢であった。
丹生の礫器が前期旧石器とは思えなかったからだという。

翌々年、芹沢は同県日出町の早水台遺跡を調査する。この調査で出土した資料から、芹沢は“前期旧石器”へ傾斜していく…
というのが、よくみられる前期旧石器研究史。

そうではなく丹生と早水台の間に重要なポイントがあると指摘する論文があらわれた。

−−間にあるのは別府湾だけど?

(^_^;)
まあ、これを読め

岡村道雄・沢田敦 2011.03「佐渡島長木の“猿人文化”と長者ヶ平遺跡の“ナイフ形石器”」新潟考古,22,pp.1-22

“1.はじめに”“2.「長木」発掘前夜”“6.まとめ”を岡村、“3.「長木」発見から発掘調査、調査後の経緯”“4.「長木」出土「石器」の再検討”“5.長者ヶ原遺跡出土「ナイフ形石器」について”を沢田が執筆分担している。

 「長木」は昭和37(1962)年6月に、新潟大学で地質学を学ぶ学生、黒田一武に発見されたという。露頭調査中に礫層から発見した特異な形の石を報告したところ佐渡博物館、佐渡高校、たまたま居合せた毎日新聞記者が出土層を確かめ、八幡一郎と芹沢に教示を仰ぐことになったという。教示を求められた二人は、東アフリカの「カフ文化」の竜骨形石器に似ると評価し、同年8月に現地踏査したという。そして、佐渡の地質学者たちが調査団を結成し、翌年7〜8月に県や毎日新聞の援助を受けながら本調査を行ったという。調査に参加した芹沢は、現地で多量の礫から「石器」を選び出したという。
 芹沢は本調査に参加した際に、日本旧石器文化の研究状況について現地で講演した。佐渡博物館に残されていた講演参加者のメモが論文に採録されている。長木以外の“前期旧石器”と比較した部分を見ると、

 “関東地方では三万年前のものは群馬県の不二山遺跡(関東ロームの10万〜15万年前のもの)、群馬県伊勢崎市の権現山遺跡(5、6万年前)。
 [長木は]不二山より礫器は古い様式なので、僕たちが確信をもつが、学会が認めれば、日本最古の文化(15万〜20万年前まで)が長木にあったということになる。予想では長木はだいたい認められるのではないかと考える。
 他の九州の旧石器の発見は、長木ほどの学術的な地質学的な発掘によって確かめられていない、去年まで発表の他地区は慎重な調査が認められず、浮ついた2・3の石器を見ての発表であった。長木は慎重に気長くやってみたい、僕も外から協力するつもりである”

 岡村は“「長木」の調査が、芹沢の「前期旧石器」研究当初の考えをよく示している”と指摘する。
 なるほどそのとおり、である。
 とはいえ、1964年に早水台の礫を数週間観察した上で“決断”したというエピソードはなんだったのか、という気持にもなる。

 長木は、杉原などによる否定論を背景として、報告書は刊行されなかった。南京袋20〜30袋に詰めて佐渡博物館に保管されていた礫は、平成5年のリニューアル時に廃棄されたという。しかし、調査記録・写真や「石器」は同館に大切に保管されていた。岡村・沢田がそれらを整理分析して「概要報告」をしたのだという。
 沢田による「石器」の再観察結果では、やはりいずれも偽石器であった(端緒となった“竜骨形石器”は、あの新潟大学に貸出されており、大学の都合で実見できなかったという)。合わせて、後期旧石器時代の渡海の証拠とされてきた長者ヶ平遺跡の“ナイフ形石器”も検証し、石刄素材ではなく、その他の特徴からも積極的に旧石器時代の資料とすることは困難であり、渡航技術の根拠とするには無理があるとした。
 岡村はこうまとめる。
“「旧石器遺跡捏造事件」の関係者である筆者らは、当時「石器と偽石器」、出土層位や出土状態などにも注意を払い吟味しながら、調査研究を進めた。しかし、結果的には捏造を見抜けなかった。自らの不明や研究方法などの不充分さが一つの大きな原因となったと考える。この小論を通じて、今一度資料吟味という考古学における基本の問題が重要であることを再確認し、あわせて厳しい研究姿勢を持ち、研究成果へのいたずらな期待感を捨て、取巻く諸状況から客観的・科学的に独立し、実証的方法を高め、正確に評価・解釈することの重要性を再考した。これらを戒め・教訓として、今後とも研究者としての責任を果していきたい”

 ぜひとも“厳しい研究姿勢”を持って、現役の石器研究者が近年報告した“石器”の検証もしていただきたいと思う。


余談

金木&長木の荘介(1913生)&長助(1919生)の数え年を比べるとちょっと面白かった

金木 1952 杉原(40) 芹沢(34)
長木 1962 杉原(50) 芹沢(44)

40才まではギリギリ引返せる?
サンプル2例だけではね。
一般に暴走は50過ぎてからが多い。
ただ、偶然ではあるが、芹沢の丁度30年前にも、
40代半ばの東北大学教授が礫を石器と言出して周囲を困らせたことがあった。



金木がな 遺跡でないが 長木がな 遺跡でないかな しかし遺跡でない 悲し

0085 竹さん !? (1) 早傘 〔2011/10/12-22:17〕〔114.20.40.223〕
              根_0085 引用して返信 引用無し返信 
 今年3月に出された国学院大学考古学資料館紀要第27輯には、興味深い論文が掲載されている。
  竹岡俊樹「日本の旧石器時代研究史」pp.1-34
  角張淳一「竹佐中原遺跡の検討 -竹佐中原遺跡は旧石器時代遺跡か-」pp.35-46
の2本である。この組合せは、研究史の批判的記載と、研究史の反省を踏まえた実践例としてセットとして読むべきだろう。
 竹岡論文は2章に分れる。第1章「型式学と文化の変遷の論理」は、主に後期旧石器時代を対象とした研究をその研究方法に着目して検討する。主な研究者として、芹沢長介、山内清男、杉原荘介、戸沢充則、安蒜政雄、稲田孝司、鈴木次郎、佐藤宏之が俎上にあげられる。
 ところで、国学院紀要とほぼ同時に竹岡の著書『旧石器時代人の歴史』(2011.4 講談社選書メチエ495)が公刊された。
この本の第2章「岩宿遺跡の発掘から前期旧石器時代遺跡捏造事件へ」は、紀要論文とほぼおなじ内容である。同章第1節「文化の捉え方と文化の発展の論理の研究史」が紀要論文第1章に対応する。内容を簡潔に表現した設題となっている。文章の大半は一致するが、紀要論文を要約したり一般向けに書換えたところもあり、さらに、割愛した項目もある。上記の研究者でいうと山内清男と佐藤宏之である。一方、節の末尾に総括的な項目を付け加えている。
 竹岡自身による総括をさらに要約すると、現在の日本の旧石器文化の石器研究の中核的思考は
  1)特定の形態の石器は特定の機能と結びつく
  2)旧石器時代を通じて、環境に適応するように石器は進化した
  3)同時期の同一地域は一つの石器文化で占有される
という考えだという。それらすべてを再検討すべきと竹岡は主張する。
 紀要論文の第2章「前期旧石器時代研究の歴史」は、単行本でも同名で収録される。
 内容(文章)もほぼ一致する。
 「第一期 前史」として、不二山・権現山、金木、丹生にふれ、第二期が芹沢の珪岩製旧石器、第三期が岡村の斜軸尖頭器、第四期が藤村新一の発見、第五期が破綻である。粗筋はここの読者なら想像できる程度であるから、紹介しない。楽しめるところは、紀要論文にない次の一文が、単行本に見出されることである(小鹿坂“遺跡”を巡る反応にふれた p.71)
 “柱穴や埋納遺構内の石器の数から、原人段階から七・五・三という聖数の観念が存在し、それが「文化遺伝子」として縄文時代を経て現代日本人にまで受け継がれたという説まで登場した”
 私がこの板で幾度も言及してきた、“日本原人”をめぐる愚かさの極致ともいえる言説ね。紀要にも書けばいいのに(まさか削除されたわけではないよね?)
 このほか、単行本p.74の、捏造発覚後に研究者達は「だまされた」といい、特別委員会は政治的に決着し、複数犯説が飛交ったと、いう3つの段落も紀要論文には無い。
 竹岡は同章のまとめに、学生時代に友人と“珪岩製旧石器遺跡”から採集した資料の実測図を載せる。石はまったく剥離痕をもたないものから一個もつもの、複数持つもの、石器に見えるものまで連続的に並ぶ。“しかし70年代前半、この観察結果は論文として公表することはできなかった”という。どうして?
 竹岡の体験談は単行本の岩宿の発見の項にも記されている(p.38)。紀要論文ではふれなかった杉原と相沢の確執へふれたあと、学生時代の竹岡が相沢宅を訪れ歓待された後、明大生であることを答えると顔をこわばらせ「利用されるなよ」と吐き捨てられたこと、卒業前に杉原にこのことを話すと「何もないよ」と笑ったことも紹介されている。
 トリビアルな突っ込みどころはあるが、日本における旧石器時代の石器(以下「日本旧石器」と略す)の研究史としてすぐれた要約であると、感服するものであった。

 単行本の他の章もみよう。
 第1章「私たちは何者か―人類の“進化”と人間の成立」は、石器製作が人類進化の原動力になったという、石器中心思考。左右脳の分化や利腕を持つ進化も石器づくりのためだそうである。およそ非科学的。早い話がトンデモ。あれまあ。
 第3章「石器研究の方法」はフランス留学での体験を紹介しながら、持論とする石器研究法と日本旧石器の分類を概説。過去の著述のエッセンスといえる。たとえ話を用いて、既存の日本旧石器分類は恣意的な無意味なもののように印象づけるが、竹岡が呈示する分類は、既存の分類と大差ない。問題は、「ナイフ形石器」という多義的な語の、竹岡の用法に一貫性がないことだ。p107〜111の“石器の名称”では、「東山型ナイフ」「杉久保型ナイフ」の語を用いずに「基部加工石刄」「先端・基部加工石刄」に含めている。しかし、同書の次章、あるいは同じ章のp100では「東山系ナイフ」「杉久保系ナイフ」の語を用いる。竹岡の説明(p108)では“「ナイフ形石器」という用語は素材の刃部を残し、加工が急角度であるという共通点をもつ石器の総称である”と、過去の概説書によく見かけた定義をする。このよう定義が概念の混乱を産んだことは周知であろう。竹岡が意識しているはずの一般読者であれば、「台形石器」のうち急角度調整によるもの、「基部加工剥片」、「掻器」などがナイフ形石器に含まれない理由はわからないだろう。もちろん、竹岡自身は「ナイフ形石器」という概念は本来不要と思っていることだろが、そうであっても、実態としてどのような石器を指してきたかを分析して、より明解な記述をするべきであったし、竹岡自身がある種の石器をナイフ形石器と呼ぶかどうかは一貫すべきだろう。
 また、“ナイフ形石器”の前に付ける限定辞を“○○系”(茂呂系,国府系,e.t.c)とする。これは、個別の文化を特徴付ける固有名詞として命名するということなのであるが、次章では、このような命名法を踏まえると驚く記述もある。

0086 竹さん !? (2) 早傘 〔2011/10/12-22:17〕〔114.20.40.223〕
        親_0085 根_0085 引用して返信 引用無し返信 
 第4章は、具体的に日本の旧石器文化を検討する。設定される文化は既存の著書と同様である。
 新石刃技法以前(後期旧石器初頭)に、グループA・B・Cを設定する。Aはハンドアックスなどの大形石器主体で台形石器・基部加工剥片・基部加工石刄を持たないもの。BはAグループがもつ石器と局部磨製石斧、台形石器が組合うもの、CはAグループと共通する石器を持たず、台形石器・基部加工剥片・基部加工石刄などと端部加工剥片、局部磨製石斧が組合うものである。
 竹岡は、グループAが前期旧石器時代の伝統を引く集団、Cが大陸から渡来した新たな集団、BはAの人々がCの石器を取入れたものとした。竹岡がAとする石器群をもつ遺跡は金取、富山、上屋地、平林、石子原、加生沢、国分台、早水台、福井洞穴、丹生、後牟田、沈目である。当然、神の手遺跡や偽石器資料は含んでいないが、その古さについて層位的または理化学的な根拠が弱い遺跡が多いことに目が引かれる。岡村の「斜軸尖頭器」遺跡と共通するものも目立つ。時期限定的な定型的な石器を持たず、遺跡ごとの違いが大きい。定型的な石器を持たない何となく古そうな粗雑な感じの石器群を列島最古の時期の一群とする思考は、藤村以前に伝統的なものである。列島の石器文化の始りは大陸からの渡来によるほか無い以上、初めから定型的な石器を保持していてしかるべきなのに、なぜか、日本の旧石器研究者は最古の段階に素朴な石器群を置きたがる(註)。竹岡もその伝統の継承者なのである。大規模な調査が行われた南関東のグループBのような姿を基本とすれば、グループAのうち後期旧石器前葉のものとグループCは、Bグループの石器セットの一部が発見されたとみなすことが可能だろう。
  *註 X層研究会での研究成果により、確認できる最古の石器群は、すでに定型的な台形石器や基部加工石器を持っていたと主張する諏訪間すら、昨年刊行された講座本では定型石器が無い第I段階を独立させる旧来の案を再説しており、理解に苦しむ。

 竹岡は次に新石刃技法をもつ3つの石器文化を設定する。「東山系文化」「杉久保系文化」「茂呂系文化」である。
 “以上三種類の新石刃技法をもつ文化はその分布から、大陸から北経由で本州に渡来したと考えられ、茂呂系ナイフ形石器は大陸(ロシアや朝鮮半島にも分布し、杉久保系ナイフ形石器に類する石器は北海道でも見られる”(p.134)という驚くべき記述をなす。石刄の一側辺を刃部として残す二側縁加工のナイフ形石器の異称としての「茂呂型ナイフ形石器」であれば、どこにあってもよい。しかし、固有の文化としての茂呂系文化の代表的石器としての「茂呂系ナイフ」が大陸に存在するとすれば、茂呂系文化そのものも存在するということである。本当なのだろうか? 重要な用語の使用方法が不適切ではないかと不安を感じるものである。渡来の仮定は自由であるが、学界での存分の検証を経ぬまま一般向けの書籍へ軽々書いてよいこととはいえない。
 後期旧石器時代後半の関東・中部や九州には、多種の剥片剥離技法や指標的石器が見られる。これらを竹岡は複数の石器文化の共存として説明する。共存の根拠として、複数の石器文化が同一層位に石器集中を違えて分布する遺跡の例をあげる。念のためにいうと、竹岡における「石器文化」とは石器製作集団に対応するものであり(杉原荘介の考えに従っている)、一つの集団が複数の「石器文化」を保持することはないし、石器文化の系統は集団の連続性を示すとして、解説する。他の旧石器研究者が時期差や同一時期の多様性とする違いも、竹岡は同時期に併存する異集団の残した文化とする。そして、その集団の違いは、大きくまとめると、後期旧石器時代より前から日本列島に住むホモ・ハイデルベルゲンシス系の種による国府系・類国府系文化と、ホモ・サピエンスの残した新石刄技法をもつ石器文化群とに区別できるとする。
 大胆な仮説であり、かつ、人骨化石が発見されない日本列島では検証不可能といってもよい。しかし、比較的に化石人骨に恵まれる西ユーラシアですら、石器文化と種の関係は明晰でないことがしられている。
 竹岡によれば列島内では石器文化が、他の石器文化との接触により変容や模倣をすることはあっても「発展」することはないという。新たな石器製作技術による「古石刃技法」も「新石刄技法」も「細石刃」も「大形尖頭器」も大陸から渡来したのであるという。
 このような文化系統観は、随分とアナクロに見える。縄紋土器研究では、戦前に盛んで、戦後も江坂輝彌氏により宣伝されたが表面的には衰微した考えである(八幡一郎や江坂輝彌等は、単なる起源論ではなく、縄紋時代の間に大陸から繰返し新たな土器文化が流入したと考えた。「○○系土器群」という語法はそのような縄紋文化観に発することを意識せずに使う研究者も多い)。
 他の旧石器研究者による、日本各地の旧石器文化の編年と変遷の説明が十分実証的かはこころもとないが、複雑な実態の解明への努力は見ることができる。それと比すれば竹岡の説明は安易に見える。
 第5章の遺跡についての解釈も同様(あるいはそれ以下)である。環状ブロック群が「環状集落」だというような見解には首をかしげる点では竹岡に同意できるが、これが石器製作集団による土地占有を目的とした呪的行為だという解釈には唖然とする。竹岡自身がいうとおり、過去の人間集団の思考を復元することは困難である。それなのに容易に説明できないような現象を呪的行為とするのは禁じ手である。そもそも、発掘調査された遺跡から得られる情報は不完全な断片である。それを踏まえた解釈への禁欲が感じられない。
 石器観察者としての竹岡が高く評価されることは間違いない。
 それに反して、石器文化史や遺跡の解釈者としての竹岡は、前時代的な、実証性の無い思い込みを一般向けの書籍でばらまく無責任な学者にすぎない。神の手と共に舞った貴顕たちとは遠くて近い。

0087 竹佐 ん? 早傘 〔2011/10/17-20:15〕〔114.20.48.179〕
        親_0086 根_0085 引用して返信 引用無し返信 
 つづいて、角張論文(2011.03「竹佐中原遺跡の検討 -竹佐中原遺跡は旧石器時代遺跡か-」国学院大学考古学資料館紀要, 第27輯, pp.35-46)
の感想に遷る。
 角張自身のまとめを参照しながら論旨を要約すると、

1.竹佐中原遺跡の報告書を検討し、石器群を観察すると、後期旧石器時代初頭ないしそれ以前とする評価には問題がある
2.第1に包含層の年代について、各種理化学分析の結果は不整合で、2次堆積相であるから、層位的に石器群の年代の根拠がえられない。
3.出土石器には、石鏃や、土ズレ痕のある打製石斧、縄文時代以降の形態の局部磨製石斧などを含み、主体となるホルンフェルス製の剥片石器も、技法や形態において、隣接する石子原遺跡の縄文早期(押型文期)の石器と“同じ”ものが多い
4.武蔵野台地最古の鈴木遺跡御幸地点の石器群とは明白に異なる
“以上から竹佐中原遺跡の石器群は、複数の時期を含む縄文文化の石器群であると考えられないであろうか”

 少なからぬ説得力を持つ論文である。
 少なくとも、竹佐中原遺跡の年代の評価は薄弱な根拠に支えられていることが理解できる。
 そもそも、竹佐中原が、大きな話題とならずに調査されたならば、おそらく調査者は、年代が絞り込めない資料として報告したのではないかと想像できる。
 発掘調査当初から喧伝され、報告書でも貫かれている年代観はきわめて政治的なことがわかる。
 かといって、角張の所見が丸々うけいれられるというわけではない。ホルンフェルス製の剥片石器について再検討し、石子原遺跡の早期石器と比較する角張の文章には“同じ”という語が頻出する。どこまでの共通性によってこの語を使うかは微妙なものかもしれないが、素人なりに対比された石器を見比べると、どちらの面から調整剥離をするかや、剥片のどの部位に抉り加工するかなどで違いもある。「共通性が高い」などの抑制的な表現がよかったかと思える。また、角張自身が問題とするように、剥片に自然面の残る頻度が大きく異なる点も、無視できない違いである。このような石器については、研究の蓄積が多いと思えないから、早期と断ずることは難しいだろうが、早期として十分理解できることを示したことが重要である。

 さて、
 石子原遺跡群(と仮称する)は、旧石器文化研究史あるいは日本考古学史の節目となるタイミングで登場する不思議な運命を持ち合せている。
 初めに石子原遺跡が調査されたのは、1972(昭和47)年、中央自動車道建設のためであった。
 時は高度成長期。高速道や新幹線の建設の前触れとして各県に埋蔵文化財調査体制が整えられていった。長野県内の中央道事前発掘は伊那市附近で始った。石子原遺跡で、チャート(珪岩)製の石器のような資料が出土した。ローム層のような地層を調査すると、同様の資料がまとまって出土した。時は、芹沢長介の「珪岩製旧石器」の認否論争のまっただ中。芹沢の弟子の岡村が派遣され整理・報告を担った。この報告で岡村は各種の珪岩製石器を認定しつつ、「斜軸尖頭器」路線への転換を図っていくのである。
 そして、捏造発覚大騒動の渦中に、三遠南信自動車道のための発掘調査で竹佐中原遺跡に当る。
 このことは、日本列島に於ける前期旧石器時代の維持が国家的プロジェクトに組込まれていることを証明している :-p
 ちなみに、「捏造問題連絡船」開設は竹佐中原公式発表の1週間前である。これも偶然ではない :-p

 つまらぬ冗談はさておき、角張氏の次の作業は石子原の検証であろうと予測(要望)する。

参考
角張氏掲示板「新考古学意見板」
http://rara.jp/sinsiten/page57.html
http://rara.jp/sinsiten/page58.html
http://rara.jp/sinsiten/page60.html

0088 RE:竹佐 ん? 角張淳一 〔2011/10/20-23:49〕〔60.62.252.159〕
        親_0087 根_0085 引用して返信 引用無し返信 
 早傘さま:
 
 拙論を精読し評論していただき、心より御礼を申し上げます。

 次の課題は石子原遺跡の検証との重い課題をいただきました。本当は、石子原のみならず他の「前期旧石器」の検証も必要なのだと痛感しております。
 どこまでわたくしの力が及ぶことであるのか、いさささか心許ないところでもありますが、今後の課題として心に深く刻んでおきたい所存です。

 まずは御礼まで。
                           角張淳一

0059 旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/06/24-20:12〕〔114.20.28.215〕
              根_0059 引用して返信 引用無し返信 
1年前からの宿題であった、
  角張淳一,2010.05,『旧石器捏造事件の研究』,鳥影社
の感想をまとめる(まとまらない)

当該書は、もともと2007年に刊行される予定であったが、その直前に出版社が経営破綻し、捏造発覚10周年の年にようやく、日の目を見ることとなった、不遇なる本である。
http://xwin2.typepad.jp/xwin2weblog/2010/06/kyusekki_battles.html

5章13節1資料付録に分れ、うち半分は検証の進行過程の折々に記述されたもの、残りが書籍にまとめるために書下ろされたものである。
再録にあたって手直しはされたであろうが、体系的に書下ろされたものではないため、不統一の感もある。第1〜3章および巻末資料は、結局は同じテーマの論考であるのだから、発表順に配列した方が、著者の思考の変化に沿って、読者も一体感を持って読めたかもしれない。

本書の柱は2本ある
第一は、竹岡俊樹の『石器研究法』に準じた石器の記述の客観化・体系化こそが、石器研究の基礎たるべきという主張である。
一方で、大学卒業後別の仕事に就いていた著者が、考古学を続けることができた背景に、藤村氏の励ましもあったというような因縁を連ねながら、運命に導かれるが如く著者は神の手事件の全貌解明を目指す役割に就き進めた検証を記録結果を記している。

著者がネット上で批判文を公表するまでの経緯、検証委員会の奇怪な振舞など、著者にしか書けない内容に満ちている

著者は、2002年3月に、いわゆる第1次関係者の一部が、より積極的に捏造行為に荷担していると考えるに至った。
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune2.log&keyno=0443

初期の捏造利用石器は、当時の「前期旧石器」研究の理解なしには選択不能だとする。
藤村氏が石器について深い理解をもたないというのは(著者も含め)彼を知る誰もが言うことである。
この2要件からは、単なる外形ではなく剥離も含めた特徴で石器を分類できる誰かが協力したと著者は結論した

これは少なからぬ蓋然性を持つ指摘である。著者は、初期の捏造遺跡が岡村仮説を実証することになったと指摘し、また、発見当初は岡村仮説に合致する年代をあたえられていたが、のちに地質学的により新しい年代をあたえられた座散乱木15層の石器群について、岡村が今後はこのような石器群は同年代の地層からは発見されないであろうと“予言”したことを指摘し、岡村の関与を強く示唆する。後者については確かに不可思議なことであるが、岡村仮説に沿った捏造は、必ずしも岡村自身の関与を特定できるとは言い難い。当時、東北大の若手研究者は「珪岩製石器」よりも岡村仮説に沿うてこそ前期旧石器を“証明”できると考えたであろうから。

初期の捏造に関して未解決の重要な問題が「座散乱木の使用痕」問題である。著者が指摘する座散乱木8層の石器群とメーア遺跡の石器群の類似性については評者の評価能力を超えるが(対比された図を見るとたしかによく似たものが多いが)、典型的な使用痕光沢が各種揃い、かつ明瞭に石器集中ごとに分布を分けるなどという異常性は、看過できない。しかしながら、「検証委員会」もそれ以後も、使用痕研究者による、座散乱木8層石器の検証は行われたことがない。それどころか、2003年2月8-9日に開催された石器使用痕研究会では、使用痕研究者ではない五十嵐彰氏のみが座散乱木問題を論じ、しかも使用痕の解釈の妥当性を論じたのみで、
http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2005-09-07
http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2005-09-08
検出状況の異常性については偶然あつかいで済ませてしまったのである(ブログではこの点への言及無し)。、
座散乱木問題についての全容解明・処分・再発防止の3点セットが揃わなければ、石器使用痕研究に公費を投じてはならないと文科省は指導すべきだろう(*タイミングが悪くて弱っているのですが、特定個人への批判ではありません)

七曲の謎
栃木県那須町七曲遺跡をめぐる経緯が p77-84, pp.205-212にまとめられている。
1989年の断面調査の際の不思議な出来事のみならず、2000年の発掘調査前後の第1次関係者の不可思議な言動、
「検証委員会」の奇怪なふるまいなど、神の手事件の問題が凝縮されている感もある。
著者は、第1次関係者が直接的に捏造に関与している可能性を指摘する材料として七曲の事例を紹介している

さりながら、逆に第1次関係者が“知らなかった”という状況証拠になるかもしれないのが発掘をめぐる経緯である
捏造発覚以前の2000年4月に、断面調査地の隣接地を調査する際、第1次関係者が協力しなかったことが紹介されている。
その結果、1片の石器すら出土しなかった。これは事実上検証発掘をしたも同然で、このことが広く知られれば、潜在的に広がっていた疑惑の声に火を着けることとなったであろう。“知っていれば”そのような事態を避けるため、調査に参加しそうなものである。

この方向で考えるならば「第1次関係者」は白い

しかし、逆方向にもひとつの可能性を思いついてしまった。
2000年1月(?だったはず)に、読売新聞で竹岡氏と馬場氏の対談が載せられた。直接的ではないが、「神の手遺跡」の真相解明を志向するように伺わせるものであった。潜在的な疑惑が広まっていることを第1次関係者が認識していた場合、七曲遺跡の発掘計画をトラップと疑った可能性もあるのではないか? 「検証」における戸田氏の排除の仕方は、発覚以前から動いていた人々に対する態度と共通する。すなわち、旧石器ムラのムラビトから、戸田氏はそのように見られていたのかもしれない。

しかし、とまた逆接が続く。そのような慎重さを仮定してしまうと、2000年のその他の遺跡でのふるまいはあまりに楽観的すぎるのですよね。
遠征中はまだしも、なぜ「お膝元」で早朝に作業をせねばならなかったのかという根本の疑問が発生してしまう。

ということで評者は、神の手事件共犯説にも、踏みこみきれない。一方、多数の共犯を示唆するにいたった著者は、さらに神の手事件以前に検証を広げていく。それについての感想はまた後日

この記事のタイトルになぜ不自然なスペースが挟まっているか.
わかるひとがわかればそれでよい

0060 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 伊皿木 〔2011/06/26-18:00〕〔122.219.49.2〕
        親_0059 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
座散乱木8層再訪
1.意図説:実行犯ないしは実行犯たちが意図的に異なる使用痕跡が残された石器を意図的に集中部ごとに違えて埋め込んだ。実行犯自ら異なる対象物に対して反復動作を実践して異なる使用痕跡を生じさせようが、ある者が高度な顕微鏡観察によって異なる使用痕跡を識別し、その結果に基づいて他の者がそれぞれを異なる集中部に埋め込もうとどちらでも構わない。
2.非意図(恣意)説:採集した様々な痕跡が記された様々な石器を意識することなく集中部を形成するように埋め込んだ。それを別の研究者が顕微鏡で観察し、使用痕跡を読み取り同定する過程において、恣意的な解釈、資-試料対比がなされ、さらに集中部の恣意的な区分もあいまって、結果的に対象使用物による集中部ごとの顕著な偏りが作り出された。
後者の立場にたって論を提出してから8年もの月日が経過した訳です。

0061 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/06/30-21:46〕〔114.20.41.171〕
        親_0060 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
[59]のつづきの前に、使用痕について補足

伊皿木さん、
[意図説]に、実物の石器には報告された使用痕が付いていない場合も加えてください


使用痕問題について、角張本で知った意外な経緯がある。

著者は、日本考古学協会の特別委員会に自薦で入った(注)。型式学的検証を守備範囲とし、検証報告書でも縄紋石器や後期旧石器との比較・同定を行っている第4部会に属したにもかかわらず、部会長の松藤和人から“「使用痕研究だけを方法として馬場壇A遺跡の捏造を検証せよ」と現状の方法では到底不可能と思われる無理解な回答を受け”たという(p.24)。

検証委員会の流れからすると、これは2001年の末か2002年の早い内のことと推定できる。

それからおよそ半年後(2002/07/09)に、
池谷勝典氏により「座散乱木遺跡8層出土石器への使用痕からの問題提起」が
“考古学の新視点掲示版”へ投稿された。使用痕の検証は、“第1次関係者”が「迂闊でした」ではすまされない大きな問題が見えてきた。

もちろん、松藤氏が使用痕の問題に気付いて角張氏にその検証を依頼したとは思えない。
そもそも、使用痕を検証するならばそれは第1部会の役割である。
神の手事件の本質は型式学の不在にあると憂え、第4部会に入った角張氏を型式学的検証からはずそうとする悪巧み以外の評価はできない。

なんとも皮肉ななりゆきであった。

さて、上掲の掲示板からは、池谷氏と私の初期のやりとりのみが当該書に引用されている。
そのあとには、インターバルを挟みながら、トラ氏、アームチェア氏、五十嵐彰氏なども参入して意見交換があった。

掲示板のログは公開されていないので自分の発言の一部だけ示しておく

-----------------------
Re:問題「遺跡」の「使用痕」分析の「分析」の問題
投稿者---早傘(2003/06/06 19:16:52) ntsitm054110.sitm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp

…(略)…

使用痕分析の批判的検討に際しては
a 資料表面の様々な痕跡から「使用痕」を認定する段階
b 使用痕を記述して分類する段階
c abに基づいて分類された使用痕から個別石器・石器群について解釈する段階
の3つの段階のいずれを問題にしているかを識別する必要がある

先の使用痕研究会での五十嵐氏の発表はcが誤っているという趣旨のものであり、それを読んだ角張氏は五十嵐氏の論旨をabの信頼性への疑義と理解されたようだ。それゆえに咬み合わない会話になっていると思う。

私がこの掲示板で書いた意見は、座散乱木の資料についてcには問題が無く、abも問題が無いならば資料そのものが異常だとみなさざるをえないというもの。使用痕研の懇親会で五十嵐氏に述べた意見は、cには大きな問題は認められない、問題はabかもしれないしさもなければ..というもの。懇親会で御意見を聞く機会のあったどなたもが、座散乱木の使用痕を再観察する必要は認めておられたかと思います。

…(中略)…

座散乱木の使用痕分析においてcには大きな問題は無い。むしろそれについての五十嵐氏の再検討こそ、論者が得たい(あらかじめ用意した)結論に向けた、強引な解釈に満ちている。悪しき解釈の実例を身を以て示されたものであろう。
------------------------

補足しておくと、通常の研究に対してであれば、c、すなわち解釈の恣意性は大いに問題である。しかし、aあるいはそれ以前の段階に通常の研究とは異なる深刻な問題が指摘されている座散乱木使用痕問題について、その本質がcであるかのような強引な発表に、ムラの身内のかばい合いを感じての投稿であった。

注) 日本考古学協会の特別委員会規定(1971年制定)では、わずか4条の規定のうち第2条で「特別委員会の構成員は、原則として公募制とする。」と規定している。制定時期からしても、この条文は一部の協会員による恣意的な人選を禁ずるもののはずであるが、実際の特別委員会は、自薦者を不正規な存在と扱ったと、複数の自薦委員から耳にしている。

0062 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 伊皿木 〔2011/06/30-23:28〕〔122.219.49.2〕
        親_0061 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
立場性の分かれ目は、「典型的な使用痕光沢が各種揃い、かつ明瞭に石器集中ごとに分布を分けるなどという異常性」に対する評価にあると思われます。
8年前の私の結論は、以下の2点でした。
「第1は、IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくかということである。特に単一石器に内容が異なる複数のIUZ(複数IUZ)が推定された場合である。第2は、光沢面タイプと推定被加工物を結び付ける信頼性に対する評価の問題である。」(五十嵐2003:29.)
こうした論点に立った「非意図(恣意)説」が、「強引な解釈」であり、「強引な発表」であると否定されるのなら、答えは「意図説」しかない、という至極簡単でかつ明瞭な結論にならざるを得ないように思われます。それはそれで結構なことかと思います。

0063 RE:現時点で五十嵐さんとの意見の違いは大きくないが 早傘 〔2011/07/01-20:39〕〔114.20.38.120〕
        親_0062 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
「第1は、IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくかということである。特に単一石器に内容が異なる複数のIUZ(複数IUZ)が推定された場合である。第2は、光沢面タイプと推定被加工物を結び付ける信頼性に対する評価の問題である。」(五十嵐2003, p29)

「非意図(恣意)説:採集した様々な痕跡が記された様々な石器を意識することなく集中部を形成するように埋め込んだ。それを別の研究者が顕微鏡で観察し、使用痕跡を読み取り同定する過程において、恣意的な解釈、資-試料対比がなされ、さらに集中部の恣意的な区分もあいまって、結果的に対象使用物による集中部ごとの顕著な偏りが作り出された。」(五十嵐2011/06/26-18:00)


この2つは、座散乱木の使用痕分析のどの段階を問題とするかという点でまるで違う。前者は使用痕の認定・同定を問題とせず、それ以後の解釈に焦点を絞っている。後者は認定・同定段階の恣意性が主問題としている。五十嵐氏は、“考古学の新視点掲示板”ですでに後者に意見をすり替えている。はじめからそのような発表であったらば、私は「使用痕研究会の発表」を問題視し続けはしない。

上記掲示板では、池谷氏が2002年に問題提起した直後に中村由克氏が登場し、座散乱木8層の石器は摩耗度が高いことをコメントしている

摩耗が進んだ石器に、典型的な使用痕がきわめて高い頻度で検出されたこと
それが問題視されていたのに、それを論ずるのがタブーであるかのように解釈の問題に終始した。

肝心の使用痕の専門家達は捏造石器の使用痕からは逃避した。五十嵐さんが意図したものであれ、意図せざることであれ、結果としてその逃避を正当化する役回りになったのです。

0065 RE:現時点で五十嵐さんとの意見の違いは大きくないが 伊皿木 〔2011/07/01-22:31〕〔122.219.49.2〕
        親_0063 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
「IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくか」とは、例えば些細なことですが、#1ナイフ形石器のIUZは、「木質のもの」「水づけの角もしくは木」とされたのに、それが結果的には「角か木」あるいは「木」「角・骨」と表現されたことの妥当性に関する問題提起を意味します。すなわち「もしくは(or)」という当初の解釈が、結果的に異なる組み合わせの「・(and)」に置き換えられていることの是非を問うたわけです。関連して同一刃部に異なるIUZが存在した場合には、その被加工物表記はいったいどのようになるのかという点についても素朴な疑問を呈しました。しかし本件に関する回答は、寡聞にして未だにご教示いただいておりません。こうした問題は、「使用痕の認定・同定」に関わる本質的な問題、「認定・同定段階の恣意性」に直接関わる問題ではないのでしょうか。

「光沢面タイプと推定被加工物を結び付ける信頼性に対する評価の問題」については、引き続く文章においてブラインド・テストの正答率について言及し、「実験研究について「意味付与のプロセス」と位置付ける研究枠組み(資-試料の対比)を認識しつつ…」と述べたように、まさに「恣意的な解釈、資-試料対比」に内在する問題を提示したわけです。

こうした問題提起が「使用痕の専門家達」の「逃避を正当化」したとされるような解釈は、私から見ればいささか「強引」、というより「的外れ」と思われて仕方ありません。
こんなことで「逃避」が「正当化」されていいのでしょうか。

しかし、問題提起から8年後になってようやく「座散乱木8層上面石器群が問いかけるもの」に関して、このように意見が交わされ、それぞれの認識が深まったということは(少なくとも私にとっては)、大変喜ばしいことと考えています。是非とも「使用痕の専門家達」には、正面から問題提起を受け止めていただきたいと願っています。

0066 RE:違いすぎる 早傘 〔2011/07/07-07:24〕〔124.211.1.249〕
        親_0065 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
例示はいずれも、五十嵐氏が、認定・同定プロセスの問題ではなく、
解釈過程の些末な問題に終始した根拠となるばかり。
これほどまでに厚顔な“反論”もめずらしい

そもそも、シンポ資料集でも、ブログでも、自ら“石器に認められた光沢面タイプから被加工物を推定する過程(プロセスD)に関してのみに限定した作業”と述べている。

認定・同定プロセスと解釈プロセスの区分は一致しているのだから言葉の定義の問題ですらない。
燃料棒は破損したがメルトダウンでないというような話ですらない。

そして、解釈レベルの問題としても使用痕研究者にとって痛くもかゆくもない批判。

そもそも五十嵐氏が解釈の見直し作業で注力したことは、石器集中の境界線を変更したり、対象別統計を石器単位からIUZ単位にすることで、少しばかり、推定対象物分布のかたよりが原報告よりも弱まるといもの。

あたかも、使わないときはパソコンのコンセントを抜くとか、サマーシフトだのと、まったく本質に影響しない努力だけで、節電対策をしたと胸を張るようなものだ。

なんなんだろう?


本来座散乱木使用痕問題を出した主目的は五十嵐氏の批判ではない。

ここからは、シンポ直後に書こうと思いつつもあまりことに、文章にまとめ発表する気力が湧かなかったことを書く。

2003年シンポでは、座散乱木使用痕問題を提起した池谷氏も、梶原氏とともに日本の使用痕光沢研究を開発した阿子島氏も、概説書で座散乱木の成果を謳った沢田氏も、東北大とは離れた位置で検証できるはずの主宰者御堂島氏も、いずれも毒にも薬にもならない発表でお茶を濁した。

この4人こそ、名指しで非難するに値する対象といえる。
それに比べれば、的はずれであっても座散乱木問題を論じ、また、補注で捏造発覚以前の不明を詫びた五十嵐氏は良心的である。

五十嵐氏であれば上のような発表しかできないであろうと見越して、発表を依頼したのであれば、主催者たちは実に狡猾といえる。

なぜならば、「座散乱木問題について誰もふれなかった」というあまりにも不自然な事態は避けられ、かつ、使用痕研究と離れた位置の人間が、悪質な問題が無いと評価してくれるという、理想どおりの展開となったのだから。

捏造直後の会津シンポで主催者が狙って成就し損ねたこと(*1)が、成功したのである


*1)竹岡氏に富山遺跡の発表をさせて、藤村自白遺跡を除いても前期旧石器はあるという結論を導こうとしたこと。

0067 違いすぎる 伊皿木 〔2011/07/07-20:53〕〔122.219.49.2〕
        親_0066 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
早傘さんは、「IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくかということ」を「使用痕の認定・同定プロセスの問題」ではないと考えておられるようですが、私は「使用痕の認定・同定プロセスの問題」であり、考古痕跡から推論モデルに基づき、考古行動を推定するプロセスDに関わる本質的な問題だと考えています。しかしこうした意見の相違は、ものの見方、考え方の違いに起因するもので、そのことをもって、私は早傘さんを「厚顔」だとは考えません。しかしこのような表現は、「人格的誹謗・中傷」(「掲示板の利用にあたっての注意」)に当たらないのでしょうか。そしてここで早傘さんが示されたことは、本当に「論理的な批判」といえるのでしょうか。「強引な解釈に満ちている。悪しき解釈の実例を身を以て示された」とまで言われたわけですから、最低でも5・6例の、出来れば10例前後の「論理的な批判」をお願いしたいと思います。それでなければ、「根拠なき非難主張」と言われても仕方がないと思います。それともこうした「ルール」は、掲示板の管理人当人には適用されないのでしょうか。善処をお願いいたします。

0068 無駄な時間を使わされた(1) 早傘 〔2011/07/10-12:23〕〔125.29.45.62〕
        親_0067 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
新参者のために資料を呈示しながら

=================================================================================
【考古学の新視点】(角張掲示板)

No.339 座散乱木遺跡8層出土石器への使用痕からの問題提起  池谷勝典(2002/07/09)

…(略)…同じ使用痕光沢をもつ石器の分布が偏ってみられるのはなぜか?…(略)…後期旧石器に明瞭な使用痕が観察できるか…(略)…

--------------------------------------------------------------------------------
No.344 Re:座散乱木遺跡8層出土石器への使用痕からの問題提起 池谷勝典(2002/07/11)

…(略)…座散乱木遺跡8層上面の石器では、44点中31点に使用痕光沢が観察されています。これは、実に70%におよぶ高い観察率です。この点からも異常さを感じます…(略)…

#################################################################
#“使用痕光沢”の検出率と“使用痕光沢”の偏りが問題にされている #
#################################################################

=================================================================================
“2002年の夏ごろ「石器使用痕研究会」から03年2月に「旧石器文化と石器使用痕研究」と題してシンポジウムをやるので発表しないかとのお誘いを受けた”
 http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2005-09-07

###########################################################
#「お誘い」が契機で池谷氏が検討をしたのか、その逆なのか? #
# 池谷氏に発表テーマの「指示」や「禁止」があったのか?  #
###########################################################

=================================================================================
五十嵐彰「座散乱木8層上面石器群が問いかけるもの」『旧石器文化と石器使用痕研究 第8回石器使用痕研究会発表要旨集』(2003/2/8発行)

“「第2・第3遺物集中地点」の解釈…(略)…使用廃棄…(略)…と使用域…(略)…という2つの解釈…(略)…空間分布の解釈”(p25)
“被加工物が推定された…(略)…被加工物が推定された…(略)…光沢タイプが同定された”(p26)
“検鏡による光沢の確認から最終的な被加工物の推定…(略)…第1段階:顕微鏡によって光沢タイプを読取る…(略)…対応する光沢タイプが記述され…(略)…第2段階:光沢タイプ複合から被加工物を推定…(略)…第4段階:被加工物類型を「IUZ単位」から「統合IUZ単位」とする(p27)
“プロセスA:実験行動(1)によって生じる実験痕跡(2)を明らかにする…(略)…プロセスB:…(略)…実験痕跡(2)から実験行動(1)を推定する…(略)…プロセスC:実験痕跡(2)と考古痕跡(3)を比較し、考古痕跡を同定する…(略)…プロセスD:考古痕跡(3)から…(略)…考古行動(4)を推定する…(略)…

#################################################################################
# 光沢を「確認」→光沢タイプを「同定(記述)」→被加工物を「推定」→分布を「解釈」#
#################################################################################
=================================================================================

【考古学の新視点】(角張掲示板)

No.774 座散乱木8層上面    五十嵐彰(2003/05/31)

「なお、座散乱木遺跡の使用痕分析については、五十嵐彰は…(略)…期待していた事実があったため、偶然に生じた痕跡を誤認し、見えないモノを見た分析である、と批判する。」(角張淳一2003「捏造事件の構造」『アルカ研究論集』第1号:13頁

 私の主意は、当時の使用痕跡研究の分析レベルは、脂肪酸分析と同じ程度のレベルであった、ということに過ぎません。
 すなわち、「ススキの枯れ尾花を何かと見間違えた」ということです。…(略)…

##############################################################################
# 脂肪酸分析は、脂肪酸の「確認・同定」よりも被加工物の「推定」に問題があった #
# 角張がまとめた要旨への異議であることからも推定以降の問題といいたいのだろう #
##############################################################################

--------------------------------------------------------------------------------
No.776 Re:座散乱木8層上面    角張淳一(2003/05/31)

…(略)… 私もそう書いたつもりですが、通じませんでしたか…(略)…

--------------------------------------------------------------------------------
No.787 Re:問題「遺跡」の「使用痕」分析の「分析」の問題 早傘(2003/06/06)

…(略)…使用痕分析の批判的検討に際しては

a 資料表面の様々な痕跡から「使用痕」を認定する段階
b 使用痕を記述して分類する段階
c abに基づいて分類された使用痕から個別石器・石器群について解釈する段階

の3つの段階のいずれを問題にしているかを識別する必要がある

先の使用痕研究会での五十嵐氏の発表はcが誤っているという趣旨のものであり、それを読んだ角張氏は五十嵐氏の論旨をabの信頼性への疑義と理解されたようだ。それゆえに咬み合わない会話になっていると思う。

私がこの掲示板で書いた意見は、座散乱木の資料についてcには問題が無く、abも問題が無いならば資料そのものが異常だとみなさざるをえないというもの。使用痕研の懇親会で五十嵐氏に述べた意見は、cには大きな問題は認められない、問題はabかもしれないしさもなければ..というもの…(略)…

abに問題がなければと繰り返してきたのも、上に紹介した岩宿Dの観察結果を企画展当時見て以来、使用痕認定の客観性について疑念を抱いているからです。

座散乱木の使用痕分析においてcには大きな問題は無い。むしろそれについての五十嵐氏の再検討こそ、論者が得たい(あらかじめ用意した)結論に向けた、強引な解釈に満ちている。悪しき解釈の実例を身を以て示されたものであろう。

####################################################################
# 五十嵐氏の用語体系との対応は明確。どの段階に問題があるかは不一致 #
####################################################################

--------------------------------------------------------------------------------
No.789 Re:捏造事件をどう理解するか   難波紘二(2003/06/06)

…(略)…私は使用痕分析などかなりいいかげんなもので、梶原氏が心中に思っていたところが、使用痕のパタンの違いとして出たのであろう、と思っています…(略)…だから「幽霊の正体見たり枯れ尾花」と誰かも揶揄した…(略)…

##################################################################
# 難波氏は認定・同定段階の問題と推定。五十嵐氏とは一致していない #
##################################################################

0069 無駄な時間を使わされた(2) 早傘 〔2011/07/10-12:25〕〔125.29.45.62〕
        親_0068 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
【第2考古学 】伊皿木蟻化(五十嵐彰)ブログ

使用痕跡研究(下) 2005-09-10 http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2005-09-08

…(略)…(1)実験行動によって生じる(2)実験痕跡を明らかにする<プロセスA>、(2)実験痕跡から(1)実験行動を推定する<プロセスB>、(2)実験痕跡と(3)考古痕跡の比較同定する<プロセスC>、(3)考古痕跡から(4)考古行動を推定する<プロセスD>に区分した(五十嵐2003a:図2参照)。
今回「座散乱木8層上面石器群」を検証するにあたり、…(略)…行えた検証作業は公開されている情報に基づいて石器に認められた光沢面タイプから被加工物を推定する過程(プロセスD)に関してのみに限定した作業とならざるを得なかった。…(略)…

回想(総括-3) 2005-11-14 http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2005-11-14
…(略)…懸案の事例(座散乱木8層上面)について、仔細に検討してみたところ、異なる集中部に異なる使用痕跡石器が分布していた、という事象そのものに研究者側のバイアスがかかっていたことが明らかになった(五十嵐2003a)…(略)…未検討であるが、考古資料に残された痕跡を類別して実験試料に残された痕跡と比較同定するという実験使用痕跡研究の中枢過程においても、検証バイアス(我田引水的状況)が発生していた可能性が高いと推測…(略)…

=================================================================================
【考古学のこうじ】

0059 旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/06/24〕

…(略)…典型的な使用痕光沢が各種揃い、かつ明瞭に石器集中ごとに分布を分けるなどという異常性…(略)…五十嵐彰氏のみが…(略)…使用痕の解釈の妥当性を論じたのみで、…(略)…検出状況の異常性については偶然あつかい…(略)…

-----------------------------------------------
0060 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 伊皿木 〔2011/06/26-18:00〕

…(略)…研究者が顕微鏡で観察し、使用痕跡を読み取り同定する過程において、恣意的な解釈、資-試料対比がなされ、さらに集中部の恣意的な区分もあいまって、結果的に対象使用物による集中部ごとの顕著な偏りが作り出された。…(略)…

-----------------------------------------------
0061 RE:旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/06/30〕

…(略)…早傘(2003/06/06…(略)…
a 資料表面の様々な痕跡から「使用痕」を認定する段階
b 使用痕を記述して分類する段階
c abに基づいて分類された使用痕から個別石器・石器群について解釈する段階
の3つの段階のいずれを問題にしているかを識別する必要がある
先の使用痕研究会での五十嵐氏の発表はcが誤っているという趣旨…(略)…

-----------------------------------------------
0063 RE:現時点で五十嵐さんとの意見の違いは大きくないが 早傘 〔2011/07/01〕

…(略)…IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくか
…(略)…顕微鏡で観察し、使用痕跡を読み取り同定する過程において、恣意的な解釈、資-試料対比がなされ、さらに集中部の恣意的な区分もあいまって
…(略)…前者は使用痕の認定・同定を問題とせず、それ以後の解釈に焦点を絞っている。後者は認定・同定段階の恣意性が主問題としている…(略)…

########################################################################
#「認定・同定」が0061のa,bおよび五十嵐のプロセスCに対応することは明確。#
# そしてb段階を五十嵐2003は「同定」と呼ぶ               #
#「解釈」がプロセスD以降に対応することも明確              #
########################################################################
-----------------------------------------------
0065 RE:現時点で五十嵐さんとの意見の違いは大きくないが 伊皿木 〔2011/07/01〕

「IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくか」…(略)…は、「使用痕の認定・同定」に関わる本質的な問題、「認定・同定段階の恣意性」に直接関わる問題…(略)…「光沢面タイプと推定被加工物を結び付ける信頼性に対する評価の問題」については…(略)…「恣意的な解釈、資-試料対比」に内在する問題…(略)…

##########################################################################
# 五十嵐と早傘が用いてきた用語とまるでことなる「認定・同定」の範囲を主張 #
##########################################################################

-----------------------------------------------
0066 RE:違いすぎる 早傘 〔2011/07/07〕

例示はいずれも、五十嵐氏が、認定・同定プロセスの問題ではなく、解釈過程の些末な問題 …(略)…

-----------------------------------------------


池谷氏、角張氏、早傘がいずれも“使用痕光沢”段階(五十嵐のプロセスC)の異常性を問題にし続けていることは彰かである。相手が用いた言葉を(自分の過去の用法とも異なるように)ねじまげて、論点をずらす。これを厚顔と呼ばれた程度で人格批判だとさらなる論点ずらしをする。

なぜ、解釈段階(プロセスD)を問題にしないのか
たとえばの話、使用痕光沢と被加工物は無関係だという見地に立てば、
使用痕光沢から導いた「被加工物分布の偏り」は解消し、「○○加工の場」という解釈は崩壊する。
それであっても「使用痕光沢タイプ」の分布の偏りに変りはないのである

であるから、この件について解釈の問題はどうでもいいと言続けているのであるし、
プロセスDにより幻像が創り出されたと主張する五十嵐(というよりもそんな発表を受入れた人々)を、問題点を隠蔽するのも同然と非難しているのである。

こんな初歩的なことをいちいち説明せねばならないのだろうか?
論理的な読解力がある相手には無用の説明である。
論理的な読解力がない相手であれば論理的な説明は無益である

とはいえ、解釈の問題についてのコメントをせがんでしようがないので、
いかに駄目な分析かを示そう

0070 無駄な時間を使わされた(3) 早傘 〔2011/07/10-12:26〕〔125.29.45.62〕
        親_0069 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
まず、五十嵐氏が異様にこだわるIUZの問題
--------------------------------------------------------------------------------
【考古学の新視点】(角張掲示板)
No.790 Re:問題「遺跡」の「使用痕」分析の「分析」の問題 五十嵐彰(2003/06/06)

…(略)…1個の石器の相応しい箇所を臨機応変に用いて、相応しくなければ相応しいように再加工を施して対処したと考えるほうが、より実態に即している、というのが近年の学界状況と思われます。それ故、この石器は「骨・角の加工」というレベルではなく、この石器のこの部分は「骨・角の加工」だが、この部分は「皮・肉の加工」というのがIUZ(使用刃部)という考え方です。果たして梶原1981、1989は、こうした考え方を十分考慮に入れているのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
上掲はあまりにも見当違いな批判といえる

梶原(1981)では、使用痕を検出した38点中15点に複数の「使用刃部」を見出し、そして光沢(というよりも推定被加工物)ばかりにこだわる五十嵐氏と違い、使用刃部ごとに操作も推定している。同一石器の異なる使用刃部が同種の光沢に同定された場合でも、操作は異なる場合の方が多いのである。梶原氏は、石器器種分類ごとや集中分布ごとの使用痕類型を集計する場合は使用刃部単位で行っている。

そして、本ツリーの0065

「IUZ単位と石器単位の相互関係をどのように考え、どのように表現していくか」とは、例えば些細なことですが、#1ナイフ形石器のIUZは、「木質のもの」「水づけの角もしくは木」とされたのに、それが結果的には「角か木」あるいは「木」「角・骨」と表現されたことの妥当性に関する問題提起を意味します。すなわち「もしくは(or)」という当初の解釈が、結果的に異なる組み合わせの「・(and)」に置き換えられていることの是非を問うたわけです。

これは使用刃部のべ44ヶ所中わずか1ヶ所の使用痕光沢が「D1orB」とされ、被加工物が「水づけの角もしくは木」と推定され、そのような資料が集計において各1と扱われたというに過ぎない。不適当ではあるが、各0.5としたり、他の資料の同定・推定結果の集計に基づき按分するなどしたところで、その後の解釈に影響するようなものでない些末な問題である。そもそもこれは「単一石器に内容が異なる複数のIUZ(複数IUZ)が推定された場合」の問題ではない。


では分布の問題は

引用は五十嵐2003 p28より

“「遺物集中地点」の再区分に基づき…(略)…分布を検討してみよう。”

コメント:梶原の区分も五十嵐の区分も大差ないが、それは問題としない

“「皮・肉加工具の分布」(梶原1986:第7図b)によれば、「第3遺物集中地点」に12点で、「第2遺物集中地点」には1点も存在しない。しかし、使用痕分析の対象となった資料以外も含めた新「第3遺物集中地点」構成資料全体(註3)で考えれば、「皮・肉加工具」とされた石器は、新「第3遺物集中地点」を構成する22点の内の12点(54%)に過ぎない”“註3:被加工物推定資料15点、不明3点、同定不能1点、対象外1点(第1次調査出土資料)、旧「第2遺物集中地点」からの編入資料2点の総計22点”

コメント:“しかし”の前後が論理的なつながりをもたない。被加工物が推定されていないものや観察自体されていないものまで水増ししてもなお54%を占めるのに、“過ぎない”との表現は、分析者の願望が露骨に表れている。また、上記引用部以外でも、梶原の示した分布を図から集計しているが、梶原1981の「表27 被加工物と第2・第3集中地点」が使用刃部単位で集計しており、図から拾い直す意図がわからない

“検討結果から、新「第2遺物集中地点」における被加工物別加工具の構成比率(IUZ単位)は「木の加工具」4/13(31%)、「角・骨加工具」9/13(63%)、新「第3遺物集中地点」における被加工物別加工具の構成比率(IUZ単位)は「皮・肉加工具」18/30(60%)、「角・骨加工具」10/30(33%)となる。”

コメント:五十嵐が固執する#1は新第2集中に属する。新第2集中に帰属する石器から検出された使用刃部は13箇所。推定被加工物は「水づけの角もしくは骨」8箇所、「水づけの角もしくは木」1箇所、「木質のもの」3箇所、「不明」1箇所である(梶原1981表19)。五十嵐は梶原と同様に「水づけの角もしくは木」を「角・骨」と「木」の両方に各1として計えている。“すなわち「もしくは(or)」という当初の解釈が、結果的に異なる組み合わせの「・(and)」に置き換えられている”。そして9/13はもちろん69%である。第2遺物集中における「角・骨」の比率が低くなる方向へのミス。

“こうした検証結果によれば、以下の記述とは、些か趣が異なってくる。/「被加工物についてみると、第2遺物集中地点では角・骨が大部分を占め、その他には木がわずか4例あるにすぎない。第3遺物集中地点では、皮・肉が7割弱、角・骨が2割強で、他に木と稲科植物がある。」(梶原1981:104頁)/「C・2では、角・骨の加工具が大部分を占め、その他に木の加工具がある。皮・肉の加工具は全く見られない。C・3では皮・肉の加工具が約70%、角・骨の加工具が約20%で他に木とイネ科植物の加工具と考えられるものがある。」(梶原1986:39頁)”

コメント:上の引用部に続くパラグラフ。どれほど趣が変るか、五十嵐の集中区分に基づく集計値で書換えてみよう。
「第2遺物集中地点では角・骨が大部分を占め、その他には木が4例ある。第3遺物集中地点では、皮・肉が6割、角・骨が3割強で、他に木と稲科植物がある。」
「C・2では、角・骨の加工具が大部分を占め、その他に木の加工具がある。皮・肉の加工具は全く見られない。C・3では皮・肉の加工具が60%、角・骨の加工具が約30%で他に木とイネ科植物の加工具と考えられるものがある。」
なんの無理もない文章である。


被加工物の分布の偏りは、もちろん、光沢→被加工物変換により生じたものではない。なぜなら梶原(1981)は、個々の使用刃部について単純に、光沢群に対応する可能性が最も高い被加工物に変換しているだけだから。もっと単純に言えば、一対一的変換しかしていないから。光沢分布の偏りに比べた推定被加工物分布の偏りは、変換の手法により、強まる場合も弱まる場合もある。しかし、梶原の変換はその点で中立的なのである。


“異なる集中部に異なる使用痕跡石器が分布していた、という事象そのものに研究者側のバイアスがかかっていたことが明らかになった(五十嵐2003a)”http://2nd-archaeology.blog.so-net.ne.jp/2005-11-14

という断言にはなんらの事実の支えがない。分析前から決めていた結論であろう。
このような出鱈目な分析を

“五十嵐氏の再検討こそ、論者が得たい(あらかじめ用意した)結論に向けた、強引な解釈に満ちている。悪しき解釈の実例を身を以て示されたものであろう。”

とかつて書いた。座散乱木使用痕問題を論じ続けているという1点に免じて、これまで詳細な批判を書かないできたが、無駄な配慮だったと反省している。

0071 御礼 伊皿木 〔2011/07/10-20:04〕〔122.219.49.2〕
        親_0070 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
善処をいただき、心より感謝いたします。早傘さんは「無駄な時間」とされていますが(そしてそのことについてはお詫び申し上げますが)、私は学問研究を進める上でここで示された議論は、決して「無駄」ではないと考えていることをお伝えしたいと思います。
私の言葉が足らずに混乱の原因となっているのは、8年前には考古痕跡から考古行動を推定するプロセスDに限定して使用痕研究者によって示された被加工物の諸段階を検討したわけですが(そしてそれを早傘さんは「解釈」の問題として、問題なしとされたわけですが)、近年は本当にこのプロセスDが「試−資料対比」であるプロセスCと全く独立してなされうるだろうかという思い、すなわちa:認定、b:分類、c:解釈といったそれぞれがある部分において密接にかかわりあいながら、「認定・同定」という営みの全体を構成しているのではないだろうかと感じつつあることがおぼろげながら察知されてきました。私の至らなさで、こうした自らの認識の変化を明確に言語化することなく、混乱の原因を招いてしまったようで、この点はお詫び申し上げたいと思います。
しかしながら、こうした経緯を経ることで、早傘さんから拙論に関する詳細な批判を頂くことができ、使用痕跡研究が抱える問題点が明らかになったことは、繰り返しますが喜ぶべきことだと考えています。ある配慮をもって学問的な批判作業がなされないこと、すなわち論理的な批判を示すことなく「根拠なき非難」が主張されることほど、学問にとって非生産的であることはないと思います。
「座散乱木8層上面石器群が問いかけるもの」を契機とした使用痕跡研究が内包する問題点については(これは8年前の認識と大きく変化していませんが)、研究会の討論の場の最後でも述べましたが(『石器使用痕研究会会報(2004年1月)』第4号:14.)、「認定・分類・解釈」といったそれぞれの段階における信頼度をどのように表現したらよいか、なんらかの手法で表現すべきではないだろうかという点です。こうした点について、関係者が叡智を集めることで、使用痕跡研究はより確かな(正確に言えばどこまで確かなものかを確かにすることができる)研究手法になりうるのではないかと考えます。
そして同会報の最後にも記されているようにそのためには「座散乱木遺跡8層上面の分析については、解釈の過程における分析者の期待する方向への偏向が指摘されている(五十嵐2003)。これらの点の解明には、捏造石器の使用痕を再度検査することが必要と考えられる。」(同:16.)のです。しかし残念ながらこの点に関しては、私の知る限り、いまだに新たな進展は見られないようです。8年前の問題提起でも進展がなかった本件について、今回この掲示板でのこうした議論が契機となって新たな進展があるとすれば、それこそ決して「無駄な時間」ではなかったのではないでしょうか。
繰り返します。ここでの議論が契機となって、実験痕跡研究が新たな進展を見せることを心から願います。

0072 PS 早傘 〔2011/07/12-21:56〕〔125.29.42.39〕
        親_0071 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
 座散乱木8層の石器使用痕認定・同定結果の“美しさ”については、意図的なものか被意図的なものか注意力の異様な不足か、今後の検証を待つとしても、梶原氏の責任は免れない。
 そうであっても、梶原氏に対して、的はずれな批判がゆるされるわけではない(梶原氏の“ために”論点ずらしをしたのでなければ)。それを認めた場合はどう対処されるのであろうか。
 今回の検証は、対象者が見落していたデータの指摘や新規の研究データに基づくものではない。対象者自身とその批判対象者の文章そのものだけで指摘できる内容である。対象者の批判能力からすれば「強引」と評された時点で、自己検証すれば気付くはずのことである。

と、ひとのことばかり言わずに自己検証。このツリーの[63]で
“五十嵐氏は、“考古学の新視点掲示板”ですでに後者に意見をすり替えている”
としたが、[68]に示したように、やはり誤りと考えるようになった。訂正したい。

さて、ついでだから、座散乱木8層問題についてまだ書いていなかった(筈)のアイデアをこの機会に提出しておく。2003年頃、メーア遺跡模倣説とは独立に、座散乱木IIの報告書から思いついたことである。

座散乱木8層に典型的な縄紋文化の石錐が出土した問題は発覚直後から指摘されている(もちろん初期の批判でも疑問は呈されていた)。このような石器がまじっている時点で、実行者が埋込む石器セット(の少なくとも一部)が、石器の専門家が選択したものではないと推測できる。例え石器素人でも、後期旧石器の捏造に石刄と呼べる資料を主体として選択している知識レベルであれば、わざわざ石錐を選択することは不自然である。しかし、「今回の調査の出土石器に使用痕分析が予定されている」「使用痕の種類はかくかくしかじかである(“角々鹿々”と書いたほうが洒落てるかもね)」という情報があった場合、わざわざ石錐を選択したかもしれないと考えた。

座散乱木8層の使用痕分析は、典型的な使用痕光沢が網羅されているだけでなく、代表的な「操作」も網羅されている。

梶原1981(前掲)では、線条痕などから推定される石器(刃部)の操作を9分類している
 Cut, Grave, Saw1, Saw2, Scrape, Whittle, Wedge, Chop adze, Bore
8層出土石器から確認されたのは
 Cut,          Scrape, Whittle, Wedge,     , Bore
の5種類である。これでは網羅的でないとも見える。
しかし、石器分類と一般的に想定される操作をまとめると
 ナイフ形・石刄:Cut, Saw1, Saw2, Whittle
 スクレイパー:Scrape, Whittle
 彫器:Grave
 ピエスエスキーユ:Wedge
 斧形:Chop adze
 石錐:Bore
となり、これらの分類は、斧形を除き、第2・第3集中からそろって出土している。ピエスエスキーユと石錐は旧石器集中から出土する方が珍しい。そして、使用痕分析によってそれぞれのみから Wedge と Bore の操作痕跡が確認されている。彫器は1次調査で出土し、分布的には第3集中に含まれるが使用痕分析の対象とならなかった。石器選択者が操作痕跡の網羅を予定していたならば分析者との「打合せ不足」となろうか。大形である斧形石器は、実行の様態ににおいて組込み困難だったと言い訳け可能である。

以上の憶測において、石器選択者は高度の石器の知識を要しない(あ、でもおいらがやるとするとPSSQを選ぶことできないや。とぼけて詳しい人におしえてもらお)。

とまあ、花も実もない枝が育ったツリーに、
灰を振りかけてみました

0073 うまいもんですなあとは思いますが サトぴょーん 〔2011/07/16-12:24〕〔220.219.70.130〕
        親_0072 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
>花も実もない枝が育ったツリーに、灰を振りかけてみました

何年ぶりかで育った枝が、花も身もない枝であったことを自分でも認めざるを得ないというのは、なんというか、ご愁傷さまでした。

0074 RE:うまいもんですなあとは思いますが 早傘 〔2011/07/16-20:43〕〔114.20.40.167〕
        親_0073 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
かつて将棋界にゴミハエ論争というものがあった

それに倣うと木にへばりつく者は毛虫に例えたいところだが
それは誤りである。

なぜならば毛虫は遠からず成虫になって飛んでいくからだ

それはさておき、角張本に関する話題は
別ツリーを立てる準備ができている

それとは別に、たっぷりと花も実もある話題を準備している

であればこその「花も実もない」の表現なのだ。

読解力がある読者は、この枝に重い意義を見出しているはずである

ま、相変らずネタをためるペースに処理速度が間に合わないのですが、
それで誰かに迷惑が掛るわけでもないので、おフランスの助けは無用。
読者はゆるりとおまちください

0075 違いますな サトぴょん 〔2011/07/16-23:11〕〔220.219.70.130〕
        親_0074 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
>木にへばりつく者は毛虫に例えたいところだが

もう枯れて朽ちるしかなくなった木に産み付けられた、カミキリムシの幼虫ってとこでしょ。

というか、反応、早いですねえ。

0076 ついで サトぴょーん 〔2011/07/16-23:54〕〔220.219.70.130〕
        親_0075 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
>それとは別に、たっぷりと花も実もある話題を準備している

だったら、一年に一人か二人しか書き込まない掲示板じゃなくて、それこそ、きっちり論文でも書いたらどうですかね。

私は、くだらんデマや中傷も飛び交うというマイナス面も含め、藤村の捏造発覚当時の、この掲示板の異常な熱気を知っているが、前の掲示板の管理者に、現状の掲示板の方向性の是非を確認するくらいの配慮は必要なんじゃないですか。

あまりにスタれすぎて、確認するのも恥ずかしいっていうのはあるでしょうがね。

0064 (続) 旧 石器 捏造事件の 研究についての感想 早傘 〔2011/07/01-21:36〕〔125.29.43.16〕
        親_0059 根_0059 引用して返信 引用無し返信 
角張淳一,2010.05,『旧石器捏造事件の研究』,鳥影社
の感想を続ける

第4章で、著者は江戸時代からの石器文化研究史を概観し、ナショナリズムとの関係を論ずる。
そして、“捏造事件の直接的遠因となった、岩宿問題について述べる”とし“岩宿問題こそ、敗戦後の日本の区民に勇気を与えるべく、企図された発掘調査であった可能性を指摘”するに至る。

著者は、岩宿遺跡全体が捏造とするわけではない。日本の旧石器研究が記念する、9.11、すなわち、杉原ほかによる岩宿遺跡の断面調査で、調査終了間際に杉原の手で発見されたとされる「ハンドアックス」に疑念を向けている。

疑念の根拠は、発見にかかわる杉原の言説と、現在も観察できるハンドアックス(石斧)の属性である。

杉原と当時明治大の学生であった岡本勇が、調査終了間際の「大発見」の感激を語っているのに、芹沢と相沢がそのことをどの著書でも触れていないことを不思議とする。また、発見直後の杉原による記者発表を踏まえた新聞記事に載る杉原のコメント
 「これは欧州の研究をそのまま当てはめれば後期旧石器オーリナシアン期で、いまから
  ざっと10万年くらいの古さになる。殊にこのグトポアンは立派な形態で東洋でも
  最初の発見で、これでわが国の古代史はかきかえなければならないと思う」
を引用し、後期オーリナシアンにグトポアン(=握槌,ハンドアックス)が伴わないことは当時、欧州旧石器に関する常識であったにもかかわらず、不可解なコメントとし、それを杉原の韜晦とする。

 また、現存する石斧については、(1)日本の後期旧石器初頭の局部磨製石斧とは“形態・加工技術が異なる” (2)出土当初から表面の摩耗が激しく、ほかの出土石器と異なる (3)岩宿遺跡からのちに相沢忠洋が発見した局部磨製石斧は、他遺跡と同様であり、杉原発見例の特異性が際立つ と3点を指摘する(p253)


以上の指摘のほとんどに、うなずけない

新聞記事に関しては資料を紹介しながら詳論する予定だが、「コメント」はコメンターの言葉そのままではないという当り前のことを言っておく

杉原の「大発見」について、相沢も芹沢が語らないのは、それほど重要とは見ていなかったというにすぎないだろう。当日それまでに多数の明確な人工物が出て、彼らにとって調査の目的は充分達成されていたのだから。

石斧の形態・技術については、p248に“後述するが、石器の形態・技術・技法を検討すると、岩宿のハンドアックスは…(略)…後期旧石器文化初頭の「刃部磨製石斧」とは全く異なる石器である”としていて、著者による詳細な記述と比較があることを期待した。

ところが、「後述」は“(1)については…(略)…その詳細研究はすでには長崎潤一(「後期旧石器時代前半期の石斧―形態変化論を視点として」『先史考古学研究3』阿佐ヶ谷先史学研究会、1990年)の研究に事例を見ることができる”(pp.253-254)とあるにとどまる。

これは驚くべきことである。本書中で著者が批判して止まない安斎が主宰する研究会の雑誌に、“捏造後半期”のモデルになったとした石器変形論の代表的論文として掲載されたのが、著者が引いた論文である。著者の立場では、捏造石器に騙された研究者は石器の観察・記述能力が不足しているはずである。しかも長崎は、この論文で「刃部磨製石斧」の再加工を論じており、岩宿例は再加工された刃部磨製石斧の一例として扱われているのである。著者の意見の裏付けどころか反論となるものである。

まさか、石器観察力に不足しているものが同類としているから同類ではないのだなどという、ひねくれた論法ではあるまい。

著者自ら岩宿例の記述を行い、岩宿例を刃部磨製石斧の再加工例とする大多数の石器研究者の過ちを具体的に論じるべきだった。本書中の最大の不可思議である。

現状、岩宿例の「謎」として残るのは、同層出土他石器よりきわだつ摩耗の問題のみである。
それに対しても、<たまたま不正行為に用いた石器が、後年、挿入した層から特徴的に出土する型式の石器として受入れられるものだった>などという驚異的強運を想定するよりも、<まだ研究が始ったばかりの石器の摩耗度比較には、未解決の問題がある>としたほうが、無理が少ない

----------------------------

性向として、問題点の指摘が主となってしまったが、本書は、「当事者」としての迫真性と、分析の深度において、“便乗本”とは比較にならない価値があることを明言しておく。

0057 隆さん、安斎さん 早傘 〔2011/06/07-00:05〕〔124.211.2.160〕
              根_0057 引用して返信 引用無し返信  メール 
立花隆,「私の読書日記 大震災、旧石器考古学、宇宙の「悪の枢軸」」,『週刊文春』,2011年6月9日号,pp.116-117,文芸春秋社,2011.6.2,週刊誌系

2001年頃、「たかし君,イイエ!」という投稿をしようと準備していた
科学がわかるノンフィクションライターというふれこみの立花隆と日垣隆を対象に彼らの捏造問題に関する言説の浅薄を評しようとしたものだった。

10年が過ぎ、ネット上では日垣隆氏が“人気者”となっている。
昨今の情勢で再脚光を浴びた広瀬隆と、科学技術方面は縁が薄いが上杉隆も加えた、四人の隆を話題とするスレッドも某巨大掲示板に立っている。
さすがにこの人々と立花隆を同列に扱うのは失礼とのレスもいくつかあるが、先週木曜日にコンビニでチェックした上掲の記事には目を覚させられた。

立花隆も負けていない! と。

書評の対象となっているのは、堤隆『列島の考古学 旧石器時代』(河出書房新社,2011.05)
(著者のブログ http://tsutsumi.blog.so-net.ne.jp/ 5/6, 5/12, 5/27, 5/30, 6/6 に関連記事)

立花氏によるこの書の紹介は、相変らずの浅薄さであり突っ込みどころばかりだがそれには触れない。
(なお私自身の当該書への評価としては、先の隆'sと比較するのも失礼な、好著であり、知合いに勧めることができる。ただし、2つの傷がある。ひとつは、シリーズ名に遠慮してか、最終氷期の現日本列島が、「列島」ではなく、大陸の一部の古サハリン-北海道半島と、本州・四国・九州が一体となった古本州島および付属する小島であったことを説明していないこと。特に白滝産黒曜石の分布の説明には北海道が大陸に接続していたことを説明すべきであったろう。第2にp72の「ネット考古」批判は奇妙である)

それはさておき、立花氏の当該書紹介の前置が凄いのである。

なんと氏は、捏造事件に「奇妙なかかわりを持っている。あの事件が事件としてあばかれる以前に、捏造にちがいないと見抜いて、動かぬ証拠とともにあばこうとした人々とかかわりを持ったから、それがあばかれる最後の場面を内側からウォッチしていたのである。/動かぬ証拠とは…(略)…自作自演の大ドラマの過程をすべて動画で記録してしまうことである。/私が参加したのは、最終過程の一歩前だったから、もうほとんど真っ黒の映像を沢山見せてもらって、唖然とした」のだという。

なんとまあ、これが真実ならば、毎日取材班がこれまで公表した取材過程は相当事実と異なることになる。
しかも社外のジャーナリストにも情報がもれていたとことになる。
そして、毎日側も立花氏も立花氏の関与を徹底的に伏せてきたことになる。
(参照 http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune2.log&keyno=0580 )
なんのために?

事件直後の立花氏の言行から、私は次のように想像していた

立花氏の読書日記の選書や評価の傾向から、『縄文の生活誌』の刊行直後に、それを高く評価する原稿を書いていた、または書こうとしていた。
捏造事件の発覚を受けて、あわてて批判的な紹介を書き、取材を開始した。そして『緊急取材・立花隆、「旧石器発掘ねつ造」事件を追う―立花隆・サイエンスレポートなになにそれは? 』をまとめるが、意見を参照すべき旧石器研究者が評価できないので、氏の東大万年助手信仰に基づき、安斎正人氏を対談相手に選んだ。結果として、安斎氏の理屈考古学の無力をさらすことにしかならなかった、と。

秘められていた事実なのか、立花氏が耳目を引きやすい方向にに記憶が変容するほどに劣化しているのか。
確かな証拠が提示されない限り、後者に思えてならない。

ところで元東大万年助手の安斎さんといえば、最近マスメディアによく登場する安斎育郎氏。
この板でも話題になったことがありました
↓の456,468,469,473,487
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune2.log&pg=10&skey=&lspg=50&pm=A&pt=KA&pset=%C0%DF%C4%EA&uid=godhand&old_prm=KAL&old_lp=50&old_pt=KA&max_pg=14&old_df=hune2.log

このシンポには後日談があります。
安斎氏から、佐々木氏が当日行った学界批判は、内緒にしてくれと頼まれたのです。佐々木氏はまさか考古学界の人間がくるとは思わなかったと、反響を心配していると。はっきりいって、佐々木氏の発表はぬるくて毒にも薬にもならないので、紹介する気もないし「ご注進」の心配にも及ばない、そもそも雇われ講師ならまだしも助教授にもなってそんなびくびくするなら自立した研究者といえないでないか、という主旨で安斎氏には回答した。

それから10年、メディアをとおして原子力学界における「学問の不自由」を仄聞すると、その渦中を経験した安斎氏が心配する心境は理解できなくもないなあと思うようになりました。

0058 長い沈黙の果てに サトぴょん 〔2011/06/11-09:01〕〔220.219.70.130〕
        親_0057 根_0057 引用して返信 引用無し返信 
2チャンネルからの四人のタカシネタですか。なかなかやりますなあ。

0055 新刊情報 角 〔2010/10/20-12:37〕〔60.62.238.43〕
              根_0055 引用して返信 引用無し返信 
 下記の新刊が出版されるそうです。
  

『旧石器時代遺跡捏造事件(仮題)藤村新一による旧石器捏造事件を追う』岡村道雄著 山川出版社 240頁 1575円

0056 RE:新刊情報 早傘 〔2010/10/20-20:42〕〔125.29.45.101〕
        親_0055 根_0055 引用して返信 引用無し返信 
>下記の新刊が出版されるそうです。
>『旧石器時代遺跡捏造事件(仮題)藤村新一による旧石器捏造事件を追う』岡村道雄著 山川出版社 240頁 1575円

!? ????

セブンネットショッピング
ショッピング > 書籍 > 文芸 > ノンフィクション > ノンフィクションその他
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102978096/subno/1

藤村新一による旧石器捏造が発覚して、10年が経とうとしている。その間、関係者の側からの声は聞かれず、真実は闇の中である。著者の岡村道雄氏は、藤村が所属した石器文化談話会の代表であり、当時は東北大学の助手であった。藤村へのインタビューも含め、いま明かされる真実の声。


!!

0051 ごきげんはいかが? 最古の土器(1) 早傘 〔2009/11/11-20:25〕〔202.219.123.177〕
              根_0051 引用して返信 引用無し返信 
去る9月26日に土曜考古学研究会で「縄紋文化二系統論の系譜」を発表した。
 論旨は、
 1a.近年、縄紋文化研究史の記述で、「二系統論」を無視(または隠蔽)したものが目立つ。
  b.一方、日本の土器文化の起源論では、二系統論を再生したような議論が(一般向け概説を中心に)あふれている
 2a.一昔前の「二系統論」への評価は、要約すると次のようになる
(1)白崎高保のアイデアを江坂輝弥が発展させた
(2)芹沢長介が早くから批判し、撚糸文期の諸遺跡の調査で実証的に否定された
(3)戦時の八紘一宇的思潮に迎合した説だった
  b.このような理解は、明治大学系の研究者により築かれてきたが、学史の歪曲・誤解がある。
 3a.日本先史学の変り目といえる大正7年頃からの土器起源論の流れを資料に沿って追えば、
  b.山内の起源論がその前世代が築いた路線に乗って登場したこと、
  c.二系統論の形成にあたって京大系の研究者の役割が大きいこと、
  d.江坂の系統論が1950年代に大きく変化するにあたっては、明治大学系の研究者のアイデアを取入れたこと
 などを指摘した。
 詳しくはいずれ何らかの媒体で発表したいと思っている。
 なお、昭和30年代の江坂説では、撚糸文・押型文系、貝殻・沈線文系の他に、浦幌・ムシリ系(北日本平底系)、温根沼・日計系(北日本押型文)、曽畑系もそれぞれ別個に大陸から伝来したとするから、縄文土器は5起源なのである。

 ところで、収集した史料を見ると、縄紋土器日本列島内自生説を、研究者が明確に打出したのは下記文献のようであるが、
  1977.11 麻生優「日本最古の土器」歴史と人物,52-11,pp.56-61
 同様の見解を示す研究者が目立つようになるのは1979年からである(この年6月に『ジャパンアズナンバーワン』が発売された)。
 この年刊行された、縄文土器概説書の記述を紹介する。
1979.05 小林達雄『日本の原始美術(1) 縄文土器I』講談社
 “草創期の土器には方形平底、そして口の平面形も方形を呈するという特徴がある…(中略)…これらの土器は樹皮籠などのモデルを模倣しているせいではないか、と考えている…(中略)…座散乱木遺跡から、隆線文系土器に伴って動物像らしい土偶が出土している。あるいはこの種の製作の伝統は、さらに古く遡る可能性もあり、土器以前に粘土を焼く技術の存在していた可能性さえ想定しうる…(中略)…こうしたいくつかの技術…(中略)…の総合の成果として、縄文土器の祖型――粘土で方形籠形に仕上げ焼き上げたもの――が生まれ、それが煮炊きに使われたのではないか。これが縄文土器成立の筋書きであり、背景かもしれない。”(p.49)
 樹皮籠模倣説であり、先行技術として列島内の例を示すから自生説である。
 世界的には、東欧で旧石器時代に土偶の存在が知られていて、土器に先行する粘土焼成技術としてよく紹介される。それを踏まえながら、座散乱木の「動物形土製品」によって、日本列島に土器以前からの粘土焼成技術を想定したのであった。
 自生説が広まる背景として神の手物件が関与していたのであった(だから自生説が成立たないという主張ではない)。

 そういえば、「最古の土器」問題に関しては「日本前期旧石器」と類似の“神様土器”もあったのだった。長野県下茂内遺跡の細石刃以前の尖頭器文化層から「土器片」が発見され、そこまで土器が遡るのかと話題になった。(はじめて発表されたのがいつかは知らないが)数年後に、理化学的分析の結果、自然物、いわゆる高師小僧に類するものと判定され、事なき?をえた。
 下茂内例はテフラとの関係から、年代の古さは確度が高かったが、人工物判定の問題にかかったのだった(調査者は、大々的にこれこそ最古のは土器であると謳い上げていないから、責めるには及ばない)

0052 光はどこから 最古の土器(2) 早傘 〔2009/11/14-20:31〕〔202.233.247.59〕
        親_0051 根_0051 引用して返信 引用無し返信 
 土曜考古の発表から9日後の10月5日(月)に、古代オリエント博物館へ、特別展『世界の土器の始まりと造形 -ドキドキ!土器って面白い!- 』(http://www.sa.il24.net/~aom/ten0909dokiki.html)を見に行った。
 開展前から楽しみにしていたが、自分も、とある小さな資料館でささやかな企画展示の準備中だったため、すぐにはいけなかった。
 会場に入ってすぐの世界地図に目を奪われた。世界各地の今のところ最古の土器の年代を落し、年代の古い地域から隣接する新しい地域へ矢印を引いている。独自に土器が発生した可能性があると示されているのは6地域。東ユーラシアで、日本列島・黒竜江流域・中国南部の3箇所(相互が?付の両矢印で結ばれる)、西ユーラシアでは、北シリア付近、アフリカではナイル川中流、両米大陸ではアマゾン流域。東アジア3グループは1万5000年以上の年代があたえられ、他は9000年以下にとどまる。それぞれの線の意味するものなどを考えながら、展示パネルの前で腕組して10数分を過した(この図は図録の1頁に載っている)。
 展示監視員の目が気になるので、展示室本体に入る。展示されている実物の土器は国内所蔵品に限られるため、最古級の土器が展示されていたのは西アジア(自館)、日本、そしてシベリア(國學院所蔵)のみ(おっと、あとブルガリア(東海大所蔵)も)であったが、他の地域も、国内で調達可能な土器と、最古級の土器の写真が展示され、おおよそ世界の土器文化が通覧できる展示であった。このような展示は大いに好みに叶う。
 意表を突かれたのはヨーロッパの解説文。基本的には西アジア起源の土器が広がっていくという構図なのだが、ロシア平原の土器はオリエントに匹敵する古さで、その起源をシベリアに求める説があるという。そしてその系統が西進して北欧最古の狩猟採集土器文化のエルテベレ文化を成立させたというのだ。かつてはこのエルテベレ文化が、シベリア鉄道で輸送されたチェコ軍団を経由して日本に伝えられ縄紋文化が成立したと考えられさえしたのに、話は逆ではないか。今やヨーロッパの新石器文化に南北二系統論が称えられているようなのだ(あくまで一部の研究者ではあるだろうが)。
 この展示は、展示もすごいが図録はさらに充実している。(ヨーロッパをのぞき)各地域を専門とする研究者の執筆であるから、読み応え充分。
 日本列島については、小林謙一氏が執筆している。(オリ博を見に行った時点では始っていませんでしたが)次回に触れる予定の『縄文はいつから!? 』の企画者であるから、その図録の要約かと思えばさにあらず。オリ博の図録で小林氏は、日本列島の出現期土器に南北2つの流れがあると銘記しているのである。ああ、土曜考古発表前に観覧しておくべきだったと反省した。
 同博物館では、10月31日ににシンポジウム「世界の土器の始まりについて」(http://www.sa.il24.net/~aom/moyo091031.html)を開催した。もちろん、聞きに行った。発表の中で特別に楽しめたのが、関雄二氏の「アメリカの土器」。バルディビア土器縄文起源説を、会場の笑いをとりながら解説した。そして太平洋横断説の主唱者のメガーズが、自説を守るために、バルディビア土器より古いアマゾンの土器文化の年代測定値を隠蔽した疑惑があったと紹介する。いずこの御国も最古は人を狂わせる。
 質問時間に2つ質問をした。ひとつは質問に名を借りた補足説明の要請だからどうでもよいとして、本当の質問は、
 「地図ではインド東部〜ビルマが空白になっているが、西アジア起源の土器の分布圏と中国南部起源の土器の分布圏の境界はどこか? その二つの流れの接触により生じた現象はあるのか?」というものであった。要するに、南アジアにおける東西二系統論が成立するか気になったのである。
 インド東部で部分的に叩き成形を用いる土器が存在することや、稲作農耕と麦作農耕の広がりという観点からの回答を受けて満足した。

光は東からか、ひかりは西へか、
ちょうど今、明りの歴史に関する展示が多い。

川崎市民ミュージアムでは、館蔵の国内有数の灯火具コレクションによる「灯りの情景―灯りと人の物語― 」展
http://www.kawasaki-museum.jp/display/exhibition/exhibition_de.php?id=89

同市内の「東芝科学館」(日曜祝日休館なので注意)にも照明史の充実した展示があり
http://kagakukan.toshiba.co.jp/index_j.html

所在地は横浜市内だが川崎駅からの無料送迎バスがある「電気の史料館」にも当然関連の展示が多いから、
http://www.tepco.co.jp/shiryokan/index-j.html

曜日を選んで1日で3館を見学すれば、俄専門家となれる

小平市にあるガスミュージアムでは「〜ガラス越しに輝く炎〜ガス燈」展
http://www.gasmuseum.jp/
が開催されている。

埼玉県では富士見市で、こじんまりとした展示をしている
http://www.city.fujimi.saitama.jp/event/shousai/12_10akari.html
http://www.city.fujimi.saitama.jp/event/shousai/11_11rekisi.html

0053 RE:光はどこから 最古の土器(2) 早傘 〔2009/11/16-18:36〕〔202.219.140.120〕
        親_0052 根_0051 引用して返信 引用無し返信 
 すでに会期を過ぎたと勘違いしていたが、国立科学博物館の「日本を明るくした男たち -近代化を支えた電気のエンジニア-」(http://www.kahaku.go.jp/event/2009/09engineer/index.html)が11/29まで開催中だったので、昨日見てきた
 上野公園に足を踏み入れると、即位20年記念で上野動物園が無料だという。かねがね、現況を見たいと思っていたから、科博の前に寄ることとした。
 入園前に予想できるように大変な混雑であって、落着いて動物を観察できる状況でないし、科博の見学にも差支えるから、見学者の見学の様子に注意しながら、1時間で一通り回ってみた。当然ながら、見学者は動物を見る(見つける)ことに専心する。切実に自然保護を訴えようが、猿山のボスの政権交代記録であろうが、展示パネルには目もくれない。既存の施設を活用する細かい工夫は目に付くものの、限られた敷地に多種類の動物を陳列する根本構造は変えられず、旧来の動物園のイメージに沿った構成。
 さて、科博。掲題の企画展は日本館の1階。企画展示室。アーク灯の点灯実演がひとつの見所か。資料は電気の史料館と東芝科学館からの提供が目に付く。東芝は、協力というよりも共催といいたいほどに深く関わっている。1階中央ホールおよび2階回廊を使って「これからの社会を明るくしたい」と称する東芝グループの電気関係事業の展示(宣伝)を行っている。会場で配布していたパンフでは科博が主催とするが、科博のサイトにはこの展示の紹介が見つからない。東芝グループのサイトでも直接この展示の紹介はされていない(http://www3.toshiba.co.jp/tlt/tenji/kagaku2009/kagaku2009.htm)。あくまで、掲題の展示の一部という建前なのであろうか。
 「灯り」の展示もどこまで新しい灯りを扱うかで、分類できる。
 古美術としての灯火具コレクションを基礎とするものはせいぜい白熱電球まで。東芝が関わるものは、電球にも力をいれ、LEDに及ぶ。
 科博の展示はLED照明の節電以外の可能性(調色や可視光通信)を示すところに独自性がある(あまり成功してはいないと感じたが)。
 企画展を見終ったあと、新装後初見学の日本館をひととおり見る。「日本人と自然」のフロアでは、縄文土器の解説ラベルの出鱈目さに仰天(火炎土器ではないものに[火炎土器]、深鉢3点にすべて[壺形土器])http://shinkan.kahaku.go.jp/kiosk/nihon_con/N2/KA2-1/japanese/TAB2/index.html。所蔵者はチェックしていないのか。
 少ない残り時間で、地球館の人類の進化のフロアを回る。ラミダス猿人の展示(http://www.kahaku.go.jp/event/2009/11ramidasu/)も、掲題の展示と同じく11/29まで。復元すると専門家以外にはチンパンジーに見えるんだろうな。
 それはさておき、このフロアで見たかったのは、中国出土の「旧人」化石のあつかい。エレクトゥスの末裔とするのかどうか。展示解説を読むと(行かなくても読めるね http://shinkan.kahaku.go.jp/kiosk/kioskviewer.cgi?floor=B2&chunk=32B&lang=JP&type=K3&page=02_P1)、系統はよくわからないと。ふうん(“したがって”の使い方がおかしな文章となっているのは、推敲錯誤だろう)。

0054 縄文はいつから 最古の土器(3) 早傘 〔2009/11/19-22:26〕〔210.131.49.98〕
        親_0052 根_0051 引用して返信 引用無し返信 
 記述が前後したが、11月3日にようやく、歴博の企画展示「縄文はいつから!?」を見に行くことができた。
 現在のurl http://www.rekihaku.ac.jp/events/now.html
 将来のurl(推定) http://www.rekihaku.ac.jp/events/o091014.html

 主謀者の展示解説が聞ける日を選択していったのであった。
 解説の数十分前に会場に到着。丁度会場から出てきた解説者と挨拶を交してから、展示を見始める。
 出現期土器の展示に先立って、花室川の洪積世層から出土した資料の展示がある。
 へえ、これが馴鹿の骨?1 え、これが石器??

寒話休題。
 土器と石器を逐次、硝子ケースに脂肪酸を付着させながら見ていくのであった。オリ博のシンポジウムで、司会が、「ぜひ歴博の展示へもどうぞ。ちょっと見にくいけど」といいったとおり。破片の展示は難しいし、まして、歴博のように立派な展示ケースがあると、却って小回りがきかないことは予想の範囲。
 日本と韓国の最古級の土器を展示するコーナー
 草創期の代表的な文化要素を示すコーナー
 自然科学的分析成果を示すコーナー
 各地の代表的資料を展示するコーナーに分れるが、
 土器・石器を見たい人間にとっては、コーナーの区別はなきも同然。時期・地域を入ったり来たりは、草創期の展示ならではの愉しみといえる。
 歴博であるから当然、展示資料にはその遺跡から得られた炭素年代が付記されている。図録に載っていない数値も提示されているから、メモが必須。
 ざあっと見たところで解説タイム。なにか口を滑らせないかという小姑根性は一部であって、主たる関心は、聞手の様子。どんな反応か、どんな質問をするのかなどを観察させていただく。
 展示室があまたある歴博でわざわざこの場所にいるだけあって、皆さん、普段から縄文文化に関心が高いように窺えた。
 解説1時間のあと30分ほどの質問責めから解放された解説者が、展示を見直している吾に向って曰く
「間違いがあったら教えて」
さすが、つぼを突いてくる。気付いたラベルや資料配列のミスを指摘する。

 展示資料でインパクトがあったのは、始めて生で見る大正3遺跡。爪形文だけの個体しか写真で見ていなかったから、下宿式によく似ていると誤解していたが、なんなんだ、胴部の櫛状工具(ひょとして貝殻?)連続刺突の地紋は。隆帯と爪形文と櫛歯紋の3種の装飾の組合せなんて、早期前半(J5)まで下がらないと中々思い浮ばないぞ。せいぜい、鳥浜貝塚の円孔+格子目沈線+爪形文の個体ぐらいかな。炭素年代もやけに古いしなあ。素のBPでJ2(隆起線文)の中頃に近い数字。リザーバー効果があるとしても、隆起線文の新段階などに並行しそう。しかも、北関東の下宿式の2遺跡から得られたBP値は意外に新しく、大正3との間に素のBP値で1000年もの開きがある。評価が難しい孤高の存在ともいうべき資料。
 便宜的に爪形文としてくくられる資料には、多様な土器が包括されていることを再認識。東北北部の爪形文には、関東・中部のJ3期の資料と同様のものの他に、それとは分れてJ4期に置けそうな資料もあるし。
 展示室で見比べ、帰りの電車で図録を繰り、J1〜J4の難しさを再認識した。まあ、前期〜晩期(J7〜J9)よりも長い6千年分もの期間なのだからなあ。
 図録は今後、草創期資料の写真集として活用されるだろう。同様の役割をこれまで果してきた『縄文時代草創期資料集』(横浜市歴史博物館1996)と比べると、フルカラーである点と新資料で優り、一方印刷の鮮明さと旧資料の収録の充実では横浜図録が優る。
 さて、展示のタイトルである「縄文はいつから」かについて、小林氏はこういう。
 “最古段階の土器に共伴する石器は旧石器時代と全く変わらない。同時期のほとんどの遺跡に土器は認められず、日本列島全体でも一桁の数にとどまる。また、土器には文様もなく、定型的な形も認められない。したがって、旧石器時代の文化の中に土器が先行的に出現したと考えることもできる。”
よって、(1)広域的な土器型式ネットワークが形成され (2)住居状遺構や岩陰・洞穴への定住化の促進 (3)弓矢の完成 (4)線刻礫・土偶に代表される精神遺物の一般化 の4つの文化要素がそろう隆起線文段階から縄文時代とするべきと提案する。
 うなずけない。
 日本列島に限らず、「新石器文化」を代表する石器としては石斧・石鏃・石皿が一般的だろう。佐原真氏がかつて強調したように、石斧の出現は重要な変化ではないだろうか。後期旧石器時代初頭の一群を別にすれば、石斧はJ1期に出現し、以後、明瞭な断絶はなく弥生時代まで用い続ける。
 石鏃は、大平山元例や、横井竹ノ山例の扱いが問題となる。図録では、報告者の見解を尊重して「無文土器に伴う石鏃」のようにも示しているが、小林氏の見解は別であってもよい。大平山元例は石鏃ではなさそうだし、横井竹ノ山例は共伴関係が不確実といえるから、確実な石鏃はJ2後半からという見解ならばそれには賛成である。石皿も、J2後半の南九州から存在が明瞭になるようである。
 石器に画期を見出そうとすれば、J1かJ2後半であって、J2の開始は有舌尖頭器という短命な石器の出現でしかない。
 土器の面では、栗島(1988)以来、J1(神子柴・長者久保期)の土器として扱われてきた寺尾遺跡等の有文土器の評価が欠落していることが問題である。また、土器を伴う遺跡の比率という点についても、確かにJ1期の遺跡のうち土器を伴うといえる遺跡は稀少である。(詳細なデータは保持していないが)有舌尖頭器の出土遺跡に対する隆起線文土器出土遺跡の比率も高くはない。また、J1期とJ2前半の石器はかなり類似するから、土器を伴わない遺跡でJ1期とされるものにはJ2期のものも少なからず含まれていそうである。
 精神遺物は一般化してなどいない。
 以上を総合するならば、J2後半に複数の文化要素の画期はあるものの、J1の画期にまさるように思えない。
 小林氏がJ2を画期とするのには、気候変化の画期(15000年前の温暖化)に合わせようという意図もほのみえる。
 そうそう、装飾としての縄紋のはじまりについては慎重な立場になっている(p30)

 などと、いろいろ考えさせる材料を提供してくれる、充実した展示であった。会期中にあと2回ぐらい見に行きたい。

 ああ、その前に、岩手にいかなくちゃ
 http://www.city.morioka.iwate.jp/14kyoiku/iseki/manabikan/ibent.html#kikaku
「最古の土器−盛岡の縄文時代草創期〜早期の土器文化-」
【期日】2009年10月22日(木曜日)〜2009年1月24日(日曜日)
【会場】遺跡の学び館企画展示室
【特別講演会】「大新町遺跡の発見」武田良夫氏(日本考古学協会会員)
  日時:2009年12月6日 13時30分〜
 〔成果発表〕※同日特別講演会後に開催
  「岩手山降下火山灰と縄文土器-滝沢村出土の縄文土器と分火山灰の関係-」井上雅孝氏(滝沢村埋蔵文化財センター)
  「盛岡の縄文時代草創期〜早期の土器群の様相」神原雄一郎(当館職員)

0029 出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/09/29-21:24〕〔202.233.254.253〕
              根_0029 引用して返信 引用無し返信  メール 
ここまでの大手各紙の態度と、研究者のコメントを発表順にメモしておく

09/09/29 国内最古の旧石器を出雲で発見 12万年前、これまでより3倍古く /産経
2009.9.29 18:18
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090929/acd0909291821009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090929/acd0909291821009-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090929/acd0909291821009-n3.htm
“日本列島に人類が存在したことを示す画期的な発見となりそうだ。”
“「捏造問題以降、3万5千年前より古い旧石器研究はタブーになった。今回の調査は、及び腰だった研究者を励ますことになるはず」と松藤教授。”
“安蒜(あんびる)政雄・明治大教授(旧石器)は「出土した石片は人工品とみられ、地層の年代も信頼性は高い」と評価する。”
“白石浩之・愛知学院大教授(旧石器)は「玉髄の石片は人工的に打ち割った可能性もあるが、他の石片は不明瞭なものもあり、さらに詳細な調査が必要」”

09/09/29 国内最古、約12万年前の石器発見…出雲の砂原遺跡/読売
(2009年9月29日18時26分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090929-OYT1T00928.htm?from=main1
“日本の前・中期旧石器時代については、「旧石器捏造(ねつぞう)事件」で、存在がほぼ否定されたが、今回の発見は、同時代の研究を再構築する上で貴重な成果となる。”

09/09/29 国内最古級の旧石器か、12万年前の地層から石片 出雲 /朝日
2009年9月29日18時58分
http://www.asahi.com/culture/update/0929/OSK200909290054.html
“調査団によると、国内最古とされてきた岩手県遠野市の金取(かねどり)遺跡(約9万年前)を、3万年さかのぼる可能性がある。日本列島で人が活動を始めた起源を探る貴重な資料になるという。”

09/09/29 石器:国内最古か 12万年前の地層から 出雲・砂原遺跡 /毎日
http://mainichi.jp/select/today/news/20090930k0000m040038000c.html
2009年9月29日 19時19分 更新:9月29日 20時6分
“石器とすれば国内最古となる。調査団は「日本列島の人類史の起源を探るうえで貴重な資料」としている。専門家の中には、石器とすることに慎重な意見があり、調査団は範囲を広げて調査を進める。【細谷拓海】”
“捏造問題発覚後に設立された日本旧石器学会の初代会長で、現地で実物を見た稲田孝司・岡山大名誉教授(考古学)の話 最初の玉髄製のものは、非常に鋭利でいい状態だが、石器1点ではなかなか判断しづらく、石器か自然石かの可能性は半々だ。誰が見ても石器と分かるようなものが出てくることが必要だが、今回はそこまでは確認できない。調査そのものは自然科学、考古学が協力しており信頼できる。石器であれば今のところ国内最古となるが、詳しい報告を待って慎重に検討していく必要がある。”

09/09/09 砂原遺跡の前期旧石器発見と素朴な疑問 [旧石器] /諏訪間
2009-09-29 20:09
http://jun3519.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29-2
“写真を見る限り、下記の記事にもあるように、白石先生のコメントが現段階では一番良いのではないでしょうか。
 調査のきっかけになった資料は、剥片のようにも見受けられますが、他の写真はちょっと疑問が・・・・・。”
“だけども、出土層位が確実でも、人口品に見えようとも、今回の件は慎重にお願いしたいと思います。”

0030 RE:出雲の「前期旧石器」 諏訪間 〔2009/09/30-19:34〕〔59.147.145.252〕
        親_0029 根_0029 引用して返信 引用無し返信  ホームページ  メール 
早傘さん
取りまとめありがとうございます。
引き続き、記事が出ているようですね。
継続的に取りまとめていただけると
助かります。

0032 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:08〕〔210.229.12.62〕
        親_0030 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
------発表当日・翌日 全国紙-----------------------------

09/09/30 島根・砂原遺跡 日本最古、12万年前の石器みつかる 「旧石器」研究 再構築へ /読売・大阪本社
http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is90930a.htm
“事件後、岩手県遠野市の金取遺跡(約9万〜8万年前)や長崎県平戸市の入口遺跡(約10万年前)で石器が見つかっているが、年代については異論もある”
09/09/30 「歴史の空白」埋めた…日本最古の石器 /読売・大阪本社
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090930-OYO1T00464.htm?from=top
“失われた先史考古学への信頼を取り戻す契機となる成果に、研究者から期待や喜びの声が上がった”
“白石浩之・愛知学院大教授(先史考古学)は「捏造事件で前・中期旧石器時代の遺跡は消えたが、今回は地質学的にも間違いないと思われる。これを機に、次々と遺跡が見つかる可能性もある」と期待”
“稲田孝司・岡山大名誉教授(考古学)は「石が人工物かどうか、慎重に判断する必要がある。今後も調査を重ねるべきだ」”
09/09/30 出雲で最古石器 太古の営み思いはせ 地元関係者ら喜びの声 /読売・島根
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20090929-OYT8T01261.htm
“地元の関係者らは驚きや喜びの声をあげた。「地域の活性化に結びついてほしい」と願う声も聞かれた”
“9年前の旧石器捏造(ねつぞう)事件の教訓から、報道陣は、人の手で加工された物であることの根拠や石器の年代特定法の合理性、発掘方法の透明性などを質問。松藤教授らは予定を約1時間延ばして丁寧に答えた”
“経済や行政の関係者も今回の発見を歓迎した”

09/09/30 砂原遺跡:国内最古石器の可能性 12万年前地層から20点−−島根・出雲 /毎日
http://mainichi.jp/enta/art/news/20090930ddm012040166000c.html
“現地で実物を見た稲田孝司・岡山大名誉教授(考古学)の話 最初の玉髄製のものは、非常に鋭利でいい状態だが、石器1点では判断しづらく、石器か自然石かの可能性は半々だ。誰が見ても石器と分かるようなものが出てくることが必要だ。”
09/09/30 砂原遺跡:「最古の石器」 12万年前、日本に人類?−−島根・出雲/毎日・関西【御園生枝里】
http://mainichi.jp/kansai/news/20090930ddn041040012000c.html
“慶応大の阿部祥人教授(先史考古学)は「本当に石器であれば」と前置きした上で、「最古の確かな石器は3万5000〜3万年前のもの。飛び抜けて古く、意義深い」…(中略)…「人類が西から日本列島に入ってきたことを示すものとなりうる」と指摘”
“国立科学博物館の馬場悠男・名誉研究員(人類学)は「石器ならば旧人が使ったと考えるのが自然」としつつも、「アフリカで誕生し、5万〜6万年前以降に日本列島にやって来たと考えられている新人が、それよりものすごく早い時期に来ていた可能性もある」”
“国学院大非常勤講師の竹岡俊樹さん(考古学)は写真を見て「一見、普通の石のようには見えないものもあるが、はく離面に加工の痕跡がない。原始的と考えがちな前期旧石器時代でも、もっと精緻(せいち)な石器を作ったはずだ」と指摘”
“明治大の安蒜(あんびる)政雄教授(考古学)も「石器と判断するにはまだまだ材料不足…(中略)…慌てる必要はない。きちっと徹底した調査をしていくことが必要だ」”
09/09/30 砂原遺跡:12万年前?石器 ロマンかきたてる発見 地元住民ら驚き−−出雲 /毎日・島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090930ddlk32040673000c.html
“遺跡近くの松浦政代さん(76)は「…(中略)…少しでもみなさんのロマンになれば」”
“溝口善兵衛知事は「我が国で初めての10万年以上前の旧石器時代遺跡の発見が本県の出雲市多伎町でなされたことを驚いております。今後の研究の進展に期待するものです」”

09/09/30 1ミリ石片、大きな成果 /朝日・島根
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000909300001

0033 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:09〕〔210.229.12.62〕
        親_0032 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
------発表当日・翌日 地方紙------------------------

09/09/30 12万年前の旧石器発見 出雲/中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909300083.html
09/09/30 「偶然」から世紀の新発見 /中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909300074.html
09/09/30 「歴史的発見」驚きの声 先史島根に光 地元歓迎/中国新聞(長久豪佑)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909300097.html
“「日本海沿岸の開拓者たちの姿が見えてきたことに、大きな意義がある」。島根考古学会の田中義昭会長”
“島根大の山田康弘准教授(先史学)も「県だけでなく、日本の先史学研究に弾みがつく」と喜んだ”
09/09/30 「日本最古の石器」出土 出雲・砂原遺跡 /中国新聞(河野揚)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909300117.html
“松藤教授は記者会見で「古い時代の遺跡を探すことが減退していた。今回の発見は研究者に対して勇気と希望を与える」と強調”
“稲田孝司・岡山大名誉教授、前日本旧石器学会会長の話 地質と考古学の専門家による意欲的な調査だ。だが出土品には明白に石器といえるものはない。調査自体は評価しなければならないが、内容や結果は学会での研究者の議論を待って慎重に判断すべきだ”
“藤野次史・広島大埋蔵文化財調査室准教授の話 後期旧石器時代以前の数少ない良好な状態の遺跡だ。何点か見たが、石器といえるのではないか。石器を作ったり、補修したりした痕跡が出れば確実だ。この時代の研究は進まない状態だったが、新たな段階に向けて非常に大きな弾みになる。”
09/09/30【解説】旧石器時代研究に光再び /中国新聞(伊東雅之)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200909300136.html
“捏造問題の検証調査団にも加わり、発掘調査の難しさを知る松藤教授は「かなりの確信がある」と強調”
“現地を見た広島大の竹広文明准教授(考古学)も「剥片石器は人為的といえる2次加工の跡が見られる」”
“安蒜(あんびる)政雄明治大教授(同)は「地質は確かと思うが、出土品は表面がざらざらし、数も少なく、さらなる裏付けが必要」と慎重”
 ※10/9時点で『【解説】一層の裏付け作業必要 砂原遺跡の出土品』と改題している

09/09/29 島根ワイド : 出雲・砂原遺跡で国内最古の旧石器発見 /山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515345004
“旧石器発掘ねつ造問題で停滞していた研究の扉を再び開く大きな意義を持つ”
“松藤教授…(中略)…「忌まわしい事件による長いトンネルを抜け光が見えてきた。もう一度解明しようという刺激を全国の研究者に与えることができれば」”
“これまで国内では、金取遺跡(岩手県)の旧石器が8〜9万年前で最古とされてきた”

09/09/30 出雲で国内最古の旧石器 12万年前地層から /日本海新聞
http://www.nnn.co.jp/news/090930/20090930050.html
“「尖頭(せんとう)スクレイパー」には先端をとがらせるために1〜2ミリずつ削った跡があり、松藤教授は「何かを突き刺すことを意識している。人が作った石器に間違いなく、自然石が偶然ぶつかり合ってできたものではない」”
“大陸から日本に人類が渡ったのは約4万年前というのが定説となっていた。国内ではこのほか、入口遺跡(長崎県、約9万年前)や金取遺跡(岩手県、9万〜5万年前)の発見例について旧石器の可能性があるとされている。”

0034 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:10〕〔210.229.12.62〕
        親_0033 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
------報道翌日・翌々日 新聞コラム---------------------------------------------------------

09/10/01 Web東奥・天地人 /東奥日報
http://www.toonippo.co.jp/tenchijin/ten2009/ten20091001.html
“2000年11月、日本の考古学界を揺るがす事件が起きた…(中略)…なぜ見抜けなかったのか。研究者たちの力量や学界の体質が厳しく問われ、考古学ファンをがっかりさせたことは記憶に新しい”
“今度の発見は、そうした起源を考える上で手掛かりとなりそうだ。むろん専門家の中には慎重な見方も。かつての苦い記憶があるのだろう。調査と分析をさらに進めて、可能性を現実に近づけてほしい”
 ※慎重さが必要なのは、旧石器だけではないですよ!

09/10/01 河北春秋 /河北新報
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20091001_01.htm
“ホントかいな。旧石器の新発見というと、つい疑いの目で見てしまう…(中略)…苦い思い出がある。仙台市の山田上ノ台遺跡で1980年、5万年前の石器が発見された…(中略)…興奮しながら取材した…(中略)…結果的に自分も捏造に加担してしまった▼今回の石器はどうだろう。素人目には、ただの石ころの写真にも、加工品のようにも見える。捏造騒ぎの教訓から「石器の可能性は半々」と慎重な意見もある…(中略)…騒ぎ以来、旧石器時代の研究は大きく後退し、教科書からも消えた。「神の手」の罪は深い”
 ※コラムにとりあげないわけにはいかないでしょうね

09/10/02 【勿忘草】最古の石器 (猪谷(いがや)千香/SANKEI EXPRESS)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/308194/
“大学で考古学を学んでいた当時、石器が苦手で仕方なかった…(中略)…「古代のロマン」ともてはやされる考古学だが、旧石器時代研究の地味な印象は否めない。しかも、捏造(ねつぞう)事件もあって、近年、そのイメージは決して良くはなかった。そこに、国内最古とみられる約12万年前の石器が、島根県・砂原遺跡で出土したというニュースが9月末に流れた。旧石器時代研究の久々の朗報に、私も胸が躍った。
 石器を自らの手で作り、生きた人がいたという事実。苦手意識はさておき、最古の石器が何よりも雄弁に語ってくれる歴史に、耳を傾けたい。”
 ※猪谷記者が元専攻生とはじめて知った。

0035 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:12〕〔210.229.12.62〕
        親_0034 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
------報告会当日・翌日------------------------------------

09/10/04 島根ワイド : 出雲で砂原遺跡調査報告会 /山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515447004
“調査報告会は地元住民向けと一般向けに2回あり250人が来場”
“参加した出雲市今市町の松本秀夫さん(72)は「古代出雲よりはるかに古い時代に思いをはせることができた」とし、多伎町の柳楽計さん(46)は「追加調査してさらに実態を明らかにしてほしい」と期待”
“関西外国語大の佐古和枝教授(考古学)は「旧石器発掘ねつ造の検証を生かした調査手法で再出発の第一歩。山陰から旧石器研究の発信が広がる」と歓迎”

09/10/04 国内最古の旧石器出土の砂原遺跡めぐり発掘調査報告会 島根/産経
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091004/acd0910042057004-n1.htm

09/10/04 16:39 砂原遺跡、地元市民に発掘成果 旧石器発見で報告/共同通信
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100401000281.html
“報告会に参加した同市の女性(59)は「遺跡は地元の宝。しっかり整備し地域振興の柱にしてほしい」”

09/10/05 砂原遺跡:12万年前の石片にロマン 調査報告会に250人−−出雲 /毎日・島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091005ddlk32040337000c.html
“発掘団長の松藤教授が、工具で地面を数ミリ単位で削りながら慎重に調査した過程を紹介。石片が自然石ではないかと指摘されている点に触れ、「周りに礫(れき)がほとんどなく、自然にできる状態ではない」と話した”
 ※そういう写真を見せられたの?>記者

09/10/05 島根・砂原遺跡 最古の石器、発掘者が報告/読売・大阪本社
http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is91005a.htm?from=ichioshi

09/10/05 旧石器出土・砂原遺跡の調査報告会 /朝日・島根(宮沢賢一)
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000910050005

09/10/05 ロマン感じる砂原遺跡報告会 /中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200910050002.html
“松藤さんは調査の進め方や成果を披露した。出土品の1つの剥片(はくへん)石器について「細かい加工が連続的にある」と強調”

09/10/05 旧石器時代 地道な検証を重ねたい /信濃毎日
http://www.shinmai.co.jp/news/20091005/KT091002ETI090009000022.htm
“捏造事件の反省を踏まえて、精密な発掘と厳密な記録保存に努めたことは評価できる。出土から手で取り上げるまでをビデオで撮影している”
“さらに、考古学者だけでなく、地形、土壌、火山灰の専門家も参加して検討を加えた”
“発見されたうちの一つは…(中略)…形状からみて人が作った石器に間違いなく…(中略)…と調査団はみている”
“自然に割れたのか人工的に作られたのか現時点ではまだ分からない−といった専門家の指摘がある”。
“今後…(中略)…接合する石器の破片が見つかるかどうかにも注目したい”
“飯田市の竹佐中原遺跡…(中略)…公開しつつ慎重に調べており、まだ年代は確定していない。こうした地道な検証が、考古学への信頼を回復する道だ。
 より古い石器発掘を目指した行き過ぎた競争や、それに踊らされるようなことは再びあってはならない。砂原遺跡の位置付けをしっかり行う中から、旧石器研究を立て直したい。”
 ※取材をきちんとしている印象

0036 RE:出雲の「前期旧石器」 早傘 〔2009/10/10-21:12〕〔210.229.12.62〕
        親_0035 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
--考古学研究者の意見-----------------------------------

09/09/29「砂原遺跡の約12万年前とみられる石片」八ケ岳だより
http://tsutsumi.blog.so-net.ne.jp/2009-09-29
“石片の写真を見たかぎり、石器の場合、自然石の場合、双方があり得る…(中略)…自然状態でこの手の石材を含み得ないのでしょうか…(中略)…
私自身は、後期旧石器以前とされる資料の評価には、慎重を期したいという立場は変わりません。”
09/10/03「注目の砂原遺跡の記者発表資料」八ケ岳だより(堤隆)
http://tsutsumi.blog.so-net.ne.jp/2009-10-03

09/09/30「出雲市多伎町砂原遺跡について」山田康弘
http://www.mable.ne.jp/~ultrahawk001/osirase.html
“バルブがこの位置だとすると,アクシデンタルな剥離ではなく定型的な剥離だとしたら,どんな打面を想定すればいいのか,縄文墓制の研究者である私にはわかりませんでした。また,流紋岩製の資料についても見せていただきましたが,私には目が届きませんでした…(中略)…結論として,私にこの資料は石器かどうかと訊ねられたら,「私にはわかりません」と答えることになるかと思います”
“山陰中央新報に,昨日私がお話ししたニュアンスとは少し異なる感じでコメントが掲載されたので,一言ここに記しておこうと思い…(中略)…島根県における先史学的研究,旧石器の研究が活性化してほしいというコメントは,私の気持ちその通り”
“「これが町おこしにつながれば」との記事がありましたが,これは少々先走り過ぎ…(中略)…私自身も大学2年生の頃に宮城県の「馬場壇A遺跡」の発掘調査に参加し,その当時の雰囲気を少しは知ってます…(中略)…まずは冷静に見守ることが大事”
 ※収集した記事では、山田氏のコメントは中国新聞のみに掲載されている(“「県だけでなく、日本の先史学研究に弾みがつく」と喜んだ”)。おそらく紙名の誤記であろう。さきにコメントを目にし、山田氏らしからぬと首をかしげたが、氏のページを見に行って一安心。阿部氏と馬場氏も記事化されたコメントのように前のめりな態度ではないと思う。

09/10/01「砂原問題」margin blog
http://maia.exblog.jp/9044441/
 ※10/04に追記されている

09/10/04「偽石器の要件」角張淳一
http://www3.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?koukogakuiken+835
09/10/04「不安は募る」角張淳一
http://www3.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?koukogakuiken+836

0039 RE:出雲の「前期旧石器」 研究者の意見 追加 早傘 〔2009/10/20-20:51〕〔202.219.168.67〕
        親_0036 根_0029 引用して返信 引用無し返信  メール 
ぼちぼちと

諏訪間順「砂原遺跡のその後」
http://jun3519.blog.so-net.ne.jp/2009-10-12
“前中期旧石器ねつ造事件では、それぞれの研究者が各自の見解をきちんと表明せず、ささやかな疑問をそのままにしてしまったことが長い間ねつ造を見逃してしまったという点は間違いないと思います。今回の砂原遺跡の評価について、「資料を見ていないためにコメントできない」という研究者は多いと思いますが、その点を明確にした上で、それぞれの立場から多角的な検討がなされることを期待します。”

矢原ブログに綿貫俊一氏がコメント
http://d.hatena.ne.jp/yahara/20090930/1254316273#c
2009/10/13 20:10 綿貫俊一
“東北の「前・中期旧石器」を主導した人々のマスコミ発表と変わらないのがショックでした。一度大きく発表してしまえば、その後疑問が生じても退くことが困難になります。”

山田康弘氏のお知らせのページに、10月18日付で追記
http://www.mable.ne.jp/~ultrahawk001/osirase.html
“ただこれらの資料を見ていて思いだすのは,大学時代の恩師であった先生がおっしゃっていた言葉です。「ジオファクトなのか,アーティファクトなのか,古いのを見分けるのはホント難しいんだよ。石器は産状(出土状況)が大切なんだよ。それで最終的に判断するんだよ」”


ところで、矢原氏の元記事とその後のコメントについて、皆さんの評価には首をかしげている。
1.結論(「あの捏造事件から、研究者も新聞も、論文として審査されることの重要性を学ばなかったのだろうか」)は正しくとも、
2.その根拠(「東アジアへのホモ・サピエンスの移住が5(-6)万年をさかのぼることは、まずあり得ない。もし「日本最古の石器」がほんとうに12万年前のもので、ほんとうに石器なら、NatureかScienceに発表できる大発見だ。」)は的はずれ。
3.そのことについて適切なコメント(「研究者は,Homo sapiensでは無く,ヒト属(たとえばHomo erectus)を想定しているのだと思います」)が入ると、
4.誤りを認めるどころか、さらに的はずれでトンチキな反論(「Homo erectusは50万年前には滅んだと考えられており…(中略)…中期旧石器時代の東アジアにHomo sapiens以外のヒト属がいた可能性はあると思うし、このようなロマンのある仮説」)
*Homo erectus の絶滅時期が50万年前とは何処の定説なのか? 系統上の位置付けはともかくも、中期旧石器時代の東アジアにおけるHomo属の存在を否定する意見があるのか?

このような「理系の先生」は、もてはやすべきでないと思う。
大杉さん、矢原さんの主張は科学的な根拠に基づいていますか?

0050 裏も表もありゃしない 早傘 〔2009/11/05-20:26〕〔210.131.85.87〕
        親_0039 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
 9月の埋蔵文化財関係新聞記事集である『文化財発掘出土情報』11月号は、砂原遺跡特集を組んでいる。
 山陰中央新報の9月30日付の記事も収録する。同社のウェブサイトでは配布されていない記事である。
 1面かと思える「地表数ミリ見逃さず」と社会面か地方面と思える「地元に興奮と熱気」という記事である。後者の記事に山田康弘氏のコメントも紹介される。「今回の大発見をきっかけに旧石器時代の研究を活性化させないといけない」というものである。
 同氏ウェブサイトの「昨日私がお話ししたニュアンスとは少し異なる感じでコメントが掲載された…(中略)…これをきっかけに島根県における先史学的研究,旧石器の研究が活性化してほしいというコメントは,私の気持ちその通りです」というコメントと符合する。
 http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=kouzi.log&keyno=0036 の“紙名の誤記であろう”という推測は誤りであった。山田氏にお詫びしたい(彼から抗議のメールがあったわけではないよ)
 これまでこの板でいくどか話題にしてきた『文化財発掘出土情報』の編集後記。今月号は、石器と自然礫の判別が重要な問題だという長介氏の言をひきつつも裏日本と蔑まれた日本海沿岸に日が当り云々と、いかにもかの編集後記らしい、願望優先のまとめかた。
 30数年前に森浩一を中心に盛上がった頃はそういう視点が新鮮だったけど、いまさら「裏日本」を持出すとは。「地域に元気をあたえる考古学」→「考古学で町おこし」といく経路、『古代史発掘総まくり』に代表される、マスコミと一体となった考古学(舌の尖った人は学の字をはずせというかも)の普及。これらは、森浩一の大きな功績であるとともに、捏造遺跡の涵養・宣布をせしめることとなった。
  http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0258
の“かつて、森浩一氏が、捏造問題を論ずる一文で、考古学はマスコミともたれあうべからずと論じたことがある。その時と同じ痛烈な違和感”という表現は、上記のような背景を踏まえてであることは、いうまでもない。
 とすれば、松藤氏が、出雲の地を舞台としてマスコミ先行の「考古学」を展開したことは、同大教授としての正道?
 出雲の隣の黄泉の國では酒詰先生が苦虫を噛みつぶしているかもしれない。
 酒詰とは誰か、学びたい方は下記の企画展示をごらんになるか、図録を入手なされ。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/kyoudo/09kaidukanimanabu/newpage5.html
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_news_release/022/022696.html

0038 RE:出雲の「前期旧石器」 報道10/10〜 早傘 〔2009/10/20-20:47〕〔202.219.168.67〕
        親_0035 根_0029 引用して返信 引用無し返信  メール 
09/10/10 12万年前の旧石器初公開 出雲・砂原遺跡で出土/共同通信
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101001000162.html

09/10/10 出雲で最古の旧石器初公開 /山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515568004

09/10/11 日本最古の石器を発見した自然地理学者講演 /山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=515593004

09/10/12 講座:砂原遺跡で日本最古の石器?発見の成瀬さん、県立古代出雲歴史博物館で/毎日・島根
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20091012ddlk32040274000c.html

09/10/13 砂原遺跡出土の旧石器に熱視線/朝日・島根
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000910130002

09/10/15 深さ2.5メートルまで再調査/朝日・島根(野中一郎)
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000000910150002
“出雲市多伎町の砂原遺跡で日本最古級の約12万年前の旧石器とみられる石片が見つかったことを受け、県埋蔵文化財調査センター(松江市打出町)は、遺跡の南東約200メートル付近にある別の発掘調査現場で再調査を始めた”

09/10/15 砂原●遺跡で地層調査 県埋文センター /読売・島根
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20091014-OYT8T01157.htm
“県埋蔵文化財調査センターは、日本最古とみられる約12万年前の石器が出土した出雲市多伎町の砂原遺跡の近くにある「砂原●遺跡」で、両遺跡の地層の関連性などを調べている…(中略)…(●はギリシャ数字1)”

見出しを見るだけで、ヤレヤレですね。

ギリシャ数字をウィキペで引くと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E6%95%B0%E5%AD%97

0031 RE:出雲の「前期旧石器」 大杉 〔2009/10/01-10:47〕〔210.230.192.131〕
        親_0029 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
ご無沙汰しています。
もうすぐあれから9年ですか。早いものですね。

九大の矢原さんが、ブログに非常に的確なご指摘をなさっておられましたので、ご紹介まで。

12万年前の地層から出た「日本最古の石器」への疑問(2009-09-30空飛ぶ教授のエコロジー日記)
http://d.hatena.ne.jp/yahara/20090930
もし「日本最古の石器」がほんとうに12万年前のもので、ほんとうに石器なら、NatureかScienceに発表できる大発見だ。自然科学の研究なら、このような発見は、専門家の審査を経て論文としてアクセプトされて初めて、科学的発見として認められる。今回、論文原稿が審査される前に新聞で大々的に報じられたことは、とても残念だ。あの捏造事件から、研究者も新聞も、論文として審査されることの重要性を学ばなかったのだろうか。

このピアレビューがなされないまま新聞発表がなされると言う構図は当時と全く変わっていないんですね。この部分が捏造事件が起こった理由の核心部分のはずなのに・・・大変残念なことです。

0037 出雲の十月は神有月 早傘 〔2009/10/12-18:29〕〔202.233.247.55〕
        親_0029 根_0029 引用して返信 引用無し返信 
ところ:タイヤメーカーのゴッドストン社の重役室
とき:2009年10月上旬
ばめん:月例の営業報告が終ったあとの雑談タイム

「厳しい環境の中で皆さんよく頑張ってくれてますが、このような時期こそ、春に備えて種まきをすべきでありませんか」
“長い目で見た投資ということですか”
「そうそう。一見、迂遠なようでもいつかは我社の業績に繋がるような」
“そうなりますと、やはり、自動車で長距離のドライブをするようななにかですね。石神家のお嬢さんを将来有望な政治家に嫁がせて、その子供が政権を取ったらガソリン税や高速料を安くさせるというのは”
「気が長すぎるし、そううまくいくはずもない」
“それでは、ミシュラン社の例にならい...”
「日本の名料理店は大都市ばかりだから、方向違いかな」
“いえいえ、史跡ガイドというのはどうでしょう。交通不便な場所が多いですよ”
「城とかお寺とか、大概、公共交通で行けるでしょう」
“縄文時代など、古い時代の遺跡は、不便なところが多いようです”
「どうせなら社名に縁のある石器時代がいいかなあ」
“前常務が、余生は考古学の勉強だと大学に通っているそうですから、その伝で専門家に相談してみましょう”

………………………………

“先生、カクカクシカジカで、これはという遺跡に☆マークをあたえたいのですが”
−これは...という遺跡にですね。私たちもそういう遺跡にほしのマークを付けることがあります。
“おお、そうですか。そういう遺跡が全国にあるとよいのですが”
−ああ、それはご心配なく。30年くらい前だと、北関東、岐阜、山口などで沢山みつかりましたし、この数年でも北は北海道から西は長崎まで。その気になれば全国どこでもみつけられますよ
“この間ニュースになった、島根の遺跡なんかはどうですか”
−流石です、M先生! と多くの人がいってますから、ほしのマークが付きそうですね...
“ありがとうございます。企業の社会貢献として取組ませていただきます”

誰がほしのマークを付けたか秘密のゴッドストンガイド。完成が楽しみである

0049 せっかく管理人氏に書評を紹介して頂きましたんで サトぴょん 〔2009/10/30-21:43〕〔61.205.38.48〕
              根_0049 引用して返信 引用無し返信 
アマゾンではサトぽん名義で、こちらの書評も書いております。ついでにどうぞ。

旧石器遺跡捏造 河合 信和 (著)(文春新書)

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4166602977/ref=cm_cr_dp_synop?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending#R2CAY31DK80H9F

0044 AMSによる年代測定についての素人の所感 山口 〔2009/10/30-10:02〕〔59.156.159.247〕
              根_0044 引用して返信 引用無し返信 
 AMSによる年代計測の議論は、学会誌だけでなく「季刊邪馬台国」のような古代史愛好家向けの一般誌でも「C14年代」→「暦年」の変換問題を中心に盛んに行われている。在野研究者の熱心さには感嘆する。
 AMSによる年代計測の実際(化学系論文で言えば実験の部)を記した考古学文献を読んでいないためか、老化により脳の記憶容量が少なくなったためか、AMSによる年代計測の議論は私にはよくわからないところが多い。
 不思議に思ったのは「C14年代」が例えば2520±20あるいは2450±40のように、標準偏差にあたる±1σが非常に区切りがよい数値で表されていること。
通常の統計計算では、標準偏差はお行儀の悪い数値になる筈だし、多数回測定しないと計算できない筈。不思議に思ってネットで調べると、「カウント数を数える計測法での変動はポアソン分布に従い……最尤推定法云々」といった文が見つかり、どうも測定されたカウント数により自動的に決まる数値のように見受けられた。
 すると、この±20とか±40の数値は、測定法に付随する原理的変動と見なせよう。
変動には、原理的変動の他に、遺物から測定用試料を調製するまでの実験的変動もある筈。
つまり、バラツキ=原理的バラツキ+実験的バラツキ が成り立つのではなかろうか?

遺物の一つのクルミを20分割して測定した西田氏のデータ(「季刊邪馬台国」101号p130に転載されている)を基に計算すると、この一つのクルミの平均値=2523(±原理的バラツキ)、標準偏差=17.8 となる。この17.8年が実験的バラツキに相当しよう。
原理的バラツキは20分割試料の内、16試料が20年、4試料が25年と記載されている。
20年とすれば、原理的バラツキ+実験的バラツキ=20+17.8=約38年となる。
西田氏のデータに基づけば、実験的バラツキを考慮に入れた1σ=38年、±で76年となり、1σは原理的バラツキ単独の場合よりもほぼ倍増する。
ある年を挟んで前後38年(=計76年)をとっても、そこに真の値が存在する確率は66.7%にしかならない。
以上の考え方、何かおかしいところがあるような気がするが、正しければ、AMSによる計測で十年単位の年代を議論するのはかなり無理があるように見える。

0048 RE:AMSによる年代測定についての素人の所感 早傘 〔2009/10/30-20:47〕〔202.219.168.120〕
        親_0044 根_0044 引用して返信 引用無し返信 
山口さん、おひさしぶりです

> 不思議に思ったのは「C14年代」が例えば2520±20あるいは2450±40のように、標準偏差にあたる±1σが非常に区切りがよい数値で表されていること。

 5年を単位とした有効数字1桁(端数切上げ)と理解すればよいかと。たとえばc14のカウント数が25万個であれば、統計的誤差は√(1/250000)=0.2% c12の比率が1%違うと年代は80年違うから、0.2%ならば約16年。切上げて20年という具合になる。また、大抵の測定機関は、ときどき標準試料の炭素年代を多数計測して、そのバラツキが統計誤差と大きく異ならないことを確かめている(統計誤差より大きい場合は、それらと同時期に計測したデータの誤差にも、そのバラツキを採用する)

>つまり、バラツキ=原理的バラツキ+実験的バラツキ が成り立つのではなかろうか?
>20年とすれば、原理的バラツキ+実験的バラツキ=20+17.8=約38年となる。

http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/c14/doyoukouko0409.htm
にも書いたとおり、誤差の和は、平方和の平方根となります。
 また、西田氏のクルミの例のような、同一資料から作成した多数の試料の測定結果のばらつきは、山口さんの言う「原理的バラツキ+実験的バラツキ」に当ります。つまり、切上げられる前の原理的バラツキをxとし、実験的バラツキをyとすれば √{x^2+y^2)≒20 であるということになります。xが仮に16の場合、yは12となります(この例は3:4:5の直角三角形)
 西田氏が北海道道埋文センターの市民向けパンフで主張していることは、まったくの見当違いで、あのクルミのデータはむしろ、(良質の資料であれば)試料調整過程で生じる誤差が充分に小さいことを示したデータというべきなのです。
 誤差の和の計算法は、誤差を取扱う上で初歩の初歩。西田氏が知らないことはある意味やむをえないが、実は、小林謙一氏が数年前に『考古学研究』誌に発表した論文でも、同じ誤りを犯しています。ですから、小林氏が『縄文時代』誌の動向欄で他者を“統計学を理解していない”という風に揶揄する文章を(ほぼ毎年)目にするたびに、 ( ´∀`) なのです。

0040 いまさらながら週刊文春10月22日号 早傘 〔2009/10/27-19:10〕〔219.104.148.100〕
              根_0040 引用して返信 引用無し返信 
 不思議と話題にならないが、10月15日発売の週刊文春で表題の記事が載ったのだった。
 週刊誌・月刊誌は、店頭で入手容易な最新号のうちに紹介することを常としてきたが、週刊文春の場合は公立図書館に置いてあることが多いので、慌てることもないと反応を見てきたのだった。
 今回の記事は、この10年を思い返させる接点が多く、俺に愉しませるために書いているのかと言いたくなるほど。
 まず、執筆者は「ジャーナリスト 河崎貴一」。この名前でピンと来る人は「まだ考古学に関わってるのか」、こない人は「誰それ?」となろう。例の聖嶽の記事を書いた記者である。
 記事の基調は、安本美典氏(「問題提起した安本氏」と写真まで掲載される)。とたんにいかがわしく感じる読者は多かろうが、記事全体としては、さほどおかしな事は書いていない。
 週刊文春だから当然、朝日新聞にかみついている。日本考古学協会で発表する2日前に報道したのは歴博からのリークではないかとか、歴博の主張そのまま垂流しじゃんとか。
 コメンターとしてまず登場するのは数理考古学者と紹介される新井宏氏。氏がこれまで発表してきた較正年代批判はマトモとトンデモが斑模様であることが楽しめるのだが(この板で紹介しようとしつつさぼってしまった)、文春で紹介されたコメントはマトモ(微妙に妙な表現はあるが氏の責任か記者の責任か不明)。
 次に登場するのが北芳隆條氏(東海大教授・日本考古学協会理事と紹介される)。コメント内容は北條氏のブログ「私的な考古学」の下記記事を参照されたい。

2009/5/31(日) 午後11:00 第75回日本考古学協会大会
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/1744586.html
2009/6/2(火) 午前 0:28 歴博の「古墳出現の炭素14年代」へのコメント(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/1784836.html
2009/6/2(火) 午後10:02 歴博の「古墳出現の炭素14年代」へのコメント(2)
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/1810784.html
2009/6/6(土) 午後10:11 測定誤差をゼロに変換する”串刺し技法”
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/1948915.html
2009/6/7(日) 午前 8:30 操作性の自白ー古墳出現の炭素14年代へのコメント(4)
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/1960257.html
2009/7/13(月) 午後10:25 ようやく回復
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/archive/2009/7/13

 日本文化財科学会の様子に関しては、伝聞に過ぎないので、報道のソースとしては不適。
この辺が詳しい
未完空間 2009/7/14(火) 日本文化財科学会所感
http://hydroxide.seesaa.net/article/123446623.html

北條ブログで、掲載号発売後にそれにふれた記事はなかったが、炭素年代関連記事としては下記。
2009/10/16(金) 午前 0:48 新納泉著「箸墓古墳の炭素14年代考」
http://blogs.yahoo.co.jp/yhojo_6261/8333034.html

 他のコメンテーターは、橿考研の関川尚功氏。いかにも安本氏の人選という感じ。
 文春記事の評価できる点は「(安本・北條・関川)それぞれ立場は異なるが一概に否定的」とおさえたところ。
 箸墓炭素年代問題についてはそれがポイント、というか、安本はどうでもよいし、関川氏の年代観もいまや固陋にさえ見える少数派(だから間違いというわけではないことはいうまでもない)。
 むしろ、白石太一郎氏を筆頭に、年代観そのものについては異論がない研究者が多数派であるだけに、擬似ウイグルマッチングの手法の是非や、測定資料の相対年代の問題に焦点をあてた議論となっている。弥生開始年代問題については、既存の年代観の不備をついた結果、歴博有利になてしまったが、箸墓問題については、歴博の分が悪いのである。

0041 偉そうに裏事情の解説をしてばかりいるが あんたナニ様だ 〔2009/10/29-17:57〕〔61.205.38.48〕
        親_0040 根_0040 引用して返信 引用無し返信 
そもそも安本氏の本が話題にならなかったのだから、河崎の記事が話題になるわけがないと思うがね。

安本氏の主張は以下↓。

http://yamatai.cside.com/yasumoto/tyosyo99.htm

読んで「なるほどね」と思うことも多かったが、北條さんとか、河崎が何者か知った上で、取材に応じたのかね。

0042 もちろんご存知の方は多いと思うが あんたナニ様だ 〔2009/10/29-18:14〕〔61.205.38.48〕
        親_0041 根_0040 引用して返信 引用無し返信 
今回、歴博に批判的な記事を書いた河崎元文春記者が、「聖嶽遺跡」が捏造された遺跡だと言う記事の、学問的な裏づけとして、一貫して利用したのが、歴博の春成名誉教授の論文だった。

どういう風の吹き回しだと、冷笑をもって対処するのが、普通であると思うが、河崎が北條氏に対して、取材のメールを9月下旬に送っているのがブログに残っていたりと、確信的に今回は歴博をターゲットにしたことが伺われる。

以上、これまでの経過から簡単に理解できる文春記事の裏事情である。

0043 いろいろ見てきたが あんたナニ様だ 〔2009/10/30-00:35〕〔61.205.38.48〕
        親_0042 根_0040 引用して返信 引用無し返信 
実は河崎が記事書いてるってのは初耳で、やっぱり船頭くんは視野が広いとか、テキトーに感じ入りながら、いろいろと見て回っているうちに、安本氏
をいかにもイカガワシイ人間のように書いているところなんか、船くん、さ
すがだな(ワラ)と思うようになった。

今回の河崎の記事の意味は大きいよ。最高裁でボロ負けし、インチキ記者だ
とレッテルを貼られた怨念が、当然に向けられるべき人間に向けられたと言
うことざんしょ。河崎も文春も、恥も外聞もないなとは思うがね。

こいつらが考古学を食い物にした一部始終は、絶対に後の世代に分かるよう
に残してやる。河崎の記事を読んで、私はそう思った。

ということで今日はオシマイ。

0045 ハンドル名について 杜氏@管理人 〔2009/10/30-19:49〕〔202.219.168.120〕
        親_0043 根_0040 引用して返信 引用無し返信 
まずは管理人としての立場で
 “あんたナニ様だ”さん。舟々における投稿480,484の“掲示板の一読者”、投稿463の“調子のんなよ別働隊”の各氏と同じ方と推察します。
 ハンドルネームというものには、必ずいくばくかのメッセージ性が伴いますが、メッセージそのものでは困ります。
 掲示板タイトルの直下からリンクしている「掲示板の利用にあたっての注意」(http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/bbsnotes2.htm)
をもう一度お読みください。
“繰返し投稿される方は、個性的なハンドルネームを継続的に使用してください。出来れば、他のサイトでのハンドルと同じものにして下さい。「通りすがり」「ROM」「傍観者」「一般人」「素人」「野次馬」といった類の無個性なハンドルは、おやめ下さい。ここに列挙していなくても、人に不快感を与えるように思えるハンドルは、おやめください。”
としたとおりです。
 貴方は、
Wikipedia「聖嶽洞穴」の項目を偏執した“サトちゃん”氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E8%81%96%E5%B6%BD%E6%B4%9E%E7%A9%B4 
Amazonで『インターネット犯罪』(河崎貴一,文春新書)の書評を書いた“サトぼん”氏
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E7%8A%AF%E7%BD%AA-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%B2%B3%E5%B4%8E-%E8%B2%B4%E4%B8%80/dp/416660161X
と同じ方であろうとかねてより推察しています。そうであれば、この板でもどちらかをハンドルとしていただければと、お願いします。
 なお、投稿41〜43は40へのレスであることが明らかなので、そのようにツリーを編集させていただきました。以後の投稿では、[引用無し返信]のボタンをご活用いただけますよう、お願いします。

0046 おかしなこと言いますね あんたナニ様だ 〔2009/10/30-20:28〕〔61.205.38.48〕
        親_0045 根_0040 引用して返信 引用無し返信 
私、ここが誰によって管理されているか、だいぶ戸惑ったんですが。

船頭か早傘か杜氏か、分かりにくいと思ってないのは、あなただけ
では?。そもそもいつから管理人が変わったかも、大分、後になっ
て分かったのですがね。

もちろん、HNを変えろと言うご要望なら、従いますが。

で、ご指摘のとおり、WIKI及びアマゾンでは「サトちゃん」「サトぽ
ん」と言うHNを使用してますが、掲示板とぜんぜん、性格が違います
からね。難波先生なんか、「旅人2号」でアマゾンに登場されてます
んで、次回よりHNを変えて発言いたしましょう。

0047 HN変更します サトぴょん 〔2009/10/30-20:39〕〔61.205.38.48〕
        親_0046 根_0040 引用して返信 引用無し返信 
あんたナニ様だ→サトぴょん

WIKIだのアマゾンのリンクまでご丁寧に貼って頂いて。そんなに気にして
頂いてたんなら、早く言って頂いたら。

0028 女性セブン「業界くん」 かも 〔2009/07/11-11:18〕〔125.2.8.9〕
              根_0028 引用して返信 引用無し返信 
早傘さま ご無沙汰しております。

以前、早傘さまほか埋蔵業界関係者のご協力をもとに作成しました「考古学用語実用辞典」を元にさらに編集した「面白発掘用語辞典」を女性セブンが発見して、記事にしてくれました。最新号なのでもしよろしかったら立ち読みしてください。

青物やタヌキは早傘さんのネタだったと思います。ありがとうございました(?)。

0026 見聞言(横浜開港150周年記念) 早傘 〔2009/07/08-19:29〕〔211.128.193.51〕
              根_0026 引用して返信 引用無し返信  メール 
平成21年
06月29日(月) 朝からでなければこなせない日程を予定しているのに例によってだらだら。10時頃に家を出て高崎線湘南直通ラインへ。12時少し前に横浜駅着。西口から歩いて10分、“Bistro Lyon 巨砲”に到る。ネットで見た情報ではそれほど込んでいないとのことだったが、ほぼ満席。カウンターの隅になんとかもぐり込む。主な客層は姥齢の御婦人。店内に店主の元職をアピールするものは乏しく、普通にプチレストラン。ランチメニューから、欧風カレーを選択。
「辛口にもできますが」
―じゃあそれをお願いします
「大辛と激辛がありますが?」
―大辛の方で(その二択?... )
出てきたカレーは並ではなく辛い。事前の心構の有無を別とすれば大沢食堂の中辛に準ずるほど刺激的だった。次の機会があれば普通でいいと答えよう。
ネットでゲットしたサービスチケットを見せてソフトドリンクをいただく。胃と心を落ち着けて会計。
―今日は親方は?
「お昼はいないんですよ。夜なら大体いるんですが」
そうか、次はそうしよう。
駅まで戻り地下鉄みなとみらい線へ。
南下してパシフィコ横浜展示ホールへ

前々日はじまったばかりの「海のエジプト展」
当日券売り場は行列5分
大枚をはたいて入場
長いエントランスはどうでもよい。実物を見たいのさ。
実物の前は導線に沿って列となっている。
が、側面・裏側はだれもいない。独立した台座だから裏へも回れるのだ。じっくりと見る。
すべすべしてるなあ。
あれもこれも。
嘆息が掛るほど近くに寄って見ることができる。有り難い。
広い会場、一つずつ丁寧に見る時間はない。ことに人の群がる金モノのはパス。
よいモノを観ながらすすむうちにネクタネボ1世のステラ(石碑)
きれいだなあ。まるで墓石屋さんの見本のように掘り痕が新鮮。まことに奇跡的な保存状態といえる。
しゃがんで観察している後から「レプリカに見えてしょうがない」と姥齢の御婦人の聲。

会場のあちこちにはビデオ。調査の様子。海底でこういう風に発見されたのか。ふうん
巨大石像をトラックで輸送している場面、後で観ている若い女性が「石像の上に座ってるし(゜_゜;)」
異教徒の偶像にはフランクな人々なのだった。

ぴかぴっかな石像の数々を笑顔で進んで行き、出口近くの休憩スペースに図録の見本がぶらさがっている。2400円は、厚さ・内容からすれば安いと思うけど、いずで古本で買うことにしよう。中身を拝見。例のステラの解説が興味深い。完形のステラはこれを含め2例しか知られておらず、既発見1例と今回のステラは同形同大同内容、唯一、建立された地を記した数文字のみ異なるのだという。しかも、海底のステラにはその数文字部分(間に行替えを挟む)のみ、他の箇所に観られぬ線の引き直しの痕跡があるのだという。解説文を書いた研究者は、この石碑を作った工房の編集の工夫を示すものとしている。そしてこの石碑については“発見物の中でも最も奇跡的なもの”(記憶に基づく不正確な引用)としている。同感。

立ち戻って当該箇所を観たいけれどもこのあとの予定に差支える。すでに予定よりも時間をくってしまっている。

みなとみらい線にもどり武蔵小杉駅からバスで20分。T社の或安藤英センター構内のある建物へ。昔のことをいろいろと教わる。そんなカラクリがあったとは! 時間となったので、再来を期して出構。

充実した一日だった

0027 見聞言(横浜開港150周年記念)' 早傘 〔2009/07/11-11:08〕〔211.2.111.220〕
        親_0026 根_0026 引用して返信 引用無し返信  メール 
07月07日(火) 朝からでなければこなせない日程を予定している。8時頃に家を出て高崎線湘南直通ラインへ。10時少し前に横浜駅着。
地下鉄みなとみらい線へ。南下してパシフィコ横浜展示ホールへ

前々週はじまったばかりの「海のエジプト展」
当日券売り場は行列5分
大枚をはたいて入場
長いエントランスはどうでもよい。実物を見たいのさ。
実物の前は導線に沿って列となっている。
が、側面・裏側はだれもいない。独立した台座だから裏へも回れるのだ。じっくりと見る。
すべすべしてるなあ。
あれもこれも。
嘆息が掛るほど近くに寄って見ることができる。有り難い。
広い会場、一つずつ丁寧に見る時間はない。ことに人の群がる金モノのはパス。
よいモノを観ながらすすむうちにネクタネボ1世のステラ(石碑)
図録のとおり、先例と異なる地名のところのみ、下書きを消したような痕跡。そしてその部分は特に掘り痕が新鮮。まことに奇跡的な保存状態といえる。
しゃがんで観察している横から「台座にもさわらないで」すみません。後から「まるで最近彫ったみたい」との妙齢の女性の聲。

会場のあちこちにはビデオ。調査の様子。海底でこういう風に発見されたのか。ふうん。ビデオでは“ナイル神の像”はフジツボが沢山付いているな。現物をよく見ると、髭の隙間にフジツボの残渣のような白色物が。ということは、付着物を徹底的に除去する副作用でお肌もピカピカなのかなあ。そうだとすれはヤリスギだ。

ぴかぴっかな石像の数々を笑顔で進んで行き、出口近くの休憩スペースに図録の見本がぶらさがっている。2400円は、厚さ・内容からすれば安いと思うけど、いずれ古本で買うことにしよう。中身を拝見。例のステラの解説を書いた人の解説文は他の展示品についても、味わいのある表現。

資料の単なる陳列ではなく、古代エジプトの香りを試せるコーナーなど、さまざまな工夫がある展示。お金がかかる手法だが、参考になる。

すでに予定よりも時間をくってしまっている。

みなとみらい線にもどり京浜東北に乗り換えて川崎駅。迎えの車で10数分。t社の或安藤英センター構内のある建物へ。t社OBの方に昔のことをいろいろと教わる。本部の建物に入れていただき、資料を拝借。

京浜東北線に戻り横浜駅西口から歩いて10分、“Bistro Lyon 巨砲”に到る。ディナータイム。ネットで見た情報ではお昼には満席とのことだったが、がらがら。メニューから、ポークソテーを選択。
元親方はみかけなかった
最後まで貸し切り状態だった

充実した一日だった

0023 素人の疑問 山口 〔2009/05/04-08:45〕〔211.132.86.230〕
              根_0023 引用して返信 引用無し返信 
考古学協会大会のプログラムを眺めていたら、
海外の遺跡・遺物に関する発表がかなり多い。
それから感じた疑問。

Q1.何故だろうか?
Q2.日本国内での発表は、現地の学会または専門家にも還元されているのだろうか?

お門違いの内容を書き込んで申訳ない。

0024 RE:素人の疑問 はやかさ 〔2009/05/05-19:22〕〔210.131.37.155〕
        親_0023 根_0023 引用して返信 引用無し返信 
おひさしぶりです、山口さん

「総会」の有り様をめぐる話題はお門違いどころか本流かもしれません。

さりながら、
「海外の遺跡・遺物に関する発表がかなり多い」でしょうか?

日本考古学協会のサイトによると会員は約4000人。この規模の学会ならば発表の総数が数百あっても不思議ではない。海外を対象とした発表が数十件あってもおかしくない。むしろ、少ない、といえるかもしれません。協会員の中で海外を研究対象としている人の比率(相当低いだろう)と比べると、口頭発表における比率は高めとは思いますが、それほど顕著ともいえない。

日本考古学協会の場合、大会プログラムに乗る研究発表以外に、図書交換会場で「本日発売」となる多数の同人誌に掲載された論考が、事実上の“総会での発表”ともいえます。それらの雑誌に載った論考をカウントすれば(減少傾向とはいえ)数百の発表となるでしょう。しかし、それらの主に特定地方を基盤とした同人誌に海外をテーマとした発表は少ない。海外をテーマとした発表の比率は低くなるでしょう

さて、日本考古学協会総会での口頭発表が現地の学会に直接還元されるかと言えばされないでしょう。しかし、日本国内で展開される海外文学の研究の多くのように、国内で閉じた研究(じゃないのかなあ?)とはなっていないと思います。現地の考古学者の協力を得ながら調査し、その成果を日本の考古学者に周知しようとする場として総会が利用されているだけであり、現地では現地語(または英語)で発表しているものの方が多いと推測します。

0025 RE:素人の疑問 山口 〔2009/05/07-10:01〕〔211.132.86.230〕
        親_0024 根_0023 引用して返信 引用無し返信 
ご教示有難うございました。

>図書交換会場で「本日発売」となる多数の同人誌に掲載された論考が、事実上の“総会での発表”

図書交換会がそのような役割を果たしているとは、知りませんでした。

0020 嘘石事件 伊皿木 〔2009/01/02-17:37〕〔122.219.49.25〕
              根_0020 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
既にご存知のことかと思いますが、東洋図書の学習図鑑シリーズ『地学学習図鑑』(八木健三1953)に、べリンガーという人が学生が粘土で作った「化石」を採集して本を著した「嘘石事件」が記されており、矢島道子2008『化石の記憶』(東大出版会)にはその顛末が詳しく書かれている、ということを、藤井貞和2009「嘘石・博物学」『図書』第719号:1.で知りました。

0021 集骨土坑 早傘 〔2009/01/04-15:41〕〔210.229.12.81〕
        親_0020 根_0020 引用して返信 引用無し返信  メール 
タイトルを見てギョッとする閲覧者もあるかもしれないが、伊皿木さんへのコメントである
伊皿木さん、おひさしぶりです。

最初読んだときには、ご発言の意図が不明でした。[1953年に学習図鑑]というあたりに深い意味があるのかなあとか。
しかし、“べリンガーという人が”とう書きぶりを見るうちに、もしや伊皿木さんはベリンガー事件のことをご存じなかったのかと、思うようになりました。もしそうであれば、何とも意外なこと。化石とか古生物学関係の概説書であればたいてい解説されている、有名な事件ですからね。

この掲示板シリーズ(部屋,船,舟,舟々)でも、難波さんやMTさんがそれを踏まえた投稿を、と、引用しようとして、
過去ログをさまざまなキーワード(ベリンガー ドイツ 教授 太陽の化石 自分の名前 同僚 弟子 自著 回収 破産 などなど)で検索しまくってみましたが、該当する発言が見つからない。青森の過去ログにも、手元に保管してある南河内の過去ログになども見つからない。

釈然としないのですが、今挙げた(参加メンバーが共通する)考古系の掲示板でベリンガー事件への言及は初見かもしれません

これはさらに意外なことでした

おわり



タイトルと内容が関係ないじゃんとお思いの方へ。
例によって駄洒落ですよ










え、わからない??
だからさ、






いがいがいっぱい....

0022 RE:集骨土坑 伊皿木 〔2009/01/04-20:25〕〔122.219.49.25〕
        親_0021 根_0020 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
ありがとうございます。
発覚以前に当該事件について、言及している考古学者というのは、おられるのでしょうか?
土に埋まっているものを掘り出す学問に必然的に伴う負性・不正(土に埋め込むことができる)という意味で、もっと人口に膾炙されるべきエピソードだと思いました。

0003 見聞言(2008.02下〜04) 早傘 〔2008/04/30-12:30〕〔202.219.186.142〕
              根_0003 引用して返信 引用無し返信 
なにごともなく
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0477 の 続き)
02月21日(木) ようやく専門店ぎょうざ
02月23日(土) シンジさんのどこまでJOMONをお話しいただく。講演後ささやかなアフター。南の出身ではなく、元々北をやりたかったとは意外。バヌアツの話題も少し
02月25日(月) 板飯屋のランチをためす。値段相応。ひさしぶりの61。古代最新号など。奥付の発行日は昨年だが、出回りはじめたばかり。晩飯は巣鴨でモンゴル料理。岩塩のみの味付の羊肉と硬いパンのような物。なんとも素朴。調味料に慣れた舌にはすぐ飽きる。縄紋食もこのような素朴な味わいだったのだろうと想像した。
 草創期論文に目を通す。たつろう編年との差異は強調するが、その元となったとs氏が指摘しているSたつお編年とそっくりではないか。しかし、研究史の記述ではSたつお編年は爪形文の位置づけを間違えたという面でのみ言及される(このような扱い方は、s氏が指摘するO氏の学史記述とも共通する)。Sたつお編年における「隆帯紋・隆線紋」の使い分けは十数年前にs氏が指摘した。それを読んでいないのか? 掲載誌は前号で、次号から査読誌にすると宣言したはずだが.. さらには編集後記によるとこの論文を斡旋したのはs氏だというから摩訶不思議
03月02日(日) 日出るクニの弥生の縄紋をお話しいただく。イジラレ役を客席最前列に配し「櫛描文というのは coyD さんが好きな焼き鳥の串のようなものを数本…」。講演後、埼弥人たちと飲み会。遅れて到着するとすでに焼き鳥は食べ尽くされ串ばかり。残ったタレに流水文を描く。偶然にも前夜に古書をまとめて発注した朝日の父のシンジの話題など
03月03日(月) さいまいでしらべもの
03月08日(土) 石幵幹事会。つぶすかりすとらか
03月10日(月) さいまいでももんもんのしらべもの
03月11日(火) こくとでももんもんのしらべもの
03月15日(土) 在野精神の縄紋研究のお話しをいただく。あたままにあな人たちとファミレスで雑談
03月16日(日) せんだいゆき。やはりなかった(別投稿予定)
03月17日(月) めいはくとでももんもんのしらべもの。茶店で61さいとをちぇっくしたら待望の芹沢追悼論集入荷。とんでいく。
http://www.book61.co.jp/book_html/N02323/
03月21日(金) こくとでももんもんのしらべもの
03月24日(月) どつく→さいまい え、そうだったの! あべし
03月31日(月) 零時で看板が変わるよう設定。こくとであべ氏にかんする調査
04月06日(日) 町田市立博物館『世界の土器』。これは見応えがある。夜、SF乱学講座でみっくみくの遠いご先祖様を開発した方のお話し。「肖像画から声が復元できるという人がいますが、私にはできません。というか、その人だけが出来ると言っています。論文が書かれていれば批判も出来るのですが... 」
04月07日(月) 某院で、あべ氏の文書をしらべる。原本ではなく写しだが真贋を疑う必要はない。とはいえ、明治の手書き文字は読めないよ。コピーを大量に持ち帰る。職員は品が良く懇切な対応。院内の博物館もその院ならではの展示
04月12日(土) 思慕愚痴の発表を聞く。折り返し状口縁のルジメントとしての隆線だと思う
04月19日(土) 石幵幹事会。再構造化の相談

0010 なかった なかった 早傘 〔2008/06/03-20:29〕〔211.128.193.8〕
        親_0003 根_0003 引用して返信 引用無し返信 
いやされる
http://hayakasa.na.coocan.jp/bbs/godhand.cgi?df=hune3.log&keyno=0482
03月16日(日) いつも車で行っていた仙台だが、今日は新幹線。自由席でいいんだけど、この列車は全席指定か。仕方ない。
 仙台駅から一駅戻って長町。てくてく歩いて富沢遺跡保存館。ひさしぶりだ。
 前回来たときは、エントランスに「検証展示」があったような気がするが、偽記憶だろう。
 展示を一通り見る。富沢でも捏造があったなどという世迷い言は書いていない。
 出口で図録を販売している。仙台市史を買おうとしたが置いていないという。富沢の発掘調査報告書も置いていない。報告書は前回買ったような気がするが気のせいだろう。
 受付で教わったとおりにバスで仙台市縄文の森広場に向う。
 さほどかからずに最寄りのバス停に。
 数分歩んで敷地に入ったところで、公用車が目の前を横切る。今日の講師を乗せてきたようだ。
 先に屋外を見学する。市民参加で製作した丸木舟。いいなあ。土坑や埋設土器の復元展示は、うううむ。土坑の野外展示の成功例ってあるのかなあ。復元住居は土屋根。最近の整備では多数派。屋内に入れるようになっていて、週何回か一斗缶で薪を燃やしているようだ。よくあるパターン。
 次は展示施設だ。体験も常番メニューが揃っている。体験のためのスペースがたっぷり確保してある。展示はいろいろと工夫があり、はずれもあるがなるほどというものも多い。メインは縄紋だが旧石器のコーナーもある。ここは後期旧石器時代の遺跡だもんな。前期旧石器がどうこうというパネルなど当然ありません。
 展示室を出ると目の前に体験活動室。何組もの親子が体験中。体験室がさらにもう一部屋か。いや、細長い部屋を仕切ったんだね。そちらが今日の講演会場。折りたたみ椅子から丸椅子まで総動員。よさげな席を確保してから、受付に戻り、受講の受付や販売物品のチェック。発掘調査報告書や仙台市史は売っていない。需要があるはずだけどなあ。
 100席近くが満席となって講演開始。今日が退職前最後の講演だそうである。「小学生で考古学に目覚めてから半世紀たった。今、半生記を書いている」そうである。“はんせいき”と聞いたときはドキリとしたぞ。講演の内容は予想どおり、最新の発掘調査事例や、里浜史跡公園をこうしていきたいといった内容。ねつぞうがどうこうという話題は当然有りません。

 「縄文の森」となった山田上ノ台遺跡。5年前とはすっかり様子が変わっていた。

0014 見聞言(2008.05) 早傘 〔2008/06/13-21:15〕〔202.219.232.174〕
        親_0003 根_0003 引用して返信 引用無し返信 
勝つも負けるも時の沁み
05月12日(月) 左今伊勢。n#氏にすれ違う。「今日はなんの用事?」ちょっとしらべもので「Cか」ええ、まあ「Kか」するどい! なぜ見抜かれてるの?
05月17日(土) ある小さな勉強会で、CのKのCのc〜kのCについて検証結果を発表。どういう形で表に出そうかな。
05月25日(日) 日本考古学協会総会 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaa2/convention/sokai2008.htm 。早起きして電車で。小田急線に汗をかきながら乗ってきたのは“まくや”氏。近況など交わすうちに大学前駅。この豪雨、タクシーは早い者勝ちだろうと早足で階段を昇りトップで改札を出る。案内役の学生にタクシー乗り場を聞き、一番乗り。勝ち組に近付いた。かと思ったが、どうみてもタクシーが来そうもない場所。これは間違えたと気付き、聞き直して真の乗り場に。負け組に近付いた。なかなかこないタクシー。ようやく次の次というところで、直前の男性が相乗りはいかがかと。こちらからお願いしようと目論んでいたから得たりや応。少し勝ち組に近付いた。歩けば息が切れる坂道もタクシーならあっという間。小銭の準備をしていると「出版社の者です。経費なので結構ですよ」
 勝 ち 組
一際の強雨の中、お礼を言って会場に。
ひとまわりして会場の構造、ブースの配置を押さえてから、第2会場に
9:30〜 9:55 藤尾慎一郎ほか「弥生時代の実年代」
9:55〜10:20 小林青樹ほか「東北アジア青銅器文化の起源と弥生開始年代」
が目当て。後部席は埋まっている。中央の前から2列目に。
 藤尾発表はいつもの延長と思ったら、後半に爆竹がが。AD2〜3世紀当りは IntCal とJCal に数十yrsBPのずれがあり、JCal で較正した方がよいという。
 これやばいだろ。IntCal そのものが、特定の資料のデータそのものでなく、複数のデータを統計的に処理したものでしかないから、ある樹木のデータがその曲線とずれていても当たり前。そこで地域差をいうには、ある範囲の複数の資料が一貫した傾向を示す必要がある。どれほどの範囲から収集されたどれくらいの量のデータを根拠とする主張なのかが問題だ。紀元前数世紀については、日本国内の樹木と Intcal はよく一致しているというのがこれまで歴博の提示してきたデータ。紀元後の数世紀だけ違うとすればその主張がどのようなデータに裏付けられているのかを明らかにして、どのような機序によるかの仮説も含めて然るべき場で議論されてから、マスコミも取材しているような場に提出すべきであろう(6月14,15の文化財科学会大会がそのような場となるだろう。自分は行けないけど http://www.ab.auone-net.jp/~jssscp25/program.html とここまで書いてもたついているうちに歴博科研費のニュースレターが届き、すでに国際学会でも発表し、“AnoHen'noKyokusen'haDeetagaSukunaisiSumuuzin'gumoSiterukara”といわれたとのこと)。
 ということで、質問タイムにすっと挙手すると(司会から見えやすいように視線を確かめながら左手を挙げた)一番で指される。右後ろから“負けたか”の声。振返るとi先生。勝ったね Y(~~) どれほどのデータに基づく曲線か、具体的には何本の樹木に基づくか尋ねると2〜3本という。それは弱いなあ。ま、あとで詳しく聞こう。他には、誰だったか忘れたが西日本の古墳研究者から、JCAL に従ったとしても古墳開始年代は歴博の主張する3世紀半ばでなく3世紀末/4世紀初に交叉するのではないかとの質問や、i先生から、昨年までと比べても、実年代の推定結果を断定的に表現しすぎではないかなど。
 人工物編年を主題とする青樹発表には、宮本氏から、無理のある案との反論。実証的な議論による研究の進展を期待。
 小一時間、図書交換会場。版元から“間に合わない”と聞いていた『縄文研究の新地平(続)』が売ってるじゃん。ささやかな虚面倒を書いたから後日送ってくれる筈
 今年は軍資金を用意しそこねたし、身重にもなりたくないから、すぐに読みたい本だけ拾っていく。でも、軍資金の範囲で大体まかなえてしまった。
 『論集宇津木台2』は新地平第1回の記録集。ブースで“懐かしいなあ”と呟いたが、つらつら思うに第1回は行かなかったんだった
 講演記録といえば『多摩考古38』の「山内清男氏、佐藤達夫氏講演 -無土器文化と縄紋文化の年代(2)- 」が重要な記録
 『考古学集刊4』は、絵葉書・鉄・レーザーと3本も面白い
 『利根川30』は貝塚特集。『考古学VI』は終刊記念
 人気(ひとけ)が少ない西日本部屋でひっそり売っている『青藍4』が鳥居龍蔵特集。これは欲しかったんだ。
 学史といえば、学史に詳しい数人にまぁくんを知っているか聞いてみたが知らないって。そうなのかムフフ
 その他、毎年買っている雑誌いくつかと、珍しく報告書(早期末〜前期前葉)を2冊など
 そうそう、待ちかねていた大村裕『日本先史考古学史の基礎研究−山内清男の学問とその周辺の人々−』は、下総のブースで買った方がいいと思っていたが、著者のもとに届いたのが前夜で搬入が間に合わなかったとのことで、版元から買う。あとでブースに持って行ったが著者のサインは頂けなかった
 SM氏の発表を聞いてからps会場に。あむ氏の姿はなかった。ざあっと回ってから、そろそろすいているかなと食堂に。
 食券売り場で目の前に並んでいるのはSK1氏。「ちょっと張り込んでヅケ丼だ。これが心意気だ」それじゃ私も真似して。
 しかし長い行列だなあ。「ヅケ丼はこっちだぞ」 おお、短い。なるほど、これが資本主義というものか。勝ったね Y(^^)
 しかし、遅々として進まず。定食の長い行列は着々と進み、後から並んだはずの知り合いに次々先を越される。
 設備投資は安価大量生産に注がれ、特殊少量品は順番待ちこそ付加価値となる。これが発達した資本主義か (~~;)
 p.s.会場に戻るも、p.s.タイム終了間際のため、説明者少なし。結局あむ氏にはお会いできんかった。P25でからんだら、行きそびれた『シンポジウム 歴史教育と考古学』の資料集をCDで送っていただけることになった。西××の西≡さん、ありがとう。i村先生がいらしたので、会場では充分に聞けなかったことを聞く。地域差なのか、較正曲線の校正なのか、それが問題だ
 さあ、本日の発表で後々まで話題になるであろう可能性一番の石川日出志「埋蔵文化財発掘調査資格制度をめぐって」がそろそろ始まる。会場に着くとすでに満席であるどころか、ドアの外に数十人あふれている。掌を添えて耳を傾けても交換(交歓)会場のざわめきで発表が聞き取れない。負けたか。ドアの隙間から部屋を覗くと、おお、窓の外のテラスで聞いている人がいる。自分もテラスに回り込み、割り込む。聞こえる。勝った。発表内容自体はいまさら新味がないけれど、この一杯のお運びを実見したことに意義がある。
 展示室を見に行く。ブルガリアの石器のケースに、電車で読んだスポーツ新聞(1面はもちろん琴欧州)を置いてこようかと迷った。[この人の祖先が作りました]とか添え書きしてさ
 第1会場で球根の発表を聞いてから会場を見回すと★屋氏が見あたらない。「遺跡出土黒曜石遺物の化学分析に対する被熱の影響について」は裏メインイベントの筈だったのにそれじゃあつまらんと、第4会場へ浮気。第1会場に戻ると、丁度#発表が終り質疑に移るところ。やはり★はいないが、(藁)先生がきっちりと軽元素の扱いのおかしさを指導。まあ、少しは緊張感のあるやりとりをみれてよ勝った。

0017 観聞言(2008.06-08) 早傘 〔2008/09/02-20:26〕〔219.104.146.8〕
        親_0014 根_0003 引用して返信 引用無し返信 
06月01日(日) 長野のリニューアルした史跡の姿を見に行く。尖石や平出の初期の復元住居は、それ自体が学術財。原物あるいは設計が維持継承されている
06月07日(土) 行こうか迷っていたトンデモ本大賞2008に行くことにする。前売りなど当然買っていないから、当日券のために早めに会場に行く。発売開始の十数分前なのに行列が出来ている。驚いた。順番が来たので紙幣数枚に硬貨を添えて出すと受付が戸惑う。他の購入者は“AQUA”に付属の割引券を使うので小銭はいらないのだよね。“AQUA”はあまり買いたくない気分なので割引券など関係ないのだ。本番まで1時間以上ある。巨大書店まで行ってざっと新刊をチェック。会場に戻り物販会場など見るうちに開会。オープニングビデオは徒に冗長なばかりで笑えなかった。その他の企画も、面白くないか、2度目は笑えないもので、しかもそろって冗長。いやはや。トンデモ本大賞の候補作も昨年とはかけ離れた凡作ばかり。なんてことだろう。投票は、昨年出版された本で候補作以外のものへ。何票入るかなあ? そうそう、今年の企画の参加者は妙に構成者を持ち上げる感じの言葉が目立った。昨年毒を吐いた杉鉄さえも。よほど怖い人なのか、気遣いが必要なのか。結局自分が投票した本は1票だけとのこと。ふ〜ん? すべての企画が終了し、物販コーナーの前で待っていると腹山車。話すのいやそうだが声を掛ける。一言断れば済むだけのことを普通の引用だのと訳のわからない言い方で不誠実だよと。弱った顔をそれ以上みてもしかたない。寛政原本の状況など伺い、それではまた。
06月14日(土)〜15日(日) 某半島で標式遺跡の資料をあまた見せていただく。企画者に感謝。なお「直接対決」の模様を某氏がblogで触れるかと思ったが、スルーのようだ。ちょっぴり残念
06月20日(金) 先史学を学ぶ気があるなら必ず見ろといわれた科博のダーウィン展。最終日の日曜まで仕事なので無理かとあきらめかけたが、金曜は夜間開館か。5時で切り上げ電車を乗り継ぐ。かなり見学者が多い。このような時間にわざわざ見に来るだけあって皆さんじっくり見る。おらにも見せておくれ。手紙などの展示は英語が読めれば相当興味深いだろうが、幸い語学力に不自由なので、そこでは時間を使わずに済む。見たいものを見るだけで閉館ぎりぎり。なるほどこれは見るべき展示であった。
06月28日(日) この間見たばかり、完成したばかりの復元住居が不審火で全焼! http://www.shinmai.co.jp/news/20080628/KT080628FSI090006000022.htm
07月02日(水) 東久留米と日野でギザギザを見学。西国分寺で一杯
07月03日(木) 半島の付け根の某市で貝塚の調査現場を見学。数年後には編年の基準になる資料として扱われるだろう。土器も凄いが貝層・動物遺体も半端でない。帰りは隣町の展示を見ようか迷ったが、ふと思いつき寄席の初体験。なるほど、上手下手とはこういうことかと分かったような気になる
07月13日(日) 山奥で墓参りと土器観。数年後にはこの地域の編年の基準資料として扱われるだろう
07月23日(水) 明博図で文献集め。某読者と遭遇。最近書き込まないねえと。はあ。
07月28日(月) さいまいで県北の資料を見学。1片のギザギザは立派なギザギザ
08月02日(土) 茅野の資料を見学。1片あるギザギザは施紋具が普通のギザギザではない。限られた時間だが高速を活用して曽根展と井戸尻展も回る。
08月04日(月) 国図→61。ソウラン入手。印刷を失敗してるページがあるかもとのこと。なるほど、全ページに目を通せという版元の気遣いであろう。雑誌で見かけた某出版社ビル地階の洋食屋でメンチカツとビーフカレー。これからソウランまつりが始まるのかなあ
08月05日(火) 雨でダイヤの乱れる中、明博図へ。雑誌で見かけたうなぎ屋で普通の鰻重。街中を消防車が駆け回っている。大きな事故でもあったのか
08月10日(日) 飯田と岡谷の資料を見学。飯田の1片は紛れもないギザギザ。どこから入ったのか
08月17日(日) 目の前の寺で雨の中元上司の通夜。寿司サンド唐揚げをパクついて、出ようとしたら傘がない。普通の黒長傘だからまぎらわしいけれど、区別しやすいように[早傘]というシールを貼ってあるんだぜ(本当)。傘は天下の回りもの。ここの読者のどなたかが、そのような傘を手に入れたならばご一報ください
08月18日(月) 国分寺のギザギザを見学。収蔵庫の奥までひっくり返すハードな見学。2人がかりでなければ途中であきらめただろう。帰りに大宮ジュンクでようやく、学兄より教わった(この板で取上げるよう唆された)『ロズウェルなんか知らない』(篠田節子, 2008.07, 講談社文庫)を入手。ついでに『教科書から消えた日本史』(河合敦,2008.06,光文社)も。土曜考古の2次会でよくお世話になった餐店のところへ。正確にいつからかは知らないが2月頃に前を通ったときにはすでに新しい店名に変わっていた。単なる店名の変更か居抜きで別の店になったのか、初めて入ってみる。内装は変わらず、メニューも共通性が多いが、料理の質がはっきりと落ち、値段は上がっている。もう自主的に行くことはないだろう
08月19日(火) ロズを読み始める。ぐんぐん読む。あれ?
08月20日(水) ロズ読み終わる。感想は別途
08月25日(月) 神まいせで4遺跡のギザギザを見学
08月26日(火) 山梨考古博でギザギザを見学。企画展も見せていただく。破片の展示資料は口縁の側をわざわざ手前(見学者側)に向けている。なるほど、一般の人には正しい向きは重要でなく、考古人は口唇部の特徴を観たいから、これでいいのだ。真似しよっと。宮田村のギザギザとされるものを見学。残念、誤認だった。しかし当該時期の好資料には違いない。山の厚い土器と海の薄い土器、どちらがぬしかまろうどか。長野まで月に三度の往復は、このご時世に贅沢なふるまいだが、こちらの休める日と先方の都合の折り合いで仕方ないのだ。圏央道の延伸で甲信に行きやすくなったのが救い
08月31日(日) 夕食が楽しみな帰路、抜け道で止っている車。邪魔だなあ。え、パンク。人数が集まったら押せばいいかな。え、なにこの車輪の状況。どうしたらこう歪むか分からないけどレッカー車じゃないと無理だね。え、携帯持ってないの仕方ないなあ。JAFの番号も知らないって。ほいほい、ネットで調べりゃすぐだよ。ここがどこかもわからないの。それじゃJAFの中の人も困るだろう。ほら、この電子地図帳をごらん、とモバイル自慢。待ち合わせはここじゃなくて、坂の上の浄水場の前にしなさいね。歩いて数分だから。あ、あなたの車でふさがっているから車では送れないよ。さようなら。
 なんともぼやっとした人であった。車が止っている場所は豪雨があれば水没する谷間。そしてすでに雨がポツポツ。これでその谷を流れる川の名が芥川ならば、そのままお待ちくださいといったのだが

0018 RE:観聞言(2008.06-08) おーすぎ 〔2008/09/09-20:42〕〔210.230.192.131〕
        親_0017 根_0003 引用して返信 引用無し返信 
>06月20日(金) 先史学を学ぶ気があるなら必ず見ろといわれた科博のダーウィン展・・・なるほどこれは見るべき展示であった。

ご無沙汰しています。
時々掲載される記事、興味深く拝見しています。

自分は参加できなかったのですが、先日行われた進化学会は、かなり面白かった模様ですね。
詳細な報告が以下にあります(前後数日間の日記)。
捏造事件についても、篠田謙一さんが少し触れられた様子でした。

2008-09-03 日本進化学会2008参加日誌その2(shorebird 進化心理学中心の書評など)
http://d.hatena.ne.jp/shorebird/20080903
2番目は篠田謙一による「自然人類学が描く「日本人」の成り立ち」
・・・発表者は最初に出アフリカ説を聞いたときに「何バカなことをいってるんだ」と感じたそうだ.このあたりはなかなか興味深い.進化生物学的な普通の感度から行くと・・・むしろ出アフリカ説を最初に聞いたときには「それですべてがわかる」といって膝をたたくべき話のように思えるのだが,当時は多地域進化説が非常に深いところまで浸透していたということなのだろう.

次の激震はいわずとしれた旧石器捏造事件だ.出アフリカ説のあとも次々と発見される旧石器(一時は78万年前までいったのだ)と2000.11.5の激震がスライドで説明されていた.「これでいろいろひどい目にあった人もいたのですが,学術的には随分すっきりしました」というコメントには重みがあった.

もう一つ、6月ぐらいに見つけた捏造関連の記事

旧石器捏造事件と多地域進化説2008/06/09(劉公嗣の雑記帳)
http://sicambre.at.webry.info/200806/article_9.html

余談;
先日、吉野ヶ里歴史公園に行って来ました。
弥生時代当時の暮らしや風景について、賢明に努力されている様子は、伝わってきましたが、残念なのが、植えられている(あるいは生えている)植物の多くが外来種だったことですね。
風景を再現するのなら、その辺りもきちんと気を配って管理してほしいところです。(吉野ヶ里に限らず、どこの遺跡展示に言えることですが)

0019 観聞言(2008.09上旬・中旬) 早傘 〔2008/10/15-19:17〕〔202.219.171.154〕
        親_0017 根_0003 引用して返信 引用無し返信 
09月01日(月) 東博資料館、国図、神保町に無い原田本を袋ジュンクで。武功夜話批判本を見出す(購入はせず)。そういえば、歴読に雑文を書いてからもう4年もたつ。少しうらばなし
 執筆依頼は第三者を介してきた。まさかその出版社から依頼が来ることなど予想もしていなかった。なにかの間違いではないか、この板での早傘の発言をよく読んでから依頼するかどうか判断して欲しいとお伝え願った。それでも依頼は来た。締切りぎりぎりに所定の行数丁度にまとめて送った。
 編集者からメールが来た。『武功夜話』を偽書としてとりあげるのはちょっとまずいと。
 メールや手紙で2・3往復のやりとりの末、「偽史」という言葉や、偽書を史料とした市町村史の実名を出さないことで折り合った。掲載された雑文はこう

---------歴史読本2004年11月号 史楽百景----------------

 あれから四年    早傘

 この原稿の締切りが迫る八月半ば、アテネでオリンピックが開かれている。四年前二〇〇〇年のシドニーオリンピックを振り返ると、男子柔道百キロ超級決勝戦での誤審が記憶に残っている(素人からすれば、一緒に転がってしまったのに見事な返し技で一本勝ちだったはずという評価もわかりにくい)。
 オリンピックの年は米大統領選でもある。あの年の大統領選は覇権国のトップが神ならぬ紙のイタズラで左右されるとは思いもよらず、数ヶ月にわたり楽しめたが、もし、紙の気まぐれが違う方に傾いていたら、この四年間の世界はどうなっていたのだろう。
 さて、二〇〇〇年のできごとといえば毎日新聞のスクープによる十一月五日の「神の手事件」の発覚である。
 発覚後、新聞、総合誌、学術専門誌、はては女性週刊誌や成人男性誌まで、事件に関する記事があふれた。
 私は日本先史学のあゆみに関心を持っている。過去の研究を学ぶ際、研究者の著作集に収録された論文を読むよりも、発表された雑誌そのものを読む方が、同時掲載された論考で研究の背景、広告で社会事情がうかがえ、より深く理解できる(ように感じる)。
 神の手事件に関する記事も、可能なかぎり雑誌本体を収集・保管するように努力している。数十年後に事件を振り返るときのために。
 学術専門誌や店頭に並ぶ商業誌は、通常の情報収集でのチェックが比較的に容易である。一方、業界誌や地域誌のチェックは個人作業の範囲を越えている。
 著名な事件に関わる雑誌記事の収集手段としては(財)大宅壮一文庫が著名であろう。この事件もキーワードとして登録されているから、依頼すれば関連記事の一覧を入手できる。内容に踏み込まず記事のタイトルによる検索でよければ、国立国会図書館の雑誌記事索引が一昨年の十月からネットで公開された。一例を挙げれば『塗装と塗料』のような雑誌にもこの事件に関するエッセイが掲載されたと、自宅で知ることができる。
 事件が発覚してからの四年間は、情報のデジタル化・ネットでの公開が普及した時期でもあるのだ。神の手事件は、社会的影響の大きさから国会や地方議会でもくりかえし質疑の対象となったが、二〇〇一年四月に公開された国会会議録検索システムなどにより、その議事録を読むこともできる。宮城県議会の場合は、議事録未整備の段階ですら審議の録音を聞くことができる[→補注]。
 事件にまつわる社会の反応、記憶(大量破壊兵器疑惑などデータの捏造事件のたびに引き合いに出される)は、いまだ観察の対象である。一方、学術上の立場からの事件の分析は日本考古学協会を中心に進められた。協会は二〇〇一年に特別委員会を編成し、〇二年に中間報告、〇三年に本報告をまとめた。本報告書の色は「真っ黒」。藤村氏関与資料のほぼすべてが捏造だということを示している。 遺跡捏造は氏が活動をはじめた当初、一九七三年頃からというのが、特別委員会の結論だ。
 七〇年代から八〇年代にかけ、捏造遺跡に並行してもう二つの資料群が登場し、世間を騒がせてきた。『東日流外三郡誌』の公刊は七五年、『武功夜話』の出版が八七年である。学界がこぞって騙された捏造遺跡に比べれば、後二者はとるに足らないと考える文献史学者も多いようだ。しかし、既存の定説を塗り替える大発見として、さまざまなメディアをとおして世間に宣布された影響の深さには甲乙つけがたい。
 宣布に利用されたメディアの一つが、市町村史である。七〇年代以降の偽史の特徴として地域主義との二人三脚が挙げられる。『東日流外三郡誌』や『武功夜話』も市史・村史の資料として重用された。
 神の手事件はどうか? 埼玉県内刊行の市町村史を年代順に並べると、東北での発見を紹介するものから県内での発見を期待するもの、そして秩父での発見をすばやく反映したものへと、敏感な対応が認められる。宮城県内の市町村史に同様の作業を試みるとどうなろうか。
 この事件につき、調べたい事柄はまだまだ尽きない。
┌─────────────────────────┐
│はやかさ/一九六三年生まれ/考古系地域資料館勤務/│
│縄紋文化を中心に学び、日本先史学の歩みにも関心を持│
│つ。ネット上で「神の手事件情報局」を運営している。│
│ (http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/godhand/) │
│最近は、較正炭素年代をめぐる騒動を観察している。 │
└─────────────────────────┘
    *補注[録画を見ることができるの誤り]
-----------------------------------------------------------------------------------------
09月16日(火)〜17日(水) 大宮駅近くのレンタカー営業所に集合。え、こんな小さな車だったの。6人はきついな、ごめんなさい。はじめて使う埼玉高速。首都高5号は例の事故による工事だが上りはそれほど込んでいない。大体予定通りに清水到着。昼食の予定は、漁港に附設の市場内の店。マグロの巨大な切身が乗る「次郎長丼」などで有名だ。が、連休のからみで [臨時休業] なんてこと。いつの日か再挑戦を期す。やむをえず寿司バイキング。冷川遺跡の上に建つ市立病院を見てからセンターへ。見事なズルズル。2時間ほど見学して宿方向へ出発。一般国道だが自動車専用道の如し。「これじゃ第2東名いらないよね」との声有り。順調すぎて5時前に宿に着く。懇親会までたっぷり時間がある。風呂と相撲中継。ロビーに再集合して懇親会場へ徒歩5分。こちらは6人、先方は5人。議論が盛り上がって沸騰猴とまではいかなかったが有益な時間が過ごせた。2次会もなく素直に寝る / 今日の見学地に向けいざ出発、、、、、え、車のキーがない。普通に鍵が無いのではない。刀に例えれば束に相当する部分はあるが、それに刺さっているべき鍵本体がない。なにごとか? ポケットには無し。もしやと、立体駐車場から車を下ろしてもらう。おお、ドアの鍵穴に刺さっている。立体駐車場でよかった、と心から思う。市のセンターと県の整理事務所2箇所をめぐり、富士山麓のギザギザをたっぷり味わう。帰りの首都高の渋滞も予定の時間におさまり、無事帰着
09月18日(木) 両国。当日券正面側枡C。いつものように半日を過ごす。結びの一番、今場所不調の Xe が番狂わせ。これは座布団を投げるべき場面ではないか。しかしC枡は最後列だ。土俵に届く自信はない。いや100%無理だろう。日頃稽古をしておかねばなあ。Xeの出待ちをするが、出てこない。残念。このまま帰るのも、と思い、中央線を新宿まで行くことにする。電車内でネットをチェック。あるブログに目を疑う記述。え、ナニコレ… どうすればいい? ・・・  新宿駅でアチコチに電話。さて、ほかになにかできることはあるかな。ないね。予定通り宿ジュンクで新刊を漁る。しばらくして、大事には至らずとの電話がはいる。一安心

0016 あんたさ 縄文 〔2008/07/01-23:32〕〔60.62.14.184〕
              根_0016 引用して返信 引用無し返信 
本書きなよ
雑誌に時たま誘われたことを書くのはみっともないなあ
重箱の隅を突っつくばかりよりね
実力あるんだからさ
矢面に立って言いたいことを言いましょね

0015 そろそろ賞味期限? 早傘 〔2008/06/27-20:33〕〔219.104.148.25〕
              根_0015 引用して返信 引用無し返信 
少し寝かせすぎたかな? のネタを。
「黒潮の考古学( http://www.ao.jpn.org/kuroshio/ )」で知ったのですが、
(と仕入れルートを明記)
今年の1月に、東京大学出版会のサイトにこんなページがアップされていました
http://www.utp.or.jp/topics/2008/01/18/othoaeueuiiiaaauuothiaoiaie/

(日付の下のフォルダ名は、母音主体の意味不明な文字列。同サイトのトピックスのページはみんなそんな名称。2バイト文字からなんらかのルールでアルファベットに変換しているようだ)

>『図解・日本の人類遺跡』記述・図の差し替えのお知らせ
>分類:お知らせ [2008-01-18]
>『図解・日本の人類遺跡』を第5刷にするにあたり,
>一部の記述と図を新たなものに差し替えました.
>差し替え箇所を以下に掲載いたしますので,ぜひご参考ください.

とのこと。凡例は当然として、本文の差し替え箇所と、改訂前との相異とまとめてみた

○3頁{斜軸尖頭器を削除}
○4頁{高森・馬場壇・座散乱木を削除}
○8頁{「日本列島においてもこの10年間に宮城県を中心に3万年を遡る石器群の検出が精力的にすすめられ,全国的にもより古い石器群の探索が進捗している.しかし,今日まで発見されている旧石器時代の多くの遺跡は後期」→「日本列島においても1975年以来,東北地方を中心に3万年を遡る石器群が存在するといわれてきたが,それらはすべて捏造であった.現在,あらためて3万年以前の石器群の探求が進められている.旧石器時代の多くの遺跡は後期」}
○9頁{「●石刃技法への移行期」の下の[●円盤形石核 多面体石核など多様である]を削除.その左の「縦長剥片剥離」を「不定形剥片」に.約13万年前の「不定形剥片の剥離」はそのまま}
○12頁{「日本列島の状況」を全面的に書き直し。文献から馬場壇報告を削除し、小田2003に。執筆者に小田を追加。内容から見ても、「日本列島の状況」は小田によるものであろう}
○13頁{日本列島のすべての遺跡(高森,馬場壇,志引,山田上ノ台,権現山,TNT471-B,野尻湖立が鼻,西八木,早水台)を削除し空白に.本文に対応する野尻湖も消し,西之台B,中山谷,立切も加えない}
○15頁{「[2]馬場壇A遺跡の石器群の変遷と関連遺跡」を「[2]確実な日本列島最古の石器群」へ}
○38頁{[遺跡間の石器接合]の例示を,薬莱山麓遺跡群から,吉岡B+用田鳥居前に}
○41頁{頁全面が薬來山麓遺跡群の石器接合関係の図示であったものを,吉岡B+用田鳥居前の接合と、武蔵野の多層遺跡の2枚の図に}
◎57頁にも捏造遺跡の資料(大原B遺跡の「隆起線文土器」)が用いられているが、それは放置。縄紋は関係ないと思っているのかな。

0011 寛政原本届きました 原田 実 〔2008/06/12-19:31〕〔60.40.74.80〕
              根_0011 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
早笠様
先日は私も関わっているイベントにご来訪下さりありがとうございます。
あの時に出た話題について某所にupした文章を転載します。
なにとぞご高覧下さい。

====================
注文していた『東日流[内・外]三郡誌―ついに出現、幻の寛政原本!―』本日到着。


 しかし、影印版テキストというのに今時この紙質、それで解説込の全318ページ、ソフトカバーで定価5000円+税というのがすでに詐欺・・・とか思っていたら、読み進むうちにこれが冗談ではなくなってきました。

 問題の寛政原本なるもの、五点のうち、一点のみ除いて筆跡は従来の「明治写本」と同じ、ということは和田喜八郎と同じ。図版など八幡書店版『東日流外三郡誌』の図版に紛れ込ませても、絵のタッチといい、手書き文字の筆跡といい、区別がつかないでしょう。

それにしても江戸時代の古記録という設定なら、図版で道順の指示に矢印を使うというのはやめてほしかった・・・
(まあ、和田もそんなに深くは考えていなかったのでしょうが)。

 さて、例外の一点というのは、表紙にこそ「寛政五年七月 東日流外三郡誌 二百十巻 飯詰邑 和田長三郎」とありますが、中身は僧侶が漢詩をつくるための覚書と思われるものでおそらくは寺院からの流出物。もちろん表紙は和田喜八郎の筆跡です。

 で、この本で和田喜八郎の筆跡見本として掲載されているものは、「ご依頼主」欄に「和田喜八郎」とある宅急便伝票一点のみ。横書きで筆の流れが違うのでふだんの字と違ってみえるものをわざわざ出してきたのがミソ。

 科学的鑑定なるものについて、電子顕微鏡写真を提示してはいるのですが、鳴り物入りで行ったはずのC14年代測定の結果はなぜか掲載されず。

 紙の顕微鏡写真は古いもののようですが、「寛政原本」は寺院の流出物らしきものが混ざっていることからいえるようにしっかりした和紙も使われているのは予想できたこと(どうやら扱った後で丁寧に手を洗う必要はなさそうです)。だからこそC14の結果の方を楽しみにしていたんですけどね。


 一番の目玉は92〜93頁でしょう。
「六点の文献そのものは料紙、書体、筆跡のいづれの点においても江戸時代中のものと判断される」という鑑定書。「国際日本文化研究センター研究部教授 笠谷和比古」の署名捺印入りです。

文面から見て、あらかじめ用意した文書を笠原氏に見せたのでしょうが、それにハンコをもらえたあたり、古田先生の技能が冴えわたっていることがうかがえます。

もっとも、その技能と言うのは、学術というより詐術の領域ですが。
=======================

0012 失礼しました 原田 実 〔2008/06/12-23:45〕〔60.40.74.80〕
        親_0011 根_0011 引用して返信 引用無し返信  ホームページ 
早傘様

0011にて、いきなりお名前間違えてしまい、誠に申し訳なく、お詫び申し上げる次第です。

0013 RE:寛政原本届きました 早傘 〔2008/06/13-20:16〕〔202.219.232.174〕
        親_0011 根_0011 引用して返信 引用無し返信 
日本中誰も買わなくても俺だけは買うと宣言した原田さん、こんばんは
本屋で立ち読みが不可能な本のご紹介ありがとうございます

> しかし、影印版テキストというのに今時この紙質、それで解説込の
> 全318ページ、ソフトカバーで定価5000円+税というのがす
> でに詐欺・・・

オプション料金を出せば原本と同じ紙質・・とかはないでしょうね

> 一番の目玉は92〜93頁でしょう。
>「六点の文献そのものは料紙、書体、筆跡のいづれの点においても江戸時代中のものと判断される」という鑑定書。「国際日本文化研究センター研究部教授 笠谷和比古」の署名捺印入りです。

弟子から押し込められそうな...
素晴らしい鑑定者の笠谷氏は1949年生れ。
神の手事件の「第1次関係者」たちと同世代ですね

0004 ふと、思い返して 酢我夜 〔2008/05/06-03:24〕〔209.85.170.136〕
              根_0004 引用して返信 引用無し返信  メール 
ふと省みると、教科書で「先土器時代」が「旧石器時代」に切変わったのはどんなメカニズムだったのかしら?。
当時はさしたる関心を払っていなかったので、「プレ」に対し、徐々に「旧石器」使用者が増えていったとしか思わなかったのです。
教科書でどの名称が採用されているかなど、全く気にもしていませんでした。
しかし、時代名称の場合は、教科書では一斉に変わらないと不都合なはずですよね.

0005 RE:ふと、思い返して 角 〔2008/05/16-21:54〕〔60.62.228.60〕
        親_0004 根_0004 引用して返信 引用無し返信 
 捏造事件以後に「旧石器時代」が一般的になったと思います。明治大学では杉原教授の提唱した「先土器時代」が用いられ、また一般にもその用語がひろく用いられたと思っています。
 しかし、考古学協会の特別検証委員会では、戸沢充則氏は「旧石器」を用い、その後は急速に「旧石器」という用語が広まったと認識しています。
 戸沢氏は、師匠の提唱した「先土器」を、捏造事件を介在させて何故捨てたのか、そこが問題になるのではないでしょうか。
 戸沢氏が、藤村の告白文書を塗りつぶしたことと、「先土器」を捨てたことは、何か関係があるのではないかと、思っています。

0006 RE:ふと、思い返して 酢 〔2008/05/26-00:48〕〔209.85.170.136〕
        親_0005 根_0004 引用して返信 引用無し返信 
捏造行為の開始期は、「教科書」は先土器(旧石器)でした。列島の地域的な歴史叙述の上では、続くのが「縄文」・「弥生」なので、整合性のある記載ですよね。「石器時代(旧・中?・新)」というタームを使って、列島外との対比をとっていたと、記憶してます。
つまり、岩宿以後の対ヨーロッパ評価の当否とは別に、「日本史(国史)」と言うカテゴリーを維持する上では、先土器は都合のよい言葉です。
旧石器を全面に出したなら、「縄文・弥生」も言い換えないと矛盾するでしょう。なのに、なぜと疑問に思うわけです。

0008 要領が悪くてすみません 早傘 〔2008/05/28-21:46〕〔219.104.146.71〕
        親_0006 根_0004 引用して返信 引用無し返信 
酢我夜さま、角さま

このツリーの根っこでは

>時代名称の場合は、教科書では一斉に変わらないと不都合なはずですよね

とありますので、小中高の教科書の話題かと思っていました。

実は、3月15日のあたま大好きな人々との会話でも、間違った表記の「縄文」が普及した一因は、その普及を計る一派が教科書を押さえたからじゃないか、という話題も出ていました。

戦後の教科書を片端から見るのは難儀だし、その基準となっている学習指導要領も、
歴代をまとめてみるのは結構手間のようだな、と手を拱いてたのですが、

なんのことはない。一昨日ウィキペで「学習指導要領」を引いたら、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E7%BF%92%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%A6%81%E9%A0%98
外部リンクとして紹介されているサイトに、歴代の指導要領やその比較表がありました。

大阪府教育センターカリキュラム研究室には、昭和33年以降の比較表
http://www.osaka-c.ed.jp/kak/karikenweb/webpdf/hensen.htm

それ以前の試案段階のものはNICER 教育情報ナショナルセンターで個々を拾っていけばよい

占領中は、国史(日本史)教育について具体的な例示なし

昭和26(1951)年改訂版では、中学日本史や高校日本史の指導の参考例に「繩文式文化」「弥生式文化」が登場

昭和30年度(1955)改訂版の 中学校学習指導要領 社会科編 歴史的分野 には
「繩文式文化の時代とそのころの衣食住の生活,農業の発生,集落の発生,弥生式文化の時代などの学習」

中学校学習指導要領 昭和33年(1958)改訂版
「『日本の原始社会』については,日本列島の地理的位置や日本民族のおこりについて簡単に触れ,縄文(じょうもん)文化・弥生(やよい)文化,農業生活のはじまりなどの学習を通して,そのころ,われわれの祖先がどのような生活をしていたかを理解させる。」とし、有名なフレーズ「以上の指導にあたっては,社会組織などに深入りしたり,考古学的な興味だけにとらわれて,これらに多くの時間を費さないように留意する必要がある。」が書かれる。30年度版と比べるとなるほどと思う

いやいや、調べたいのは用語であって、歴史教育における考古学の位置づけではなかった

●小学校
1958「農耕生活が始まってから」
1968「統一国家の成立以前から,この国土のうえでは,人々の漁猟や農耕の生活が営まれていた」
1977「我が国において漁猟や農耕が始まったころの人々の生活」
1989「農耕が始まると人々の生活や社会の様子が変わったこと」
1998「農耕の始まり」
※考古学的な時代名・文化名登場せず

●中学校
1958「日本列島の地理的位置や日本民族のおこりについて簡単に触れ,縄文文化,弥生文化,農業生活のはじまりなどの学習」
1969「縄文文化・弥生文化/それぞれの文化の特色」
1977「日本人の生活の始まり/縄文文化と弥生文化を扱い,当時の人々の生活のありさま」
1989「日本人の生活の始まり/縄文文化と弥生文化を扱い、当時の人々の生活の有様」
1998「日本列島で狩猟・採集を行っていた人々の生活が農耕の広まりとともに変化していったこと」
※1998で文化名消えるが、縄文以前の文化も学習対象となった?

●高校
1960「日本文化の黎明/石器時代の生活と文化 農耕文化の発生 原始社会の生活と文化が,農耕の開始によって発展したこと」
1970「日本文化の黎明/原始社会の生活と文化が,農耕の開始や金属器の使用によって変化発展展したこと」
1978「日本文化の黎明/日本列島における人類文化の発生 水稲農業の開始と社会生活の進展」
1989A「日本の原始社会の推移」
1989B「日本文化の黎明/旧石器文化、縄文文化及び弥生文化の時代の日本列島における人類の生活の発展について(以下略)」
1999A(前近代は具体的内容無し)
1999B「 日本文化の黎明/旧石器文化,縄文文化及び弥生文化の時代の社会」
※1960〜1978では文化名なし(中学の方が詳しい? それとも縄文以前の文化も対象なので名称をぼかすため?)。1989から“旧石器”登場

ということですので、規範としての「要領」においては、“先土器”時代はなく、平成とともに“旧石器”時代が始まったようです。
また、「縄文」普及の元兇が学校教育であろうこともわかりました。
実体としての教科書の調べは手つかずですから、別の展開もあるかもしれませんが。

0009 RE:要領が悪くてすみません 角 〔2008/06/01-20:01〕〔60.62.228.60〕
        親_0008 根_0004 引用して返信 引用無し返信 
 皆様、最初の論旨が教科書であることを忘れ、おかしな書き込みをしてしまいました。ご容赦ください。

 しかし、平成になってから「旧石器時代」になったとは、考えさせられます。元文化庁主任調査官の影響があるのでしょうか。気にかかります。

0007 あったぞ〜 早傘 〔2008/05/27-23:08〕〔61.124.106.236〕
              根_0007 引用して返信 引用無し返信 
いしいひさいち,「お笑い いしい商店 249」,『サンデー毎日』,2008年6月8日号,p134,毎日新聞社,2008.5.26,創作,四川省であの人の姿を見かけたと

0001 こうじ 管理人 〔2008/04/01-00:00〕〔0.0.0.0〕
              根_0001 引用して返信 引用無し返信  メール 
あなたもこうじ あたしもこうじ

0002 考古学のこうじの本義 とうじ 〔2008/04/05-19:19〕〔202.219.123.184〕
        親_0001 根_0001 引用して返信 引用無し返信 
「道路特定財源が滞っているこのごろ、昔に戻って村普請ですか」
― 埋蔵文化財の公共依存体質がどうこうとか、そういう問題は関係ないな
「では考古学界を建て直そうと」
― そんな大きな問題は知らん。そもそも“工事”じゃないし
「う〜ん、それじゃ『考古学への道』『考古学の散歩道』に倣って考古学の小路とか」
― 財源が、とかいう以前に、畏れ多ききわみ
「ああそう・・・ えっと、亡くなった芹沢さんがね」
― え、芹沢さん?
「昔クイズ番組に出て」
― へえ、出たことあるんだ
「“××こうじ”といえば誰? という質問に」
― チョメチョメって、それはアイアイゲームに出てた将棋指しの芹沢博文かい
「そう、芹沢さんを指名した参加者は“山本浩二”という回答を期待したのに」
― 芹沢さんなら鶴田浩二だろ
「芹沢さんは、ごめんなさいといいながら、[谷川浩司]という回答を開いた」
― ああそうか
「当時は名人になる前で、一般には無名。父親から『芹沢なら谷川浩司と答えるだろう。遠からず天下を取る男だ』と聞かされた」
― それでお前も同世代の人間に刺戟されて頑張ったとか
「いや、ただそれだけ。で、考古学のコウジといえばM口とかO橋とかかな…」
― それじゃ“あなたもあたしも”にならんだろう
「おいら、音読みすればコウジンだけど」
― 人名ではないっての
「そしたらなんだね」
― 考古学生態というものを考えてみる
「manzaiさんとか」
― それは自称生態考古学。そうではなくて考古学関係者の生態系
「エコですね」
― 生態系の構造はいろいろな表現法があるが、おおざっぱに生産者・消費者・分解者に分けるのが一般的
「とりにてぃ」
― 生産者≒植物で、一ヶ所に固着して第一次的な栄養{考古学的知}を生産する、すなわち、自治体で頑張っている人たちが典型
「植物プランクトンも重要だね」
― 藻だね
「するってえと、第一次的地考古学知(発掘調査報告書)に基づいて論文を書く人たちが1次消費者」
― 草食動物のアナロジーではそうなるね
「論文に基づいて論文を書く人たちが2次以上の消費者」
― エライのだ
「それじゃ分解者ってえのは」
― いかなる考古学的知も寿命というものがある
「どのレベルの知が寿命が長いか、考えると面白いね」
― 寿命が尽きたとき(一部は初めから死んでいるんだが)それを処理するのが分解者
「それってもしやおれら?」
― そうなのさ。生物に例えると菌類
「菌ですか」
― 以前書いたように、掲示板の看板替えは去年から考えていたんだけど、最初に思い浮かんだのが黴(カビ)
「それはちょっと。壁画墳問題を連想して誤解もされそう」
― それからキノコ
「可愛いぶっているのかとか、何か象徴しているのかとか妙に意味ありげじゃん」
― 行き着いた答が 麹 だ
「それか」
― しゃぶり尽くされた栄養も、上手に分解すれば、一夜の愉しみとなる
「しくじれば腐るだけだけどね」
― 銘酒となるか酢となるか、それは杜氏の腕次第
「もしや管理人の呼び名も」
― これからは船頭でなく杜氏となる
「杜氏より大事なのがよいコウジカビ」
― クロカビでもシロカビでも鼠を捕るのが、じゃなかった、味わいを提供してくれるのがよいカビだ
「あなたもコウジ」
― あたしもコウジ
―「お米に花を咲かせましょう」

ログ     検索
頁行数  本文  表示 全記事既読 設定保存

この掲示板は CGI倶楽部 が配布している imTRBBS を改造したものです